マーラーの作曲小屋-2 (ヴェルター湖畔) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト 9月のコラムから]

a0280569_0495426.jpg

8年間とマーラーが最も長く滞在した二つ目の作曲小屋はオーストリアの最南部、
スロベニアにほど近いヴェルター湖畔(Wörthersee)のマイヤーニッヒ(Maiernigg)に建てられました。

湖は横に長く、濃いエメラルド・グリーンの水を湛えて透明度も高く綺麗な湖です。

湖北岸の中央辺りに位置するペルチャッハ(Pörtschach)と言う小さな町は
ちょっとしたリゾート地となっていて湖沿いにはお洒落な店やホテルが立ち並ぶプロムナードになっています。
a0280569_0501612.jpg

a0280569_0503484.jpg

ここには2年に渡る夏のシーズンにブラームスが滞在し、
「交響曲2番」を初め「ヴァイオリン協奏曲」や「子守唄」などの名曲を作曲しています。

マイヤーニッヒは対岸の南東部に位置しますが、ブラームスがこの湖を訪れていたことも、
マーラーがこの地を選んだ理由の一つかもしれません。

この当時のマーラーは指揮者としてはウィーン宮廷歌劇場の芸術監督,
そしてウィーン・フィルの常任指揮者としても活躍し、押しも押されぬ地位を獲得していました。

作曲家としても既に揺るぎない名声を博し、絶頂期を迎えていました。

このマイヤーニッヒは1899年に湖畔に建つ館と裏山の土地を購入したほどで、
この地でジックリと腰をすえて作曲に取り込む覚悟だったようです。
a0280569_0521621.jpg

1902年には41歳で23歳のアルマと結婚、そして長女マリア・アンナの誕生と私生活でも幸せの頂点でした。

ここで作曲された曲では何と言っても「交響曲6番」が最も名作として知られる処ですが、
この4楽章で叩かれる大きな木槌を巡って色んな解釈がなされています。
(現在は2回叩くのが大方の解釈ですが、バーンスタインなどは3回叩かせました)

こんな絶頂期にも関わらず神経質な彼は3ツの不安を感していました。

一つ目は「家庭の崩壊」、二つ目は「社会的ダメージ」、そして三つ目は「自分の死」を恐れていました。
(マーラー自身の指揮では初演以外、3つ目は叩けなかったそうです)

これらの予感は後々全て当たってしまいますが、
それよりも何を思ったのかリュッケルトの詩に啓発されて作曲した
「亡き子をしのぶ歌」を発表したすぐ後に長女が忽然と亡くなってしまいます。

その後、この土地を全て売り払い二度とこの地へ来る事はありませんでした。
a0280569_053453.jpg

a0280569_0531995.jpg

a0280569_0533464.jpg


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Atelier-Onuki | 2017-09-18 00:56 | コラム | Trackback | Comments(0)

ダニエル・ハーディングとウィーン・フィルの演奏会から(ケルン)

昨夜はハーディング指揮でウィーン・フィルの演奏会があったのでケルンへ向かいましたが、
開演が19時と何時もより1時間も早いのでバタバタと出掛けました。
a0280569_122859.jpg

演目はドビュッシーの「ペリアスとメリザンド」から組曲と
メインはマーラーの交響曲6番でした。

ウィーン・フィルの演奏会は何時も混んでいるのですが、特に年配の方々が目立ちます。

席に着くとステージにはこれ以上入らないほどの椅子が並べられていて、
如何に編成が大きな曲かが伺われます。

最初のドビュッシーから既にそこそこの奏者が入っていて、
「この曲でこれだけの人数がいるのかなぁ?」と思っている中、静かに始められました。
オペラも「印象派」と言われ具体的な状況表現を避け、
ちょっと抽象的に描いているのでいまひとつ掴み所がないのですが、これは組曲になっても同じことです。

余り盛り上がらない同じような旋律が繰り返され大編成の金管群が噴出しても、
全く大きな響きは出さず、グッと押さえられています。

チューバも入っていますが、ほんのちょっとブファとサビを利かす程度で
鳴ったか鳴らないか分からないほどです。

それでもヴァイオリン群が甘いメロディを奏でている時など、
さすがウィーン・フィルだけあって、ウットリとするような柔らかな響きです。

「こんな所はあの自然光が差し込んでくるムジーク・フェラインの昼間に聴いたら気持ちいいだろうな!」と
想像をしていました。

まぁ結局は山場らしき所もなく、静かに終ったか終っていないのか分からないまま終了していました。

さて、休憩後はお目当てのマーラーです。

管弦楽だけの曲では一番大きな編成なので、これでもかとばかりの奏者が登場しました。
a0280569_1223430.jpg

ザン・ザン・ザン、ザザザン・・・と勢い良く弦群と打楽器によってバリッと刻まれました。
これを受けてヴァイオリンが甘いメロディを面々と奏でます。

イヤァ~さすがウィーン・フィルです。冒頭からこんな柔らかい響きを聴かされるとウットリしているだけです。

ハーディングも溌剌とした棒運びですが、慌てるような所がなく堂々としたテンポです。

曲は複雑に絡み合い万華鏡のようにキラキラと突き進んで行きます。

打楽器などは忙しく、二種類ほどの打楽器を掛け持ちし、
一番右端でドラ担当の奏者などは忙しくステージバックで鳴らすカウベルや
鐘のシーンの度に行ったり来たりしています。

曲はより複雑な絡み合いをみせ最強音の一撃で長い一楽章を閉じました。

打って変わって2楽章は穏やかにヴァイオリンの甘い旋律で静かに面々と奏でられ始めました。

この面々とした進行はこの楽章の最後までくり広げられ壮大な中にもマーラーの充実した精神状態が伺われます。

徐々に盛り上がって行った曲はグッと静かな響きへと移りこの楽章を終えました。

打楽器を伴って弦楽器群がガリガリと行進曲風に刻み、3楽章が始められました。

途中絡んでくる金管楽器などはちょっとグロテスクな表現でサビを利かせています。
チューバのソロが入るところなど空ろな感じで何処へ行くのだろうかと思いきや、
急に甘いメロディで木管が答えたりと支離滅裂です。

それでもホルンが甘く吹く辺りなどはアルプスの光景を連想させ、
「ああやっぱりこの人は山が好きだったんだなぁ~」と思わせます。

ハープにチェレスタを伴いボァ~ンと不思議な雰囲気の響きで4楽章は間髪を入れずに始まりました。

曲はあっちへ行ったりこっちへ行ったりと定まらないまま、ホルンのメロディを頭に
段々とメインテーマが序々に現れ出し打楽器も加わり盛り上がりを見せるのかと思ったら、
拍子を抜かれたように又、グッと落ち着き・・・と

やっとスピードも増してきてここでも万華鏡よろしく色んなメロディが絡み合います。

曲も後半に入りいよいよ、お待ちかねのハンマーをひっぱたくシーンが訪れます。

さっきまでシンバルを叩いていた奏者が厳かに持ち上げたハンマーは特注なのでしょうね、
一般的な木槌の4・5倍位あろうかと思われるほど大きなものです。

そして一旦溜めを作ってからダン!とタイミングよく叩き降ろしました。

曲はまた空ろになり紆余曲折を繰り返しながら2回目のハンマー・シーンが訪れました。
ここでもピタッとタイミングがあった一打・・・

奏者も緊張していたのか叩き終ったあとは、崩れるように座り込み表情は安堵からか呆然とした顔をしていました。

その後も未々、雑然とした曲はあっちへこっちへとウネリ、一旦グッと静まり返り、暫くの緊張の後、
ジャ~ン!大爆発、ボン!とピチカートで終了しました。

イヤァ~曲が支離滅裂だけに文章も纏まらないものになってしまいました。

演奏は全体的にボリューム満載でヘビーでした。

特に金管などは深い奥行きと、ウィーン・フィル独特の良い意味で荒々しさもあって余計ヘビーに感じました。

もう終った後はグッタリです。
a0280569_12331100.jpg

この曲は3月にラトルとベルリン・フィルでも聴いていて、どうしても比較をしてしまいます。

ベルリン・フィルでの演奏は精密さの極みで、アンサンブルは完璧だったし、
何一つ濁りのない清涼な響きには威厳を感じるほどでした。

この複雑な曲にも関わらず理路整然とディティールまで磨き上げた演奏は
曲の全体像を透して見てとれるような圧巻の名演奏でした。

まぁこの辺は常任と客演の違いもあるでしょうし、演奏の精度を重視しているベルリン・フィルと、
むしろ豊かな音楽性を大事にしているウィーン・フィルの違いが出たのかも知れません。

それにしても歳のせいか最近はこんなヘビーな曲を聴くとグッタリと疲れてしまいます。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Atelier-Onuki | 2017-09-16 01:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

マーラーの作曲小屋・番外編 アルタウス湖 (ドイツ・ニュース・ダイジェスト 8月のコラムより)

a0280569_21201295.jpg

アッター湖畔のシュタインバッハを後にマーラーがブラームスを訪ねたように、私もバド・イシュルを目指しました。

バスは途中のヴァイセンバッハで乗り換えるのですが、時刻表をよく見ると“Rufbus“と記載があり、
乗車時間の1時間前に電話連絡するようにと書かれていました。

人気のないバス停、半信半疑で待っていましたが、
来ました来ました威勢の良いご婦人が運転するミニバンが時間通りやってきました。

乗客はたった一人にも関わらず結構な山道を延々と進みバド・イシュルまで連れて行ってくれました。
まるでリムジンサービスのようで、これにはいたく恐縮しました。

さてバド・イシュルも皇帝フランツ・ヨゼフが愛した保養地なので、それなりに味わいがあるのですが、
早々に、この日の目的地アルタウスゼーに向かいました。

列車は途中通過するハルシュタットの綺麗な町並みを湖越しに眺めながら先ずはバド・アウスゼーを目指します。

ここでバスに乗り換え、揺られることほんの15分ほどで小さな村へ到着しました。

このアルタウスゼーに来たかったのは、この湖畔に建つワグナー家
(作曲家ワグナーとは何の縁もない人)に招かれたブラームスが、
バド・イシュルで完成させたばかりのピアノ三重奏2番と弦楽五重奏を試演しているからです。
a0280569_21211871.jpg

a0280569_21213369.jpg

この館はホテル・Seevillaとして現存し、
演奏した部屋は「ブラームス・サロン」と冠されたレストラン・カフェになっていて
湖を眺めながらゆったりとした時を過ごす事ができます。
a0280569_21215991.jpg

a0280569_21221789.jpg

a0280569_21223160.jpg

ブラームスは途中の保養地バド・アウスゼーに滞在していたクララ会いたさもあったかも知れませんね。

その数年後には念願のウィーン宮廷歌劇場に就任しブラームスを崇拝していたマーラーもやってきます。

ここでは「子供の不思議な角笛」と交響曲4番という名作に着手しています。

ちょっと辺鄙な所にある湖なので訪れる人も少なく、ちょっとした秘境かもしれません。
水も透明度が高く、聞くところによるとそのまま飲める程だそうです。
a0280569_2123177.jpg

a0280569_21231927.jpg

近年、ジョージ・クルーニー制作の映画「ミケランジェロ・プロジェクト」(The Monuments Men)で
ラストシーンの舞台にもなったのでちょっとは知られたかもしれませんね。

ブラームスはクララを、マーラーはブラームスを追っかけているようですが、
この現象は未だ続きがあります。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Atelier-Onuki | 2017-08-21 21:25 | コラム | Trackback | Comments(0)

「Grafenbergでの競馬」

先日の日曜日は爽やかなお天気だったので、グラーフェンベルクの森でも散歩しようかとブラブラ出掛けました。

路面電車で最寄りの停留所に着くと、森の中にある競馬場へ行く臨時のシャトル・バスが運行していました。
これは、月に一度ほど開催される競馬がある日にだけ運行されます。

「コリャ楽チンだ!」とイソイソと乗り込みました。
散歩に来ているのに何をしているのか良く分かりませんが、
「人ってどうしても楽な方へ流れがちだから!」と都合の良い言い訳を勝手にしていました。

バスは既に混んでいましたが、競馬場に着くと、競馬場内は溢れんばかりの人が来ています。
それにツバの広い帽子に、ロングドレスと着飾ったご婦人たちもたくさん見受けられます。
まぁ思い様によってはちょっとマイ・フェアレディのワン・シーンの様でもありますが、
ヘプパ-ンほどの方には遭遇できませんでした。
a0280569_2314342.jpg

唯、今日はちょっと大きなレースがあるようで、
良く見るとメインレースは「Henkel Preis」とあり日本でも販売されている
化学製品会社の「ヘンケル杯」がこれから出走するようです。

入場料は10ユーロ、これには2ユーロ分の馬券がオマケで付いているようです。
それにしても1レースを見るだけなのに10ユーロはちょっと高い。・・・

「そうだゴルフ場のクラブ・ハウスへ回ろう!」と一計を案じました。
ここは普段ゴルフ場が併設されていて競馬がない日はレーンの内側もコースとして使われています。
クラブ・ハウスも競馬場のすぐ隣で、ここだと自由に出入りすることができます。

馬が右往左往するパドックの脇を通り、クラブ・ハウス脇の通路に回るとシメシメ予想通りだれもコントロールをしていませんでした。

考える事は皆同じで何人もの人が既に集まっていました。
ここだとフェンスの至近距離まで近づけるし、次のメイン・レースのスタートはこの辺からです。
a0280569_2315225.jpg

a0280569_23153924.jpg

出走する馬達がパラパラとレーンに集まりだしました。
a0280569_23162795.jpg

未だ開けっ放しのスタート・ゲートを颯爽と走りぬけ、メイン・スタジアム辺りでお披露目をしているようです。

再びすごい勢いで戻って来ましたが1kmほど走りぬけ、どうもウォーミング・アップをしているようです。

それにしても馬が颯爽と走る姿は迫力もあり精悍で、ジョッキー達の衣裳もカラフルで綺麗です。

「そういえばデュフィも競馬場の絵をたくさん描いていたなぁ~」とそのシーンを思い浮かべていました。

いよいよゲートもセッティングされ馬達を誘導しようとしていますが、どの馬も興奮をしていて中々入ろうとはしません。
a0280569_23171469.jpg

中には馬に振り落される騎手もいたりで大変です。
a0280569_23172730.jpg

落ち着きだした馬から一頭一頭とゲートに入っていきますが、中には頑固な馬もいて最後まで抵抗をしています。
a0280569_2318668.jpg

やっと全ての馬がゲートに入りきったと思った瞬間、
「Achtung!」と声が掛かり間髪を入れずにスタートが切られました。
a0280569_2319471.jpg

a0280569_2320956.jpg

スタートの写真を撮ろうと構えていたのですが、あっけに取られ、
続けて撮ろうとしたらもう遠くまで走り去っていて、私のコンデジでは追いつきませんでした。
a0280569_23202360.jpg

馬は16頭立てで2200m、これだけいると迫力があります。

あっという間に第4コーナーを回って直線コースに入ってきました。
a0280569_23205584.jpg

ここでも写真を撮りましたが1枚だけしか撮ることができず、
「ワ~ッ!」と大歓声の内レースは終了してしまいました。
a0280569_23212068.jpg

もう何番の馬が勝ったのやら分からないままボチボチと立ち去りました。

途中、隣にある野生の動物公園へ向かってブラブラ歩いていると、場内からドイツ国歌が流れてきました。
どうも表彰式をしているようで、たぶんドイツの馬が勝ったのでしょうね。

まぁお天気も良かったし、馬たちも綺麗だったし楽しむ事ができました。

次回は8月20日開催だそうですが、また見に行ってみようかな ・・・



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Atelier-Onuki | 2017-08-10 23:25 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

「Benrathのビール祭り」

先週はデュッセルドルフ近郊のBenrath(ベンラート)と云う町でビール祭りがありました。
a0280569_0155813.jpg

ドイツ・ビールはそりゃ天下一品の上手さなのですが、地方によっては製造法や味が違い好みも分かれます。
私は、偶々この辺の地ビールが好みに合っていて、Pils(ピルツ)と云う日本の一般的なビールに近いものや、
Altアルト(古い)と云われ製造法が古いのでそうネーミングされたデュッセルドルフのちょっと褐色の地ビールも大好きです。

そんな中、このビール祭りにはドイツ中はもとより、チェコ、ポーランド、クロアチア、ベルギーなどからも
代表的なビール醸造所が参加していて、生ビールを提供しているようです。

ビール好きの私としては、地元に行かないと飲めない生ビールとはどんなものかと期待を胸に出掛けました。

ベンラートの駅に着くと大勢の人たちが下車し、期待度は益々広がって行きます。
屋台のテントはもう駅前から所狭しと連なっていて、未だ昼過ぎにも関わらず既に大賑わいの様相です。
人だかりの間を一軒一軒、「フ~ム・・・ドレドレ」と興味深く眺めながら奥へと進んで行きました。

途中、ミュンヘン郊外の修道院が醸造するAndechs(アンデックス)の屋台に気を引かれながらも、歩を進めました。

ミュンヘンにいた頃、「ここのビールは美味しいよ!」と教えてもらって、この修道院まで飲みに行ったことがありました。
小高い丘の上にはレストランもあって大賑わいでした。

ビールはサッパリ系が多いバイエルンでは珍しくしっかりとしたコクのある味わいで、
マースと呼ばれる1ℓ入りのジョッキを一気に飲み干しました。
暫くしたらやたらと酔っ払っていて、「これは一気飲みしたせいだ!」と思っていたのですが、
後から知った処によるとこのビールはアルコール度が普通のビールの倍ほどあるらしく、そりゃ酔っ払うわけです。
a0280569_0165534.jpg

そんなこんなを思い出しながら駅前通りを右に折れると町の広場へと続いて行きます。
ドンドン奥へと進みやっとお目当てに店を見つけることができました。

実はこのビール、以前チェコ・ビールに詳しい人から「これは美味しいだから!」と云ってもらったことがありました。

やはりこのビール祭りで久しぶりに見つけたのだそうですが
名前をすっかり忘れてしまい、今日はそのビールを求めてやってきました。

長ったらしい名前だったので覚えられませんでしたが、多分これ「Staropramen」と云う銘柄です。
屋台の看板には大きく「Das Prager Bier」(プラハのビール)とドンと掲げられています。
a0280569_0173290.jpg

注文しようとカウンターに張ってあるメニューを見ると3種類あるようですが、迷わず代表的な“Pils”を・・・
待つこと楽し3分間、クリーミーな泡が乗った黄金色のビールを手渡されました。

木陰へと移動し、深呼吸をしてから「グビッ!」と一口味わってみました。
「ウ~ン!」上手い・・・ これこれ、これが飲みたかったビールです。

味・コク・キレとも極上、しかも回転が良いのかフレッシュな味わいでちょっと興奮気味です。・・・

一息入れて平静を取り戻すと、人って勝手なもので「次はどれにしようかなぁ~」と良からぬ欲が出てきます。

未だ飲んだことがないポーランドのWarka やクロアチアのKorlovacko、
そして又チェコのStaropramenに戻り今度はDunkelをと正にのん兵衛の屋台めぐりでした。・・・
a0280569_0175239.jpg

お天気も太陽が燦々と照っていて暑いし、もうフラフラの状態で何とか家へとたどり着きましたが、いやぁグッタリでした。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Atelier-Onuki | 2017-08-09 00:33 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)