カテゴリ:アメリカ( 4 )

ヨーロッパへの憧れは… 4

ニューヨークからロスアンジェルスまでは6時間位のフライトだったでしょうか、
それにしてもアメリカは大きいなぁと実感させられます。
グランドキャニオンに差し掛かった頃には疲れていて、うとうと眠ってしまいましたが、
起きてもまだグランドキャニオン上空でした。

到着後、ゲートの係官にアラスカから来たのかと聞かれ、フト我に帰ると厚いダウンジャケットの下を汗が滴り落ちるのを感じました。
ガラス越しにランニング姿でジョギングしている人の姿も、・・・ 出発時はマイナス5度だったのに・・・。

ロサンジェルスで宿泊したホテルは、非常にモダンでゴージャスだったので強く印象に残っています。
ボナベンチャー・ホテルと云って映画などにも時々出てくるのでご存知の方も多いかも知れませんが、巨大な円柱シリンダーを組み合わせたような外観で、中央のホールはザァと20階分ほどが吹き抜けになっています。
各階にあるバルコニーからは蔦草が吊り下げられ、折しもクリスマス飾りもされていて、それはスケールが大きく圧倒されそうでした。

このロビーにはレセプションを初めレストランやショップなどが立ち並んでいて楽しい雰囲気を醸し出しています。
ロビーの一角にあるスクエアのコーナーはプールになっていて、ガラス張りのエレベーターはそこに沈んでいるように見えます。
エレベーターに乗ると、3・4階付近から突き出ている巨大なガラス屋根を突き抜けぬけて、今度は外壁に沿って外側を昇って行きます。スピードも速く中々の迫力、・・・特に降りる時、屋根を通過する時やプールに沈む瞬間は股の辺りが相当ヒヤァとします。
これを目当てに遊びに来ている人たちもいるようでした。

さて、ロビーで休んでいると、日本人の青年がやってきて、「自分はガイドなのだが如何ですか」と尋ねてきました。 
丁度、郊外のショッピング・モールやハリウッドへも行きたかったので、料金を尋ねてみるとこれがまた格安・・・それではと頼むことにしました。
「すぐ車を持ってきますから」と云う事で玄関に出て待っていると、ガラガラと音を発てボロボロのポンティアックがやってきました。
先日ニューヨークでのリムジンとは雲泥の差でしたが、
なかなか気の良い青年で半日あちこちと楽しく回る事ができました。

翌日は折角なので長距離バスに乗り込みアナハイムスタジアムなどを経由しお目当てのディズニーランドへ・・・しかし、着いてみるとちょっと様子がおかしい・・・
賑わっているはずが、ガランとして人影がありません。

訊いてみると何とこの日は年に一度のお休みとのこと。唖然としながらも、何時、何処行きのバスがあるのかも分からないし、未だバスが停車していたので戻る事にしました。
取りあえず車内で落ち着いて考えよう・・・ 
バスの行き先はサンタアナ。どれ位乗るのかも分かりませんが、まぁ終点まで行っても良いかと開き直った気分になりました。 
やっと到着したサンタアナですが、聞いたこともないし、空気は乾燥して砂っぽくざらついています。どことなくメキシコが近いような感じがしています。

先ずは落ち着こうと、喉も渇いたことなので、すぐ近くにあった露天の八百屋でメロンを買い、水飲み場の蛇口で割って取りあえず喉を潤しました。
さすがに、落ち着くと別のアイデアが浮かびました。
そうだ、何処かで読んだ事があるナッツベリーファームもそれ程遠くないはず。
バスの路線図をみるとアルアル・・・ここから直行で行けそうです。

いよいよナッツベリーファームなる所に到着しました。なかなか広大な感じです。
それに人気けはまばら、アトラクションの作りも素朴で野性味溢れています。
お陰で人気のあるはずのジェットコースターなど連続して乗れるくらい空いていました。

よくお祭りの屋台などでもありますが、空き缶を積み上げたピラミッドをボールで倒し、首尾よく全部を倒すと賞品が貰えるってやつ、昔ちょっと野球をかじった者としては、やってみたくなりました。
まぁ偶然うまく投げられて二投目くらいで全壊!よく分からない縫いぐるみの人形を貰いました。
すると、4、5人の中学生くらいの年齢の女の子たちが近づいて来て、何やら云っています。
良く聞くとその内の一人が「自分の為にもう一度トライしてくれないか」と両手で1ドル札を握りしめながら云っていました。
余程その腕前を見込まれたのか・・・これは受けるしかありません。
慎重に呼吸を整えて、エイッと力がこもりすぎたボールは あれれ とんでもない方向へ・・・
結局少ししか倒す事ができず、当然賞品もありません。
「ソーリー、ソーリー」と振り返ると「クッジュー トライ アゲイン?」 とまた1ドル札を差し出しています。「エッまだやるの?」、「もう一度だけ」・・・ より気合は入りましたが、
そう簡単に当たるものではありませんでした。

ちょっと申し訳なかったし、どうせ縫いぐるみの人形なんていらないので「良かったら
コレあげるけど」と言うと、パァッと笑顔がはじけ「サンキュー、サンキュー」の二つ返事。
「処で、何て云う名前?」、「Onukiと云うんだけど」、「それってファーストネーム?」、
「いや、Tsuneo」・・・ちょっと恥ずかしい・・・ 
「私この人形をTsuneoって呼ぶわ!」
いやぁ~照れるなぁ~、こんな感覚は日本人の僕には想像すらできませんし。
それにしても、まだこんなにお若いのに男心をくすぐる様な事を云って・・・
まぁびっくりするやら、アメリカのお嬢さんはおませだなぁ~と感心致しました。


さて、ホテルに戻り、新聞で今夜の催しをチェックしていると、あるではないですか、
アイザック・スターンの60歳バースデー・コンサートが・・・
大急ぎで会場のミュージック・センターへと向いました。
例によってもう長蛇のキャンセレーション・ラインができていました。
これも何とかチケットをゲット、初めて聴くスターン、楽しみです。
曲目はバッハのコンツェルト2曲とヴィヴァルディの四季と云う比較的ポピュラーな物、
彼の弾き振りでロス・フィルの選抜メンバーと楽しそうに共演していました。
アメリカの聴衆もなかなか熱心、曲に合わせて体が揺れている人たちが何人もいて、さすがノリが良いなぁと感心しました。
これらの選曲は多分スターン自らが選んだと思うのですが、内容の深いヘビーな曲ではなく、親しみ易いこれらの曲目をあえて誕生日コンサートに選んだという事は、多分これらの曲をとても愛していて楽しい雰囲気ながらも敬意をもって演奏されたのでなぁとつくづく感じさせられました。

これに近い現象を最近ムーティの演奏会で体験いたしました。
これもとても軽快なトランペット協奏曲で内容からしてそれほどの期待をしないまま聴きだしたのですが、
出だしからそれはそれは気合が入った緊張感あふれる演奏、まるで違う曲を聴いているようで、全く別の次元まで昇華された音楽でした。
この人は本当に楽譜に対して敬虔で真剣に取り組んでいるだなぁと、
大いに感動させて頂きました。
この事はまた後日、別の機会にでもと思っています。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-10-13 01:37 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

ヨーロッパへの憧れは… 3

会場に入るともう満員の観客、結構センターの席を買う事が出来たのですが、通路が両サイドにしかなくて「ソーリー、ソーリー」と何人もの人達を立たせてしましました。
一息ついた頃には軽快な序奏が始まり出しました。
1幕冒頭はクララの家へ続々と訪問者が訪れて来ます。
重厚で味わいのある建物のファサードは堂々としていて期待が沸いてきます。
間もなく室内のシーンへと転換していきますが、調度品やシャンデリアなどバレエとしては立派過ぎるくらいの豪華な装置です。 
特に目を見張るのはクリスマス・ツリーの立派な事。
私が日本で携わったときは、バックの布に描かれ、例のツリーが大きくなって行くシーンではバトンを吊り上げて行くと云うものでした。
処がこれはもう高さが5・6mあろうかと思われる丸物(立体でリアル)で、電飾を初めこれでもかとばかりの装飾が枝に施されています。
こりゃ~これ以上大きくしないのだ・・・と高を括っていましたが、夢のシーンに差し掛かるとこれがガサガサと揺れだし、まるで生物のように大きく成りだしたではありませんか・・・枝などはバサバサと音を立てて下のほうから跳ね上がって来ます。
何とそれにも電飾や飾りもちゃんと付いています。
それもドンドン止めどもなく、もう舞台の天井一杯まで大きくなりました。
いくら何でもこれ以上は・・・との思いとは裏腹にまだまだ大きくなりとうとう
プロセニアム・アーチを遥かに突き抜けて行きました。
いやぁ~さすがにアメリカのやる事はスケールが大きいと感心しました。
ネズミの大群との戦いもミニ大砲が出てきたりで大騒ぎ・・・
勝利した゛くるみ割り人形″が仮面をパッと取って王子に変身するシーンなど格好よかったな。
そして1幕クライマックスはクララをいざない御伽の国へ、雪のワルツのシーンでは
チラチラ降り出した雪が段々と強くなっていきます。
多分ステージの袖からウィンドマシーンか何かで風を送っているのでしょう、雪の勢いは益々まして来て、もう吹雪になって向こうが霞んでボーとしています。
舞台の奥の方に月がおぼろげながらも輝きだし、いつの間にか一本の階段がスッーと降りてきてそれに向かって行く所で幕となりました。

2幕目は御伽の国、大勢のちびっ子天使が現れ舞台一杯に大きな輪を作りました。
どの子もニコニコしていて、その可愛さには思わず微笑んでしまいます。
舞台一面にお菓子やレースの形をした装置は満点のメルヘン・・・
次々登場するパーフォマンスは楽しく、テクニックも素晴らしい・・・
特にアラビアのシーンでは一本足でトゥー立ちしたまま男性ダンサーに引かれ
なんと1m位は移動しました。
花のワルツからクライマックスへと盛り上がり、華やかな内に幕となりました。

終演後は余りの大きさのツリーにやたらと感心したので、そのままロックフェラー・
センターのもっと大きなツリーが見たくなりました。
センターへ行くまでのショッピング・ストリートにも天使の飾りが点在して雰囲気を醸し出しています。
もう正面にはモミの木がド~ンとそびえ立っているのが目に入って来ます。
それにしてもこの装飾の幾何学的な事、キチッと計算された飾り付けには恐れ入ります。すぐ手前はスケート・リンクになっていて大勢の人たちが滑っていました。

一方ヨーロッパは、このシーズン屋外のクリスマス・マーケットや街中にモミの木が立てられますが、装飾は素朴で簡素です。
電飾も豆球ではなくごく一般的な家庭で使う裸電球、飾りも感覚的に・・・と云うより適当にゴツゴツとした物が付けられています。
最初はちょっとガッカリしたのですが、慣れてくるとこれはこれで味わいがあって良いものです。
私はウィーンの市庁舎前のマーケットが赤や黄色のランタンが木々に付けられていてとても趣があって好きです。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-10-06 14:44 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

ヨーロッパへの憧れは… 2

やっとホテルに落ち着いて、と云ってもこのホテル、タクシーが着くなり立派な制服をまとったドアマンがやってきて、さぁとドアを開けたと思うと直ぐさまトランクから荷物を取り出してくれます。
回転ドアなのに又ここにも別のドアマンが、中に入ると又更に別のドアマンが荷物を押して誘導してくれています。一体何人の世話になるのかしら。・・・

吹き抜けが大きいロビーはフカフカの絨毯で、何処からとなくピアノの音が聞こえてきます。中央にはびっくりする程大きな鳥籠がド〜ンとあって、たくさんの鸚鵡が飛んでいました。
レセプションでチェック・インをしようとしたらこのドアマンが隣にある銀行の窓口みたいな所へ行けと云っています。どうもシステムが違うようでここで予約の確認を取るようです。窓口の女性の英語は早口で聞き取ることができません。
「ニューヨークは初めてなの?」の問に「イエス、イエスの二つ返事」こちらはニューヨークどころか初めての外国です。
やっとゆっくりと優しく喋ってくれましたが、
つくづく俺は田舎者なのだなぁ〜と、妙に感心をしてしまいました。

早々に外へ出て、スタンドで新聞を購入。どの新聞にも昨夜のレノン事件が一面に大きく載っていて、改めてその事件の大きさに衝撃を受けました。

ひと夜があけ、ニューヨーク二日目はニュージャージーなど郊外のショッピング・モールへ行く予定です。 
当時の勤務先の社長が紹介してくれたリムジンの人が迎えに来てくれましたが、その車を見てエッこれ~と、後ずさりしそうになりました。
想像とは裏腹にそれはそれは大きなリムジンがドンと止まっています。
なんでもリンカーンだそうで、ダークブルーの後部座席は向かい合わせで9人は座れるかと思われるものでした。こんなのは映画でしか見たことがありません。

何店舗か一日かけて見て回り、夕刻にスタッテンアイランドからフェリーに乗って、自由の女神をかすめ、ダウンタウンへと到着しました。
車がフェリーから上陸した時のことですが、大勢の人が車を取り囲み前に進めません。
それも大声で何か叫んで、そのうちボンネットまで揺すり始める有様。
これは一体何事だろうか・・・唖然となるばかり。
よく聞くと彼らは口々に〝レノン・レノン"と叫んでいます。
「あぁ~そうか」とリムジンの人、何か分かったようです。
この車と同じ型にレノンも乗っていたそうで、しかも乗っているのは日本人、
どうも関係者と勘違いをされてしまったようです。
どうりで威圧的な感じではなかったのだ・・・と納得しました。

翌日は図面を届け、ちょうどお昼になるので近くのレストランを紹介してもらいました。
セントラル・パークに面した「ルシアン・ティー・ルーム」と云う所。
グリーンのテントが車道までドーンと突き出していて、いかにも高級そうな感じです。
内装もクラシックでゴージャス、フト壁に掛かっている絵が気になったので見てみると、
なんと私が崇拝している装置家の一人レオン・バクストの版画ではないですか。・・・
この高級感とあいまって興奮と緊張が体を走りました。
お味も上品で、大味でボリューム満点の食事に食傷していた身には実に美味しく感じられました。
このお店ですが、何年か後にたまたま購入したホロヴィッツのレコードに、彼がお店に入っていくところの写真が載っていました。

グッケンハイム美術館やロックフェラーのツリーなどを見学し、夕方はリンカーンセンターを訪れました。
ここはスクエアの広場を囲むように正面がメトロポリタン・オペラ、
その右奥にジュリアード音楽院、右がニューヨーク・フィルの本拠地エヴェリー・フィッシャー・ホール、
そして左側がシティ・オペラとアメリカの重要な音楽拠点が集中しています。

先ずメトロポリタンへ行って見たところ、この日は公演がありません。
次にエヴェリー・フィッシャー・ホールへむかってみると、なんとギレリスとメータでチャイコフスキーのピアノ協奏曲ではないですか。これこそはと思い、当日券があるかどうか聞いた処、残念ながらソルド・アウトとの事。(これはCBSによってライヴ録音されています)
向かいのシティ・オペラはと云うと「くるみ割り人形」でこれも観てみたい。・・・
何人か並んでいたので尋ねてみると、キャンセル待ちの列だそうで、こちらはチャンスがありそうなので並ぶ事にしました。
まぁ市立歌劇場のバレエなので余り期待もしないまま、そしてギレリスに後ろ髪を引かれながらも、
何とか開演時間ぎりぎりにチケットを買う事ができました。

まだ続きます。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-10-03 00:54 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

ヨーロッパへの憧れは… 1

子供の頃から音楽を聴くのが大好きで、学生時代もオペラやバレエの舞台装置を
勉強したせいもあってか、兼ねてよりヨーロッパへの強い憧れを抱いていました。
そんなある日、どうしたものか、「初めての海外旅行」にアメリカへ行っている夢を見ました。
これ程ヨーロッパへ行きたがっているのに、何故、余り興味の無いアメリカなんだろうと。・・・

処が、これが後々現実となってしまうのです。

その頃は、あるディスプレイ会社に勤めていたのですが、
そこで、研修と云う名目でアメリカへ行く機会を得たのでした。
a0280569_14304310.jpg
仕事らしい仕事は、図面一式をニューヨークにある某代理店(実は今の会社)へ
届けるだけ…と云うありがたい出張でした。
当時、デパートなどの内装やディスプレイはアメリカから大きな影響を受けていまして、
実際、当時人気デザイナーだったウェルチなんて人は、
日本の大手デパートの全館改装を何店舗も手がけるほどの時流でしたので、
我々もアメリカのデパートや、当時流行りだした大型ショッピング・モールを
見に行くと云うのが研修の目的でした。

事実、彼が手がけた店舗は、折しも高級ブランド志向の時流にも乗り、
その徹底したコンセプトは百貨店装飾の革命となり、ブランド価値を大いに高めました。 
唯、売り場面積が売上に直結してると長年信じられていた日本の風土には
必ずしもマッチせず、そのスタイルは、後年段々と衰退していくことになるのです。

サン・フランシスコやロスのショッピング・モール、
それにニューヨークではブルーミングデールズやメイシーズの老舗百貨店などを訪れました。

丁度、クリスマス直前でしたが、さすがにスケールが大きく吹き抜けなども驚くほど天井が高くて、洒落たクリスマス装飾がふんだんに飾られていました。
ブルーミングデールズは百貨店のディズニーランドと云われていて、全館エキサイティングな装飾が施されワクワクするような楽しさに溢れています。
店内のどのフロアも、楽しく夢のある装飾で購買意欲をそそります。
各階のエスカレーターを上がった所には、特に大きなディスプレイスペースが設けられていて、
クリスマスの物語を連想させるような、なんともお洒落なディスプレイです。
店内の照明はわざと暗めに設定されていました。
ブティック形式の各売り場にも、ハイライトとなる商品のディスプレイがあり、
ジャンボテーブルの上にはコーディネイトされた極わずかな商品を飾って、ピンポイントで浮き立たせています。

ヨーロッパの国々ではかつて、土、日には店が閉まっていたので、週末のウィンドウ・ショッピングが人々にとっての楽しみでもありました。
このためウィンドウには未だに、これでもかとばかりにラインアップの商品が展示されています。

一方、ダウンタウンにあるメーシーズの方はちょっと大衆向けな雰囲気のお店で、
沢山の人でごった返していました。それでも、ゴトゴトと大きな音を立てて動く、ゴッド・ファーザーにも出てきた木製のエスカレーターに乗ることが出来き、感激したことを覚えています。

処でニューヨークへ着いた日はタクシーで市内へ入りました。
ちょっとウッディ・アレン似の運転手さんで、
以前に観た映画「マンハッタン」を思い出して、
あぁ〜あのニューヨークへ来たのだと、感慨深く思いを馳せていました。
タクシーがちょうどセントラルパークに差し掛かったころから、停滞が始まり中々前に進めません。先の方を見ると大勢の人が歩いて横切っています。
イライラしだした運転手はムーヴ、ムーヴと叫びながら車を小刻みに動かしています。
一体なにがあったのだろう、「デモ?」と尋ねてみると、
「お前知らないのか・・・昨夜レノンが殺されたんだ・・・彼のアパートがそこにあるから皆んな来ているんだ。」
「エッ・・・知らなかった・・・。」 唖然となりました。
ちょうど移動中にこの事件が起こったようで、ニューヨーク初日から一気にブルーな気分です。

この続きはまた。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-10-02 00:13 | アメリカ | Trackback | Comments(0)