<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「変な飲み屋」は

家から歩いてそれ程遠くない所に大きなスーパーがあって、
大抵の買い物はここで済むので良く出かけます。
途中には広大な墓地がありこのスーパーは墓地に面して建っています。
a0280569_3214219.jpg

a0280569_322311.jpg

スーパーの周辺には色んなお店もあるのですが、手前に数年前から簡易食堂のような掘っ立て小屋がありました。
グリルなんかもやっているようで通る度に、何かを焼いている良い香りが漂っていました。
小屋の前は簡素なテラス席で何時もソコソコのお客が座っていて繁盛をしているようでした。

先日買い物に行った折にフト見るとちょっとシュールな感じで、入口の両サイドには黄色い提灯が、
そしてフェンスには「一番搾り」と大きく書いたノボリがはためいていました。
しかも墓地の入口に近いので、左隣は墓石屋さんで更にシュール感を盛り上げています。
a0280569_3224567.jpg

この光景は決してドイツとは思えない程で、何処か日本の場末感がプンプンして来ます。

フーンと思いながらも家に帰ったのですが、息子が「”一番搾り”の看板を見なかった?」と尋ねました。
a0280569_3231726.jpg

そうか彼も気になっていたようです。
なんでも店の中で日本人らしき人が働いているのを見たと云うのです。

「それじゃ~行ってみるか」と言うことで家内も含め買い物がてら行ってみる事にしました。

未だ5時過ぎと早かったのですがイソイソと出かけました。

案の定、お店はガランとした無人の状態で、何処を見ても開店時間が書いていません。
誰かいるのかと、そっとドアを押して見ると何と全く施錠もされないままで、ガランとした店が出現しました。
フト置いてあったチラシに目をやると、そこにはランチ・メニューとカタカナで書いてあります。
おぅこりゃ間違いなく日本人がやっている感じです。

取り敢えずは買い物をして時間稼ぎをしました。
出来るだけゆっくりと「三ぽ歩いて二歩下がる」のテンポで買い物をしたので何とか6時位までなりました。

「もう開いているだろう!」と店に戻ったのですが、相変わらず電気は点いていないしガランとしています。
「もう帰ろうか」と云ったあたりで奥の方で人影が見えました。
近づいてみるとそこには日本人のご夫婦が今しがた到着した感じで裏口のドアを開けていました。

「何時から開店ですか?」・・・「6時半からです・・・宜しく」、
「と・処で一番搾りは生ですか?」、「エエ生ですよ・・・」、おうこれは期待が持てる・・・

「よし近くの池端で時間を潰して後30分待つぞ!」と暫くベンチに座って雑談をしながら待っていました。
何の用事もないのに30分待つのは結構長く感じられますし、陽も傾きだして寒くなって来ました。
a0280569_3235657.jpg

やっと6時半になったので少々疲れながらもお店に戻りました。
ありゃ未だ電気も点かず店内は暗いままです。
a0280569_3241890.jpg

奥の方で準備をしていいる感じですが、こりゃ未だまだ開店まで時間が相当掛かりそうです。
この辺で実は”待つことが大嫌い”な私としてはシビレを切らしてしまいました。

このテンポですとこれから先の様子も想像ができるので、「よし、他へ行こう!」と決断しました。

「もう一軒近くに日本食屋さんがオープンしている」と聞いていたのでそちらに急遽変更することにしました。
そこはデュッセルドルフで展開しているお店の姉妹店だそうで、まぁまぁ美味しく頂きました。

結局はストの影響もあって長い散歩となりましたが、途中新しく建ったビル群を抜けたら、
昔ながらの懐かしい家並みも残っていて、それなりに楽しい夜となりました。

さて、あの店・・・確かにあのシュールなロケーションでの「一番搾り」・・・
未だちょっと気になっています。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2014-03-29 03:24 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

「デュッセルドルフにて」

今週は月曜日からデュッセルドルフに詰めて仕事をしています。

まぁデュッセルドルフには自宅があるので、生活は何不自由がなく助かっています。

今回は来月中旬にちょっと大きなプレゼンテーションがあるのですが、
その準備の為に、ここにある建築家グループの協力を得て作業を進めています。
a0280569_0133390.jpg

彼らとはもう30年来の付き合いで、今までも大きなプロジェクトを幾つも一緒にして来ましたので、
お互い良き信頼関係にあり、阿吽の呼吸で作業が進める事ができます。

唯、今回ややこしいのは基本のコンセプトを日本にいるクリエイティヴ・ディレクターが考えていまして、
そのコンセプトには一方ならずこだわりがあるのですが、如何せん彼はグラフィック畑の人で、
立体の造形物までの考慮は不十分な所も多く、そこを如何に立体として現実化して行くのかがポイントです。

連日、日本とのやり取りをしながら、毎日あれこれと議論を重ねて来ましたが、
やっと今日なんとか基本的な着地点を見つける事ができました。

何度もアイデアの交換をして行った結果、お互いの思いも一つに固まってきました。
プレゼン前なので具体的には書けませんが、それは水のテクニックをフンダンに使い、
ダイナミックでユニークな良いアイデアになったと自負しています。

打ち合わせも終わり、お天気も回復してきたので川沿いを歩いて帰ることにしました。
と云うのも昨日、今日と二日間ここの公共交通機関がストライキで全く動いていません。

タクシーでも良かったのですが、30分ほどで帰れるので歩くことにしました。
a0280569_0141649.jpg

久しぶりの川原はポカポカと気持ちがよく、ブラブラ歩きとなりました。
a0280569_0143221.jpg

陽気に誘われてソコソコの人が散歩をしたり、ベンチで読書と思々にのんびりと楽しんでいます。
a0280569_0145484.jpg

途中では小学生くらいのお嬢ちゃん二人が歌を歌ってお小遣い稼ぎをしていたりと長閑そのものです。
a0280569_0151194.jpg

羊の群れも放牧されています。
この羊飼いの人はこの街ではちょっと有名で、ビールの宣伝にも登場したことがありました。
この広い川原をあちこち移動をしながら放牧生活をしているようです。
a0280569_0152742.jpg

a0280569_0154482.jpg

道中の景色も色んな船が行き交い眺めているだけでも飽きません。
a0280569_016199.jpg

あちこちの桜や木蓮も花を咲かせ出しました。
気温は未だ肌寒いのですが、一歩々春は確実に近づいてきているようです。
a0280569_0162628.jpg

さあ、今夜は一杯飲みに行くぞ・・・
と云うのも先日近くの郊外型スーパーへ行った折に、変な飲み屋を見つけたからです。

この事は後日にまた・・・

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2014-03-28 00:16 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

「ダニエル・ハーディングとバイエルン放送交響楽団の演奏会」から

演目は
ヘンリー・パーセル 「マリー王女の葬送音楽」
グスタフ・マーラー 「交響曲6番」
a0280569_04226.jpg

パーセルの葬送音楽は始めて聴く曲でしたが、この辺は埋もれているイギリスの大家の作品を学研的、
教育的見地から紹介したいとする意向と思われ、彼の師匠であるラトルなどの影響を大いに受けているのでしょうね。

さて今夜のお目当ては何といってもマーラーの大曲「交響曲6番」でした。

大編成の曲なので会場も大きいガスタイクにあるフィルハーモニーでした。
ここの音響はあまり褒められたものではないし、折角大迫力の曲なのでドップリとその大音響の洪水に浸りたくて、
発売と同時にド真ん中の席を早々と押さえていました。

マーラー・ファンの間ではこの6番は「マーラー最高の名作だ!」と言う人が多くいます。
確かに作曲家として一番油の乗っている時期の作品で、曲としての纏まりがしっかりしているし、
その多様性や重層性は最大に拡大され迫力満点の音響空間には圧倒される聴き応え満点の作品です。

事実、管弦楽の編成はオーケストラだけの曲では恐らく最大の規模でしょう。
弦楽群もこれ以上入らない位の多さですし、何と云っても打楽器の多さ、
それにありとあらゆる種類の打楽器が登場し面白さ満載です。

中でも四楽章で打ち落とされるハンマーは圧巻で、杭打ち用の大きな木槌を思いっきりバコン!と打ち付けます。
これはマーラーの怒りなのか、それとも不吉な運命を断ち切ろうとしているのでしょうか、
逆に運命に打ちのめされるのでしょうか、乾いた衝撃的な響きはゾクッとさせられます。
それにしてもこの直前に座っている金管の奏者は怖いだろうなと何時も思っています。頭の真後ろで思いっきり叩かれるのですから・・・

このハンマーを打つ回数には2回か3回か違う解釈があって、一番目が「家族の崩壊」(アルマの問題)、
二番目が「生活の崩壊」(ウィーンの音楽監督解任)、そして三番目が「マーラー自身の死」と云われ、
マーラー自身の演奏では怖くて三番目は叩かなかったと云われています。
まぁこの辺の真意はマーラーさんのみ知るところでしょうか。・・・

さて、マーラーの楽曲を聴いていると色んな情景が浮かんでくるのですが、それは大抵の場合、
堂々とした山々とか牧歌的な草原、それに回想シーンでの田舎の風景などです。

もっとも5番のアダージョ楽章はヴィスコンティが「ヴェニスに死す」で使った影響でどうしても海のイメージが付きまといますが、
やはりマーラーの音楽には山を連想させる要素がいっぱい入っているようです。

この曲にも随所に長閑なカウベルや鐘が効果的に響きわたり、嫌が上にも牧歌的な風景を連想させます。

さて、当日座席に付こうとしたら私の席付近は椅子が取り外されドンとTVカメラが2台陣取っていました。
すかさず係りのオバさんがやって来て、「まぁ見ての通りなので、別の席に・・・」と近くの席に案内されました。
同じカテゴリーとはいえ折角ど真ん中の席を抑えていたのに・・・
TVが入るなんて最初からわかっているはずなのに、この辺は実にバイエルン的いい加減さ、良く言えばノンビリさです。

太鼓ののんびりした行進曲風のリズムに合わせてトランペットとトロンボーンが厳かに葬送のファンファーレを吹き始めました。
それと同時に舞台裏からコーラスがまるで葬儀に参列するような足取りで入場して来ました。
静かに歌い出された葬送音楽はどこまでも厳かで、歌と歌の間に挿入される金管アンサンブルとのやり取りは結構長い曲で、
途中眠くなってしまう程でした。
曲の終盤ではコーラスが再び音楽に合わせて退場行進して行きました。

この曲が終わると間髪を入れずにザバザバザンと勢いよくマーラーが始まりました。
恐らくこの曲の副題である「悲劇的」に合わせて、
まるでこの曲の前奏曲的扱いとしてパーセルの葬送音楽をもって来たのだと推測されます。
唯、やっとここで目が覚めた感じで、先ほどの音楽は必要だったのかどうか私には分かりません。
ハーディングの指揮は勢いがありバトン・テクニックも分かり易く明快です。
音楽は健康的で若々しく生々しています。尤も未だ39歳と若い人ですが・・・

音楽は滞ることなくドンドン進んで行き、迫力も充分です。
唯、この辺で確かに直接音は充分聴こえてくるのですが、音に包まれる様な瞬間がありません。
これはホールに問題があるようで、こんな曲はウィーンのムジークフェラインで聴いたらどんなにか素晴らしいだろうかと想像していました。

いよいよクライマックスの四楽章に入り、不思議な雰囲気の音形で始められた曲はドンドンと盛り上がりを見せ、
全奏者が段々熱くなっていく様子が伺えました。
狂った様に吹き荒れる木管群に金管群が更に厚みを加え、舞台裏からはカウベルや効果音が絡み、
そして打楽器達が今か今かと待っていたように大活躍を始めます。

そして例のハンマーの一撃、バコンと打ち終わった奏者もドヤ顔をしています。
暫くして二度目のハンマー・・・もう曲は盛り上がりの頂点に・・・
そして暫くの静けさのあと、バァーンと一斉に鳴ったオーケストラは不気味で混沌とした歩みのリズムの後、
宿命的な印象のバンというピッチカートで幕を閉じました。

終わった後、指揮者が微動だにしない瞬間が長々と続きました。
a0280569_043613.jpg

まぁ長くて迫力も内容もたっぷりの曲だったので完全にグッタリです。

こんな曲を熱演で聴かされたのですから、また暫くクール・ダウンするのに時間が掛かりそうです。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2014-03-23 00:04 | ミュンヘン | Trackback | Comments(0)

「ドロミテ」にて

バルセロナでひいた風邪は酷くなって先々週は39度ほどにまで熱が上がりフラフラしていました。
それでも先週は無理をして予定していたボローニャ行きの列車にモウロウとしながら乗り込みました。
a0280569_22245971.jpg

今年のドロミテ方面は大雪が降って多い所では3mほどの積雪があったのですが、
急に暖かくなり晴天続きで雪がドンドン溶け出し、ゲレンデはシャーベットのようにべチャべチャで雪が重くて快適なスキーとは行きませんでした。
それに急斜面は午後になるとコブだらけで苦戦を強いられました。

最初の2・3日は滑っていても熱でフラフラして、もう午後の早い時間に上がりひたすら眠っていました。

そんなにまでして行かなければ良いのですが、一つには根っから好きなのと、来年は例の○ちゃんご一家がやってくるからです。
これは長年の希望で「又皆でドロミテへ行こう!」と約束をしてからもう10年以上が経過していましたが、
やっと「来年には行けるぞ!」と云う事で、その下見も兼ねていました。

彼らも10年以上本格的には滑っていないので、何処で練習をして調子を取り戻し、
徐々に難しいコースへと移動していくか順番を考えていました。
a0280569_22254418.jpg

ちょうど良く滞在するペラと云う小さな村には直ぐ近くにリフトがあって、これを3本乗り継ぐと2000m位まで登ることが出来るのですが、これが滑り易いなだらかなコースです。
a0280569_2226351.jpg

暫く林間コースをダラダラと抜けるとゲレンデが広がって来ますが、これまた練習にはもってこいの緩くて快適なスキーが楽しめます。
a0280569_22263772.jpg

それになだらかなコースのわりには切り立った山々が迫っていて、その景色は絶景です。
ここはちょっと外れたエリアにあるのでスキーヤーもそれほど多く集まらないのでその点でも快適です。
コースもVigoまで下っていけるダウン・ヒル・コースなど5km以上あって変化に富んだコースを楽しむ事ができます。
a0280569_22265819.jpg

a0280569_22272692.jpg

まぁこのエリアでのメッカはまるで巨大UFOが降り立ったような形をしたセラ山を50kmほど一日かけて回るセラ・ロンダと云うのが有名で、
そのスタート地点になる各々のエリアは朝早くから大勢の人達で賑わっています。
カンピテッロやカナツァイのロープ・ウェイなどは長蛇の列で30分以上も待たないと乗り込めません。
それでも山へ上がってしまえば、さすがに広く方々に散らばってしまい、それほどの窮屈感はありません。
ここまで来れば山々も更に面白い形状をした険しいさで迫り、その絶景には圧倒されてしまいます。
変化に富んだ景色はセラ峠からのコースのように広大な稜線が広がり、モミの木がゴツゴツとした岩々に絡まるように点在している光景も見事な風景です。
a0280569_22292167.jpg

このセラ・ロンダは時計周りも反時計もできるのですが、どちらも変化に富んだコースで行く先々のエリアは雰囲気の異なった光景で楽しむ事が出来ます。

それに新しくリフトが出来ていたり、コースが変更されているエリアもあります。
来年は大勢の人達を引き連れて迷ってしまっては大変ですから、やはり下見をしておいて良かったと思っています。

我々の思い出深い山小屋も既に撤去されていて、影も形もありませんでした。

途中アラバからコルバラへのコースを辿っていましたが、何時もとは違うアルタナティーボと書いてあるリフトへ乗ってしまいました。

そこは初めて見る風景ばかりで、思わず地図を広げて確認をした処、もうセラ・ロンダでは一番東の端から更に東へ登った様で、
もうコルチナ・ダンペンツォから登るトファーナ山が近くに見えていました。
この辺は標高も高いようで荒涼とした風景はちょっと不思議で、暫く見入っていました。
a0280569_22295535.jpg

何でもその先にあるアルメンタローラと云うコースはこのエリア最長で11kmもあるそうですがリフトがなくて、コルチナ方面から専用の車でやってくるそうです。
a0280569_22301382.jpg

まぁ今回も何とか一周することが出来たし、何と行っても素晴らしい風景に浸かっていられてリフレッシュする事ができました。
まだ熱っぽくてフラフラしているのですが・・・

来年は○ちゃんたちと滑るのが今から楽しみです。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2014-03-20 22:31 | イタリア | Trackback | Comments(0)

「バルセロナの現場」から

毎年行われるモーバイル通信関連のイベントの準備のため10日間ほどバルセロナの現場で戦っていました。
a0280569_3431420.jpg

何時もですとこれが終われば一段落、暫くボーと体力の回復に充てるのですが、
今年は現場の再中に連絡が入り、来年に行われるイベントのオリエンテーションがあると云う事で、
ミュンヘンに帰った翌日には急遽デュッセルドルフへと向かいました。
喧々諤々と三日間に渡り議論をして土曜日の最終便で帰ってきました。
(ああシンド・・・)

さてバルセロナのイベント自体は電気関連でトラブルがあったものの、全体としては成功をしたようで一安心しています。

数ヶ月、長い時は一年位の準備期間で、あれこれと議論を重ねそれがやっと決定し、
世界中から人や物が結集して10日間程で最後の仕上げをする現場は、かねがね私は「祭りの準備だ」と云っています。
其々の思いは一つで「成功に導きたい」と思っていて、そのための最終仕上げをする訳です。

理想的には折角みんなで長いあいだ苦労をして来たのですから、ここは目的も一つだし、
出来るだけ気持ちを一つにして辛いながらも楽しい現場を目指しています。

現場に入る前は周到な打ち合わせと準備をして行くのですが、コミュニケーション・ルートが
日本発-ドイツ経由-スペイン受けと云う長いルートで、
どうしても現場に行ってから判明する問題点などもあって、悪戦苦闘を強いられる瞬間も多く存在しています。

造形に関するクライアントからの要望は全て私に集中してやって来ます。
それを内容によって現地の色んな担当者と検討をしながら、変更や修正を加えて行くのですが、
中には「エッ~今更・・・」と思われる様な変更があったりして、現地の業者さんにもストレスが溜まって行きます。

時々は彼らからも「何で今頃こんな事を言い出すのか・・・」云々のクレームも私に集中して来ます。

中間に入っている私はクライアント側からも、業者さんからもストレスを受ける事になり、
時々は飽和状態になって業者さんに対しては「そんなに文句を俺に云うなよ・・・」と怒ってしまうのですが、
彼らの言い分は「お前しか文句を云う相手がいないから・・・」で、まぁそれも分かるので「まぁしょうがないか」と思ってしまいます。

私自身も誰かに文句を云いたいのですが、「現場は祭りで楽しくなければ・・・」なんて云っているのに、
それをするとモットーに反するので、どうしてもストレスを溜め込んでしまいます。

そんな中、幾つかストレスを発散させる方法もあります。
一つは現地のコーディネイトをお願いしているお嬢さん方と数分だけでも他愛もない冗談を云って笑っています。
彼女達とはもう5年来のお付き合いで、お互いの気心も知れていますし、アウンの呼吸で冗談を交わす事ができます。
a0280569_3435061.jpg

それともう一人、私は毎回おもちゃにして遊べそうな相手を見つけるのですが、
今回白羽の矢が当たったのが大工さんのChico(キコ)で、ちょっと昔はヤンチャだったぽいアンちゃんです。
彼はスペイン語しか話さないので、私とは全くの会話にはならないのですが、
カラカウには持ってこいのキャラで私のカラカイに対し完璧に反応してくれました。
a0280569_344935.jpg

彼らのお陰で今回も爆発することはなく、楽しく笑うシーンも多々あって救われました。

来月には大事なプレゼンが控えていて、ちょっと気が重いのですが、
今週中には他の人達が準備を進めておける部分を出来るだけ伝えて、さぁ来週は休むぞぉ・・・



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2014-03-04 03:44 | スペイン | Trackback | Comments(0)