<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ブラームスの家」 バーデン・バーデンにて

先日バーゼルからの帰途、途中通過するバーデン・バーデンにも寄ってみることにしました。
a0280569_5422444.jpg

ここはドイツ随一の温泉保養地として知られていますが、私の興味はブラームスの家を訪れることでした。
(まぁ日本の温泉だったら良いのですが。・・・)

このころ彼は既にウィーンに住んでいたのですが、
クララ・シューマンが滞在していた10年間に渡り毎年5月から10月ころまで彼女に会うためにやって来たようです。
(本当に好きだったのですね。・・・)

シューマン没後、5人の子供を抱えていたクララは生計を立てるためにピアニストとして活躍をしていました。
彼女の腕前は有名でシューマンと結婚をする前からヨーロッパ中で知られていました。

このバーデン・バーデンではシューマン音楽祭も催されていた関係でこの地を選んだのでしょうか。

駅からバスに揺られること15分ほどで街中へ入って来ました。

駅も途中の町並みも殺風景で、これが保養地として有名なバーデン・バーデン?と
ガッカリしていたのですがさすが街に入って来ると瀟洒な家並みが現れ始めました。

街の中心らしき停留所で途中下車、お昼を取ることにしました。

目抜き通りにはお洒落なブランド店が連なっていますし、レストランも軒を連ねています。
a0280569_5431513.jpg

a0280569_5443588.jpg

さあ一息入れたので、更にバスを乗り継いで郊外にある”リヒテンタール”(光の谷)と云う地区を目指しました。

バス停は”ブラームス・プラッツ”と明確です。

a0280569_545386.jpg

暫く歩くと”ブラームス通り”の看板が直ぐに目に付きました。
ふと右側の広場(駐車場)にはクララ・シューマン広場と書かれています。
a0280569_663461.jpg

a0280569_546271.jpg

更に歩を進め大通りにでると”Brahmshaus”と書かれた家の絵が付いた看板が立っています。
a0280569_5463076.jpg

ここはちょっと小高い所に家が建っていて、階段を登っていくことになりますが、
途中から何時か写真で見たことがある白い家が表れた時にはちょっとした興奮を覚えました。
a0280569_547012.jpg

a0280569_5474194.jpg

かの高名なドイツのピアニスト、ヴィルヘルム・ケンプさんがここを訪れた際には
「ここでひざまずいてから、上にあがるべきだろう!!」
と仰ったそうでパンフレットの巻頭語として載っていました。

ブラームスに敬意を表した、正に彼の温厚で謙虚な性格が現れた言葉だと思います。

折れ曲がった階段を登り裏側に回りこんだ所に入り口がありました。
a0280569_5482522.jpg

a0280569_549326.jpg

a0280569_5492860.jpg

a0280569_5495150.jpg

ベルを押すと、すぐさま賑やかに管理人の女性が現れました。

まぁ人懐っこく良く喋る人で「日本人?・ここへも良く来るよ・・・」、
「ドイツ語分かるの?・・・そりゃ良かった。」と細い階段を登りながら立て続けに質問されました。

上階の彼が借りていた部屋へ着いても説明は止まりません。

通された部屋は天井も低く、ちょっと暗い感じで昔の家ですから致し方ないのでしょうが、
むしろブラームスの性格には合っていたのかも知れません。
a0280569_551566.jpg

a0280569_5513980.jpg

a0280569_5523837.jpg

彼はこの居間と奥の寝室の二部屋を借りていたそうで、天井、床、壁は
当事からのオリジナルで家具は同時代の物を入れているそうです。
a0280569_553422.jpg

a0280569_5532690.jpg

それにしても居間に貼ってあるブルーの壁紙が一際不釣合いで、これがオリジナルかと疑ってしまうほど派手に目だっていました。
(これが150年も前の意匠とは思えないほどモダンです。)
a0280569_620571.jpg


寝室の窓からは高台と云うこともあって町並みや小高い山々を見渡すことができます。
a0280569_5535977.jpg

「フ~ム・・・この景色を見ながら構想を練っていたのか。・・・」と想像を膨らませていました。

ここでは彼の重要な作品の数々が生み出されています。

主な作品では「ドイチェス・レクイエム」、それに20年以上も悩みに悩みながら作曲をし続けた大作「交響曲1番」の仕上げ、
そしてペルチャッハで作曲をしていた「交響曲2番」の仕上げもここだそうです。
(いやぁ~感慨深いものが込み上げてきます。)

それに「ブラームスの子守唄」として有名な曲「Lullaby」もクララの誕生日に演奏をしたそうです。
(作曲家はこんな技が使えて羨ましい・・・)

さて、キッチンがあった部屋には古い写真や楽譜などが展示されています。

ショーケースには小物と共にブラームスのデスマスクとクララの石膏手形が展示されていました。

デスマスクは写真で見るよりも痩せた感じで、恐らく死後ちょっと収縮した状態で石膏取りをしたのでしょうか、
あまりブラームスらしくありませんでした。
a0280569_5544080.jpg

クララの手形は大きくて逞しく、さすがピアニストだけあって堂々とした立派な手でした。
a0280569_555437.jpg

上に飾られている指輪はメンデルスゾーンがクララに贈ったそうですが、
表面がガラスで出来た指輪の中にはメンデルスゾーンの髪の毛が入っているそうです。
a0280569_5552673.jpg

これなど我々日本人には理解しがたい感覚ですが、良くカトリック教会などに展示されている
聖人の体の一部とかに通じる感覚がバック・グランドにあるのでしょうか。・・・

帰り際、小さな受付の後ろをふとみるとピエール・ブーレーズの写真が飾られていました。
下には日付が書かれていて 2008年9月にここを訪ねて来られたようです。
(因みにブーレーズと云う表現は日本での慣例に従いましたが、ブゥレーと云わないと通じません。)
a0280569_5554853.jpg

管理人さんによると途中あった修道院の先にはクララが住んでいた家もあるそうで、
手書きの余り上手ではない地図を見ながら説明してくれました。

折角なのでここも訪れるべくダラダラと道を下って行きました。

途中の修道院も立派なので少しだけ覗いてから、外に出ると道が川を挟んで分かれていました。

さて、どちらに向かうべきか・・・
地図だと確か大通りに面していたので暫く探しましたが見付からず???

修道院まで引き返して、今度は橋を渡り川に沿って歩き出しました。
a0280569_557127.jpg

この川沿いには瀟洒な家が立ち並び中々素敵な雰囲気です。
並木道も広々していて、その先は森へと連なっています。
a0280569_5572922.jpg

a0280569_5575718.jpg

それにしても、これじゃ全く見当が付きません。

ちょうど前から地元の人らしきオジイサンが歩いてきたので尋ねてみました。
「エ~ッと・・・確か表通りだったような???」と彼もちょっと不確かな感じです。

そこへ彼の知り合いらしきご婦人が歩いて来られました。

「アア~、この人なら知っているよ・・・」・・・「クララの家・・・云々・・・」・・・

「知っている・知っている・・・一緒に付いて来なさい。」と心強い返事・・・

彼女は歩いてきた道を150mほども逆戻りしてくれ、

「ホラ・・・あそこの白い家・・・あれがクララが住んでいた家よ・・・、
唯、彼女が住んで居た頃は一階建てだったの・・・今の大家さんが改築をして三階建てにしたのだけれど、
彼女も音楽好きで、二階部分はホールになっていて時々演奏会をやっているのよっ・・・」とニコヤカに話してくれました。
a0280569_5582630.jpg

ここで突然「コンニチワ・・・アリガトウ」と日本語が彼女の口から発せられました。
「エッ、日本語を喋るのですか?」・・・「一度、日本へ行ったことがあるの・・・」
「では、良い一日を・・・」と挨拶を交わし、彼女は又逆方向へ歩いて行かれました。
(因みにこの家の正面は大通りにも面していました。)
a0280569_5585169.jpg

a0280569_1765441.jpg

暫く感慨深く眺めた後、川に沿って歩いてみました。
すぐ左手にはブルー系の花々で爽やかに植え込まれた公園が現れました。

東屋が建っていたので歩を進めると直ぐ前の木陰にブラームスのブロンズ像が立っていました。
向こうの方にはクララらしき像も立っているようです。
a0280569_60241.jpg

a0280569_605325.jpg

a0280569_612261.jpg

あっちへ行ったり来たりして眺めていましたが、この30mほどの距離をおいて立っている二人の像は、
お互いの微妙な関係を実に上手く表した間隔だなぁと感心をしていました。
a0280569_61435.jpg

何だか切なくも微笑ましい気持ちになりながらボチボチと帰路に付きました。・・・


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2015-07-09 06:01 | ドイツ | Trackback | Comments(2)

「ゴーギャン展」によせて

デュッセルドルフへ戻ってから、まだ荷物やら気持ちの整理が付いていない間に、
あるプレゼンの準備に追われたりで落ち着かない日々を過ごしていました。

そんな中、4月ごろ家内が観にいった「ゴーギャン展」が良かったらしく、
「今まで観る機会がなかった絵もたくさん来ていて良かったよ~・・・観に行ってきたら・・・」、
「行ったら良いのに・・・」と食事の度に話すので余程良かったのでしょうね。・・・

とは言え場所がバーゼルですからデュッセルから遠くて、中々その気になっていませんでした。

そんな折、フランクフルトへ行く用があって、ここからなら少しは近いので行ってみる事にしました。
a0280569_6212579.jpg

ドイツも鉄道網が段階的に整備されていて、段々とスピード・アップされています。
南下した列車はフライブルク辺りを過ぎると丘陵地帯にブドウ畑が広がる長閑な風景です。
列車はドイツ側の最終駅“Baden Bad’に到着しました。
駅はまだドイツなのですが一歩外へ出るとスイスに入ってしまい奇妙な感じです。
a0280569_622559.jpg

a0280569_6222128.jpg

唯、言語は同じなので違う国に入った感じがしません。
トラムのチケットを買おうとして、それがスイス・フランであることに気付きやっと実感が湧いてきました。

20分ほどで目的地の美術館“Fondation Beyeler”に到着。
ここはバーゼル郊外の住宅地ですが家並みのすぐ裏には牧場が広がる田園地帯です。
a0280569_6232310.jpg

この1997年に建てられたという新しい美術館も元は農園の跡地に出来たのではないでしょうか、
併設されているレストランの入り口には“Berower-Gut‘と書かれていてGutは大抵農園が経営するレストランなのでそれが伺われます。
a0280569_6235738.jpg

a0280569_6241939.jpg

a0280569_6244238.jpg

特別展は入場料が高いのは当然なのですが、
28フランと今までにないほど高い入場料にも関わらず大勢の人たちが訪れ入り口には長い列ができています。
(さすがスイス)
a0280569_6252441.jpg

それほど大きくない美術館ですが緑豊かな庭園に囲まれています。
a0280569_6262835.jpg

ファサードの前には小さな池に睡蓮が咲いていて、
大きなガラス窓をもつ建物は明るく、ゆったりとした空間に心地よさを感じます。
この感じは何処となく日本にあるホテルを連想させます。
これは前に生えている”モミジ”のせいかな・・・
a0280569_6264790.jpg

ホワイエもゆったりとした空間が取られていて混雑した感じはしません。
a0280569_6273829.jpg

インフォメーショ・ンバックの壁にはタヒチで描かれた絵を切り抜いた文字で
“Paul Gauguin”とタイトルが貼り付けられていて中々良い感じです。

展覧会の構成は大きく4つの時代別に展示されているようです。

即ち、ブルターニュ時代・・・一回目のタヒチ訪問・・・二度目のタヒチ時代、・・・
そして最晩年、失意の内に描かれたマルキーズ諸島での作品となっていました。

さて順序通り一部屋目から入って行きました。
a0280569_6283263.jpg

壁面にはゴーギャンの生い立ちから、この時代の解説が大きく表示されていて、
一番奥の壁にはパレットを持って描いている自画像が展示されていました。
a0280569_629699.jpg

その直ぐ右のショーケースには彼のパレットが展示されていて、
まぁこの絵の中に登場しているものかどうか分かりませんが、何か身近に迫るものがあり、ちょっとジーン来ます。
a0280569_6292617.jpg

続いてブルターニュ時代の作品群が展示されていますが、自身をモデルにした「黄色いキリスト」を中心に、
この絵をバックに描いた自画像が左側に展示されています。
鏡を見ながら描いているので当然ながら「黄色いキリスト」の絵は左右が逆転しています。
a0280569_6295932.jpg

a0280569_6582223.jpg

これはアルルから帰って来た後に描かれていますが、
この大胆に構成された十字架の構図などゴッホ即ち“広重”の影響が反映されているのではないでしょうか。

あれだけ意見が合わずに短期間の間に仲たがいをしてしまったにも関わらず、少なからず影響しあっているようです。

それは左隣に展示されているヤコブと天使が相撲を取っているシーンをテーマにした「説教の後の幻視」では更に明らかで、
インパクトの強い赤土をバックに右下から左上にかけて力強く斜めに横切っているリンゴの幹は
広重の「亀戸天満宮」とほぼ同じ精神で空間を切っているではないでしょうか。・・・
a0280569_6315096.jpg

もっともゴッホの場合はこれを完全に模写をしていますし、「種まく人」でもテーマはミレーの影響を受けながら
桑か何かの木が斜めに力強く描かれています。
a0280569_6321262.jpg

a0280569_6324283.jpg

暫くこの名画を眺めているとふとドーミエが何処かの劇場の観客を描いた一枚を思いだしました。
a0280569_6331216.jpg

それは画面手前に迫っている観客は彼らと同じ目線で描かれているのに対し、
遠景のステージは更に上からの目線で描かれ、これらはお互い異なった消点(バニシングポイント)を持っています。
そのため遠近感が更に増し、この観客たちは上のほうにいる状況を強調しています。

それはかつてダ・ヴィンチも左右の背景の消点をあえて違え奥行きを強調した「モナリザ」で駆使した技法でしたね。
(さすがダ・ヴィンチ恐るべし・・・)

実は私もかつて参加させて頂いたプッチーニの「蝶々夫人」1幕目でも、ステージ上のシーン建物などは客席中央に合わせて普通の目線に対し、
背景に広がる諫早湾から稲佐山にかけては消点をグッと上に取った描き方によって、
この情景が高台で展開している感じを与えることができました。

さて、それともう一枚対面に掛けられている北フランスの何処かの家を訪ねてきた光景で
自画像とも云える”Bonjour Monsieur Gauguin “での”空“の描き方、・・・
これって何処かゴッホの描いた「星月夜」に似てはいないでしょうか?
a0280569_6404921.jpg

もっともこれはゴーギャンがアルルから帰った後にサン・レミの精神病院で描いていますので、ゴーギャン自身は見ていない可能性が高いのですが、・・・

この空に描かれている月と星は旧約聖書の中に出てくる“ヨセフと12人の兄弟”を暗示しているのではないかと云われています。
a0280569_6412131.jpg

唯、この二人に共通することはカトリック的な要素をよく絵に取り入れていることです。

もっともゴーギャンの場合は素直ではなく、ちょっとひねった意味合いも感じられますが・・・

さて、次の部屋へと移りました。

ここは「処女喪失」をテーマに少女の裸体が横たわった大きな絵を中心に関連する彫刻なども展示されています。
a0280569_7134982.jpg

やたらとまとわり付く“キツネ”は「原始宗教におけるインディオの象徴だ」と、
ゴーギャンは云っていますが、なにが何だか良く理解が出来ません。

少年時代にペルーへ移住を余儀なくされた経緯からの発想なのでしょうか?・・・
この頃は画家に専念することを決意したり、家族との離別、
そしてタヒチ行きの決意と不安定な精神状態の時期ですが、私には良く分からない次元でした。

いよいよタヒチ時代の部屋へと入って行きました。

最初は物珍しい風景や人々そして風習に興味を示し、それらをテーマに描いているようです。

その中の一つに地べたに座る少女二人を描いた「「いつ結婚するの?」と云うのがありますが、
これはちょっと懐かしく眺めていました。
a0280569_644148.jpg

と云うのは私がまだ高校生くらいだった頃、“Time Life”が発行していた何々シーズなる刊行物が流行っていた時期で、
その中の一つにオリジナルから直に撮影した”印刷が特に凄い“とうたい文句の12枚セットだったかA2ほどの刊行物が発売されました。
何々シリーズに弱い伯父が購入して、その中の一枚にこの絵も含まれていて、
暫く実家の玄関に掛けられていたのを思い出しました。
唯、私にとってはそれは余り好きな絵ではありませんでした。

もうこの頃の絵からタヒチの原始的な宗教性とキリスト教的テーマが混ざり合い
益々複雑な精神性には私の理解を超えて行くようです。

ただ、絵と云うジャンルとしては、晩年のセザンヌもそうであったように、
もう描かれている具体的な風景や人々の形を超えて、
一旦輪郭線を外して眺めてみると純粋に色と形が絶妙なバランスで構成されています。

人物に使われている茶褐色は向こうの木の幹や地面も構成として同色で表現されていますし、
中にはピンク色の海岸など一般的な常識を超えた素晴らしい色合いです。

タイトルは忘れてしまいましたが、ある群集を描いている左端の遠景には、
明らかにフランスからやって来たと思われる“帆船”が描かれていますが、
おそらく彼の郷愁がそれを描かせたのではないでしょうか。・・・
a0280569_645861.jpg

更に部屋を進むと二度目のタヒチ訪問、
すなわちもう二度と帰れぬ時期の作品が展示されています。

色合いは深みを増し、否、暗くなってきたようです。

原始的な宗教性もオドロオドロしてくるようで、
最初の訪問時における大らかさは影を潜めて行きます。

最晩年はマルキーズ諸島で病気と貧困と戦い苦しみの極みとも云える生活を送っていますが、
最初に目に飛び込んで来たのは、彼の特長でもある自慢のロング・ヘアが、すっかり刈上げられた肖像画でした。
(ちょっとシンミリとした気持ちにさせられます。・・・)
最初はエッ“岸田劉生”の肖像画?と疑ったほどそっくりです。
a0280569_6463131.jpg

a0280569_647481.jpg

どちらが先に描かれ、どちらかが見たことがあるのかどうか分かりませんが実によく似ています。

そして彼のほぼ最後の大作、「我らはどこからきたのか?・・・我らは何なのか?・・・我らはどこへ行くのか?・・・」では
聖書からのテーマとタヒチの原始宗教が混沌と混ざり合い、益々理解は困難です。
a0280569_7142634.jpg

a0280569_6473356.jpg

これは彼の人生を走馬灯のように描かれたと云われていますが・・・
実際この絵を描いた後、自殺未遂を起しています。

さて、最後に気持ちが重くなる絵を見終えて出てきた部屋には彼の生涯に関する年表や地図が上手に表示されています。
a0280569_648726.jpg

その周りには台の上に一部だけ印刷された本が乗っていて、
ページを開くとセンサーが感知し映像が投影されます。

これが良く出来ていてタヒチ旅行から始まるのですが動きが付いているし、
光っている部分を押すと、その詳細な説明がプロジェクションされとても分かりやすく楽しく理解することができました。
a0280569_6483669.jpg

台も高低が違う二種類が設置されていて、ちゃんと子供でも見ることが出来るよう配慮されていました。
a0280569_6485154.jpg

まぁ2時間そこそこの鑑賞でしたが、内容が濃かっただけにグッタリです。

駅へと引き返し列車を待つ間、構内のカフェで休憩しました。

疲れていたのでアイス・コーヒーを注文・・・エッ9.6フラン・・・
10ユーロを渡しましたが、おつりはフランなので、もうこれでどうぞ・・・
a0280569_6501949.jpg

結局一杯1400円のアイス・コーヒー・・・スイスは益々遠のいて行くようでした。





by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2015-07-01 06:51 | スイス | Trackback | Comments(0)