<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「引き続きドロミテにて」

このドロミテ・スキーのハイライトは何といっても”Sellaronda”と云って、ズボッと隆起し巨大UFOのような形をしたセラ山脈を一日かけて一周することでしょう。
a0280569_3372097.jpg

左右両方のコースをその日の気分で選んでスタートするのですが、全長約45kmのコースを登ったり下ったりとちょっと気合が入る一日となります。

案内には右回りの方がアクティヴだと書かれていますが、まぁどちらも似たり寄ったりの難易度です。

昔は左回りだとCorvaraから標高2300mもあるDantercepiesの尾根までオ股に挟んで自力で登っていくリフトを3本も乗り継ぎ、
距離も長かったので苦労をしましたが、今ではゴンドラが新設され快適になりました。

まぁちょっと苦労を要する行程ですが、其々特徴の異なる絶景が各所に散らばっていて、その景色を眺めるだけでも回る価値は充分あります。

そんなコースも毎年チョコチョコ変更されていたり、新しいリフトやコースが増えていたりと油断はできません。

そんな中、3年ほど前に回った折、途中のPasso Campolongoで新しいリフトを発見しました。
a0280569_3385042.jpg

この辺は私が宿泊していた地域から一番遠い所で、まず越えることが出来ない山脈が迫っていて、この向こうはコルチナ・ダンペンツォへとつながっています。
コルチナから登ることができるトファーナ山も雪の冠をつけて迫っています。
a0280569_339964.jpg

初物の好きの私にとって行かない手はありません。
迷わずリストに乗り込みワクワクしながら3本乗り継ぐと、見知らぬ山脈が迫り景色は一層迫力を増してきました。
頂上に着くと周りは氷河で白一色の不思議な光景が広がっていて感動物でした。

それ以来、私はここを不思議空間と勝手に名付けました。
a0280569_3404654.jpg

ここから引き続き帰り道を回るべくCorvaraを目指して滑り出しましたが途中でこれは間違ったコースを取っていることに気付き、
無理やり脇道を横切って何とかCorvaraへと辿りつきました。

ただ、「こんな不思議な風景を又見たい!」と思うのは人情で、今回は特にこのへき地を目指して出発しました。

山はPralongiaというらしく今回はちゃんと名前を確かめる余裕がありました。

山小屋の近くにはヘリコプターが待機しています。
よく確かめてみるとハハッ~これはArmentarolaまで運んでくれるヘリでした。
a0280569_3411571.jpg

噂には聞いたことがあるのですが、ここにはリフトが付いていないのでコルチナ側からはヘリか馬ソリに引かれて登ってくるそうです。
唯、コースの全長が11kmと世界最長で、訪れる人も少なく素晴らしいコースだと聞いていました。

まぁこのコースだとコルチナにしか下れないので帰ってくることが出来ません。

まぁ諦めてダラダラと下りだしました。
ところが余程この間違いのコースに惹かれているのか又同じコースを辿っていました。
ここで又初物の好きの悪い癖が出て、こうなったらトコトン行って見ることにしました。
a0280569_3413921.jpg

地図で確かめると延々とブルーのコースが続きこの地域の一番端まで降りて行けます。
後で気が付いたのですが、このArmetaraola終着点の直ぐ横まで行っていました。
a0280569_341523.jpg

まあ、もう帰りを急いでいたし今回は行かず宿題を残しましたが、このブルー・コースはとても滑りやすく、
長々と続く林間を気持ちよく滑る事ができました。

これは又再挑戦する価値が充分あります。

1週間の滞在はアット云う間に過ぎ後ろ髪を引かれながらバスに乗り込みました。

来た時の同じPonte Gardenaでローカル線に乗り継ぎBrixenからミュンヘン行きのICに乗り換えです。
a0280569_3421918.jpg

待ち時間が少しあったので何時ものように駅構内のCaféで一休みするのですが、このCaféには5・6年前から若い中国人夫妻が切り盛りしています。

まぁドイツでも中国人やトルコ人が経営するキオスクなども多いのですが、彼らのバイタリティには何時も感心してみています。

ここでも人懐こく対応してくれる彼らに心のなかで「頑張ってね~」と応援しています。

ホームへ出て列車を待っていましたが、フト待合所の裏に張られたポスターを見ると、
それは、この近くでマーラー縁の町Toblach (伊Dobbiaco)での音楽祭のポスターでした。
a0280569_3424218.jpg

なんとそこにはMaurizio Pollini に Ute Lemper の名前も載っています。

あんな田舎なのに錚々たる演奏家が出演しているようです。

まぁマーラーはピアノ曲を書いていないのでポリーニが何を演奏したのか分かりませんが、又一つ気になる催しを発見してしまいました。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-01-30 03:42 | イタリア | Trackback | Comments(0)

「ドロミテ」にて

先々週はミュンヘンで所要があって、そのついでに更に南下しイタリアへと向かいました。
目指すはドロミテ山系の一番北に位置する ”Val Gardina’ ガルディナ渓谷の
“St.Ulrich”(伊名Ortisei)と云う町でこの界隈では比較的大きな町です。
a0280569_2574051.jpg

ここはドイツからは一番近いので去年まで行っていた “Val di Fassa“よりも一時間ほど早く到着します。

ミュンヘンを出発したボローニャ行きの列車はシーズン・オフのせいか空いていて快適です。
雪景色のオーストリアを抜け時刻通りイタリアとの国境ブレンナーに到着しました。

ここで牽引車や乗務員の交代があるので14分間の停車をします。
一息入れるにはちょうど良いタイミングで何時も通りホームに下りて一服つけていました。

ここでは何時もドイツ側の車掌とイタリア側の女性車掌が抱擁し会って
賑やかな挨拶をするのを微笑ましく眺めています。

いざ出発が迫って来たので車内に引き返して座っていると、
先ほどの女性車掌の声で「テクニカルな問題が発生し、この列車はキャンセルされます。・・・ 
1番線に停車中のボローニャ行きに乗り換えて下さい。」と・・・これ以上,何の説明もありません。

仕方なく1番線へと向かいましたが、食堂車には良く事情が理解できなかった人たちが
ノンビリと食事中で「大丈夫かな~」と心配になるほどでした。

結局は30分ほど待たされて、やっとこのローカル線は動き出しました。

こうなったら予定変更で途中のローカル線しか止まらない“Ponte Gardena”で下車、
ここからバスに乗り換えましたが、結局は最短コースとなり結果オーライとなりました。

さて今回この町にしたのは久しぶりにあの広大な高原の“Seiser Alm”に行きたかったからです。
ここから出ているゴンドラに乗れば15分ほどで到着、一面に広がる絶景を眺めることができます。
ゴンドラ駅に併設されているレストランで暫し景色を楽しみながらエスプレッソ・マッキャートで一息入れていました。
a0280569_25821100.jpg

a0280569_2591497.jpg

それにここのコースはダダッ広いので厳しい傾斜は一箇所しかなく、あとはノンビリと滑走を楽しむだけです。
a0280569_2593478.jpg

a0280569_325264.jpg

そのくせ複雑に絡み合ったコースはたくさんあって一日で周り切るには相当気合を入れなくてはなりません。

さていよいよリフトを4・5本乗り継いで一番遠い所にある“Zallinger”と言う山を目指しました。

出発点の小道ルートに行くと、なんと格好良いスキー用の制服に身を固めた20人ほどの集団が次から次からと現れました。
背中には“Carabinieri”と書かれています。
a0280569_2595857.jpg

イタリア警察には何種類かの警察官に分かれているそうですが、
一般的な地方警官の“Porizia”よりも精鋭部隊である彼らは国家憲兵で軍隊の一部隊でもあるそうです。

そう云えば大昔、○ちゃんご一家と回っている時に、最後の難所Arabba“の急斜面で
ご子息がピタッと立ち止まってしまって身動き一つ出来なくなりました。

目に一杯涙をため言葉も出ません、・・・ 日は暮れてくるし、雪は勢い良く降って来るはで、どうしようもない状況の中・・・
上の方から出現した数人の影はパトロール中の“Carabinieri”の人たちでした。

この最悪の条件下に救いの手・・・大きなご子息をヒョイと抱っこして、あの険しい急斜面をスイスイと滑り降りて行きました。

まぁその格好良かったこと・・・いまでも鮮明に覚えています。

その“Carabinieri”の人たちが今、目前に並んでいます。
「オオ~これから見回りなのか、特殊な訓練をするのだろうか・・・」と尊敬の眼差しで眺めていました。

ところがどうしたことでしょうか・・・中々滑り出しません。
説明し終えた教官らしきCarabinieriが滑り出しましたが、
その後を躊躇しながらパラパラとヘッピリ腰のボーゲンでズルズルと付いていく人、
全く付いていけない人と区々です。

最後尾にいた女性警官など滑りだしていきなり尻餅を付いているような状況です。

「ハハッ~これはスキー初心者のCarabinieriで訓練を受けているようです。」
どこか違う地方から配属されてきたのでしょうか・・・
普段凛々しいCarabinieriからは想像も付かない光景は、そのギャップの大きさに思わず微笑んでしまいました。

その後、私自身は一番遠い山まで登ったり下ったりしながら充分楽しんで、
お昼を取るべく帰りのコースを辿っていましたが、何と途中の未だ半分くらいの所で依然として訓練中でした。
a0280569_312972.jpg

a0280569_315143.jpg

a0280569_32992.jpg


さて、もう一つ楽しみにしていたのは谷を挟んで反対側の山“Seceda”からSt.Ulrichまでのダウンヒルです。

ここへもゴンドラとロープウェイを乗り継いで2500mの高さまで登ることができます。
a0280569_332561.jpg

a0280569_334451.jpg

ロープウェイは厳しい山間をグイグイ登って行きコリャ厳しいコースだろうなと思うのですが、
滑ってみると意外と穏やかで厳しい所は2・3箇所位・・・それに全長10.5kmありますから、中々滑り応えがあります。
a0280569_335717.jpg

ロープウェイの中継地点までの前半は気を入れて滑らなければなりませんが、
これを過ぎると穏やかな林間コースで、さらに後半は景色を眺めてノンビリ滑れるほどの緩い斜面です。

途中の山小屋では何時も焚き火をしていて、ホッと暖かい気持ちになれます。
a0280569_341524.jpg

ここでお昼を取りましたが、まぁお味も抜群に美味しく大満足しました。
この界隈は何処でも美味しいのですが、この山小屋は特に星印ものでした。
a0280569_34306.jpg

何回かダウンヒルをしてゴンドラ乗り場で一服つけて休憩していると、
とあるスキー教官が「ビタミン・・・ビタミン!」と一服しながらニコヤカに近づいて来ました。

すかさず「俺は酸素補給中!」と返すと、引き続き親しく話しかけて来ました。

このドロミテ界隈では余り日本人を見かけないので珍しいのかと思い「日本人は余りこないでしょ!」と尋ねると、
イヤイヤ「夏のハイキングにはたくさん来るよ!・・・
俺は何回も日本人グループのガイドをしたことがあるよ!」と云っていました。

インターナショナルのコーチ交流もあるそうで、ニセコや白馬にも行ったことがあるそうです。
これが縁だったのか、その後この教官(マエストロ)とは何度か偶然見かけることになりました。

スキーも年々、体力が持つか心配していますがイザ滑ってみると、
初日以外は攣ったりすることもなく慣れるもので、結局は滑り足りなく感じるほどです。

それに今回はシーズン・オフと云う事もあってお年寄りのスキー客が多かった事・・・
1月第2週辺りは、ちょうど仕事も学校も始まったばかりなので家族連れは先ずいないし、独身でも会社勤めは来られません。

そんな空いているシーズンを狙って時間が自由になる私を含めた年配がやってくるのでしょう。・・・
事実、宿泊代やスキー・パスなどハイ・シーズンからするとグット割安になりますし、
その上65歳以上の割引制度の恩恵も初めて受けることができました。

唯、最近のオ婆さんには気を付けないといけません。

その最新のモードに身を包んだ派手な後ろ姿から、まるで二十歳くらいの娘さんかと思いきや、
まぁお幾つでしょうか・・・歩くのもタドタドシイ方々もおられます。

ヘルメットにサングラスを装着し殆ど顔が隠れていますので、よ~く気をつけてから近づかないと行けません。
「まぁ別に近づかんでもヨロシイ!」のですが・・・
a0280569_364181.jpg

帰ってきて未だ1週間も経っていないのですが、もうウズウズしてきて、
「また行きたいなぁ~」と毎日ここのWebcamをヨダレをたらしながら眺めています。・・・


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-01-29 03:06 | イタリア | Trackback | Comments(0)

「ルノワールのこと」

ルノワールは世界中で人気の高い画家で、日本でもそれは喫茶店の名前に付けられているほどの人気です。
a0280569_2352132.jpg

彼が描いている題材は殆どが人物画で風景画は余り描いていません。

逆に殆ど風景ばかりを描いている私にとっては余り興味が湧く画家ではなく、
今まで気に留めてじっくりと見ることは余りありませんでした。

偶々ウィーンのアルベルティーナで見かけた風景画は水彩だったので、
ジックリと見たのですが、それほど感心するというよりも、
むしろ「フ~ム、余り上手くないなぁ~!」と思ったのが正直な感想でした。
a0280569_2354274.jpg


そんな印象をズット抱いていたのですが、先日の講演会のために色々と調べている内に、
人物としてのルノワールはモネやシスレーと生涯にわたり親しく付き合っていて、
面倒見も良く「中々良いヤツだったのだ・・・」と思うようになりました。

その後、オランジェリーにある「雪景色」の風景画を思い出しパリへ行った折に、
もう一度ジックリと眺めていました。
この作品は彼の数少ない風景画の中でも力作で以前からこれは好きな絵でした。
a0280569_2363825.jpg

ちょうど、日本語のオーディオ・ガイドがあったので、これを聞きながら眺めていたのですが、
この絵の前ではルノワール自身が語るような設定で説明がなされました。
a0280569_240316.jpg

「絵を描くということは、忍耐との戦いである。・・・ 
ルネッサンスの画家たちは、ある意味職人で絵をどの様に描いたら良いのか、その技術を習得していた。・・・ 
今、我々は如何に描いたら良いのか、分からなくなってしまった。・・・」と

あれだけの巨匠でも、晩年に近い年齢になって「どう描いたら良いのか?」と葛藤をしながら描いていたとは。・・・

いやいや、この言葉には我々絵を描くものにとっては、大きな励ましではないでしょうか。・・・

もう何百枚描いて来たことでしょうか・・・木なんぞ何億本描いて来たでしょうか・・・
それでも毎回たった一本の木を描くのにどれだけ苦労をし、悪戦苦闘していることでしょうか・・・

描いている間は自分自身を励まし忍耐の内に試行錯誤を繰り返して仕上げて行かなければなりませんが、
それでも自分で気に入った仕上がりになった時は無上の喜びも感じます。

そんな訳でルノワールさんから、ちょっと励まされ、少し気が楽になりました。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-01-15 02:37 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

「ピエール・ブーレーズ(ブゥレー)さん逝去に寄せて」

昨日のニュースでピエール・ブーレーズさんが亡くなったと知りました。
もうご高齢だったので最近は演奏会の予定もなく気にはなっていましたが90歳での逝去でした。
a0280569_222366.jpg

今回は単に偉大な作曲家で指揮者が亡くなったと云うだけではなく彼が音楽界のみならず
哲学や思想界にも与えて来た影響は大きく、一つの偉大なる時代が終ったと云えるでしょう。

彼の演奏に初めて接したのは以前にも書きましたがもう50年ほど前、
私がまだ高校生の頃、幼馴染K君の家で聴かせてもらったストラヴィンスキーの「春の祭典」でした。
会員制のレコード・クラブ「コンサート・ホール・ソサエティ」の盤で、
何でもフランスのADFとACCディスク大賞を受賞したとかの話題盤でした。

勿論ストラヴィンスキーと云う名前を聞くのも初めてでしたし、ブーレーズなる指揮者も初めて知りました。
その何とも前衛的な今まで聴いた事がない音楽には驚きと共に大きな衝撃を受けたものです。

ジャケットも今ではレトロな感じですが、当時はそのモダンな絵からも何だか新しい息吹みたいな物を感じました。
a0280569_223189.jpg

彼は作曲家としてはストラヴィンスキーへの批判から始まりましたが、
指揮者としてはストラヴィンスキー解釈の第一人者として長らく活躍されました。

その後、ジョージ・セルの後を受けクリーヴランド管弦楽団の顧問になられた時期にも
数々のストラヴィンスキーを取り上げ、今でも名盤の誉れ高き録音が残されています。
この頃はジャケットもサイケデリックなデザインが多く「春祭」などジャヶ買いしてしまいそうなほどの格好良さでした。
a0280569_2232432.jpg

晩年にも同じ楽団とストラヴィンスキーを録音されましたが、少しクールさやシャープさが押さえられ、
温かみすら感じるような演奏になって行きました。
a0280569_2234545.jpg

それでも彼の特徴は何と言っても感情に流されずクールで頭脳明晰さを感じさせる演奏で、
透明感や音響のバランスなど完璧といっても良いもので、
普段は埋もれて聴こえて来ない楽器の音までクッキリと浮かび上がってきます。

指揮の仕方も独特で感情に任せて振るような事は一切なく、
まるで精密機械のように緻密な振り方であくまでも冷静な表現でした。

演奏会も何度か聴く機会がありましたが、シカゴ交響楽団と演奏したバルトークの「オーケストラのための協奏曲」や
それにウィーン・フィルと演奏したマーラーの「交響曲5番」など印象的でした。
中でもこのマーラーの前に演奏したハイドンの交響曲が気品に満ちた格調高い演奏で印象に残っています。

レコーディングの中ではベルリン・フィルやクリーヴランドと録音したラヴェルを特に好んで聴いています。

「マ・メール・ロア」に「クープランの墓」それにツィマーマンと数年後にエマールと共演した2種類のピアノ協奏曲など、
精密な演奏で絶妙に浮き上がってくるディティールには「エッそこまでやるか!!」と半ば興奮気味に聴いています。
a0280569_2242142.jpg

a0280569_2243783.jpg

a0280569_2244734.jpg

a0280569_224599.jpg

そうそう、昨年にバーデン・バーデンにあるブラームスの家に行った折、
ここを彼が訪れた時の写真が飾られていましたが、なんと彼はこの街に住んでおられたのですね。
a0280569_2251928.jpg

なるほどドイツ語もお上手・・・なんて領域のものではなくて、
一度インタヴューを聞いたことがあったのですが、それはネイティヴなドイツ語なのは勿論、
インテリの人が話すような上品な語り口で、「いやぁやっぱり頭の良い人なのだなぁ!」と感心したことがありました。

それにしても偉大な音楽家が亡くなられたものです。
心からご冥福をお祈り致します。・・・



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-01-09 02:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)