<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「グルベローヴァの予定が・・・」

先日はエッセンのフィルハーモニーでグルベローヴァが歌うオペラ・ガラがあって楽しみにしていたのですが、
病気の為キャンセルされました。
a0280569_2301689.jpg

代わりにYolanda Auyanet というスペインのソプラノが代役で出演することになり、まぁ折角なので聴きに行ってきました。
a0280569_231097.jpg

曲目も一部変更になり、当初はグルベローヴァらしいプログラムでベルリーニとドニゼッティのオペラからのアリアでしたが、
この二人の作曲家の作品は少なめになりヴェルディの「トロヴァトーレ」と「椿姫」から2曲ずつ追加されました。

彼女の名前すら聞いたことがなかったのですが、丁寧な歌い口調は透明感や清涼さも充分でとても好感がもてました。

オーケストラはエッセン・フィルで普段はオペラ・ハウスで演奏をしていますから、
オペラの演奏もオペラっぽい感じが充分に伝わってきます。

このオーケストラには輝かしい歴史があり、あのマーラー6番の交響曲は作曲家自身の指揮で初演をしています。

その前年にはR.シュトラウスがやはり自ら「家庭交響曲」をここで演奏しています。

それにここはAlfried Krupp Saal と命名されたホールが素晴らしい・・・

これも鉄鋼王 Krupp家が所有していたと思われますが、何度か建て替えられた後、
12・3年前に全面改装されたホールが完成しました。

市立公園内にオペラ・ハウスと向き合うように建っていて、
外観は格調のある古風な建物ですが、内装はサッパリ目のモダンなインテリアです。
a0280569_2314256.jpg

a0280569_2315929.jpg

a0280569_2321628.jpg

a0280569_2323328.jpg

ホール内はルツェルンのフェスティバル・ホールにそっくりで、最初に行った時は錯覚をしたほどでした。
それほど大きくないサイズもほぼ同じくらいでしょうか、響きが自然でとても聴きやすい素晴らしいホールです。
a0280569_2324991.jpg

a0280569_233497.jpg

a0280569_2331675.jpg

当日、正面入り口の壁面には今シーズン出演する主だった音楽家の大きなバナーが取り付けられて、
一番目立つ位置にグルベローヴァの微笑んでいる写真が載っていましたが、この日は何だか空しく微笑んでいるように映りました。
a0280569_2333323.jpg

彼女も、もう70歳になりますね・・・

もうこんな歌手はこの先何十年もでないでしょうから、
また機会があれば聴きに行きたいなぁと思っています。・・・



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-03-25 02:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ヴェルディのオペラ「椿姫」のこと (ドイツ・ニュース・ダイジェスト 3月の記事から)

もし私が歌手だったらどんな役になりたいかなぁと、他愛もないことを考える事があります。

私は悪役が好きなので「ドン・ジョヴァンニ」とか「トスカ」でのスカルピア、「ホフマン物語」のミラクル博士なんかもやってみたいなぁなんて思うのですが、
実は・・・「ヴィオレッタ役で出られたら良いだろうな~」なんて、とんでもない事を思うことがあります。

こう書くと「ハハァこいつはアチラ系のやつか・・・」と思われるかも知れませんが、それは断じて違いましてごくごく普通の男子です。

と言うのも昔々、トスカニーニが振った「椿姫」のリハーサル盤を聴いたことがありました。

そこではどうもヴィオレッタ役が休んでいて、代わりにトスカニーニご自身がそのパートを歌っているものでした。
シワガレ声で殆ど鼻歌程度、周りの歌手と合わせているだけなのですが、これが実に味わい深くて、
その内「アレッ・・・ヴィオレッタって男だったけ!」と錯覚をしてしまうほど物凄く上手い歌唱でした。

さて、この「椿姫」と云う和訳ですが中々上手な訳だと思います。
原題は「La Traviata」で“道を踏み外す”とか“悪の道へ導く”とかの意味で不吉なタイトルが付けられています。
日本に紹介された当初は「淪落の恋」なんて古風で味わいのある呼び方をされていた時代もありました。
その内、アレクサンドル・デュマ・フィスが原作小説に付けていたタイトル
「La Dame aux camellias」(椿の花の貴婦人)からヒントを得て今日のタイトルになりました。

この小説を書いたデュマは「三銃士」を書いたお父さんと同姓同名の息子で、実在の人物をモデルにしています。

当時、その美貌と気品の高さで有名な娼婦だったマルグリット・ゴーチェ(オペラでのヴィオレッタ)が亡くなりました。
その所有品を競売するポスターを見かけ興味を抱いたデュマはそこで「マノンレスコー」の本を購入したそうです。

暫く時が経ったころ、ある男が訪ねてきてその本を譲ってほしいと頼みました。
よくよく事情を訊いてみると、彼がその本を贈った張本人アルマン(オペラではアルフレード)で、思い出の品だから是非とも譲り受けたいと懇願しました。

そして、「もう一度彼女に会いたい!」と懇願し、強く引き止めたにも関わらず彼に付き添いお墓を掘り返す所から物語りは始まります。
a0280569_118423.jpg


このデュマが発表した小説「La Dame aux camellias」(椿の花の貴婦人)は人気がでて数年後には戯曲化され劇場に登ることになります。

これを観たヴェルディは、ちょうどこのアルマン(アルフレード)と同じ様な生活をパリで過ごしていたので、いたく感銘しオペラ化することを決意します。
オペラではヴィオレッタとアルフレードの出会いから彼女が死ぬまでの物語ですが、終幕など私は涙なくして観る事ができません。

それはやっと誤解が解けアルフレードが会いに来るとの手紙を病床のベッドに横たわりながら語るように歌われるシーンですが、
胸元に抱きしめられた手紙はシワクチャで途中からは見ていないのに次々と歌われます。
もう何度読み返したことなのでしょうか・・・いや~そのシーンが思い浮かんで来るだけでジーンとなってきます。
a0280569_1183834.jpg


一度ウィーンで観たときも、私の横に座っていた大男がこのシーンで大きな肩をワナワナ震わせながら目に一杯涙を溜めていました。

二人の仲を裂いたアルフレードの父親ジェルモンは悪く思われがちですが、彼らの関係が故郷プロヴァンスでも噂されたために、
娘の結婚に支障をきたしているこの状況を断ち切るのは、当時の社会常識からすれば、いたし方がない行動だったでしょう。

問題は若いとは言えアルフレートの思慮浅い世間知らずな行いでこんな結末になってしまいました。

パリ郊外での贅沢な暮らしもヴィオレッタが密かに自分の所有品を売って生計を立てていたのも知らず、
ジェルモンに懇願され致し方なく社交界に戻った彼女なのに、
自分を裏切ったと勘違いをして乗り込み、カードで稼いだ札束を“これが返礼“とばかり皆の前で彼女に投げつけ大きな侮辱を与えてしまいます。

長い日々が過ぎやっと誤解が解けたころにはヴィオレッタに死が迫っていました。

それでもアルフレードとやっと再会ができた彼女は、「私は未だ生きたい!」と神に懇願します。

意を決したように自分の肖像画が描かれたロケットをアルフレードに託し、「もし、清らかな女性と出会い結婚をしたら、これを渡して下さい。
天国からあなた方の幸せを祈っている者からと。」 またこのシーンでもグット込み上げてくるものを感じてしまいます。

彼女は思いを伝え終えると、フワッと立ち上がり「不思議だわ~新しい力がわいてくるようだわ~嬉しい!」と
幸せだった日々を思い出しながら床に倒れ息を引き取ってしまいます。まだ23歳という若さで・・・

(彼女のお墓は“Alphonsine Plessis”アルフォンシー・プレシと云う本名が刻まれモンマルトル墓地に眠っています。)
a0280569_119026.jpg

a0280569_119973.jpg

a0280569_119192.jpg




by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-03-23 01:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「ニコラウス・アーノンクールさん逝去によせて」・・・

昨夜、アーノンクールさんが亡くなられたとショッキングなニュースが飛び込んできました。
a0280569_0295422.jpg

ここ10年ほど体調を崩されたり、
昨年12月にはとうとう引退を宣言されたりしたので心配はしていたのですが86歳での逝去でした。

夫人で共同研究者だったアリスさんが、

「彼は家族の環の中で安らかに眠りました。・・・ 
悲しみと感謝の気持ちでいっぱいです。・・・
彼との共同作業は奇跡的な驚きに満ちていました。」
と彼らの公式ウェヴサイトで表明されました。

彼の音楽界に与えた業績は計り知れないものがあり、多大な影響を与えました。

当初はチェリストとしてスタートし、60年ほど前には夫人のアリスさんと協力し、
オリジナル楽器によるオーケストラ「 ウィーン・コンツェルトゥス・ムジーク 」を結成されバロック音楽を中心に活躍されていました。

その後、段々と作曲家の時代順に辿りハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンと進み
近年ではドヴォルザークやなんとバルトークまで手掛けられるようになりました。

かつて19世紀ころから進んだ楽器の改良、そして演奏会場が拡大するにつれ編成も大きくなり、
楽器の配置や演奏方法も大きく豊かな響きを求めて変化して行き、
特に古典時代の作曲家が生きていた時代からは大きな変貌が繰り返されてきました。
(これはこれでより良き音楽を模索するための真摯な試みだったし、
 事実、私はこの19世紀的な演奏が大好きです。)

さて、アーノンクールさんは最初に古典時代の作曲家の原点に迫るべく、オリジナル楽譜の研究はもとより、
手紙なども頼りに作曲家がどのような状況下でどのような気持ちを込めて作曲したのか夫人と共に徹底的に研究されました。
(尤も最終的には作曲家のみぞ知るところでしょうが、その作曲家とて色んな解釈に対して柔軟なのではないでしょうか。 
 要はその音楽が人の心に如何に響いてくるかどうかが重要な事かと思います。・・・)

勿論、彼が発表する前からもこのような研究者がいて、幾多の試演が行われ録音も聴いたことがありました。
唯、これらは「フーン、こんな演奏をしていたのだ!」と参考的に聴いた程度で、
音楽的には面白い域にまでは達していませんでした。

そこへ登場したアーノンクールさんは音楽的にも芸術的にも飛躍的に豊かな音楽を表現し、
発表をする度に世間をアッと驚かせました。

私が最初に彼の演奏を聴いたのは1991年に発売されたベートーヴェンの交響曲全集でした。
今まで聴き親しんだベートーヴェンが遠い昔の演奏のように感じ、これらの作品が昨日作曲されたような新鮮な響きに驚きました。
それはヨーロッパ室内管との演奏でグラーツでの演奏会のライヴ録音でした。
モダン楽器のオーケストラですがピリオド奏法で演奏され、トランペットとティンパニーだけはオリジナル楽器を入れていました。

このベートーヴェン交響曲全集は大きな話題となり、その後、オリジナル演奏、ピリオド奏法が流行るきっかけを作ったのではないでしょうか。
現在も多くの音楽家がピリオド奏法に取り組み、一つの主流的な存在かと思われるほどですが、
やはりアーノンクールさんは別格でほんの一部の演奏家を除いて、違う次元の高い音楽を創造されていました。

(処でこの録音に立ち会った人から聞いたのですが、アーノンクールとテルデックのプロデューサーは長年親しくしていて、
お互い敬意を払っているそうなのですが、二人の会話は丁寧な言葉使いで、「あなた」と言う表現も「Du」ではなく「Sie」で呼び合っていたそうです。
ドイツ語には日本語以外では唯一「あなた」には“敬称”と“親称”があります。
普通これ位親しくなれば「Du」(おまえ)で呼び合うのが一般的ですが、さすが育ちの良さを伺わせたそうです。
彼の長ったらしいフルネーム “Johannes Nicolaus Graf de la Fontaine und d’Harnoncourt-Unverzagt“
から察すると彼の遠い先祖は“de”が付くことからラテンかフランス系の相当位の高い貴族ではないでしょうか。)
a0280569_0303573.jpg

彼の演奏会も足繁く通いましたが、思い出深いものではウィーンで聴いたハイドンの交響曲103番、
いわゆる「太鼓連打」と命名された曲です。
最初に長々とジョークを交えた彼のレクチャーで始まりました。
彼の演奏会では一般的な解釈と違うので、このような説明が時々行われます。

最初にティンパニーがドロドロと連打して始まるのですが、
ここではエッと思うほどティンパニー奏者が自由?に叩きまくりどこまで行くのと思うほどでした。
曲は作曲家の性格を良く捉えたお茶目な遊びの心満載ながら、
様式や品格が充分保たれた上質のハイドンでした。

もう一つ、ケルンでヨーロッパ室内管と聴いたモーツァルトの29番の交響曲でした。
あの2楽章におけるヴァイオリン群の絶妙な弱音効果は、背筋がゾクゾクするほどで、
この世の音とは思えない綺麗な響きでした。

この曲のCDもあり演奏自体は同じように演奏しているのですが、残念ながら相当想像を膨らませないとこの感じが伝わって来ません。
録音にはやはり限界があるようです。

結局は一昨年コンツェルトゥス・ムジークスとで聴いたベートーヴェンの1番と3番のシンフォニーが彼の演奏を聴けた最後でした。
このオリジナル楽器のオーケストラと、また新しい解釈によるベートーヴェン・シリーズが始まったばかりで、CDもやっと1枚リリースされた所でした。

もうアーノンクールのあとには、ここまでの人は現れないと思います。

我々音楽ファンは大きな財産をまた一つ失くしてしまいましたが、
彼の与えてくれた掛け替えのない音楽に感謝しつつ、安らかなご冥福をお祈りいたします。・・・

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-03-08 00:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「コンセルトヘボウとフランツ・ウェルダー・メスト」のはずが・・・

先週末はケルンでアムステルダム・コンセルトヘボウの演奏会があったのでイソイソと出かけました。
a0280569_142595.jpg

a0280569_1422120.jpg

当初はメストが振る予定でしたが病気の為キャンセル、予定されていたソプラノも病気でダブル・キャンセルです。

代役は Lorenzo Viotti と云う若い指揮者でその名前すら聞いたことがありませんでした。
何でも昨年のザルツブルク音楽祭の若い指揮者コンクールでアワードを取ったとか、未だ25・6歳という若い指揮者です。
スイス出身ですがイタリアとフランス人のハーフとかで、ウィーンの音大で打楽器と指揮を勉強したそうです。
a0280569_1425057.jpg

演目も一部変更されシューベルトの3番の交響曲が2番に、
ウェーベルンの歌曲がマーラーの「さすらう若人の歌」に(これはこちらの方が嬉しい)・・・、
後半のJ.シュトラウスのワルツはそのままと云う構成でした。

シューベルトの2番の交響曲は18歳の時に作曲されたもので、確かに楽曲の構成など単純で拙い部分もありますが、
さすが天才メロディ・メーカーだけあって至るところに親しみ易いメロディーに溢れています。
特に2楽章のメロディーなど一度聴いたら忘れられないほどの綺麗な曲です。
一般的にはベートーヴェンのロンドに似ていると言われていますが、私には後に作曲された「ロザムンデ序曲」を連想させられました。

若い Viotti の溌剌とした演奏はこのシューベルト若書きの作品にはピッタリとあっているようです。
キビキビとしたテンポで進められますが、決して荒っぽいところなどなく、むしろ丁寧な表現で感心させられました。
全体的にはサッパリ目の演奏ですが様式感はちゃんと保たれていて好感がもてました。

続くマーラーの「さすらう若人の歌」は大好きな曲ですし、昔良く聴いたレコードがコンセルトヘボウをヘルマン・プライと組んだハイティンク盤で、
この曲をこのオーケストラで聴くのは感慨深いものがあります。
この曲もマーラーが25・6歳くらいの時に作曲しています。

内容的にはシューベルトの「水車小屋の娘」と良く似ているのですが、
若い見習い職人の恋への憧れと失恋を描いた物語で、あの若かった頃が懐かしく思い出せます。
シューベルトの場合は絶望で終ってしまいますが、マーラーでは遠くに菩提樹を見つけ、そこで安らぎを得て終るので救われます。

さて、Viottiの演奏は予想通り溌剌とした初々しいもので、この曲にもピッタリ、・・・
バリトンのMarkus Werbaもやや細いながら通りの良い清涼な声で清々しく表現してくれました。
テンポや節回しなど、もったいぶった所が微塵もなく気持ちよく聴く事ができました。
それにしてもこのオーケストラは上手い。・・・
ヴァイオリンなど絹がすれるような感じでチュルチュル奏でられると、背中にゾクッとするものを感じます。
a0280569_1431155.jpg

休憩後はシュトラウスのワルツ集で、これは当初予定されていたオーストリア出身の
メストだったら意味があったかも知れませんが、あえて予定曲をそのまま取り上げなくても良かったのでないでしょうか。
( 後で知ったのですが、メストの曾祖父はJ.シュトラウスがデヴューした
 ウィーン郊外にあるカフェ・ドンマイヤーの経営者だったそうで、この作曲家とは縁が深かったのですね。)
a0280569_1514211.jpg

a0280569_1515374.jpg

尤もこの日の演奏が悪かったと云う事ではありませんが、まぁ普通に良い演奏でした。・・・
唯、ワルツをウィーン・フィル以外の主要なオーケストラが取り上げることは滅多にありませんし、
どの様な演奏になるのか興味深いところもあります。

実は20数年前にコンセルトヘボウとアーノンクールのワルツを聴いた事がありました。
まぁ野外コンサートと云うこともあったのですが、余り面白くなくて休憩後に帰ってしまいました。
ウィーン・フィル以外ではさすがカラヤンがベルリン・フィルを振った演奏が素晴らしく、3枚組みのレコードを良く聴いていました。

さて、ワルツは「うわき心」に始まって「トンボ」や「チャルダッシュ」など、アンコールには「トリッチ・トラッチ・ポルカ」と盛りだくさんです。

最後にシュトラウスと仲が良かったオッフェンバッハの「ホフマン物語」から舟歌を演奏してくれましたが、
大好きな曲ですしロマンティックで丁寧な表現は品格も保たれウットリとして聴いていました。

この夜、一番の出来ではなかったでしょうか。・・・
a0280569_144298.jpg

又、将来が楽しみな指揮者が一人現れたようです。・・・


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-03-03 01:54 | ドイツ | Trackback | Comments(0)