<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビゼーのオペラ「カルメン」-1 (ニュース・ダイジェスト6月のコラムから)

戯曲の中には、時代や場所の設定を変えても大丈夫な作品と、変えると雰囲気やテーマが崩れてしまう作品があります。

前者の典型的な例が、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をリメイクした
バーンスタインの「ウエストサイド物語」や、「マクベス」をベースにした黒澤明の「蜘蛛巣城」です。

シェイクスピアの戯曲の登場人物は、人間本来の性格や内面を追求したもので、時代や国が違ってもその本質は変わらないのです。
 
その対極にあるのがビゼーのオペラ「カルメン」で、設定を変えると事件の背景がぼやけ、全体を取り巻く雰囲気が壊れてしまいます。
今まで様々な演出家がリメイクを試みましたが、おおむね失敗に終わっているようです。
a0280569_1942546.jpg

唯一、私が観た成功例は、ベルリンのコミッシェ・オーパーで上演された、奇才ハリー・クプファー演出のものでしょうか。
設定は戦後間もない頃のドイツで、歌詞もドイツ語での上演です。
 
3幕目の「ピレネー山中」のシーンが寂しげな駅に置き換えられ、
本来は案内人に連れられ馬に乗ってくるはずのミカエラは、古い路面電車に乗ってポツリと駅に降り立ちます。

途中から出てくる山賊たちは、なんとハーレーダビッドソンにまたがり、革ジャンにサングラスで登場します。

いつもは弱々しく小心のミカエラは、ホセの胸ぐらを引き寄せて「帰ろう!」と迫り、強いドイツ人女性に変身しています。

これは例外中の例外ですが、ここまで徹底していると説得力の強い納得の出来栄えでした(本作のあらすじは次回で)。
 
さて、この「カルメン」、オペラの中でも最も人気の高い演目ですが、
作曲者のジョルジュ・ビゼーも原作者のプロスペル・メリメも、今日の成功を知らずに他界しています。

考古学者でもあったメリメは、地質調査のために2度スペインを訪れていますが、
ある地方の居酒屋で出会った男(恐らくホセ)の話を基に、この小説を書いています。

小説は人気が出たため、戯曲に書き直され上演されましたが、当のメリメは戯曲化される前に亡くなっています。

一方、この頃新しい題材を模索していたビゼーは、この小説を読んでオペラ化を決意。周到な準備の後、
パリのオペラ・コミック座で上演される運びとなりましたが、初演では、斬新な内容に戸惑った観客から散々な酷評を受けてしまいます。(続く)
a0280569_19432091.jpg

a0280569_1943376.jpg




by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-06-18 19:43 | オペラ | Trackback | Comments(0)

ウィーン・フィルとセガンによるブルックナー9番の演奏会

先週の土曜日にケルンでウィーン・フィルの演奏会があったので行ってきました。
a0280569_085172.jpg

指揮者はヤニック・ネゼ=セガンといってフランス系カナダ人で今が旬の指揮者です。

彼はウィーンやベルリンへの客演も多いのですが、
現在ロンドン・フィル、ロッテルダム・フィル、フィラデルフィア管弦楽団と3つのオーケストラの音楽監督です。

しかも来年からはメトロポリタン歌劇場の音楽監督にも就任する予定で、今や引っ張りだこの指揮者です。

4年ほど前に彼の演奏をウィーン・フィルで初めて聴いたのですが、
その時の演目「幻想交響曲」は私が聴いたなかで一番の演奏だったのではないでしょうか。
(この曲はポピュラーなので聴く機会も多く、今までもバーンスタインを初め、
ムーティやラトル、マゼールなど大御所の演奏も聴いていました。)

演目は
ウェーベルンの「パッサカリア」と
ブルックナーの交響曲9番で、休憩なしの演奏会でした。
(この休憩なしの公演は早くビールが飲みに行けるので結構好きです。)

座席に着き、いよいよオーケストラがキュッヒルさんを先頭に入場してきました。

オーケストラによっては全員が入場した後から勿体を付けるようにコンマスが一人で登場し
拍手を浴びているオケもありますが、ウィーン・フィルはいつもコンマスが真っ先に登場し皆をリードしています。
調弦も一般的なオーボエに合わせるのではなく、
コンマスの音程に全員が調律するという徹底ぶりで、他のオケも見習ってほしいものです。

それにしてもキュッヒルさんの体力は大丈夫でしょうか。・・・
もう去年定年をされているのに、こんな難しい曲のコンマスでの旅公演、・・・
しかも前日はドルトムントで明日はバーデン・バーデン、
次の日はフランクフルト、最後がウィーンと5日間の連続公演なので、本当に心配になります。
(ウィーン・フィルは4人もコンマスがいるので違う人でも良かったのにと思うのですが、
キュッヒルさんが入ってくれると何時も引き締まった演奏になるので聴衆としては嬉しいのですが。・・・)

さて、緊張感が漂うなかセガンが登場しました。

弦のピチカートによって静かで不気味に始まった曲は、木管が退廃的なメロディで受け継いで行きます。
そのダラッ~とした雰囲気を弦が受け一旦は金管楽器も加わり盛り上がりを見せると、
一転してクールな感じながら甘いメロディへと移って行きます。

不協和音のなかにも、なんと魅力的な響きが展開して色気すら感じるほどです。
ヴァイオリンのソロなど耳がトロケそうになります。

私は正直なところシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンの3人、
いわゆる新ウィーン楽派といわれる作曲家の音楽にはそれほど親しんでいませんでしたが、
このウィーン・フィルのような演奏をしてくれたら充分その綺麗さが伝わってくるようでした。

この曲はウェーベルン最初の作品で管弦楽法などはブルックナーの影響も受けているそうで、
この日の一曲目に持ってきたのでしょうね。・・・

さて、何名かの団員が入れ替わり、いよいよブルックナーの9番です。

それにしても大編成、木管、金管とも3管編成でホルンなど8本も入っています。
後列の4人はワグナー・チューバも携えていて3楽章では持ち替えて吹くのでしょうね。

唯、普段見かけない顔の人たちも入っていて、弦の後ろの方1/4ほどはトラを入れているようです。
(まぁこの日もウィーンではオペラの公演があるわけですから全員が来るわけには行きません。)

さて、この曲は4楽章の構想を練っている途中で作曲家が亡くなってしまいましたので、
3楽章までの未完成交響曲です。

近年は4楽章を編さんしたバージョンで演奏するケースもありますが、
まぁ3楽章で終る方が妥当かなぁと勝手に思っています。

弦の静かなトレモロに乗ってホルンが荘厳に鳴りだしました。
木管がリズムを刻み一回目の金管の爆発と共に長い1楽章の大伽藍が始まりました。

すぐに弦楽器が甘い旋律に移り、面々とした音楽が続いて行きます。

楽器の響きを重ねながら同じ音系が連なっていく様は、
オルガン奏者でもある作曲家がフーガを奏でるように響き渡ります。

当たり前のことですが、ウィーン・フィルの音はやはり綺麗・・・
弦は蕩けるようだし、金管など渋くて深い響きはフルパワーで吹かれても、
煩いどころか気持ち良い・・・
もうこの音の洪水に身を任せるしかありません。

オーケストラは旅公演にも関わらず全力の直球勝負といったところでしょうか、
コンマスのキュッヒルさんなど顔が真っ赤、いや頭の先まで真っ赤になりながらの熱演です。
もう本当に「倒れないだろうか?」と心配になってきます。

曲はちょっと浮世離れした飛んだ世界で、2楽章も3楽章も長い曲ですが、
ドンドン引き込まれて行きアットいう間に終楽章に差し掛かっていました。

セガンも屈託のない表現でやはり直球勝負の気持ち良い指揮です。

そりゃブルックナーはこのオーケストラの音をイメージしながら作曲をしたと言われていますから、
余計なことはなにも考えずに勝負すれば、結果的にこのような良い演奏が仕上がるはずです。

もうこの心地よい響きが何処までも続いてくれないかなぁと、思いながらも曲は静かな別世界へと入り、
夢見心地の弦による静かな刻みにホルンが絶妙に絡みながらフィナーレを閉じました。
a0280569_092260.jpg

曲に酔いながらボーッと帰路に付きかけたのですが、
「オッと今日は娘の彼氏も来ていたのだ!」と思い出しました。

開演前にボーッとしていたら後ろから「お父さん!」と突然声をかけられ
「オッ!」とよろけそうになっていました。

彼はトランペットをやっているので、ブルックナーやマーラーなど金管楽器が活躍する曲がすきだそうです。

なんでも娘もケルンに来ていてコンサートには来ず、友達と何処かで飲んでいるようです。

結局は旧市街地の広場で合流することになりました。

この広場に面した飲み屋という飲み屋は大型のテレビを出して、
ちょうどヨーロッパ・カップの観戦中です。
a0280569_094861.jpg

どの店も大勢の人がTVにかじりついて大賑わいです。
a0280569_010217.jpg

もう先ほどまでの夢見心地は一気に現実へと引き戻され、ビール、ビール・・・
夜がとっぷりと更けるまで飲んでいました。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-06-14 00:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ブラームス ピアノ・トリオ ケルンでの演奏会から

昨夜はケルンのフィルハーモニーでブラームスのピアノ・トリオ全3曲の演奏会がありました。

ヴァイオリンにレオニダス・カヴァコス(ギリシャ)、チェロがゴーティエ・カプソン(フランス)、
ピアノがニコライ・ルガスキー(ロシア)と国際色豊かな組み合わせでした。
a0280569_0483577.jpg

このピアノ・トリオは大好きな曲ですし全3曲纏めての演奏会は余りないし、
偶々持っているCDもカプソンが兄ルノーたちと組んだものだったので聴きに行く事にしました。

それに何と行っても聴きたかったのはブラームス21歳と若いときに作曲した1番のトリオでした。
これは若書きにも関わらず作曲家自身とても気に入っていたようで不備があった部分を
晩年に書き直したほどで、これはブラームス唯一の改訂作品です。

この曲を最初にライブで聴いたのは、十数年ほど前のルツェルン音楽祭でムター、プレヴィン、ハレルのトリオでした。
この頃はムターとプレヴィンが噂をされていた時期で、まぁ仲むつまじくハレルが気の毒なくらいでした。
それでも演奏はことのほか素晴らしく、図らずもジ~ンと込み上げてくるものがありました。

さて、この日は3番のトリオから逆の順で進められていきました。

演奏は気合が入り引き締まった演奏ですがあまり神経質にもならず、自然体の好感が持てるものです。

3番ではノスタルジックな3楽章など心地よく聴き入っていました。

2番でも緊張感のなかにも。その自然な音楽が保たれていました。
ちょっと寂しげで落ち着いた2楽章の旋律が流れている間は、
この曲の試演をしたアルタウス湖畔のヴィラを思い出していました。
ちょっと奥まったところにあるこの湖は水が飲めると云われるほど澄んでいて、
ちょっとした秘境でした。
a0280569_049377.jpg


a0280569_04916100.jpg
さて、休憩後はお目当ての1番、このトリオの一番好きな曲です。
彼らもこれをメインにと最後の演目にもってきました。

ここでも気合充分ながらゆったりとしたピアノで歌うように弾かれ出し、
同じメロディをチェロが浪々と受け継ぎ、ヴァイオリンが更に加わって行きます。

曲は面々として歌われて行き、其々の楽器が時には和するように、
時には諭するかのように絡み合いながら一つのテーマが構築されて行きました。

チェロの刻みで始まった2楽章はピアノに引き継がれ更にヴァイオリンも同じメロディを刻み複雑に絡み合います。

途中ヴァイオリンで切ないメロディをちらっとだけ弾くと、今度は一転してピアノが伸びやかなメロディで受けます。
すかさずチェロそしてヴァイオリンと受け継がれ甘く切ないメロディを面々と歌い出します。

あぁここ、ここがダメなのです。・・・ 
ここでは何時も背中にゾクッとするものを禁じえません。・・・
これって何たる切なさ・・・なんたる甘さ・・・

ただ、ここではどうしてもムターたちの演奏を思い出してしまいます。

カヴァコスも立派に弾いていますが、目一杯感が漂っています。
ムターでは一杯意味を込めた目の詰まった音で余裕タップリに甘くも宝石のような響きで輝いていました。

ピアノのルガンスキーも真面目に模範的な演奏をしているのですが、どうも教科書的な範疇に感じてしまいます。
プレヴィンではもう自分勝手にコロコロ遊んでいるようでしたが、自由闊達に本質を捉えていました。
(この人はジャズ・ピアノを弾いていただけに、指が自由闊達に動いて本当に上手かった。)

音楽は木目が詰まっていて余裕綽々ながら完全に我々聴衆を虜にしてしまいました。

あぁ~また、こんな演奏が聴きたいのですが、離婚をしてしまった今はもう諦めるしかありません。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-06-10 00:49 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ベートーヴェンの「フィデリオ」 ウィーン国立歌劇場の公演から

この日の公演は指揮者にペーター・シュナイダー、演出オットー・シェンク、
装置シュナイダー・シームッセンと大御所が揃い、安心して観ていられるものです。
a0280569_030388.jpg

演出はもう数十年も前からのプロジェクトですし、指揮者のシュナイダーもオペラ・ハウスの叩上げで、
いわゆるカペルマイスターと王道路線です。

彼は昔デュッセルドルフの音楽監督をしていたので、
その頃はワグナーやシュトラウスの作品を何度か聴いた事がました。

それとこの「フィデリオ」はウィーンの歌劇場とは深い縁があって、特に大戦で空襲を受け殆どを失いましたが、
ようやく1955年に再開にこぎつけた最初の公演がカール・ベームの指揮でこの「フィデリオ」でした。
a0280569_0305831.jpg

それは苦難から開放されるという内容にもよりますが、ウィーン初演のこの作品は深い関わりもあり、
なによりもその音楽がもつ力強い推進力が人々に勇気や希望を与えるのしょうね。

ちょうど昨年がこの再演の60周年にあたり、ロビーでは(ゴブランの間)その展覧会が開催されていました。
a0280569_0311493.jpg

それにもう一つ今日の楽しみは「フィデリオ」序曲と
2幕への間奏曲として扱われている「レオノーレ3番」の序曲をこのオーケストラで聴く事です。

特に「レオノーレ3番」の序曲は、大昔からウィーン・フィルの録音で親しみ、その素晴らしい演奏を楽しんでいました。

最初はイッセルシュテットとの録音、その後はバーンスタインとのものでしたが、
いずれもウィーン・フィル独特のスタイルで特にフィナーレで叩かれるティンパニーの音が素晴らしく興奮したものでした。

というのはこのオーケストラのティンパニーは未だに革張りの古いタイプが使われていて、
そのズシンとお腹に響く渋くて味わいのある響きは他では聴けない感動的な音です。

それにここのティンパニー奏者はメチャクチャ上手い(ベルリンと双璧)・・・
たかが太鼓なのにオ~ッと思わずため息をついてしまうほど味わい深く惚れ惚れと聴き入ってしまいます。

それに伝統なのでしょうかこの曲のクライマックスではティンパニーの連打で盛り上がるのですが、
他のオーケストラよりダイナミックに大きな音で叩いていて、聴き終わったあとの達成感や満足度は格別です。

さて、この日の公演は通常のレパートリー公演にも関わらずトップにはキュッヒルさんが入っておられます。
彼が入ると演奏はさらに引き締まるのでこれは期待できます。

それに今日はちょっとサイドの席でオーケストラ・ピットからの直接音がガンガン伝わってくる場所です。

さぁシュナーダーが堂々と登場しました。
挨拶の後、手馴れた感じで序曲は振り下ろされました。

バン ババン・バン ババン・バンバ・バンバンバン・・・
この引き締まった出だしを聴いただけでコリャ良いなぁ~と、今日全般の素晴らしさが予測できそうす。

それほど長い曲ではありませんがフィナーレに向かって弦群がザバザバと揺れ動くあたりは
ゾクゾクするほどで(ここ好きなのです)最後までキリッとした演奏でした。

もう、この序曲を聴いただけでも満足して帰れそうです。

まぁオペラ自体はあの不器用で無骨なベートーヴェン好みの題材で、
芝居っ気にも乏しく面白みには欠けますが、さすが音楽は素晴らしく立派で聴き応えがあります。

この当時はオペラが流行っていて、似合わないにも関わらず彼も書いてみたかったのでしょうね。

さて、オペラの方は一気に飛ばして、いよいよ2幕目を迎えました。

お目当ての「レオノーレ3番」の序曲です。

この序曲は余りにも立派な曲で演奏時間もそこそこ長く、これ一曲で完結しているほどです。

そのせいか、どの箇所で演奏するかを巡って論議もされたようですが、
今はマーラーが決めたこの箇所で演奏されるのが通例になっています。

ベームなどは物語の筋が途切れてしまうとの理由で、一時これを演奏しなかった事もあったようですが、
聴衆としてはやはり是非とも聴きたい一曲です。

シュナーダーの演奏はもう確信に満ちたもので堂々としています。

中盤あのフルートが活躍するところはドキドキしながら迎えました。
それは余りにも難しく、多分ベートーヴェン時代の穴が開いただけのフルートでは吹けなったのではと云われています。

さすがウィーン・フィル(まぁオペラに入っている時は歌劇場管弦楽団ですが)、余裕をもって味わい深く吹き切りました。

いよいよ終盤に掛かり、ヴァイオリンから始まり段々と低弦へと一目散に刻まれて、フィナーレを迎えました。

金管群の堂々とした鳴りっぷり(でも全然煩くない・・・むしら心地良く身を任せ)・・・

そしてティンパニーのスゴイ連打が入り素晴らしいクライマックスを築きました。

いやぁ・・・大満足・・・ 

こんな演奏で聴きたかったのが、今、現実に・・・

当然ながらこの夜一番の喝采が沸き起こりました。

物語は無実の政治犯たちが解放され、声高々に 「Heil sei dem Tag!」(この日に敬礼 ! )と力強く歌います。
a0280569_032863.jpg

私も心地よく一緒に歌っているような気分になりました。
a0280569_0323290.jpg

それほど長いオペラではありませんが、集中して観たせいか喉はカラカラです。

気分も良く、早く、おビール、おビール・・・
今夜は焼き鳥で一杯いくか !!


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-06-01 00:32 | ウィーン | Trackback | Comments(0)