<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

マーラーのお墓 “ウィーン、グリンツィング墓地“ (ドイツ・ニュース・ダイジェスト11月のコラムより)

a0280569_22245335.jpg


ウィーンを追われるように辞職させられた彼は新しい活路を求めていましたが
ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の招きで1907年の暮れに渡米しました。

2年後にはニューヨーク・フィルの常任指揮者も兼任することになり
ヨーロッパとは行ったり来たりの生活でした。

それにしても当時は船旅ですから体力的にも相当厳しいことだったでしょうね。

トブラッハで9番目の交響曲を作曲していた頃の彼は体力的にも精神的にも
相当弱っていたはずです。

そんな折、元来疾患があった心臓病が悪化し、
ニューヨークからウィーンへ戻って来ますが、3ヵ月後に亡くなってしまいます。

息を引き取る直前に「モーツァルト」と2度言ったそうです。

お墓はウィーンの北西グリンツィング墓地に5歳で亡くなった長女マリア・アンナと一緒に
ウィーンの街を一望できる高台に眠っています。
a0280569_22261945.jpg


ユダヤ教の神殿門を連想させるような形の墓石はシンプルながら堅固な印象です。

墓石上部に「GUSTAV MAHLER」としか刻まれていませんが、
これは生前「私の墓を訪ねてくれる人なら、私が何物だったか知っているはずだし、
そうでない連中にそれを知ってもらう必要はない。」と明言していたそうで、
いかにもマーラーらしい発言です。
a0280569_22265926.jpg

墓石には沢山の石が乗っていますが、
これは、かつて大戦中に多くのユダヤ人を救ったシンドラーの墓に誰かが置き始めたのが最初だそうで、
ユダヤ教では永遠性や不滅の意味が込められているそうです。
a0280569_22271817.jpg

さて、妻だったアルマ・マーラーもこの墓地に眠っているのですが、
このお墓は、まず三角形の石版が目立っていてそこには「MANON GROPIUS」と刻まれています。
それはグロピウスとの間に生れた娘マノンで、聡明な美少女だったそうですが19歳で急死しています。
a0280569_22275056.jpg

若い頃、子供と引き離された過去があるアルバン・ベルクは
友人だったアルマの子を我が子と重ねるように可愛がっていたそうで、
すぐさま作曲したヴァイオリン協奏曲は「ある天使の追想に」と題され思いを込めています。
唯、この曲は彼自らへのレクイエムともなってしまいました。

アルマの名前は背景のように建てられた青銅版に示されていますが、
そこには「ALMA MAHLER WERFEL」と刻まれています。
Werfelは最後の夫でマーラーとは死別なのでダブル・ネームなのでしょうか。・・・
a0280569_2234244.jpg

マーラーのお墓から通路を挟んで4つほどずれた裏側に面していて、
二人の微妙な関係を象徴しているようです。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2017-11-26 22:35 | コラム | Trackback | Comments(0)