人気ブログランキング |

ペペ・ロメロ と リアル オーケストラ シンフォニカ セヴィリア の演奏会から

先日といっても2週間も前になるのですが、ペペ・ロメロのケルンでの演奏会へ行ってきました。
a0280569_031189.jpg

以前、彼の演奏を聴いたのは、未だお父さんのセレドニオも健在で、
ペペの兄弟も含めたギター一家によるアンサンブルでした。

演目は最初がビゼーの「アルルの女」から第Ⅰ組曲
タレバのフラメンコ風コンチェルト

休憩後はロドリーゴの「アラフェス協奏曲」と
再びビゼーの「アルルの女」から、今度は第Ⅱ組曲でした。

オーケストラはReal Orquesta Sinfónica de Sevillaといって名前すら聞いたことも無かったのですが、
恐らく鄙びた演奏をするのだろうなと、むしろ楽しみにしていました。

一曲目、それほど大きくない編成ながら「アルルの女」の前奏曲が
‘ジャン・ジャン・ジャン“と有名なテーマが力強くも、引き締まった響きで始められました。
「ウン、こりゃなかなかちゃんとしたオーケストラ!」と益々楽しみが膨らんで行きました。

もっと鄙びた音がするのかなぁと思っていましたが、若干の素朴さはあるものの堂々とした趣で、
木管などのソロ・パートも丁寧に雰囲気をもって演奏されました。

雰囲気も充分醸しだされ、セヴィリア(アンダルシア)とアルル(プロヴァンス)は
どちらも南なので気候も人情的にも似ているところがあるのかなぁと勝手なことを考えていました。

2曲目「メヌエット」に入り軽快にリズムが刻まれていきます。
曲が変奏しハープに乗って木管群が流れるようなメロディを吹く辺りは、
ミストラルに吹かれ丘の上を流れていく雲が目の前に浮かぶようです。

3曲目の「アダージョ」は好きな曲の一つですが、
ゆったりとした甘いメロディがサキソフォンのソロで切なく流れて行きます。
温かい陽が差し込む農家の庭先、お爺さんがベンチに座っていますが、
遠くへ嫁に行っていた幼馴染のお婆さんが訪ねてきて昔話をシミジミ話しているシーンです。

4曲目「カリオン」は3本のホルンによって力強く教会の鐘を響かせます。
「昼さがり」と勝手に思っているのですが、力強くも気だるい雰囲気が好きです。
この曲を聴くとゴッホが描いた「アルルの見える花咲く果樹園」が必ず目に浮かんできます。

この絵はミュンヘンのノイエ・ピナコテークにある一枚ですが、
とても好きな絵で何度も見に行ったことがありました。

画面手前には3本のポプラの幹がブルーで大胆に描かれ、
その向こうには農夫が働く果樹園が描かれていますが、
恐らくアーモンドの白い花々が満開に咲き誇っています。

さらにその奥にアルルの街並みが広がっていますが、
画面の左にはこの曲でイメージしている「カリオン」(鐘)を鳴らしている教会の鐘楼が描かれています。
a0280569_0315126.jpg


さて、休憩後はメインの「アランフェス協奏曲」でペペはこの曲を年間150回ほど取り上げるそうです。

幾ら作曲家と親しかったとはいえ、「まぁよくも厭きないものだなぁ~」と不謹慎な事を
考えてしまいます。

昔、スペインを周った時、この曲に憧れてアランフェス宮殿に行ったことがありました。

とても広大な敷地で閑散としていた印象があります。
ロドリーゴは幼少期に失明をしていますが、
スペイン内戦の時に破壊された宮殿や傷ついた人たちに思いを馳せ作曲をしたそうです。
a0280569_0321752.jpg

a0280569_0324127.jpg

まぁ何といっても有名なのは2楽章のメロディで、その甘く切ない旋律は世界中で愛され、
ジャズを初め他のジャンルの音楽家たちも取り入れています。

さすがペペの演奏は手馴れたもので、全曲暗譜での演奏、
安心して聴き入る事ができました。

演奏スタイルも決して慣れなど感じさせず真剣な取り組みで、
曲の最後では見事な指さばきで決めました。

引き続き「アルルの女」の後半です。

1曲目の「パストラール」、穏やかな農村風景が描かれていますが、
ここでもゴッホの絵が浮かんできます。

それは「クロー平野の収穫」で柔らかな陽が照っている畑に力強く働く農夫たち、
それに荷車を引く馬や牛の姿がうかんで来るようです。
a0280569_0331576.jpg

曲は変奏してこの地方の踊りのリズムを素朴な小太鼓の伴奏に乗って刻みますが、ゆったりとしたテンポで何処と無く寂しげな印象で、
これから起こる悲劇を予感しているようです。

2曲目は「間奏曲」で悲劇的な印象を与える力強い前奏のあとホルンとサキソフォンによって
不安なハーモニーを吹いたあと、サキソフォンのソロで甘いメロディが奏でられます。

そのメロディの最終節にはシューベルトのアベ・マリアが暗示されています。

ハープの伴奏を伴い弦楽群が盛り上げていきますが、あくまでも悲劇的です。
最後ははっきりとアベ・マリアの旋律で締めくくられました。

3曲目の「メヌット」は昔この曲が吹きたくて一時フルートのまねごとを練習したほどでした。
ハープの伴奏にのって甘いメロディを静かにシミジミと吹かれます。

最後は「ファランドール」、この曲全体のテーマが最初の前奏曲同様に始まりますが、
途中からこの地方特有の踊りであるファランドールのメロディが乗っかってきます。

この2つのメロディが現れては入れ替わりを繰り返し、途中からは同時進行して行きます。

このドーデー作の短編小説「アルルの女」の悲しい物語を、
アルル地方の熱い舞踊音楽を背景に運命的な幕切れを閉じました。

この曲はこんなに名曲にも関わらず余り演奏会では取り上げられませんので、
とても貴重な体験でした。

オーケストラも気合の入った好感がもてる演奏で、とても楽しむことができました。

あぁまた「アルルの女」聴きたいなぁ~



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ

# by Atelier-Onuki | 2019-04-02 00:36 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

アンドレ・プレヴィンさんの思い出

a0280569_20215081.jpg

2月28日ですから1ヶ月近く前になりますが、
また一人偉大な音楽家アンドレ・プレヴィンさんが亡くなりました。

彼はたぐいまれな才能を持った音楽家で、
ジャズ・ピアニスト、作曲家そして指揮者として活躍されました。

ここまで多才な音楽家は他にバーンスタインくらいしか思いつきません。

戦前のベルリン生まれで、ロシア系ユダヤ人だったため一時フランスへ逃れ、
9歳の時に一家でアメリカに亡命したそうです。

まぁ一般的に考えるとこれは、とても辛い運命なのですが、
もしドイツに留まっていたら全く違ったタイプの音楽家になっていたかも知れませんね。
アメリカ西海岸で育った彼は若い頃からピアノが滅法上手かったそうで、
何枚かジャズの伴奏をしているレコード録音が残っていますが、
軽やかなタッチの、もうメチャメチャ上手いピアノを弾いています。

映画音楽の作曲や編曲にも長年携わり、
有名なところでは「マイ・フェア・レディ」や「ポギーとべス」が上げられます。

その後、指揮者としてデビューするのですが、この映画に携わっていた経験が
彼の演奏スタイルに大きな好影響を与えているようです。

それは、物語性のある音楽において、その情景描写は天下一品でした。

彼の演奏に最初に接したのは学生時代に買った「くるみ割り人形」のレコードでした。

これはまぁジャケットに描かれた絵が綺麗で、思わずジャケ買いをしたのですが、
演奏は飛びっきり良い感じで未だに愛着のあるレコードです。
a0280569_20241022.jpg

実際の演奏会では、ケルンで聴いたプレヴィン・トリオ、
ベースにレイ・ブラウンらが加わったお洒落なジャズの演奏でした。

休憩後、演奏が始まる前に指慣らしなのでしょうか軽く一節を弾きましたが、
それはラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」のメイン・テーマでしたが、
ハッとするほど円やかに弾み途中からジャズ風に崩されて行ったと思うとあっけなく終ってしましました。

「エェ~もっと弾いてくれたら良いのに・・・」と惜しみつつも耳には至福の瞬間でした。

その後、ルッェルンで聴いたのもトリオですが、
今度はムターとハレルが加わったクラシックのトリオでした。

モーツァルトとラヴェルの三重奏の後、最後はブラームス1番の三重奏、
このブラームス若書きの作品は大好きなのですが、ピアノのリードで始められた2楽章、
ムターの甘い旋律が絡み始めたその瞬間、背中にゾクッとする感覚と共に目頭に熱いものを感じました。

終演後、夕闇に染まった湖の風景と共に、生涯忘れられない演奏でした。

まぁあの頃はムターと結婚する直前で、そりゃ仲むつまじい雰囲気で、ハレルがかわいそうなくらいでした。

録音ではやはり先ほどの「くるみ割り人形」を初めチャイコフスキーの残り2つのバレエ音楽や
ウィーン・フィルと録音したメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」、
それにリヒァルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」や
「バラの騎士」などからの組曲は素晴らしく、時々取り出して聴いています。

それにムターと共演したチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は最高の演奏です。
ヴァイオリン、指揮者、オケ、録音と申し分なしで、四拍子揃った名盤です。
(オイストラッフの名演が霞むほど、この曲の決定盤と言っても良いほどです。)
オマケについているコルンゴールドの協奏曲も1楽章など怪しくも甘い雰囲気が醸し出せれた素敵な演奏で、
さすが長年に渡って映画音楽に携わっていただけあって表情豊かな演奏です。
a0280569_20243382.jpg

a0280569_20244820.jpg

a0280569_2025059.jpg

a0280569_023264.jpg

これほどの音楽家は、今後なかなか世に出てこない事でしょう。・・・
プレヴィンさんの安らかなご冥福をお祈りしています。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-03-26 20:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

セザンヌを訪ねて 7  ビベミュスの「石切り場」 (ドイツ・ニュース・ダイジェスト 3月のコラムより)

a0280569_21351197.jpg

セザンヌの画風は晩年になるに従って、より知的で論理的な画法の傾向が強まってきます。

目の前のモチーフを感じるままに描くのではなく、
純粋に形と色の世界を彼流に組み立てなおし構築していきます。

山や木々、人や静物など自然の形状も幾何学的な形に構成し円、球、円錐に分析し
そして、正三角形には不動の安定感を見出していました。

この時期の彼の作品を観るとき、描かれているモチーフの輪郭線を外し、
すこし目を細めて純粋に形と色の作品として観賞してみると、
それは実に絶妙なバランスで構成されています。

この頃から影も描かず無視し始めているようです。

そんな彼が晩年好んで出かけたのはビベミュスの「石切り場」でした。
a0280569_2128816.jpg

ここはセザンヌが生れる前に起こった建設ブームの時に掘り出されたそうで、
彼は若い頃からゾラたちと訪れ興味を抱いていたようです。
a0280569_21282947.jpg

小高い山はかなり深く掘り下げられ、まるで迷路のような谷になっています。
a0280569_21292987.jpg

a0280569_2130462.jpg

ほぼ垂直に掘られた岩肌は明るい茶褐色で
「これこれ・・・セザンヌが描いていた色と同じだ !」と俄かに気持ちが高ぶって行きます。
a0280569_21301891.jpg

所々、通り抜けられるようにトンネル状の岩もありますが、これが正三角形の形をしていて
「ここでも構図のインスピレーションを受けたのだろうな~」と感慨に耽っていました。
a0280569_21303779.jpg

a0280569_21305214.jpg

a0280569_2131686.jpg

彼が描いた場所には絵のコピーが取り付けられていて、興味深く観賞できます。

ちょっと広くなった高台では数枚描いて、その一枚には岸壁の向こうにサント・ヴィクトワール山が
描かれていますが、この位置からは見えません。
a0280569_21385214.jpg

a0280569_2131534.jpg

a0280569_2132662.jpg

恐らく別の場所から見えるヴィクトワール山を合成しているようで、
画面を構成するという意識がしっかりと見て取れます。
a0280569_21323463.jpg

彼は石切り場内にポツンと建つ古い家をアトリエとして借りていたそうです。
a0280569_21324685.jpg

ここに数日間滞在し制作をしていたようですが、街からはかなり遠いので
60歳を過ぎているにも関わらず軍隊で乗馬の手ほどきを受け通っていたそうです。
a0280569_2133459.jpg

なんの変哲もない石切り場だと、それほど期待をしないで行ったのですが、
イヤイヤとても興味深い所でした。

ここへは観光案内所で申し込み、町外れの駐車場で指定された時間に集合し
ガイドさんと一緒でないと入山することが出来ません。
a0280569_21333888.jpg


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-03-16 21:42 | コラム | Trackback | Comments(0)

セザンヌを訪ねて 6  ローヴのアトリエ (2月のコラムより)

a0280569_0302164.jpg

セザンヌはその知的な画風で印象派からポスト印象派の時代にかけ、
押しも押されぬ最高峰の画家として知られ、
ピカソを初め後世の画家たちに与えた影響は絶大なものでした。

ところが、生前は先進性が強かったせいか意外な事に余り絵は売れていませんでした。

資産家だった父親からの仕送りに支えられ、内縁の妻と母親は折り合い悪く、
家を点々とせざるを得ないような苦労を強いられていました。

そんな彼も、父親が他界し母親も亡くなった47歳の時に、
別荘だったジャス・ド・ブッファンが売却され膨大な遺産を相続します。

やっと経済的に余裕ができた彼は街の北側ローヴの丘への途中に念願のアトリエを構えます。

この土地も父親の所有だったそうで、広大な敷地に彼自らが設計をして建てられました。

さあいよいよ彼のアトリエ詣でです。

街から歩くのは上り坂だし、ちょっと遠かったので5番のバスに乗って向かいました。
停留所名はセザンヌと至って簡単です。
下車をして町のほうへと下るのですが、通り名も "アヴェニュー・ポール・セザンヌ" と誘ってくれます。

石塀に沿うようにそのアトリエは建っていました。
a0280569_0311462.jpg

a0280569_0322148.jpg

a0280569_036676.jpg

a0280569_0362616.jpg

a0280569_0363938.jpg

a0280569_0365241.jpg

中へと入ると、そこにはいたるところに絵の中に登場するモチーフの数々が置かれています。

それらは全て彼が描いたオリジナルだそうで、俄かに気持ちが高ぶってきます。
a0280569_033167.jpg

a0280569_0332276.jpg

タンスや机などの調度品を初め、生姜壺やリンゴが入った籠などが所狭しと置かれていて、
まるで彼の静物画の世界に迷い込んだような錯覚に陥ります。
壁に掛けられているマントや鞄なども実際彼が着用した物で、彼の温もりすら感じられます。
a0280569_0333366.jpg

a0280569_0334692.jpg

北側の壁には巾が30cmほどで、壁一杯の高さの長細いドアが取り付けられていますが、
これは大作「水浴」のキャンバスを出し入れする為に取り付けられたそうです。
a0280569_0335828.jpg

このアトリエから彼は足繁くレ・ローヴの丘にあるテラン・デ・パントルと言われている展望台へと通い、
サント・ヴィクトワール山を何枚も描いています。
a0280569_0343674.jpg

a0280569_0344941.jpg

さて、私もそのテラスへと向かう事にしました。
a0280569_035198.jpg

a0280569_0351538.jpg



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-03-01 00:39 | コラム | Trackback | Comments(0)

ハイティンクとヨーロッパ室内管弦楽団の演奏会から

a0280569_038215.png

先日の日曜日はハイティンクとヨーロッパ室内管弦楽団の演奏会がケルンでありました。

演目はモーツァルトの交響曲38番「プラハ」と
マーラーの「子供の不思議な角笛」でした。

ハイティンクも高齢なので聴く機会があればなるべく聴いておこうと出かけました。
a0280569_038248.jpg

ヨーロッパ室内管もアバドによって創立されてから、かれこれ38年が経過します。
あのころはヨーロッパのユースオーケストラから優秀な奏者を集めて作られた
若いオーケストラでしたが、さすが7割ほどの奏者が年配の域になってしまいました。
a0280569_0384067.jpg

オーケストラが出揃い、いよいよハイティンクの登場かと思われましたが、
会場のマネージャーらしき人がマイクを手に出てきました。

こんな時は大抵碌なお知らせしかないので「あぁ急に体調を崩したのかなぁ~」と
半ば諦めぎみに聞き入ると、なんとこのコンサートに出演してくれるハイティンクに
対するお礼と来月90歳になる旨のお祝いの言葉で一安心致しました。

やっと登場となりましたが、ゆっくりと階段の手摺を持ち、
片側には介助の人が支えていて痛々しさすら感じました。

ステージ上でも介助の人と杖をつきながら、ゆっくりと中央まで到着しました。

かれこれ3年ほど前に聴いた時はヨチヨチながらも一人で杖もなく歩いて来られましたが、
この3年間で急に老け込まれたようです。

指揮台にもハイチェアーが置かれていて何とか座れました。

それでも振り下ろされた指揮棒からは「ダ~ン!」と締まりのある響きで始められました。
バイオリンがチャラチャラチャンと刻みながらクレッシェンドして行くあたりもモーツァルトらしい優雅なで心地よい響きがかもし出されています。
テンポも小気味良くだれた感じはありません。

この曲は「フィガロの結婚」の上演に先立ってモーツァルト自身の指揮によってプラハで初演されたので「プラハ」と言う副題が付いているそうです。
「あの小さいながらも愛らしい「エステート劇場」で演奏でされていたのだなぁ~」と
想像を膨らませていました。

色んな事を思い浮かべながら聴き終えていました。
まぁ全体的には良くも悪くもハイティンクらしく、無難に纏めたなぁ~という印象でした。

このオーケストラでのモーツァルトといえば、10数年前に聴いたアーノンクールとの
29番の交響曲が思い出されます。

それは2楽章で弱音を利かせた衣擦れのようで、
この世とも思えないような綺麗な響きにゾクッとし鳥肌がザァ~と立ったのを忘れる事ができません。

さて、後半はお目当てのマーラーの「子供の不思議な角笛」です。

これはドイツの古い民謡集から編纂して作曲された歌曲集で、
その奇妙で不思議な世界観が描かれています。

それでも元々が民謡や童謡ですので、マーラーにしては深刻な部分は少なく、
とても聴きやすい曲で大好きな曲です。
a0280569_0392464.jpg

ソリスト2人の登場と共にゆっくりと介助に助けながら登場されました。
まぁそんな訳で会場は割れんばかりの拍手ですが、これに圧倒された私は小さく拍手をしていました。

唯、この曲はややこしい事に、纏まった歌曲集として一気に作曲されたのではなく、
バラバラに作曲されたあとから10曲が編纂されました。

その後、追加された曲もあり指揮者によって解釈はバラバラ・・・

数曲カットしたり、逆に加えたり、順番を変えたり、歌手もソプラノとバリトンですが
歌う曲が変えられたり、場合によっては一人で歌いきったりとややこしく、私もよく分かっていません。

一般的には「歩哨の夜の歌」から始められますが、どうも違う曲が流れてきました。
「最初はエェ?・・・」と?マークがず~と続いていました。

2曲目で「むだな骨折り」が出てきてやっと聴き慣れた曲となりました。
これはソプラノとバリトンとのコミカルなやり取りですが、表情豊かに表現しています。
それも大げさな表現ではなく、とても好感がもてます。

歌手の二人は未だ若い領域の人たちでしたが、よく通る張りのある声ながら、けして声を張り上げることがない、とても実力のある人たちだと思います。
a0280569_0395449.jpg

3曲目の「不幸な時の慰め」もソプラノがとてもチャーミングに歌い上げました。

そして私の好きな6曲目「魚に説教をするパドヴァの聖アントニウス」は
何とも奇妙な話しを不気味ながらもコミカルな異次元の世界を表現しています。

この曲はマーラー自身もとても気に入っていたようで、交響曲2番でも3楽章で全く同じテーマと音楽を引用しています。

ハイティンクもモーツァルトよりもマーラーの方があっているのか、この変幻自在の音楽を操っています。
まぁ何といってもマーラーの音楽には仕掛けも多く、うねったり、歪んだりしながらも
ハッとするようなロマンティックで綺麗なメロディも浮かび上がります。

曲はデュエットによう「美しいラッパの鳴り響くところ」を終えと所で、
なんとハイティンクは楽譜を閉じてしまいました。

ちょっと焦ったソプラノが指揮台へ、すかさず歩み寄り、
これから演奏しなければならない最後の曲のページを開きました。

ハイティンクも我に帰ったように、「おお・そうだった!」とばかり彼女の肩をトントンと叩いていました。

一瞬どうなることやらと焦りましたが、ことなく無事に最後まで演奏を終えました。

又もや割れんばかりの拍手喝さいでしたが、ステージ脇まで下がったハイティンクは
そこでもう一度挨拶をして退場しました。

普通なら拍手に答えて何度もステージに登場するのですが、
この日はオーケストラも気を利かせ彼が退場した後、
直ぐに回り近所の奏者と握手をして退場して行きました。

ハイティンクがコンセルトヘボウと2度目に来日した1968年は、
私は浪人時代で丁度ポスターの課題がでた時、
このコンサートのポスターをオーケストラのシルエットで描いて作ったのを思い出します。

この頃はコンセルトヘボウのコンサートなんて憧れ中の憧れでしたが、
如何せん浪人性には高値の花で、単なる憧れでしかありませんでした。

あれからかれこれ50年・・・長い年月が過ぎてしまいました。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-02-14 00:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)