人気ブログランキング |

指揮者カルロ・マリア・ジュリーニさんのこと (3月のコラムより)

 
指揮者カルロ・マリア・ジュリーニさんのこと (3月のコラムより)_a0280569_00573511.jpg
                   ボルツァーノの裏通り


カルロ・マリア・ジュリーニさん(1914年~2005年)は南イタリア出身でローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミーでヴィオラ奏者として学ばれました。

このヴィオラを選んだ時点で彼の控えめな人間性が伺われます。


その後、指揮者に転向され若い頃は筋肉質でエネルギッシュな演奏をされていましたが、

晩年イタリアに戻って来られてからは落ち着いたテンポの暖かい演奏になって行きます。


彼の演奏に初めて接したのはシカゴ交響楽団と録音した「展覧会の絵」でした。

これには余白にラヴェルの「マ・メール・ロア」などが入っていましたが、

ムソルグスキーの作で原曲がピアノ版「展覧会の絵」をオーケストレーションした

ラヴェルの作品をカップリングするなんてお洒落だなと感心して聴いていました。


シカゴやロスアンジェルスでも音楽監督として活躍されていたのですが、

奥様が病気になられたのを機にイタリアのボルツァーノに戻られ、

看病に時間が取れるよう何処にも属さずフリーとして活動されました。


場所もヨーロッパに限定されましたがベルリン・フィルやウィーン・フィルなど超一流のオーケストラから招かれていました。

指揮者カルロ・マリア・ジュリーニさんのこと (3月のコラムより)_a0280569_00391448.jpg

このボルツァーノは少年時代に過ごした街なのですが、

この辺りはオーストリア帝国の領土だったので、自然にドイツ語や文化を吸収されました。

そんな訳で彼はイタリア音楽も演奏されましたが、むしろドイツ音楽の方に重点をおかれていたようです。


それでもさすがイタリアの血がそうさせるのか、渋いドイツ音楽でも幾分の明るさがあります。

それに何と言っても音楽に対する謙虚さで、丁寧な表現の中、彼の人間性の暖かさや真摯さが浮き上がってきます。


何度かライヴ演奏を聴く機会がありましたが、ゆったりとしたテンポの中メロディラインが

綺麗に浮かび上がり「とても良い音楽を聴かせてもらったなぁ」と至福の時を味あわせてもらいました。


中でも白眉はアムステルダムで聴いたブラームスの交響曲1番でした。

4楽章の序奏が終った後、弦のトレモロに乗ってホルンが浮かび上がる所では、

霧が立ちこめた湖の彼方、森の奥からホルンが聴こえて来たかの情景が浮かびました。

そしてオーケストラ後方にあるパイプオルガンに沿ってユラユラ登っていく音が見えました。


彼は音楽本来の良さを引き出すために、作品に対し謙虚に向かい合い丁寧で暖かい音楽を表現してくれました。



# by Atelier-Onuki | 2021-03-23 00:47 | コラム | Trackback | Comments(0)

音楽ファンは年間何枚レコードを買うのか ( 2月のコラムより )

音楽ファンは年間何枚レコードを買うのか ( 2月のコラムより )_a0280569_00502892.jpg

昔、まだ日本に住んでいた頃、ある音楽雑誌を定期購読していました。

その中に“海外楽信“という欄があって、アメリカやヨーロッパからの音楽トピックスが毎回報告されていました。


ある時、ウィーンからの記事で「音楽ファンは1年間にどれほどレコードを買うのか」

というタイトルで日本とウィーンの違いが書かれていました。


「日本では熱心なファンは年に200枚ほど、もの凄い人になると300枚も買う人がいるけれど、

ウィーンでは精々100枚ほどで、それも音楽関連に従事している専門家くらいだ。

一般の音楽ファンは“演奏会の思い出”に精々2~3枚程度だ。」と、「ヘエェ~少ないのだなぁ~」とちょっと驚きました。


決して裕福ではない私ですら年間100枚位は買っていましたし、

時折行きつけのレコード屋でどっさりと両手に紙袋を提げて帰って行くおじさんを羨ましく眺めていました。


“演奏会の思い出”に関しては、よく大物指揮者が来日すると、

「来日記念盤」と称して演奏会で取り上げられる演目を組み合わせたシリーズが何枚か発売されるので、皆さんこれを買われるのだと思っていました。


その後、ウィーンで住むようになり、憧れのムジーク・フェラインへウィーン・フィルを聴きにワクワクしながら出かけました。

バーンスタインとツィマーマンのピアノでブラームスのピアノ協奏曲1番です。

冒頭のティンパニーの一撃と共に弦がガリガリ引き始めますが、さすがバーンスタイン・・・

もの凄くダイナミックでもう体が音の洪水に包まれ、まるでホール全体が揺れ動いているようでした。


日本でもウィーン・フィルは聴いたことがありましたが、「いやぁ~本当はこんな音がしていたのだ~」と腰は抜けるは、

目からウロコがバラバラと何枚も落ちていきました。


この日から数ヶ月たったある日、レコード屋の前を通りかかりフト,ウィンドウを見ると「エェ!」この演奏会のジャケットが目に飛び込んできました。

そうだったのか・・・“演奏会の思い出”に買う1枚の意味は・・・

自分が居合わせた演奏会のライヴ録音が発売されれば、そりゃ買いますよね・・・

音楽ファンは年間何枚レコードを買うのか ( 2月のコラムより )_a0280569_00504120.jpg

後日、シューマンの4番をやはりバーンスタインで聴きました。

演奏に先立って彼自ら挨拶をし、「今日はライヴ録音をするので、咳は今の内に一杯やっておいて下さい」と笑いを誘っていました。

この日は終演後、再びバーンスタインが登場し、

「これから録音の録り直しをするけど、帰りたい人は帰って良いし、残りたい人はそのまま残って下さい。」と挨拶しました。

退出しかけていた人々も慌てて座席に戻りました。そして2楽章のヴァイオリン・ソロの所を何度も何度も録り直していました。

音楽ファンは年間何枚レコードを買うのか ( 2月のコラムより )_a0280569_00505584.jpg


# by Atelier-Onuki | 2021-02-20 01:10 | コラム | Trackback | Comments(0)

初めての舞台監督は (1月のコラムより)

初めての舞台監督は (1月のコラムより)_a0280569_23150305.jpg

それはまだ学生時代のある日突然やって来ました。

それまでは一小道具係りとして何公演かお手伝いさせてもらっていたのですが、

ある日、鬼瓦の様な強面のマネージャーがやって来て「君、音楽が少し分かるのだってねぇ?」と問われました。


「は、はい。」と曖昧な返事をしたのですが、「じゃぁ今回、舞台監督をやってくれないか?」・・・

「エエッ!」と突然の出来事にうろたえるばかりでした。


それでもドンと「Lucia di Lammermoor」と書かれたリコルディ社の分厚いボーカル・スコアを渡された時は興奮を隠せませんでした。

あのヴェルディやプッチーニが契約していた楽譜の名門出版社なので、ちょっと嬉しい気持ちにもなりました。

初めての舞台監督は (1月のコラムより)_a0280569_23153860.jpg

さぁ大変な事に・・・毎日猛勉強が始まりました。

それまで観た事もない演目だったので、筋書きは勿論、音楽も暗記できるほど、数週間、毎日聴いていました。


いよいよ演出家がやって来て、立ち稽古が始まりました。


この時はジュリオ・ボセッティさんといって、昔NHKで放送された

イタリア国営放送制作の「ダヴィンチの生涯」で司会進行をされていた方でした。

初めての舞台監督は (1月のコラムより)_a0280569_23162257.png
初めての舞台監督は (1月のコラムより)_a0280569_23173357.jpg

伺った処によると、あの番組で登場した絵画は「モナリザ」以外すべて本物を使ったそうです。


稽古はもの凄い勢いで進められて行きました。日本では稽古の時間が、たった2週間ほどと短く、

とても焦っておられ、朝10時から夕方6時まで、一切休憩なしで行われました。


いよいよ本番が迫って来たころ、衣裳もローマから到着しましたが、

何と半分の木箱が間違ってブリュッセルに行ったそうです。しかも届いたのは脇役用の衣装。


急遽、東京中の衣裳やさんでかき集めましたが大したものはありません。

脇役用といっても宝石など散りばめた衣裳は、ズッシリと重く、もの凄く立派でほぼ本物です。

急遽これを主役に回しなんとか初日に間に合わせました。(2日目には届いたのですが)。


舞台監督の仕事はいわば進行係りで、出演者が揃っているかのチェックから

大道具、小道具が間違いなくセットされているか確認して、いよいよ開演されます。


開閉するカーテンの速度や開き方などは演出家と打ち合わせ、劇場技術者に指示をだしていきます。

照明もインターカムで客席後方の照明室に合図をだします。


合図はQと呼ばれ、歌手の出入りなども含めて楽譜にQの何番と書き込みをいれますが、

この時のQは120番ほど書き込みました。いやぁ冷や汗ものの公演でしたが無事終えることができました。


初めての舞台監督は (1月のコラムより)_a0280569_23220751.jpg


追記 : コラムでは字数制限があるので書き足りない部分もありますので、

以下にちょっと書き足しておきます。


この公演ではライモンド役(僧侶)に当時ケルンの歌劇場で主席ソロ歌手を

されていた大橋国一さんがゲスト出演されました。

稽古場はちょうど教室位の大きさだったのですが、これ位の部屋で彼が歌うと窓ガラス全体がビリビリと共鳴していました。


合唱も彼の歌の後直ぐに続かなければならないのですが、毎回1瞬出が遅れてしまいます。

何度も指揮者の駄目だしが入るのですが、コーラスのリーダー役が

「ツイツイ聴き惚れてしまって・・・」と弁解していました。

イヤイヤ本当に凄い声量の素晴らしい歌唱でした。


稽古場では舞台装置は付かないのでテーブルや床にテープを貼って階段や手摺などの位置を示しますが

(場ミリ)、彼は必ず「この手摺は寄かかれますか?」とか本番をイメージして演技されていました。


それに毎日のように傘や鞄などの何か忘れ物があるのですが、それはいつも大橋さんの物でした。

元ジャイアンツの長嶋さんもそうだったらしいですが、それだけ役柄に集中されていたのでしょうね。

人間的にも暖かくとても良い方でした。 43歳という早世が返す返す悔やまれます。


さて、本番での出来事として、1幕3場から4場へは暗転といってカーテンは開けたまま

暗い状態で城の中庭から泉のある庭へと舞台転換します。

舞台装置の転換が整うと指揮台にある緑のランプが灯り演奏が始まります。

ハープのソロが入り主題が転換する所からゆっくりと月明かりが入ってくる事になっています。

照明技師に指示を出すべく楽譜と睨めっこしていましたが、アレェ~、楽譜から音が完全に消えてしまいました。

「エェッ・・・どうなっているのだろう。」

頭の中は真っ白で呆然としていましたが、暫くしてやっと楽譜通りに戻ってきました。

ああ~やれやれホットしてQを出しました。

後からオケに確認した処、この本番初日からヨゼフ・モリナーリというハーピストがゲスト出演し、

彼としてはサーヴィスの積もりでカデンツァ(即興)を延々と演奏したそうです。

「先に言ってよヨゼフ・・・」


まぁ私も初めてという事もありバタバタ、ヒヤヒヤの公演でしたが何とか格好は付いたようでした。




# by Atelier-Onuki | 2021-01-25 22:05 | コラム | Trackback | Comments(0)

サイモン・ラトル氏ミュンヘンへ来る

サイモン・ラトル氏ミュンヘンへ来る_a0280569_04593576.jpg

今日ボーッとBR(バイエルン放送)のサイトを見ていたら”サー、ミュンヘンへ来る”と題して

ラトルさんがBR(バイエルン放送交響楽団)の音楽監督に就任したニュースが載っていました。

一昨年末にヤンソンスさんが急遽され音楽監督が空席になっていましたが、何とラトルさんに決まりました。

13日に調印したそうですが、音楽界にとっては一大ニュースです。

ミュンヘン市は財政が豊かなのでこのオーケストラを初め、ミュンヘン・フィルや国立歌劇場も

歴代大物の指揮者を招聘してきましたが、今回は特に驚きました。

就任は2023年からだそうですが、現在のロンドン交響楽団は23年に辞任する予定で、このBRに専念することが予測されます。

おそらくイギリスがEUから離脱したことも影響しているかも知れません。

今やムーティと共に最も優れた指揮者ですからミュンヘンの音楽ファンが羨ましいです。

BRは物凄く優秀なオーケストラですが、世界の放送オーケストラに共通するように色が余りありません。

ベルリン・フィルに就任したときの様に暫く時間が掛かるかも知れませんが、ラトルさんがどの様な

色付けをしていくのか、今からとても楽しみです。

あぁ又ミュンヘンに住みたいなぁ・・・


追記 : な・なんと彼はドイツ国籍を取得したそうです。

      まぁイギリスにいるよりも動きやすいですし、その本気度が伝わってきます。




# by Atelier-Onuki | 2021-01-12 05:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00345417.jpg

イタリアのオーケストラといえば、歌劇場のオーケストラを直ぐにイメージしますが、

演奏会をメインにしたいわゆるシンフォニー・オーケストラは殆ど存在しません。


近年「それではイカン」と幾つか創設されましたが、世界的に認識されるには未々時間が掛かりそうです。

そんな中、唯一、長年活躍しているがローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団です。


その母体はサンタ・チェチーリア国立音楽院で創設は1584年と世界で一番歴史のある音楽院で、オーケストラも1908年創設ですから長い歴史を誇っています。

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00362838.jpg
サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00370089.jpg
サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00371924.jpg

かつては妙なことにオペラのレコード録音で、その名を知られるようになりましたが、

その「サンタ・チェチーリア」という何とも可愛い名前で親しみを感じたものでした。


イタリアの演奏家はソリストとしての腕前は世界でも最高のレベルなのですが、

オーケストラというアンサンブルが重要視される部分では若干の纏まりにかけるところもありました。


近年は実力のある指揮者を音楽監督として迎えるようになりましたが、

特に2005年から就任したアントニオ・パッパーノとは余程相性が良いのかメキメキとその実力が増して来ました。

元々上手いオーケストラでしたが、更に輝きを増しバイタリティに溢れた聴き応え満載の演奏をくり広げています。

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00375372.jpg

パッパーノも近年の指揮者では珍しく「ここでドーンと爆発してくれないかなぁ」と望んでいる聴衆を裏切ることなく、気持ちが良いほど鳴らしてくれます。

唯、彼はイタリア人の両親ですが、イギリスで生まれ、育っていますので、

その辺はちゃんと節度も備わっていて、決して単に大きな音を出している訳ではないので説得力があります。

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00382360.jpg

さて、この「サンタ・チェチーリア」という名前は起源180年ころに殉教した16歳の少女チェチーリアに因んでいます。

彼女は斬首刑にあったのですが、3度も刃が通らず3日間も生き延びたそうです。


その後、1599年教会を建立する際カタコンベから遺体を移設されたのですが、

全く腐敗していなく生々しい姿だったそうで、早々にステファノ・マデルノという彫刻家によって再現されました。

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00385559.jpg

現在はサンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会の遺体が安置されている上に展示されていますが、やや小さい印象を受け少女であったことが伺えます。

この彫刻家はもの凄い技量だったようで生々しく繊細な表現です。

大理石にも関わらず少し垂れた手からは温もりすら感じるほどでした。

サンタ・チェチーリアのこと (12月のコラムより)_a0280569_00391471.jpg

彼女は生前竪琴を奏でたり音楽に親しんでいたことから、この音楽院の名前に冠されました。



# by Atelier-Onuki | 2020-12-24 00:41 | コラム | Trackback | Comments(0)