人気ブログランキング |

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22171227.jpg

ゴッホが入院していたサン・レミー・ド・プロヴァンスのサン・ポール・ド・モーゾール修道院のすぐ裏手には
アルピーユ山脈を背景に「グラヌム」と言う古代遺跡が広がっています。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22174311.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22175593.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2218851.jpg

歴史は古く紀元前500年ころケルト人によって開拓されました。

ここにはアルピーユ山脈からの良質な水が湧いていたそうで、
ケルトの神グラニスを祭る為に祭礼用として集まって来たそうです。

この水に浸かると治療効果もあると信じられていたようで、
ローマ時代には、あのアグリッパも治療のため遥々訪れたとの記述があるそうです。

この遺跡の周辺はオリーブ畑が広がり、ちょっと不思議な形をした古代の巨石なども点在し興味をそそられます。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22182262.jpg

さらにアルピーユ山脈の奥のほうにレ・ボーという町がありますが、
隆起した巨大な岩盤の上に登ると、忽然と趣きのある中世の町並みが現れます。

岩肌には無数の穴が開いていて一部住居になってた形跡もあります。

何でもここでボーキサイトが採れ、それを採掘した穴だそうで、
ボーキサイトは町の名前に因んで付けられたそうです。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22192093.jpg

ゴッホは修道院周辺の広々とした景色が気に入ったようで、オリーブ畑や松並木など精力的に何枚も描いています。

彼が描いた場所を見て回れるようにゴッホ・プロムナードと名付けられた散歩コースになっていて、
其々描いた場所に何を描いたのか絵のパネルが立てられています。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2219408.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_221951100.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2220249.jpg

観光案内所でも場所と作品の番号が示された詳しい地図をもらうことができます。
(The Landscapes of Vincent van Gogh trail)

修道院から街へ向かう道は今では、“Avenue Vincent van Gogh”と名付けられ
歩道には所々Vincent と書かれた真鍮のプレートが埋め込まれています。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2220226.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2220366.jpg

街の中心に建つサン・マルタン教会はゴッホの「星月夜」に描かれている教会で、
ステンド・グラスや手の込んだ内装が見事です。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22204783.jpg

街は小さく歩いて見て回ることができますが、
小道などはよく手入れされた古い家並みが続き、散策を楽しめます。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2221017.jpg

そうそう、それにあの「大予言」が外れたノストラダムスの生家も残っています。
ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22211818.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_22213025.jpg

ゴッホ - 10 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの街へ)_a0280569_2221472.jpg

さて、ゴッホはこの後、ピサロの紹介で精神科医だったガッシュを訪ね
オーヴェルへ向かい最後の7ヶ月を過ごすことになります。

このオーヴェルでのことは2015年に「オーヴェルを訪ねて」と題してご紹介しましたので、
「これも読んでやるか!」と思われる方は電子版を参照して下さい。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2020-03-31 22:23 | コラム | Trackback | Comments(0)

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23205097.jpg

アルルから北東へ20kmほど、サン・レミー・ド・プロヴァンスにある
サン・ポール・ド・モーゾール修道院へゴッホはどのような気持ちでやって来たのでしょうか。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23211342.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23212923.jpg

街から南へ1kmほど離れたこの修道院の周りは麦畑やオリーヴ畑が広がり
近くには紀元前に作られた「グラヌム」という遺跡が残っています。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23215061.jpg

遺跡の背景にはアルピーユ山脈が広がっていきますが、
鷲が羽根を下ろしているような特徴的な形をした山はゴッホも気に入ったようで何枚か描いています。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_2322206.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23223579.jpg

この修道院はほぼ彼が入院をしていた当時のまま残っています。

彼が居た部屋ではありませんが同じ形状の1室が公開されていて、当時の様子を伺い知る事ができます。
狭くて暗い部屋に窓には頑丈な鉄格子が取り付けられ、ここが精神病院であった事を再認識させられます。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23231818.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23233821.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23235037.jpg

それでも鉄格子越しに見える裏庭は右側に行くに連れなだらかな傾斜をしていて、
そうそうゴッホが描いた絵もちゃんと斜めになっていたなと思い出せます。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23241556.jpg

ここに入院中も驚くほどたくさんの絵を描いています。

窓越しの絵はもとより庭の花壇や木々を何枚も描いています。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23245174.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_2325424.jpg

ここで描かれた絵のコピーが裏庭の壁に沿ってズラッと展示されています。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23252399.jpg

あの弟テオに長男が生れたお祝いにと描いた「花咲くアーモンドの木の枝」も・・・
その傍にはちゃんとアーモンドの木が実をつけていました。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23254169.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_23255742.jpg

精神的にも体力的にもどん底にありながら、絵を描いている間だけは
自尊心を保つことができる貴重な時間だったようです。

回復するに従い、病院を出て近くを描くことも許されるようになりました。

オリーヴ畑や彼にしては珍しく遺跡も描いています。

それに尊敬をしていたミレーの模写も連作で描き初心に戻って描いていますし、
レンブラントの模写や宗教画の世界も多く描いています。

絵はこのころから益々うねり出し木々や空、道に建物までウネウネとした曲線だけで
描かれています。

その内の名作「星月夜」ではうねった糸杉の背景に渦巻く空に右端の月に向かって
大小様々な星が11個描かれています。(これは「ヨセフとその兄弟」の暗示か?)

背景のアルピーユ山脈の手前にサン・レミーの街並みと中央に教会が描かれていますが、
恐らく修道院の2階辺りから描いているようです。
ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_2327127.jpg

ゴッホ - 9 (サン・レミー・ド・プロヴァンスの修道院)_a0280569_2327144.jpg

さあ、この名画に描かれたサン・マルタン教会へ向かうことにしました。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2020-02-21 23:29 | コラム | Trackback | Comments(0)

キリル・ペトレンコとベルリン・フィルの演奏会から

昨夜はペトレンコとベルリン・フィルの演奏会がケルンであったので出かけました。
キリル・ペトレンコとベルリン・フィルの演奏会から_a0280569_1842100.jpg

演目は
ストラヴィンスキー 「3楽章の交響曲」
B・A・ ツィンマーマン 「アンティフォネン」
ラフマニノフ 「交響的舞曲」

以上の3曲で見ての通り難解な曲ばかりでした。

当初は行くのを迷っていたのですが、「折角ベルリン・フィルが来てくれるので!」と聴きに行く事にしました。

ストラヴィンスキーは以前ブーレーズのレコードで聴いたことがあったのですが、
余りにも難解で1度きりしか聴いた事がありませんでした。
今回はネットでショルティがBRを振った映像を見つけ、しかも演奏に先立ってショルティ自ら解説をしてくれています。
これを3回ほど見て予習をしたのですが、結局は余り馴染めないままでした。

それでも演奏はさすがベルリン・フィル・・・随所にハッとするような綺麗な箇所があって、それなりに何とか付いていきました。

2曲目の「アンティフォネン」なんて作曲家すら知らない人で、ケルン近郊の作曲家だそうです。
曲はモダンで全般的にラテン音楽を漂わせ、時折入る打楽器などはジャングルの気だるいムッとした暑さや不気味さも表現いるようです。
ジャズ風のリズムも刻まれますが、どうしてもギコチナイ感じです。
ラテン風のリズムでもどうしてもドイツ風の暗さが付きまとい、「やはり自殺をしてしまった作曲の音楽だなぁ!」との印象でした。

後半はメインのラフマニノフの「交響的舞曲」で、彼の最後の作品とか。
これも何故かCDを持っていているのですが、ちょっと聴いただけで、それ以来一度も聴いていませんでした。
ラフマニノフらしい甘美なメロディも随所に出てきて、
弦の響きなどはベルリン・フィルの柔らかく清涼な響きで楽しめました。
それでも、どうしてもラフマニノフの甘美になればなるほど感じる安っぽさは否めず、
「やっぱりピアノ協奏曲の2番か3番をやってくれたら良かったのに」・・・と
勝手に呟いていました。

観衆は満員ですし、スタンディング・オベーションでの熱気に満ちた拍手はやはりケルンの人たちにとってもベルリン・フィルは誇りなのでしょうね。
ウィーン・フィルの時よりも熱気を感じました。
キリル・ペトレンコとベルリン・フィルの演奏会から_a0280569_19470.jpg

終演後は急ぎ足で駅裏の屋台へ・・・冷えた缶ビールを一気に飲み干しました。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2020-02-21 01:09 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ボルツァーノにて

ウルリッヒからはバスで鉄道駅まで移動するのですが、乗継まで時間があったのでボルツァーノまで出ることにしました。

この街は大きく中世の面影を残している家並みもあるし、
商店街の目抜き通りには建物と一体化した石作りのアーケードが掛かっていて楽しく散歩することができます。
ボルツァーノにて_a0280569_055354.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_061239.jpg

荷物を預け、何時もとは違う道をブラブラしていると、遠くにロープウエイが動いているのが見えました。
これはちょっと気持ちをソソラレます。
発着駅を見つけ、買っておいたこの辺のローカルチケットを見せると、
このロープエイにも適応されるそうでこれは行かない手はありません。

自動改札的なものがありますが、グリーン・ランプがついていると何のコントロールもなく、簡単に入ることができました。

このロープウエイはノンビリしたもので次のロープウエイが到着すると、静かにドアが閉まりゆっくりと出発しました。

街中を潜り抜け小高い丘陵地帯を登っていきます。
所々、家がポツンと点在していますが長閑な景色が続きます。
ボルツァーノにて_a0280569_07960.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_073349.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_075361.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_081155.jpg

それでも結構長い時間上ったり下ったりと楽しめます。
頂上が近づいてきましたが、普通ロープウエイの頂上といえば山を想像していましたが、
どうも住宅街のような感じで、ちょっとシュールな気持ちになりました。
ボルツァーノにて_a0280569_083489.jpg

どうもこのロープウエイは上に住んでいる人たちの日常生活で使う交通手段のようです。

頂上駅に降り立つと、直ぐ前に趣のある登山電車の駅がありました。
駅名はドイツ語でOberbozen,とイタリア語でSoprabolzanoと書かれています。
そうかここは上なのでソプラノ(高い声)と同じソプラと付けられているのですね。
ボルツァーノにて_a0280569_092647.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_094059.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_095313.jpg

暫く駅周辺を歩くと閑静な住宅街でスーパーも2軒あります。

家並が開けた所からは遠く山々が望めますが、ちょうどスキーをしていたサイザー・アルムの裏側が見えています。
ボルツァーノにて_a0280569_0101639.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_010317.jpg

暫く散策を楽しみ、帰りは行く時にちょっと気になっていたツンツンと突っ立った円錐状の奇岩群を眺ましたが、
同乗していた老夫婦も指差して、あれがエルド・ピラミッド(土柱)だといっています。
ボルツァーノにて_a0280569_011647.jpg

何故、気になったかというと、それはダヴィンチの「モナリザ」で描かれた背景に同じような奇岩が描かれているからです。
これは研究した人がいて、ダヴィンチ村の近くに実際似たような景色があるそうです。

帰ってきてから調べてみると、やはりこの奇岩は有名なようで、先ほどの登山電車の終点近くRitten独 Renon伊という所に、もっと大きな奇岩群があるそうです。
今度、機会があったら行ってみたいなぁと思わされました。
ボルツァーノにて_a0280569_0113486.jpg

ボルツァーノにて_a0280569_0114567.jpg

さて、街に戻り昼食をとった後、ポルティチ通りアーケードの中にある小さなコーヒー専門店を目指しました。
この店は本当にちゃんと気合を入れて作っていて、美味しいエスプレッソ・マッキャートを頂きました。
それなのに1.3ユーロと申し訳ないほどの値段です。
ボルツァーノにて_a0280569_012268.jpg

イタリアは本当にコーヒーが美味しいのですが、最後に飛び切り美味しいコーヒーを仕込んで一路ミュンヘンへと向かいました。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ

# by Atelier-Onuki | 2020-02-06 00:22 | イタリア | Trackback | Comments(0)

ドロミテでのスキー

先週はスキーをしにドロミテに行っていました。

滞在地はここ6年ほど続けてグロンデナー渓谷のSt,Ulrich(Ortisei 伊)を拠点にして周っていました。
ドロミテでのスキー_a0280569_2033493.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_203547.jpg

このウルリッヒはこの周辺では一番大きな町なので、店も多いしスーパーなどの品揃えも豊富で快適な滞在ができます。
タコのカルパッチョなんかも売っていて中々美味しい一品です。

それに私の大好きな高原Seiser Alm (Alpe di Siusi 伊)へのゴンドラがすぐ傍にあるので便利です。

このサイザー・アルムは標高が2000mほどある広大な高原で、ヨーロッパ最大の広さだそうです。
景色は雄大ながら穏やかで、スキー・コースも概ね緩やかなのでゆっくりとスキーを楽しめます。
ドロミテでのスキー_a0280569_2042564.jpg

本来この地方のハイライトはセラ・ロンダといって隆起した巨大なセラ山系を1日掛けて45kmほどのコースを登ったり滑ったりしながら周ります。

唯、ここ数年は体力に自身がなくなってきて、途中厳しいコースも数箇所あるので無理はしないようにしています。
今回もちょっとだけ遠出をしましたが後半は太ももがパンパンに疲れて来てきつかったです。

結局はこのサイザー・アルムで殆ど滑っていました。

ゴンドラの頂上駅から出発しリフトを何本も乗り継いで一番奥にあるフローリアンという山を目指します。
ドロミテでのスキー_a0280569_2045974.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_2051333.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_2081143.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_2082293.jpg

途中、パノラマという地点にあるホテルで小休止しますが、ボーとコーヒーを飲んでいるとゴーという爆音と共に軍用機が飛来して来ました。

何だろうと空を見上げると、何とパラシュートがパラパラと降下してきました。
その数10人ほどでしょうか・・・いったい何をしているのでしょうか・・・
突然の出来事にスキーヤーたちも皆カメラを手に集まってきました。
多分、山岳地帯での降下訓練なのでしょうが、ちょっとシュールです。
ドロミテでのスキー_a0280569_2054375.jpg

見渡してみるとホテルの裏に軍用車が止まっていて、彼らをピック・アップするようです。
ドロミテでのスキー_a0280569_2055969.jpg

これは暫く続き、何度も飛んできます。
ちょっと飽きてきたので1本滑ってリフトに乗っていると又やってきました。
ドロミテでのスキー_a0280569_2063785.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_2065149.jpg

彼らは雪原に降り立ち、パラシュートをリュックサックに収納し雪道を所定の場所まで
歩いて行くようです。
まぁこんなの必要ないのにと思いつつも戦争ではないので興味深い光景を見せてもらいました。
ドロミテでのスキー_a0280569_2085520.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_2091257.jpg

処で早く上がった日があったので、谷を挟んで向かい側にあるラッショッスという山までケーブルカーに乗って向かいました。
ここはソリ専用のコースがあるのですが、ちょっと離れた山なのでパノラマの眺めが楽しめます。
途中には鹿が歩いていたりで、スキー場よりもノンビリした雰囲気で楽しめました。
ドロミテでのスキー_a0280569_2093244.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_209501.jpg

まぁ今回は余りハードなスキーはしませんでしたが、何時まで体力が続くのやら気になります。
それでも私よりも年寄りでヨロヨロの爺さんがヒョロヒョロと上手く滑っていたりすると、また何だかメラメラと対抗心が湧いてきます。
まぁ何も張り合わなくても良いのですが・・・

唯、景色が絶景なのと、食事が美味しいのでなるべく続けたいなぁと淡い期待をしています。

特にセセイダのロープウェイ山頂駅でのカルボナーラはもの凄く沢山卵を使っているようで、
麺は殆どオレンジに近い色にまったりとした味付けで絶品でした。
ドロミテでのスキー_a0280569_20101056.jpg

ドロミテでのスキー_a0280569_20102594.jpg

結局は食べるのが目的なのかしら・・・



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2020-02-01 20:13 | イタリア | Trackback | Comments(0)