待ちに待ったウィーンでの初めての演奏会 2

興奮冷めやらぬまま休憩を終え、後半のプログラムに入ります。
他のお客さんもどこか落ち着きが無く、張り詰めたような緊張感が
ホールを包んでいました。
a0280569_2323678.jpg
次はクリスティアン・ツィマーマンとの
ブラームス、ピアノコンツェルト1番でした。

冒頭ティンパニーが激しく打ち鳴らされ、高揚した弦楽器が更に興奮を高めます。
コントラバスなどガリガリと松脂が飛び散ちるかのように激しく低音を唸らせています。
もうホール全体が大きく揺れ動いているようで、
その音の洪水に包まれた私はもう圧倒されて、腰が抜けそうになりました。

一方、ピアノの前に座っているツィマーマンはまだ若くて
今のような髭など生やしてなく、青白い、か弱そうな青年でした。

活力溢れるバーンスタインがウィーンフィルと生み出す壮大な音楽に、
このか細い青年はどう対抗して行くのだろうか、不安さえ覚えました。

オーケストラの序奏が段々と静まり、いよいよピアノがソロで弾きだされます。
これは相当気合をいれて弾きだされるのかなぁと思いきや、
いや実に静かで落ち着いた歩みで弾きだし何の気負いも感じさせません。
淡々としながらもしっかりとした音でクリスタルが輝いているようです。

音楽が進むにつれ、スピード感やスケールも充分に保っています。
このオーケストラをバックに最後まで堂々と弾きながらも、
決して正統なスタイルを崩さない彼の演奏には感嘆させられました。

後にある雑誌で読んだのですが、実はこの時彼のピアノが手違いで届かず、
やむなくこのホールのピアノを使用したそうですが、気に入らない部分があったそうです。
そんな事もあったのか、20年程経ってベルリンでライヴを再録音しますが、
私には何処にそんな不満があるのか全く分からない素晴らしい演奏でした。

当時、日本のLPの売り上げは世界でトップクラスを誇っていました。
世界有数のレコードレーベルが存在するドイツ等、ヨーロッパ諸国では
何故かLPの売上数はそれほど多くありません。
ウィーンでも記念として年に2・3枚くらいしか買わないのだと、どこかで読んだ事がありました。

日本では有名な海外アーティストの来日公演があると、来日記念と称して
そのアーティストが録音した演奏会と同曲のLPが沢山販売され、実際私もよく買ったものです。

後日、ウィーンのレコード屋さんで、
この日の演奏会のLPを見つけてふと気がつきました。
ウィーンの人々は、実際に自分が行った演奏会で録音されたLPを、
自分が共有した素晴らしい時間の記念として購入しているのだと云う事を。


byAtelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-09-17 23:10 | ウィーン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/16220472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウィーンの年末年始 1 待ちに待ったウィーンでの初めて... >>