ウィーンの年末年始 2

処でニューイヤー・コンサートは、
公演の10日前にチケットが売り出されるとの情報を得ていました。
未々インターネットなど無い時代でしたから、情報を得るのも一苦労。
しかもウィーン特有の曖昧さ・・・この年も何枚売り出されるか、不透明。
なんとか200枚位売り出されるとの噂。

当然前の日から楽友協会のチケット売り場に並ぶのですが、
この厳しい寒さの中、ずっと外で並んでいるのは大変です。
このため、誰が考えたのやら、地元の人々の間では
点呼システムが確立されていました。

並んでいる順番にノートに番号と名前を書き込み、
時間を決めて点呼をし、その時本人が来ていないと
ハネていくと云う仕組みでした。

それも夕方から、夜11時、夜中3時そして朝6時の点呼という
なかなか厳しいスケジュール。

最後の点呼、朝6時の時点でやっと
手作りのナンバー・チケットを手に入れることができます。
朝10時頃だったか、チケット販売開始時間にチケット売り場へ行くと、
入手済みのナンバー・チケットに記載された順番通りに、
みんな順序良く並ぶことが出来るようになっていたのです。
地元の人々の情報に精通していないと難しかったこのシステム。
実は後に、あるオペラの公演の際、物議を醸し出すことになるのです…。


さて、我々は仲間と一緒に楽友協会の近くに住む作曲家Iさんのアパートで
合宿をさせてもらい臨戦態勢に入りました。

夕方並んでいますと見知らぬ日本人が寄って来て、自分は旅行会社の人間だが、
チケットを代理で買ってくれないかと尋ねて来ました。
規則では一人2枚まで買えるので、その内の1枚を売って欲しいとのこと。
出来るだけ良い席で、謝礼としてチケット額面プラス3000シリング
(当時にして3万円くらい)を払うとの事なのです。

貧乏生活をしていた我々は当然ながら二つ返事。・・・
そこでフッと先出、絵描きのKさんを思い出しました。
そうだ彼にも連絡をしてあげよう、という事に。・・・
もう待つ間もなく彼もソソクサとやって来ました。

ドキドキしながらも一晩の苦労の甲斐あって
皆な無事にチケットを購入できました。
a0280569_1434186.jpg
そしたら無欲なKさん「僕は2枚とも譲ります。」との事、
「それでは気の毒だから、この一番安いチケットを上げます。」と旅行社の人。
でも、着て行く服が・・・
結局、彼は謝礼の6000シリングを元手に
仕立屋で一張羅をあつらえて、当日に備えました。

普段の演奏会とは違い、たくさんの花々で飾られたホールは華やかで、
改めてお正月気分も高まります。
この年はマゼールの指揮で、実に楽しく大いに満足させて頂きました。

この頃はまだ長閑で終演後にこの花々を持ち帰る事ができました。
何と楽団員の人達まで混じってステージ上の花を集めていたのですよ。
のんびりした時代でしたね…。

さて、このKさんは、その人柄がにじみ出たような、
精密で素朴なエッチングを描いていたのですが、
この純朴で欲のない性格が故に、後にまたラッキーな事が訪れて来ます。
この事は又別の機会にでも書きたいとなぁと思っています。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-09-26 23:49 | ウィーン | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/16419496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 職歴書 at 2012-10-24 20:16 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
<< バイエルン国立歌劇場 Tann... ウィーンの年末年始 1 >>