カボチャのチャ・チャ・チャ

a0280569_4462431.jpg


10月に入りハロウィンが近づいてくるとマーケットやスーパーの野菜売り場には大量のカボチャが並べられるようになりますが、その種類の多さには驚かされます。
ハロウィン用の大きな物から瓢箪のような形のもの、宇宙船を連想させるような変な形の物まで、へぇ~こんな物まであるのかぁ~と感心しながら見ています。

芋、タコ、南京と女性の三大好物の一つとして知られていますが、最近まで食べる事に関しては余り興味がありませんでした。 処が例のエングでカボチャスープを食べて以来、俄然興味が湧き、あれこれと試したくなりました。
まさか宇宙船型は食べる気がしませんが、聞く所によると何と゛Hokkaido”と云う種類が日本のカボチャに近い味がすると云う事で、早々に試してみる事に。
売り場で見てみると、何だ、あるわあるわそこら中゛Hokkaido”だらけ・・・

定番の煮物はホコホコとして中々いけます。
スープにも挑戦・・・これも美味しかったのですがこれはエングのレストランに軍配か。

そうそう先日、散歩をしていると畑の一角に無人の屋台が出来ていて、ここでもカボチャを売っていました。 
料金は自己申請、持って行く分だけ吊られている空き缶に料金を放り込みます。
そう云えばお花畑なんかも同じシステムだった。カッターまで備え付けられていて・・・

まぁこの国はまだまだノンビリとしています。




by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-10-18 04:46 | ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/16612048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 紅葉のイザール Siemenswerke の りんご >>