ミラノ・スカラ座の初来日は

ミラノのスカラ座が初めて来日したのは確か81年の事だったでしょうか。

それまでイタリアオペラと云えば、NHKが召集した通称「イタリア歌劇団」により
戦後間もない頃から伝説の公演がなされてきました。
オーケストラやコーラスは日本の団体で構成されていましたが、演出と歌手に関してはデル・モナコやテバルディ初め豪華キャストが出演した日本だけの特別な公演でした。

実際のイタリアの歌劇場が引越し公演の形で、これ程、大規模でやって来るのは初めての事でした。
演出や装置も噂によると凄いらしいし、指揮者はアバドとクライバーが二演目づつ、
歌手陣もフレーニを初めドミンゴ、ギャウロフなど豪華布陣・・・
オペラファンの間では大きな話題になっていました。
これは行かねばと、前売り初日にはボーナスをすっかり叩き込んで四演目の全てを押さえました。
未だ半年以上も先なのに、もう9月の公演が待ち遠しくてワクワクしていました。

ところが・・・予想も付かなかった大きな仕事が運悪く?この時期に入ってしまい、
それも毎晩遅い時間まで掛かってしまう羽目になってしまいました。
残念ながら、泣く泣く全てのチケットを手放してしまいました。

それでも突然一日だけ早く終われた時があって、そうだ今日はNHKホールで
クライバーの「オテロ」があるはずと思い出し、何の宛てもないまま駆けつけました。
案の定チケットなどあるわけがありません。
係りの人に頼んで何とか頭だけと云う事で、会場のドア越しに耳をあて付け中の様子を伺っていました。
ワッ~と歓声とともに異常に大きな拍手が沸き起こりました・・・カルロスの登場です。
一瞬の静寂があったと思ったら、ジァーン~(下手な表現で失礼)とオテロ冒頭の
嵐のシーンが異常な緊迫感と共に振り下ろされました。
もう向こうは大変なことが起こっているのだなぁとドア越しながらもヒシヒシと伝わって来ました。 「あのぉ~そろそろ」と係りの人に促されて、後ろ髪を引かれながらも、渋々そこから立ち退きました。

それから一月くらい経った頃でしょうか、一通の優待状が届きました。
どうも家内がオテロを観た日にアンケートに答えて、この優待状が当たったようです。
それはオペラ鑑賞のツアーでスカラをメインにパリやウィーン、フィレンツェでオペラを観て回ると云うもので、オマケにヴェニスやローマまで含まれた欲張りツアーでした。

内容の割にはお値段も手ごろだったので、オテロ以来すっかりオペラに興味を持ち始めた家内に「行くか?」と訊くと二つ返事。・・・あまり分かってはいないけど、熱烈なオペラ・ファンを自称している母親も誘わなければ、・・・(でも母は例のイタリア歌劇団の公演を第一回から何度も実際に観ており、この点に関しては嫉妬をしています)。それに何故か家内の妹まで行く!! と云いだす始末で、四人で参加する事になりました。

記念すべき初めてのヨーロッパは、パリにて第一歩を下ろす事から始まりました。
ここではシャルル・ガルニエで、何故かドイツ物の「ローエングリン」を観ました。
長いオペラにも関わらず夜8時の開演、2回の休憩も長くて、結局終わったのは夜中の1時をとっくに過ぎていたのには驚きました。
オペラは社交の場だと聞いていましたが、休憩時間の長さから納得できました。

憧れのウィーンでは「椿姫」を観たあと、昔からの知り合い達と再会して楽しい一時を過ごしました。

そしていよいよお目当てのスカラではプレミエの初日です。
演目は「アンナ・ボレナ」、何でも25年前の再演だそうで、その時はヴィスコンティの演出、カラスやシミオナートなどの出演で、その素晴らしさは凄かったらしく、今でも伝説として語り継がれているそうです。
今回も演出、装置はそのままに、カバリエ初め豪華キャストで前評判も上々でした。
劇場の中はもう何だか期待感で溢れそうな雰囲気で何時もと違うって感じが伝わって来ました。そしてシミオナートが臨席され聴衆に品格漂う挨拶をされた時には大きな拍手と共に、その興奮は最高潮に達しました。

緊張感が漂う一瞬の静寂があって、いよいよ開演かと思われた時、ステージ上に一人の紳士が現れ何か話しだしました。
何を云っているのかは分かりませんが、カバリエに代わってファルコムと云う所だけ理解できました。 場内はザワザワしだしブーイングや罵声が飛び交いだしました。
指揮者が出てきて演奏を始めようとしましたが、大騒ぎになりとうとう振り出すチャンスもなく退場して行きました。

暫くして今度は何とシミオナートがステージ上に現れ、なんとか上演できるように懇願しているようです。
処が、これが火に油を注いだようで、騒ぎはもっと膨らみ、もうヤレ、ヤルナで殴り合いの喧嘩まであちこちで勃発しています。
とうとう収拾が付かなくなった場内には「本日の公演は中止」のアナウンスが空しく響いていました。

翌朝の新聞各紙はどれもこの事件を一面で取り上げていました。
現地ガイドさんの説明によると、今回の発端は稽古中にカバリエが何故かカラスの
亡霊に怯えだし、とうとうそのプレッシャーから突然降板してしまったそうなのです。
劇場側は控えのファルコムで凌ごうとしたのですが、口うるさい天井桟敷の人達が騒ぎだしました。彼らはその頃、天井桟敷の席数を減らしたり、段々と厳しい条件を突きつけてきた支配人に対し不満が溜まっていたのでしょう。そこで今回の事件。なぜ支配人自らでなくシミオナートに陳謝させたのだと、彼らの怒りは頂点に達してしまったのでした。
その騒いだ人達にとっても、チケットを手に入れるのは容易ではなかったはずです。
にも拘らず公演を中止に追い込むほどの入れ込みようでした。
以前、スカラの桟敷席の聴衆はオペラ通が多く真剣に観に来ていると、何処かで読んだ事がありましたが、これがそう云う事なのかと納得致しました。

ツアーの主催者側は気を遣って、この日、急遽ピッコロ・スカラを手配してくれました。
その後には晩餐会も企画したとの事、会場に入ると結構な人が集まっています。
我々とは別のグループも何組か来ていて、おそらく、同じ憂き目にあったのでしょう。

食事も終わろうとしていた頃、壇上に主催者の人が立って挨拶をされました。
あれこれと陳謝のあと、お詫びの印として今夜は素敵なゲストをお呼びしていますと。
そして登場してきたのはパァと人目を引くほどの大柄で見るからに上品な女性・・・
なんとテ、テバルディではないですか。・・・ 
あの伝説の大歌手・・・一瞬目を疑いました。
それはそれは物腰も柔らかく、仕草の其々に気品が漂っていました。
皆との記念写真にもにこやかに受け答えされ、一緒に写真に収まって頂けました。
これは参加者にとって今回一番のサプライズになったと思います。

この旅の最後はフィレンツェで「ウェルテル」を観ました。
プレートルの指揮でクラウスやテラーニらが出演し素晴らしい公演でした。
特に二幕目、教会前のシーンは並木道の土手が右奥から斜めに舞台を貫通する
ようにセッティングされています。その中央あたりにトンネルがあってそこから教会が
見えるようになっていました。その紅葉した並木の大きくて綺麗だった事・・・
その内容とあいまって未だに印象深く心に残っています。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2012-10-23 05:27 | オペラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/16647174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< シスレーの洪水 紅葉のイザール >>