いよいよ出発

a0280569_3473579.jpg

いよいよ月曜日に日本へ向けて出発です。
慌てて描いていたミュンへンらしい風景の一枚もちょっと手間がかかりましたが、やっと仕上がりました。
日本では懐かしい人達と毎日のように会うことが出来るので楽しみです。
それに何と云っても食事が楽しみ。・・・
ミュンヘンでもそこそこ美味しい日本レストランもあるのですが、数も限られているし
料理のチョイスも限界があって、どうしても飽きてしまいます。
その点日本はありとあらゆる種類のレストランがあって、それも特徴が様々、
これだけ豊富に色んなジャンルの食事ができ、しかも美味しいなんてのは
世界中どこを探してもないのではと思います。
ここではお寿司など大抵の日本レストランにあるのでどうしても食べる機会も多く、
多分日本にいる時よりも頻繁に食べているかも知れません。
唯、日本のようにネタの種類は豊富ではないし、カウンターで黙っていても
ちゃんと頃合を見計らったように良いタイミングで出てくるなんてのはありませんから、
日本でちゃんとしたお寿司屋さんに行けるのはとても楽しみです。
それに小料理、色んな種類の小付けをチョコチョコなんて、もうワクワクしてきますが
目は実際の胃袋よりズット大きいので気を付けないといけません。
更にウナギ・・・ヨーロッパで美味しいウナギなど夢のまた夢・・・と、また欲張りな事ばかり考えています。
滞在の後半には多分太ってしまった体を、かつてデュッセルでの我がテニス・コーチに
みっちり絞ってもらう積りです。
二週間の滞在後、帰って来たその週には又ウィーンへと出かけます。
これは昨年から楽しみにしていたラトルとベルリン・フィルでマーラーの2番いわゆる
「復活」を聴くためです。
何でわざわざウィーンでベルリン・フィルと云う事ですが、ベルリンではもうこの曲の演奏会は終わっていて、
今年はバーデン・バーデンとウィーンだけでこの曲を取り上げます。
まぁCDでもラトルのこの曲は素晴らしい演奏をしていますし、このチャンスを逃したら生涯
彼らの演奏でこの曲を聴く機会がないだろうと思ったからです。
それに曲が曲だけに、最終楽章に差し掛かるころには、もう吹っ飛んでしまいそうで、
別世界へと昇天するかも知れません、否「復活」でした。
そんな訳で暫くこのブログにも投稿できませんが、どうぞこのブログをお忘れなく宜しくお願い致します。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-05-18 03:48 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/17803909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 二週間の日本滞在 展覧会のご案内 >>