人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フォルクス・オーパーの「メリー・ウィドウ」

この夜の演奏会はパットした公演もないし、シュターツ・オーパーの方はレンネルト演出の名作「セヴィリアの理髪師」ですが、
もう40年程使われている演出で今までに何度か観たこともあったので久しぶりにフォルクス・オーパーへ行く事にしました。
フォルクス・オーパーの「メリー・ウィドウ」_a0280569_4402956.jpg

出し物はレハールの「メリー・ウィドウ」でこれは未だ観ていない新演出バージョンで、
去年日本で引越し公演を行ったらしく、ご覧になった方もいるかも知れませんね。
フォルクス・オーパーの「メリー・ウィドウ」_a0280569_4405383.jpg

シュトラウスの「こうもり」と並んで人気が高いこのオペレッタは内容的には甘酸っぱい恋物語だし、
音楽は随所に甘いメロディーが散りばめられて、耳が蕩けてしまいそうなシーンが数多く点在しています。
「メリー・ウィドウ」と云う英語でのタイトルはこの内容に相応しい綺麗な響きですが、
原題のドイツ語では「ルスティーゲ・ヴィトヴェ」とちょっと汚い発音ですし、ましてや日本語に直訳してしまうと、
「陽気な後家さん」で、これでは観にいく気が中々起こりませんね。

舞台はパリで、とある小国(バルカン半島のどこかか?)の大使館を中心に展開して行きますが、この陽気な後家さんこと、
ハンナは資産家でフランス人のお年寄りと結婚をしていましたが、この程旦那に先立たれ20ミリオンと云う大金を相続することになりました。
これを目当てに大勢のフランス人男性が言い寄って来ています。
もし、フランス人と結婚でもする事になったら、その財産はフランスの物になってしまうので、
男爵を初め何とか昔恋仲だった外交官のダニロとの結婚を仕組もうとしています。
二人は未だ好きなのですが中々意地の張り合いで進展して行きません。
ハンナの方が先にその思いを打ち明けるのですが、ダニロはどうしても遺産目立てと思われるのを嫌い,
頑なに拒否し続けヤケクソ気味にマキシムに入り浸りです。
すったもんだの挙句、ハンナは夫の遺言によると「再婚をした時点で自分には相続権がなくなるのだ。」と告白します。
それを聞いたダニロはやっと素直に好きであることを告白します。
その遺言によると「相続権はその再婚相手に譲渡されるのだ!」との落ちまで付いてハッピーエンドとなります。

それにしても出演者の皆さんは熟れた演技で歌も上手だし踊りも充分こなしています。
マキシムに見立てたシーンでは歌手に混じってダンサーがカンカンを始めアクロバットもどきのダンスまであって盛り上がります。
フォルクス・オーパーの「メリー・ウィドウ」_a0280569_4413252.jpg

これらが後にアメリカに渡ってミュージカルに発展して行くのが良く頷けました。
そう云えば「ハッピーエンド」はハリウッド映画から出来た言葉でしたね。

ちょっと街から離れた所にある「フォルクス・オーパー」はローカル色満載で、
正に「民衆歌劇場」の名に相応しい場末感が漂っていて、この鄙びた雰囲気は大好きです。
フォルクス・オーパーの「メリー・ウィドウ」_a0280569_4415730.jpg

フォルクス・オーパーの「メリー・ウィドウ」_a0280569_442302.jpg

チケット売り場のオバさんから案内嬢まで皆さんノンビリモードで優しく対応してくれます。
それは出演者やオーケストラも同じで「ホナ~行きましょか!」と云った具合の気さくさでホットさせられます。

いい気持ちになれたので終演後はお気に入りの中華レストランで一杯でした。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2013-12-12 04:43 | ウィーン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/19132199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 図らずも「ベートーヴェン週間」に 「グリンツィング界隈」へ >>