人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「バルセロナの現場」から

毎年行われるモーバイル通信関連のイベントの準備のため10日間ほどバルセロナの現場で戦っていました。
「バルセロナの現場」から_a0280569_3431420.jpg

何時もですとこれが終われば一段落、暫くボーと体力の回復に充てるのですが、
今年は現場の再中に連絡が入り、来年に行われるイベントのオリエンテーションがあると云う事で、
ミュンヘンに帰った翌日には急遽デュッセルドルフへと向かいました。
喧々諤々と三日間に渡り議論をして土曜日の最終便で帰ってきました。
(ああシンド・・・)

さてバルセロナのイベント自体は電気関連でトラブルがあったものの、全体としては成功をしたようで一安心しています。

数ヶ月、長い時は一年位の準備期間で、あれこれと議論を重ねそれがやっと決定し、
世界中から人や物が結集して10日間程で最後の仕上げをする現場は、かねがね私は「祭りの準備だ」と云っています。
其々の思いは一つで「成功に導きたい」と思っていて、そのための最終仕上げをする訳です。

理想的には折角みんなで長いあいだ苦労をして来たのですから、ここは目的も一つだし、
出来るだけ気持ちを一つにして辛いながらも楽しい現場を目指しています。

現場に入る前は周到な打ち合わせと準備をして行くのですが、コミュニケーション・ルートが
日本発-ドイツ経由-スペイン受けと云う長いルートで、
どうしても現場に行ってから判明する問題点などもあって、悪戦苦闘を強いられる瞬間も多く存在しています。

造形に関するクライアントからの要望は全て私に集中してやって来ます。
それを内容によって現地の色んな担当者と検討をしながら、変更や修正を加えて行くのですが、
中には「エッ~今更・・・」と思われる様な変更があったりして、現地の業者さんにもストレスが溜まって行きます。

時々は彼らからも「何で今頃こんな事を言い出すのか・・・」云々のクレームも私に集中して来ます。

中間に入っている私はクライアント側からも、業者さんからもストレスを受ける事になり、
時々は飽和状態になって業者さんに対しては「そんなに文句を俺に云うなよ・・・」と怒ってしまうのですが、
彼らの言い分は「お前しか文句を云う相手がいないから・・・」で、まぁそれも分かるので「まぁしょうがないか」と思ってしまいます。

私自身も誰かに文句を云いたいのですが、「現場は祭りで楽しくなければ・・・」なんて云っているのに、
それをするとモットーに反するので、どうしてもストレスを溜め込んでしまいます。

そんな中、幾つかストレスを発散させる方法もあります。
一つは現地のコーディネイトをお願いしているお嬢さん方と数分だけでも他愛もない冗談を云って笑っています。
彼女達とはもう5年来のお付き合いで、お互いの気心も知れていますし、アウンの呼吸で冗談を交わす事ができます。
「バルセロナの現場」から_a0280569_3435061.jpg

それともう一人、私は毎回おもちゃにして遊べそうな相手を見つけるのですが、
今回白羽の矢が当たったのが大工さんのChico(キコ)で、ちょっと昔はヤンチャだったぽいアンちゃんです。
彼はスペイン語しか話さないので、私とは全くの会話にはならないのですが、
カラカウには持ってこいのキャラで私のカラカイに対し完璧に反応してくれました。
「バルセロナの現場」から_a0280569_344935.jpg

彼らのお陰で今回も爆発することはなく、楽しく笑うシーンも多々あって救われました。

来月には大事なプレゼンが控えていて、ちょっと気が重いのですが、
今週中には他の人達が準備を進めておける部分を出来るだけ伝えて、さぁ来週は休むぞぉ・・・



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2014-03-04 03:44 | スペイン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/19529734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ドロミテ」にて 「ブロムシュテットとバイエルン... >>