人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「バンベルク」にて

バイロイトからバンベルクへ寄るのはちょうど30年前も同じ行程でした。

町の真ん中を川が流れていて一名「ドイツのヴェニス」なんて云われていますが、
まぁヴェニスとは似ても似つかない街並みです。
「バンベルク」にて_a0280569_3122622.jpg

とはいえ歴史的な古い建物が揃っている街並みは見事な風情で、なんでも世界遺産に登録されているそうです。
「バンベルク」にて_a0280569_3125045.jpg

それに私にとっては何と云っても高校時代に聴いたカイルベルトとここのオーケストラの名演が忘れられず、
特に思い入れが深い町です。

先ずは30年前と同じホテル“Bamberger-Hof”に行ってみましたが、今日は満室とのこと。
道路を挟んで建っている “Messerschmitt”で尋ねたところ空室あり ・・・ ここに泊まる事にしました。

メッサーシュミットと云えば私くらいの年配男性は、あのドイツ軍の戦闘機を真っ先に思い浮かべます。
入り口に掛かっている説明板によると、やはりその戦闘機を設計した
メッサーシュミットさんが両親の家を改装してホテルにしたそうです。

ロビーにはその肖像写真と横には一号機の木製プロペラが展示されていました。
「バンベルク」にて_a0280569_31669.jpg

「バンベルク」にて_a0280569_3161962.jpg

一息いれて旧市街へ一杯引っ掛けに出かけました。

旧市街の入り口は三角州に建つ特徴的な旧市役所への橋から通り抜けます。
「バンベルク」にて_a0280569_3164313.jpg

この辺は余り戦争の被害を受けなかったのか、古い建物が見事に残っています。
壁や入り口には1600何年とか建築年が記されていて、その歴史の重みと
風情を醸しだしています。
「バンベルク」にて_a0280569_3165996.jpg

「バンベルク」にて_a0280569_3171927.jpg

飲み屋が軒を連ねる一角に、一際大勢の人が集っている店がありました。
「バンベルク」にて_a0280569_3173795.jpg

それは”Schlenkerla”tという醸造ビア・レストランで、
何でもこの町特産のRauchbier(ラオホ・ビア)で有名な店だそうです。

これは麦芽を燻製してから醸造をするそうで、色もギネスのような濃い褐色をしています。

店は大きく3・4部屋くらいあるのでしょうか、どの部屋も満席で賑わっています。
「バンベルク」にて_a0280569_318591.jpg

入り口付近には窓口があって、ここでビールだけ求める人が長蛇の列を作っていました。
ビール好きの私にとって試さない手はありません。
「バンベルク」にて_a0280569_3182214.jpg

フ~ム・・・ドレドレ・・・初めて試すこのビールはどんな味がするのだろうか・・・
ちょっと軽い興奮すら覚えます。

最初から一気にグビッと ・・・ ビールはのど越し ・・・
フム~ ・・・ 何だかビールと云うよりも生ハムのような味が口の中に広がります。

まぁ新しい物好きですから仕方がありませんが、二杯目の注文をする気にはなりませんでした。

処で翌日町をブラブラしていたらETA・ホフマンと冠した劇場に遭遇しました。
劇場前の広場にはネコを肩に抱いたホフマンの銅像も立っています。
「バンベルク」にて_a0280569_3185712.jpg

今はモダンな建物に建て替えられていますが、なんでもここの芸術監督やっていた
時期があったそうで、縁の劇場だったのですね。
「バンベルク」にて_a0280569_319371.jpg

まぁひょんな所であの「くるみ割り人形」の原作など奇才で幻想的な小説を書いた
ホフマンさんに出会えるとは思いませんでした。

さぁ~ ミュンヘンへ帰ってチェコ・ビールを飲ませる店にでも行こうかなぁ~



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2014-10-23 03:19 | ドイツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/20313293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋もビールが・・・ 「バイロイト」を訪ねて >>