人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「グルベローヴァの予定が・・・」

先日はエッセンのフィルハーモニーでグルベローヴァが歌うオペラ・ガラがあって楽しみにしていたのですが、
病気の為キャンセルされました。
「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2301689.jpg

代わりにYolanda Auyanet というスペインのソプラノが代役で出演することになり、まぁ折角なので聴きに行ってきました。
「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_231097.jpg

曲目も一部変更になり、当初はグルベローヴァらしいプログラムでベルリーニとドニゼッティのオペラからのアリアでしたが、
この二人の作曲家の作品は少なめになりヴェルディの「トロヴァトーレ」と「椿姫」から2曲ずつ追加されました。

彼女の名前すら聞いたことがなかったのですが、丁寧な歌い口調は透明感や清涼さも充分でとても好感がもてました。

オーケストラはエッセン・フィルで普段はオペラ・ハウスで演奏をしていますから、
オペラの演奏もオペラっぽい感じが充分に伝わってきます。

このオーケストラには輝かしい歴史があり、あのマーラー6番の交響曲は作曲家自身の指揮で初演をしています。

その前年にはR.シュトラウスがやはり自ら「家庭交響曲」をここで演奏しています。

それにここはAlfried Krupp Saal と命名されたホールが素晴らしい・・・

これも鉄鋼王 Krupp家が所有していたと思われますが、何度か建て替えられた後、
12・3年前に全面改装されたホールが完成しました。

市立公園内にオペラ・ハウスと向き合うように建っていて、
外観は格調のある古風な建物ですが、内装はサッパリ目のモダンなインテリアです。
「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2314256.jpg

「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2315929.jpg

「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2321628.jpg

「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2323328.jpg

ホール内はルツェルンのフェスティバル・ホールにそっくりで、最初に行った時は錯覚をしたほどでした。
それほど大きくないサイズもほぼ同じくらいでしょうか、響きが自然でとても聴きやすい素晴らしいホールです。
「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2324991.jpg

「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_233497.jpg

「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2331675.jpg

当日、正面入り口の壁面には今シーズン出演する主だった音楽家の大きなバナーが取り付けられて、
一番目立つ位置にグルベローヴァの微笑んでいる写真が載っていましたが、この日は何だか空しく微笑んでいるように映りました。
「グルベローヴァの予定が・・・」_a0280569_2333323.jpg

彼女も、もう70歳になりますね・・・

もうこんな歌手はこの先何十年もでないでしょうから、
また機会があれば聴きに行きたいなぁと思っています。・・・



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2016-03-25 02:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/22637610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「私の好きな天使」 (ドイツ・... ヴェルディのオペラ「椿姫」のこ... >>