人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)

「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_1274194.jpg
 

ウィーンはどの季節も趣きがあって素敵な町ですが、私にとって特に5月のウィーンはソワソワしてくる町です。

それは5月半ばから「ウィーン芸術週間」が始まり、オペラやコンサートで特に気合いが入った公演が多いからです。

夜の公演までは散歩やカフェ巡りをしますが、どこも味わいがあって、ゆったりとした時間の流れを楽しんでいます。

たいていは西駅界隈に宿を取ることが多いのですが、朝から路面電車に揺られヒーツィング(Hietzing)で下車、
ここから一駅分ブラブラと大通りに沿ってドムマイヤーガッセへと向かいます。

お目当てはカフェ・ドムマイヤーで朝食を取るのですが、お天気が良ければ中庭で時間を忘れるほど心地良い一時を過ごしています。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_128748.jpg

中ほどにはちょっとしたステージがありますが、
なんとあのヨハン・シュトラウス二世のデビューは、このステージだったそうです。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_1282225.jpg
 
朝食後はシェーンブルン方面に戻り、教会脇の坂道を宮殿の壁に沿って上って行きます。

途中シュトラウス二世がオペレッタ「こうもり」を作曲した家をチラッと眺めながら、お墓参りのためヒーツィング墓地へ向かいます。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_17324195.jpg

ここには、ウィーンにまだ多く現存する建造物でユーゲント・シュティール(ドイツ語圏でのアール・ヌーボー様式)の
代表ともいえる数々の名作を設計した、オットー・ワーグナーの堂々としたお墓がありますし、
その少し先、しだれ白樺の脇にひっそりと白い大理石が斜めに突き刺さった画家のグスタフ・クリムトのおしゃれなお墓、
そして作曲家のアルバン・ベルクも少し離れた寂しい所に眠っています。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_17331789.jpg

「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_17333094.jpg

「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_17335755.jpg

しみじみとした時間の後はシェーンブルンの庭へと引き返し、
ワーグナーが設計したガラス張りの温室パルメン・ハウスを横切って動物園へ。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_1285756.jpg

これは宮殿内にマリア・テレジアが作らせた動物園で、
厩舎(【ルビ】きゅうしゃ)や柵などロココ調の装飾がされた優雅な動物園です。
 
グロリエッテの丘にのぼるのも一考です。丘の上にはギリシャ風の建物やカフェもあり、町が一望できて絶景です。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_1291651.jpg

丘を下り宮殿脇のバラ園を散歩する頃には足がガタガタ悲鳴を上げ始めます。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_1293282.jpg

シェーンブルンを後ろに、すぐ前のU4に乗れば、
シュターツ・オーパーもコンサート会場のムジークフェラインやコンツェルト・ハウスへも一本で行けます。
「ウィーンのシェーンブルン宮殿界隈」 (ニュース・ダイジェスト 5月のコラムから)_a0280569_1295578.jpg

さあ、もうひと頑張り……、まるで巡礼のような長い夜の業に備えます。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2016-05-22 01:30 | ウィーン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/22832069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メータ・ウィーン・フィルによる... 「私の好きな天使」 (ドイツ・... >>