秋たけなわ

今年の秋は一時期、急に冷え込んでまた暖かくなったせいか、
一気に紅葉した木々には例年になく葉っぱが長く付いているようです。
a0280569_2343296.jpg

色も鮮やかで暫し見とれてしまうほどです。

ヨーロッパの紅葉は黄色が多く、日本のような赤が少ないのですが、これはこれで見応えのあるものです。

日曜日はポカポカ陽気になったのでブラブラと散歩に出かけました。
路面電車の終点、グラーフェンベルクの森の裏側から登り始めました。

考える事は皆同じで、大勢の人たちが散策に訪れています。

途中にある厩舎を抜け競馬場が見える小高い所まで登ってきました。

ここには季節違いの菜の花畑が広がっていますが、
辺りは紅葉をしていて、何だかちょっとシュールな感じです。
a0280569_23432956.jpg

並木道をダラダラと競馬場へ向かって下って行きました。
a0280569_23435528.jpg

a0280569_23442686.jpg

この競馬場脇の長い並木道は全部栗の大木で、昨年来た時はちょうど栗拾いの時期だったので大勢の人たちが拾っていました。
a0280569_23444824.jpg

今日は時既に遅しで、殻だけが散らかった様態で木の枝にも殆ど付いていませんでした。

それでも多くの人たちが散歩を楽しんでいます。

ダラダラと下り、森も抜けようとする辺りに一本のモミジが自生していました。
モミジも色んな種類がありますが、これは日本の物にそっくりです。
赤や黄色に混じって鮮やかな緑も残し、その色づき具合や葉っぱの大きさなど日本を思い起こします。
a0280569_2345859.jpg

a0280569_23452318.jpg

暫く眺めながら懐かしく京都辺りに思いを馳せていました。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2016-10-31 23:45 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/23330556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 展覧会のご案内 モレ・シュル・ロワンのシスレー... >>