人気ブログランキング |

「Benrathのビール祭り」

先週はデュッセルドルフ近郊のBenrath(ベンラート)と云う町でビール祭りがありました。
a0280569_0155813.jpg

ドイツ・ビールはそりゃ天下一品の上手さなのですが、地方によっては製造法や味が違い好みも分かれます。
私は、偶々この辺の地ビールが好みに合っていて、Pils(ピルツ)と云う日本の一般的なビールに近いものや、
Altアルト(古い)と云われ製造法が古いのでそうネーミングされたデュッセルドルフのちょっと褐色の地ビールも大好きです。

そんな中、このビール祭りにはドイツ中はもとより、チェコ、ポーランド、クロアチア、ベルギーなどからも
代表的なビール醸造所が参加していて、生ビールを提供しているようです。

ビール好きの私としては、地元に行かないと飲めない生ビールとはどんなものかと期待を胸に出掛けました。

ベンラートの駅に着くと大勢の人たちが下車し、期待度は益々広がって行きます。
屋台のテントはもう駅前から所狭しと連なっていて、未だ昼過ぎにも関わらず既に大賑わいの様相です。
人だかりの間を一軒一軒、「フ~ム・・・ドレドレ」と興味深く眺めながら奥へと進んで行きました。

途中、ミュンヘン郊外の修道院が醸造するAndechs(アンデックス)の屋台に気を引かれながらも、歩を進めました。

ミュンヘンにいた頃、「ここのビールは美味しいよ!」と教えてもらって、この修道院まで飲みに行ったことがありました。
小高い丘の上にはレストランもあって大賑わいでした。

ビールはサッパリ系が多いバイエルンでは珍しくしっかりとしたコクのある味わいで、
マースと呼ばれる1ℓ入りのジョッキを一気に飲み干しました。
暫くしたらやたらと酔っ払っていて、「これは一気飲みしたせいだ!」と思っていたのですが、
後から知った処によるとこのビールはアルコール度が普通のビールの倍ほどあるらしく、そりゃ酔っ払うわけです。
a0280569_0165534.jpg

そんなこんなを思い出しながら駅前通りを右に折れると町の広場へと続いて行きます。
ドンドン奥へと進みやっとお目当てに店を見つけることができました。

実はこのビール、以前チェコ・ビールに詳しい人から「これは美味しいだから!」と云ってもらったことがありました。

やはりこのビール祭りで久しぶりに見つけたのだそうですが
名前をすっかり忘れてしまい、今日はそのビールを求めてやってきました。

長ったらしい名前だったので覚えられませんでしたが、多分これ「Staropramen」と云う銘柄です。
屋台の看板には大きく「Das Prager Bier」(プラハのビール)とドンと掲げられています。
a0280569_0173290.jpg

注文しようとカウンターに張ってあるメニューを見ると3種類あるようですが、迷わず代表的な“Pils”を・・・
待つこと楽し3分間、クリーミーな泡が乗った黄金色のビールを手渡されました。

木陰へと移動し、深呼吸をしてから「グビッ!」と一口味わってみました。
「ウ~ン!」上手い・・・ これこれ、これが飲みたかったビールです。

味・コク・キレとも極上、しかも回転が良いのかフレッシュな味わいでちょっと興奮気味です。・・・

一息入れて平静を取り戻すと、人って勝手なもので「次はどれにしようかなぁ~」と良からぬ欲が出てきます。

未だ飲んだことがないポーランドのWarka やクロアチアのKorlovacko、
そして又チェコのStaropramenに戻り今度はDunkelをと正にのん兵衛の屋台めぐりでした。・・・
a0280569_0175239.jpg

お天気も太陽が燦々と照っていて暑いし、もうフラフラの状態で何とか家へとたどり着きましたが、いやぁグッタリでした。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2017-08-09 00:33 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/237490222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「Grafenbergでの競馬」 「久しぶりのザルツブルク」 >>