日本滞在 1. (灘にて)

新年の2日に出発し3週間の日本滞在を追え先日帰ってきました。

今回は先ず兵庫県の灘にある「原田の森ギャラリー」で展覧会と
「印象派を旅する」と題した講演会を開催しました。

会場は昨年改装されたそうで、まだ真新しい感じがします。
a0280569_1355640.jpg

これはムサビ卒業生の兵庫支部が2年毎に開催している展覧会で、
今年が50周年という事もあって招待されました。

ここ数年、甲子園口のギャラリーで2度ほど展覧会を開催したので、
私はすっかり西宮出身の画家?という認識をされているようです。

ガランとだだっ広い会場に展示品のボリュームと言うか大きさが足りず
ちょっと閑散とした感じを受けました。
a0280569_1362240.jpg

a0280569_1363399.jpg

処で、このギャラリーの道路を挟んだ向かいにはレンガ造りの古い教会が建っています。
古い建物でここだけを切り取ったらまるでヨーロッパにいるような錯覚に陥ります。
a0280569_1365583.jpg

気になっていたので時間が出来た隙に覗いて見ることにしました。
正面入り口には「関西学園発祥に地」とあり現在は「神戸文学館」という名称になっていました。
中に入ると元々の礼拝堂を利用して神戸縁の文学者の展示がされていました。

正岡子規を初め谷崎潤一郎などに関する展示され、
その一角は読書が出来る静かなスペースも整っていました。

さて、講演会は40名足らずの参加で会場の一角にプロジェクターを使って行いました。

話す側からすると先ず、熱心に聞いてくれていそうな人や
ウンウンと肯いて共感してくれている人を数人早めに見つけて
なるべくそちらに視線を向けながら話すのがやり易いものです。
この日もアチコチと目を向けたのですが、一番前ド真ん中に陣取った紳士は途中から居眠りをしているし、
応援してくれているはずの身内に目を移すと、こちらは大あくびの真っ最中と暫し焦っていました。

それでも右端に座っていたご夫婦らしき二人は、
反応良く肯いてくれていたので視線は自ずから右よりで進行しました。

時折、時差ぼけの睡魔に襲われながらも何とか好評のうち話し終えることができました。
a0280569_137221.jpg

終了後は場所を移してパーティがあるとかで、促されるまま付いていきました。

三ノ宮まで移動し、とある洋館建ての館へと誘われました。
それにしても雰囲気のある立派な建物です。
a0280569_1374064.jpg

ここは人気のフレンチだそうですが、こちらは立食かと勝手に思い込んでいたので拍子が抜けました。

まぁ日本のフレンチは手が込んでいるし、お味も日本人に合わせた上品なフルコースでした。
特にパンは注文をきいてから焼くそうで、ほんのりと暖かく柔らかい食感は中々のものでした。
a0280569_1381715.jpg

とっぷりと暮れた夜道をほろ酔い気分でボッーとしながら帰途に着きました。







by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-01-26 01:41 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/238240562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本滞在 2. (大阪にて) 「パリのモンマルトル墓地」 (... >>