日本滞在 3. (大阪から伊勢へ)

ムサビ展での講演会が終った次の日は、私の日本滞在中にと得意先が提案して、
あるイベントの打ち上げを企画してくれました。

それは昨年ザルツブルク近郊のGollingと言う町で開催された10周年イベントでしたが、
皆さん其々に良い思い出だったようで、ほんのちょっと前の出来事にも関わらず楽しく思い出を語っておられました。

それにしてもこんな企画を催して頂いて、とても嬉しく楽しませて頂きました。

さて、次の講演会まで一休みなので、伊勢と京都を回りました。
伊勢には特に思い入れはなかったのですが、何となく向かいました。
ここは小学校の卒業旅行で行った以来です。

上六から近鉄特急に乗り込みましたが、これは列車も綺麗だし快適な旅を楽しみました。
a0280569_2016327.jpg

まずは伊勢神宮の内宮へと向かいましたが、改めて行ってみると壮大な敷地で、
周りには木々が鬱蒼と茂った参道をジャリジャリと進みました。
いわゆる天照大神を祭っている内宮までは結構な距離を歩きます。
a0280569_2017209.jpg

a0280569_20174075.jpg

私は神道ではありませんが、この荘厳な佇まいを歩き、やはり日本人として心の故郷のような尊厳さを感じました。
a0280569_20175469.jpg

参拝後は、まるで映画のセットのような「おかげ横丁」も楽しめました。

大勢の人で賑わっていますが、人さえ見なければちょっと江戸時代に
タイムスリップしたような錯覚に陥ることが出来て面白かったです。
a0280569_20182787.jpg

a0280569_20184113.jpg

先ほどの内宮でたくさん奉納されていた、「白鷹」の造り酒屋を発見、滑り込んで試飲をすることに。・・・
a0280569_2019218.jpg

後から隣に来たオジサンがなんだか美味しそうな串をもっています。

「それ、何処で買ったのですか?」・・・「ここを出て3軒くらい右の店で・・・」

ありましたありました、牡蠣やら魚のフライを売っています。

串葦の牡蠣フライを購入し、再び「白鷹」へ・・・昼間っつから上機嫌です。
a0280569_201924100.jpg

松坂牛の串刺しや干物の店とハシゴをして大いに楽しんでいました。
ほろ酔い気分で最後は当然のように「赤福」で仕上げました。
a0280569_20193736.jpg

この日は鳥羽まで移動し、伊勢湾の入り口付近の太平洋の眺めを楽しみました。
流石、海の色も明るく穏やかな感じです。
a0280569_2020455.jpg

旅館の人が言うには、ここは冬でも暖かく夏はクーラーが要らないほど爽やかで住み易いそうです。
a0280569_20201871.jpg

あくる朝、あのサミットで有名になった「賢島」へも足を延ばしました。

サミット会場に選ばれたほどですから、さぞかし素晴らしい所だろうな、と期待しながら向かいましたが・・・

祭りの後は何とやら・・・ウ~ム・・・ちょっと寂れ感は否めません。

それでも会場になったホテルの近くからの眺めは島が複雑に点在していて、人気もなくちょっと不思議な光景でした。(結局は写真も港の一枚しか撮っていませんでした。)
a0280569_20203811.jpg

さあ、気を取り直して・・・京都へと向かうことにしました。





by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-01-28 20:22 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/238249861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本滞在 4. (京都にて -... 日本滞在 2. (大阪にて) >>