人気ブログランキング |

オランダへの小旅行

先日来よりオランダのアーネムやフェンロへ行く機会があったのですが、
かねてより噂に聞いていたIQOS用のHEETSでメンソールが販売されていました。

これは何故かドイツでは販売されていませんが、
試してみると程よい強さのメンソールで気分転換にはちょうど・・・
時折これを吸っていました。

そんな事もあって今回は、このメンソールを買いにオランダへ行く事にしました。

それだけではつまらないので、今回はフェルメールとゴッホをコンビネーションさせるという
全く次元の違うテーマで不謹慎な考えを巡らせていました。

まずはフェルメールを観るためデン・ハーグのマウリッツハイス美術館に向かいました。
ここは大昔に訪れたことがあったのですが、小さな美術館の印象でした。
a0280569_0334121.jpg

何年か前に大きなフェルメール展があった時に改装したのでしょうか、
周辺はモダンな感じに様変わりし、入り口も地下に新しく設けられていました。
a0280569_034738.jpg

結構大勢の人たちが訪れていましたが、改装されたお陰で中々スムーズに入ることができました。

先ずは荷物をロッカーへと向かいましたが、木製の壁は曲面でそこにデコボコのスリットが入っていて、
大小様々な大きさのロッカーが、まるでレリーフの様に設置されています。

オランダ人って時々独特の素敵なセンスを持っていて、ここでもフムフムと感心をしながら眺めていました。
a0280569_0344125.jpg

入り口が地下になったので結構な階段を上がり展示場へと進みました。

ここの目玉は何といってもフェルメールの「真珠の耳飾の少女」が有名で、
映画にもなったせいか以前よりも大勢の人たちが訪れてきています。
a0280569_0351033.jpg

勿論これも見たかったのですが私の興味は「デルフト眺望」をもう一度じっくり観賞したいと思っていました。

レンブラントを初めオランダ絵画の名作の数々見ながら歩を進めました。

途中、風景画の部屋では似かよった風景画が並んでいますが、
一際「オッこりゃ良い絵だなぁ!」と思い近づくとそれはホッベマの作で「農家のある風景」でした。

同じような絵ですがやはり力のある絵描きの作品は別格です。
a0280569_2345079.jpg

やっと一番上の階にたどり着き、お目当てのフェルメールとの対面です。

正面の真ん中に飾られた「真珠の耳飾の少女」には大勢の人たちが見入っています。
その前には木製で半円形の手摺がガードしています。
たしか以前にはこんな手摺は設置されていませんでした。
a0280569_0355146.jpg

反対側の壁にお目当ての「デルフト眺望」が掛けられています。
横幅が120cmほどでしょうか以前に見たときよりも大きく感じました。
a0280569_036137.jpg

大きくとられた空の下には教会を背景に運河沿いのデルフトの町並みが描かれています。
丁寧に描きこまれた建物や船と共に、民族衣装を着た人たちが点在していて、その当時の生活感も伝わってきます。
a0280569_036346.jpg

a0280569_0365940.jpg

じっくりと端から端まで見回し、タップリと観賞しました。

さぁこの描かれた場所を探しにデルフトへと向かう事にしました。




by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2018-06-12 00:45 | オランダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/238575874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オランダへの小旅行-2 (デルフト) ラトル ベルリン・フィル ケル... >>