オランダへの小旅行 - 3 (マルケン島)

デルフトを後にしアムステルダムを目指しました。

途中のライデン辺りはチューリップ畑で有名ですが、
このシーズンは刈り取られたあとで、延々と畑が続いているだけです。

それでも時折、この季節の花を栽培していて車窓からの眺めを楽しませてくれました。

久しぶりのアムステルダムではこんなに観光客がいたかなぁと思うほど、大勢の人たちで賑わっています。
a0280569_0413290.jpg

ちょっと疲れたので運河沿いのカフェで一息入れました。
a0280569_033374.jpg

さて、駅構内を抜け裏側にあるバス・ターミナルを目指してコンコースを歩きましたが、
ここも最近改装されたようで綺麗になっています。

お店もお洒落なショップが入っていて楽しい雰囲気です。
キオスクですらお洒落な内装でこれは良いな・・・と感心していました。

さて、マルケン島には路線バスで行けるのですがここは元々は海に浮かぶ島でした。

今は堰き止められてマルケン湖と名前が付いていて、
半島の端から長い堤が付けられているのでバスで行く事ができます。

バスは出発して直ぐに海中に掘られたトンネルに入ります。
トンネルを出ても途中からは堤の高さが道路よりも高い位置にあって、
こりゃ多分水面よりも低い所を走っているのだなぁと感じました。

一本道を抜けるとマルケン島の中心部に到着しました。
もうここから川を挟んで可愛い街並みが現れます。
a0280569_0334915.jpg

a0280569_0341635.jpg

跳ね橋を渡り民家が建ち並ぶ住宅街に入っていきました。
a0280569_0344024.jpg

建物は木造が多く、外壁は緑、屋根はオレンジ色の瓦、
屋根や窓枠は白で縁取りをされ絶妙なコントラストを醸しだしています。

時折、レンガ造りの家もありますが、屋根や窓枠の雰囲気は同じなので何の違和感もなく溶け込んでいます。
a0280569_0351597.jpg

運河に掛かる小さな跳ね橋、長閑な風景にノストラジックな家々・・・
小さな島ですが、その感じの良さに隈なく歩いてみました。
a0280569_0354428.jpg

a0280569_036840.jpg

a0280569_0362150.jpg

住宅地を抜けると小さな港へと出ました。

この港に面してレストランにお土産やと、沢山のお店が軒を連ねています。
こんな小さな島ですが訪れている人は多く、ちょっとした観光地です。
a0280569_0365337.jpg

a0280569_037149.jpg
a0280569_0373691.jpg

さて、小腹も空いてきたのでお昼と思ったのですが、どの店も満席状態・・・

こりゃフェリーに乗って向かいのフォーレンダムに行ったほうが落ち着いているかもと
乗り込みました。
a0280569_0375683.jpg

フェリーにも大勢の人たちが乗り込みました。

それでも海風を受けると、こんな北の暗い海ですが心地よいものです。

ほんの30分ほどの船旅でしたが、フォーレンダムの港へ到着。
a0280569_0422470.jpg

a0280569_042388.jpg

a0280569_042513.jpg

こちらの方が大きな港ですが、その分人も多くごった返しています。
それでも街並みは可愛らしくどの店も良い感じです。
a0280569_0431685.jpg

a0280569_0433423.jpg

a0280569_043475.jpg

町外れには砂浜も広がっていて、もう水遊びをしている気の早い人もいました。
a0280569_044173.jpg

a0280569_0441513.jpg

レストランはここでも満席状態なので、屋台で一応有名なニシンのマリネでも食べることにしました。

屋台は二軒並んでいましたが、まぁ適当に空いている方で頼みました。
生魚に煩い日本人の私にも玉ねぎが良く利いたニシンは新鮮で美味しく頂きました。
それにしても数の子はどうしているのでしょうか?・・・
a0280569_0443086.jpg

この後、チーズで有名なエダムへも寄ろうかと思っていましたが、
歩き疲れたので、もうアムステルダムへ帰ることにしました。

ああ疲れた・・・今夜は焼き鳥屋にでも行こうかな・・・



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-06-14 00:47 | オランダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/238579602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「バーデン・バーデン、クララの... オランダへの小旅行-2 (デルフト) >>