私の好きな湖 (ドイツ・ニュース・ダイジェスト 8月のコラムより)

a0280569_2235515.jpg

海から遠い内陸部に住んでいる者にとっては、その代わりとして湖は気持ちが潤いホットする貴重な存在です。

特にミュンヘンに居た頃は南ドイツからオーストリア周辺に数多く点在するあちこちの湖を頻繁に訪れることができました。

どこも素敵だったのですが、そんな中から印象に残る好きになった湖が4箇所あります。

1つ目はガルミッシュからバスで西に30分ほど行った所にある「アイプゼー」です。

ここはツークシュピッツが間近に迫り、水はエメラルドグリーンに透き通り神秘的な光に輝いています。
一周6kmちょっと。右回り左回りどちらも若干の高低を楽しみながら移り変わる景色を満喫できます。
a0280569_2236450.jpg

a0280569_22361877.jpg

2つ目はまるで半島の様にオーストリアへ食い込んでいるベルヒテスガーデンの南にある
縦長のケーニヒス湖の一番奥から更に300mほど下った所にあるオーバーゼーです。
勿論ケーニヒス湖も充分素敵で山々に囲まれ、緑色の水は透明度も高く豊かです。
a0280569_22371335.jpg

遊覧船に揺られよくコダマするポイントではトランペット演奏でその響きを聞かせてくれますし、
途中で立ち寄るバルトロメー教会も趣のある建物です。

さらに船を乗り継ぎ、終点からこのオーバーゼーまでは徒歩で登りますが、
この途中の山道が原生林のようでその不思議な景色を楽しむことができます。
a0280569_22373662.jpg

a0280569_2237528.jpg

a0280569_22381790.jpg

3つ目は湖水地方で有名なザツルカンマーグートの一番奥にあるゴーザウ湖から
更に奥に入ったヒンター・ゴーザウ湖でしょうか。

ゴーザウ湖自体すでに山々が間近に迫りエメラルドグリーンの透き通った水とのコントラストが見事で、
透明度が高くダイバーが多く訪れています。
a0280569_22384136.jpg

ここから2kmちょっとの所にある小さな湖ですが、ここまで来ると人影も少なく、
山々に囲まれた素敵な景色を楽しめます。
運が良ければ不定期で運行している馬車で向かうこともできます。
a0280569_2239238.jpg

a0280569_22392467.jpg

最後は南チロル、今はイタリア領になっているトブラッハ(ドビヤッコ伊)から
バスで西に5kmほど行った所にあるブライエス湖です。
ここも透明度の高いやや緑がかったエメラルドグリーンで山々の迫り具合は相当なもので
まるで湖から山がせり出しているかのようです。
アップダウンの激しい遊歩道もありますが、半周分までで終ってしまいます。

貸しボートも浮かんでいますが木製のクラシックな物なので、ちょっとしたノスタルジーにも浸れます。
a0280569_22394773.jpg

a0280569_2240114.jpg

唯、これらの湖は夏場、大勢の人たちが訪れ賑わっていますので、狙い目は秋です。

紅葉と神秘的な湖のコントラストは静寂の中に別世界を味わうことができます。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-08-20 22:40 | コラム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/238716926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デュダメルとマーラー室内管弦楽... 晩年のブラームス (ウィーン)... >>