人気ブログランキング |

アンドレ・プレヴィンさんの思い出

a0280569_20215081.jpg

2月28日ですから1ヶ月近く前になりますが、
また一人偉大な音楽家アンドレ・プレヴィンさんが亡くなりました。

彼はたぐいまれな才能を持った音楽家で、
ジャズ・ピアニスト、作曲家そして指揮者として活躍されました。

ここまで多才な音楽家は他にバーンスタインくらいしか思いつきません。

戦前のベルリン生まれで、ロシア系ユダヤ人だったため一時フランスへ逃れ、
9歳の時に一家でアメリカに亡命したそうです。

まぁ一般的に考えるとこれは、とても辛い運命なのですが、
もしドイツに留まっていたら全く違ったタイプの音楽家になっていたかも知れませんね。
アメリカ西海岸で育った彼は若い頃からピアノが滅法上手かったそうで、
何枚かジャズの伴奏をしているレコード録音が残っていますが、
軽やかなタッチの、もうメチャメチャ上手いピアノを弾いています。

映画音楽の作曲や編曲にも長年携わり、
有名なところでは「マイ・フェア・レディ」や「ポギーとべス」が上げられます。

その後、指揮者としてデビューするのですが、この映画に携わっていた経験が
彼の演奏スタイルに大きな好影響を与えているようです。

それは、物語性のある音楽において、その情景描写は天下一品でした。

彼の演奏に最初に接したのは学生時代に買った「くるみ割り人形」のレコードでした。

これはまぁジャケットに描かれた絵が綺麗で、思わずジャケ買いをしたのですが、
演奏は飛びっきり良い感じで未だに愛着のあるレコードです。
a0280569_20241022.jpg

実際の演奏会では、ケルンで聴いたプレヴィン・トリオ、
ベースにレイ・ブラウンらが加わったお洒落なジャズの演奏でした。

休憩後、演奏が始まる前に指慣らしなのでしょうか軽く一節を弾きましたが、
それはラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」のメイン・テーマでしたが、
ハッとするほど円やかに弾み途中からジャズ風に崩されて行ったと思うとあっけなく終ってしましました。

「エェ~もっと弾いてくれたら良いのに・・・」と惜しみつつも耳には至福の瞬間でした。

その後、ルッェルンで聴いたのもトリオですが、
今度はムターとハレルが加わったクラシックのトリオでした。

モーツァルトとラヴェルの三重奏の後、最後はブラームス1番の三重奏、
このブラームス若書きの作品は大好きなのですが、ピアノのリードで始められた2楽章、
ムターの甘い旋律が絡み始めたその瞬間、背中にゾクッとする感覚と共に目頭に熱いものを感じました。

終演後、夕闇に染まった湖の風景と共に、生涯忘れられない演奏でした。

まぁあの頃はムターと結婚する直前で、そりゃ仲むつまじい雰囲気で、ハレルがかわいそうなくらいでした。

録音ではやはり先ほどの「くるみ割り人形」を初めチャイコフスキーの残り2つのバレエ音楽や
ウィーン・フィルと録音したメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」、
それにリヒァルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」や
「バラの騎士」などからの組曲は素晴らしく、時々取り出して聴いています。

それにムターと共演したチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は最高の演奏です。
ヴァイオリン、指揮者、オケ、録音と申し分なしで、四拍子揃った名盤です。
(オイストラッフの名演が霞むほど、この曲の決定盤と言っても良いほどです。)
オマケについているコルンゴールドの協奏曲も1楽章など怪しくも甘い雰囲気が醸し出せれた素敵な演奏で、
さすが長年に渡って映画音楽に携わっていただけあって表情豊かな演奏です。
a0280569_20243382.jpg

a0280569_20244820.jpg

a0280569_2025059.jpg

a0280569_023264.jpg

これほどの音楽家は、今後なかなか世に出てこない事でしょう。・・・
プレヴィンさんの安らかなご冥福をお祈りしています。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-03-26 20:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/239168756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ペペ・ロメロ と リアル オー... セザンヌを訪ねて 7  ビベミ... >>