人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オスナブリュックを訪ねて

DB(ドイツ国鉄)と各都市の公共交通機関がタッグを組んで、昨年は市内交通の定期で州内が乗り放題でしたが、

今年は更に思い切ったキャンペーンを打ち出しました。


それは6月から8月までの3ヶ月間、何と一月9ユーロで全国の交通機関が乗り放題というものです。

もっともICEやICといった特急には乗れませんが、ローカル・エクスプレスを乗り継いで行けば、

時間は掛かるけど全国どこへでも行く事ができます。


更に驚くことに市内の定期でも、一部の格安定期を除いて同じ条件が適応されます。

しかもこの間、年間購入をしている定期代は9ユーロしか引き落とされません。

この休暇シーズンに何ともありがたい庶民の味方です。


唯、始まって直ぐにどの電車も、もの凄く混んでいるとの報道がありました。


そんな訳で如何しようか迷っていたのですが、お天気も良かったし様子見で中央駅へと向かいました。

目指すはオスナブリュックで、娘が推薦していました。


まぁ駅で混んでいたら諦めようと思いつつも、ホームは意外と空いていたので行く事にしました。

ところが次の空港駅から大勢乗り出し、途中の駅でも次から次からと乗客は増え、

とうとう立っている人たちもいるほど混みあいました。

途中、信号停車などで待たされ2時間5分の予定が、3時間ほど掛かってしまいました。

 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23372211.jpg

やっとオスナブリュックの駅に着き、街中へと歩を進めました。

ガランとした商店街を抜け、この街で一番大きな教会の広場へ出ました。

中を覗くとちょうどミサの真っ最中だったので、静かに佇んでいました。

それでもステンドグラスも綺麗だったし、荘厳で厳かなパイプ・オルガンの音も聴くことがができました。

 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23373729.jpg

教会を後にし旧市街地へと歩を進めました。

市役所がある広場も趣があります。


更に奥へ進むとパラパラと木組みの伝統的な家が点在しています。

ファサードには彫刻で装飾をされ中々の雰囲気を醸しだしていました。

 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23380624.jpg
 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23375298.jpg
 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23381835.jpg

一軒、素敵なホテルになっている建物があり、ロマンチック・ホテル・ヴァルハラと書かれていました。

「ヴァルハラ」何処かで聞いたな?と、

そうそうワグナーのリンク「神々の黄昏」に出てきて最後炎上する城だなと思い出しました。

 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23383353.jpg

さて、城門まで進みこれから「植物園」を目指そうと思っていたのですが、歩き回って喉がカラカラ・・・

キオスクで飲み物と探したのですが何処に見当たりません。


何だか疲れてきて無性に飲みたい一心になりました。


そうだ、来る途中「Gilde」と書かれたテントを張っていたレストランを思い出しました。

 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23384885.jpg

実は、もうその時思わず入ろうかと思っていたのですが、まだ時間も早かったので我慢をしていました。

さすが、ニーダー・ザクセン州、あのハノーバーのビール「Gilde」があるではありませんか・・・

かつて毎年ハノーバーで大きなイベントがあって、その時いつも飲んでいたビールで、もの凄く美味しくとても気に入っていました。


よし、行こうと急に早足になり向かいました。

お店はビア・ガーデンもあり奥のこじんまりした庭に陣取りました。


メニューが来た時には、間髪をいれず「Gilde」の大きい方と注文。

食事を注文する前にはグビグビと喉を潤しました。

まぁなんと美味しいこと・・・若干ビターだけれど嫌味が無いし、

しっかりとした味わいながらスッキリとした喉越しです。

食事が出てくる頃には2杯目を頼んでいました。

 オスナブリュックを訪ねて_a0280569_23390187.jpg

いやぁ~いい気持ちになって帰路に付きましたが、帰りの電車はもっと混雑しカオス状態でしたが、

今日は「Gilde」が飲めたのでそれが救いでした。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

by Atelier-Onuki | 2022-06-09 23:43 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://geigenberg.exblog.jp/tb/241477796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ベルリオーズのこと (6月の... シューベルトの交響曲は番号がや... >>