人気ブログランキング |

ゴッホ-3 (アルルへ)  [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト 8月のコラムより ]

a0280569_22162141.jpg

パリで多くの刺激を受けたゴッホはいよいよ新しい絵画運動のユートピアを夢見てアルルへと旅立ちます。

そもそも何故アルルを選んだのか分からなかったのですが、
どうも浮世絵に大きな衝撃を受けた彼は、本当は日本へ行きたかったそうです。

唯、当時の人たちにとって日本は遥か彼方の異国でした。

ゴッホは浮世絵には影が描かれていないのに疑問を抱き、
それは太陽が真上から照っているので人物などの影が真下に来る為だと結論付けました。

そう言われて繁々と浮世絵を見直してみると、ゴッホの言う通り確かに影が描かれていません。
まぁ凄い洞察力を持っていたのでしょうね。

彼にとって日本は太陽が燦々と輝く国だと思っていたようです。

そこでパリから行ける範囲ではプロヴァンスも、確かに太陽は燦々と輝いています。

しかし彼がアルルに到着したのは2月で雪が積もっていました。

さぞかし想像していた景色とは違ったと思いますが、そこにも日本的なモチーフを見つけています。
最初に描いた「雪景色」では広重が描いた雪の「沼津」を意識しているようですし、
春に描いた「花咲く桃の木」にははっきりとした浮世絵へのオマージュが見て取れます。
a0280569_22165663.jpg

a0280569_22171497.jpg

ゴッホは冬にパリからアルルに来ましたが、私は夏に反対側のマルセイユから向かいました。

途中、丘陵が広がる草原はカラッカラッに乾いて茶褐色に枯れています。
その所々にはゴツゴツとした白っぽい岩が点在していて、まるで秋吉台のようです。

生えている木々はカサカサとした松が多く、「フムフム、この景色を描こうとすると、
確かに短いタッチでゴリゴリと描くしかないなぁ~」とセザンヌの描き方を思い浮かべていました。

列車はアルルへ到着、ヨーロッパに何処にでもあるような田舎の駅です。

ローヌ川に沿って街中を目指しました。

暫くして直ぐに城門の手前のロータリーに出ますが、ここで振り返り、プ
ラタナスの広場越しに家並みを感慨深く眺めていました。

そうここにはゴッホが借りた「黄色い家」が建っていた場所です。

もうこの家は建て替えられましたが右側奥に掛かっている鉄道橋は当時のままで、
彼の描いた風景に思いを馳せていました。
a0280569_22173182.jpg

いよいよ「夜のカフェテラス」を描いたフォーラム広場を目指します。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-08-20 22:17 | コラム | Trackback | Comments(0)

ゴッホ-2 (パリ) 〔 ドイツ・ニュース・ダイジェスト 7月のコラムより 〕

a0280569_00053703.jpg

1883年2月、33歳のゴッホは何の前ぶれもなく、

パリで画廊の支店長をしていたテオのアパートに突然転がり込んできました。


その後、テオの懸念は的中し、ヴィンセントは絶えず近所の住民とトラブルを起こしてしまいます。


手狭になったこともありモンマルトルの麓にあるルピック通り(RueLepic)の

アパートへ引っ越しますが、何と右隣のアパートにはドガが住んでいました。

a0280569_00065499.jpg

これは偶然なのかテオがわざわざここを選んだのかは分かりませんが、

こんな偉大な画家が同時期、隣り合わせで住んでいたなんて考えるだけでワクワクしてきます。

a0280569_00073670.jpg
a0280569_00072357.jpg

33歳・・・図らずも私が初めてウィーンに移り住んだ年齢と同じで、

これから先、何かが約束されている訳でも無く期待と不安が混沌と交じり合った

心境だった事と手に取るように理解が出来ます。


彼がパリに行った頃、印象派の画家たちは皆すでに大家として活躍していましたが、

むしろ過去のスタイルになろうとしていました。


自然や光を感覚的に捉えるのではなく、科学的な分析をもとに描き始めたスーラーや

シニャックたちが台頭し始めていました。


それでも当初ゴッホは印象派の影響を強烈に受け、今までの絵とは見違えるほど明るくなり、

タッチも短いストロークで描く割筆画法を取り入れ、もの凄い勢いで吸収していきます。


この頃描いたモンマルトルの風景も未だ長閑なもので、

畑もあったしムーラン・ド・ラ・ギャレットの風車の周りには建物が殆ど建っていません。


通っていたコルモン画塾ではロートレックたちとも知り合い、

ここでも大いに刺激を受けたようです。


彼らは毎日の様に議論をし、新しい手法の絵画への思いを語り合っていました。


そんな折、ゴッホはクリシー通りのレストランで新進気鋭の画家たちを集めた展覧会を画策します。


並々ならぬ意欲で取り組み、ロートレックを初めベルナール、

そしてカリブから帰国していた当時まだ無名だったゴーギャンとも知り合います。


浮世絵に出会ったのもこの時期でした。


彼が浮世絵から多大なる影響を受けたのは、よく知られていますが、

その思いが何故かプロヴァンスへと向けられて行きます。




# by Atelier-Onuki | 2019-07-25 00:32 | Trackback | Comments(0)

ゴッホ-1 (ヌエネンからアントワープへ) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト 6月のコラムより ]

a0280569_23153017.jpg

父親が牧師をしていたヌエネンにいたゴッホは画家になる思いを父親から渋々許されるようになります。

ここでは、農民や労働者への共感と敬意をもって、彼らの肖像をたくさん描きますが、集大成としての代表作は何といっても「ジャガイモを食べる人たち」でしょう。
a0280569_23155092.jpg

しかし、そのモデルになった娘さんとの良からぬ噂が立ち始めたり、
父親が亡くなったこともあり、ヌエネンには居辛くなってしまいました。

ここで描かれた最後の絵は「開かれた聖書の静物画」と題されています。
a0280569_23161943.jpg

カルビン派と言うキリスト教の中でも厳格な宗派だった父親と自らもその精神を受け継ぎ、
伝道師して働いたことがありますが、彼の極端なまでの言動により皆からそっぽを向かれ挫折をしています。

この絵では、父や聖職者として生きることへの決別を表現しています。

開かれた大きな聖書の脇には、キリスト教の象徴の一つでもある燭台が置かれていますが、
ロウソクの火は消されています。

机の手前にはゾラの小説「生きる喜び」が置かれていますが、
この聖書の教えとは対極の自由に生きる世界観が描かれていて、
画家としての決意を表明しているようです。

もがくフィンセントに対し、すでに経済的援助をしていた弟テオからアントワープのアカデミーへ行く事を勧められます。

ここではアカデミックな技法をみっちり教えられ、初めて見るルーベンスの絵から、
オランダの画家たちよりもずっと明るく力強い絵に感銘を受けています。

あの「フランダースの犬」でも登場する大聖堂にある「祭壇画」も見たのでしょうか・・・
(膨大な大作を残したルーベンスですが、あの2枚の「祭壇画」に関してはえらい気合の入った最高傑作だと思います。)
a0280569_23164250.jpg

しかし、ここでの生活も酷いもので、絵には没頭していたようですがテオからの仕送りは
殆どが画材とモデル代、タバコそしてアブサンにと使われ、冷たいパン以外は殆ど食べていなかったようです。

そんな中、パリに居たテオに宛てて何度も「パリへ行きたい・・・」
旨の手紙を送っていますが、テオは難色を示しています。

そりゃ今やゴッホといえば美術史上燦然と輝く凄い画家に違いありませんが、
もしこんな神経質な変わり者と一緒に暮らすなんて想像をするだけでもゾッとしてしまいます。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-06-24 23:17 | Trackback | Comments(0)

「ウィーン芸術週間」  (ドイツ・ニュース・ダイジェスト5月のコラムから)


a0280569_00423866.jpg

よく「ヨーロッパで何処がお勧めですか?」と訊かれることがあるのですが、

それは何に興味があるのかで違ってくるので答えるのに苦労をします。


唯、もしその人がクラシック・ファンだったら迷わずウィーンを一押しします。


音楽の種類も多岐に渡っているので一概には言えないのですが、

オペラも含め平均値が飛びぬけて高いからです。


9月から6月までのシーズンは年間を通して演奏会やオペラが組まれていますが、

特に5月半ばから6月一杯まで催される「ウィーン芸術週間」の期間中は力の入った

演奏会に外来のオーケストラやソリストなど大物を呼ぶことが多いのです。


オペラもプレミエ(新演出)が多く組み込まれたり、

歌手や指揮者も実力のある人たちを招いてレヴェルの高い公演を催しています。


まぁここ数年は大物の指揮者やソリストが激減してきましたが、

それでもウィーン・フィルを聴くだけでも行く価値はあると思います。


彼らの定期演奏会は月に一度程度、土曜と日曜の昼間に行われます。

(この期間中はエクストラで別の日にも演奏会が組まれることも多いです。)


夜には彼ら本来の仕事であるオペラの公演があるので、自主的に始められた演奏会は昼間となりました。


そんな訳で、ウィーン・フィルを聴いたその日の夜にオペラや外来のオーケストラを楽しむことも可能なのです。


a0280569_00535898.jpg

私の体験では、11時から小澤さんとウィーンフィルの演奏会を聴いて、

夜にはムーティとフィラデルフィアの演奏会と言う贅沢な一日を過ごしたことがありました。


また極々偶に、ウィーン・フィルとベルリン・フィルという世界最高のオーケストラ2つを

同じ日に聴けるなんて夢のようなこともあり、これはウィーン以外では考えられません。


その日は午前11時からラトルでベートーヴェン・チクルスの最終日

当然ながら「第9番」の交響曲が演奏されましたが、

同日夕19時半からはアバドとベルリン・フィルによる演奏でマーラーの「7番」を聴きました


これはアバドがベルリンフィルの音楽監督として登場する最後の演奏会で、

かつて追っかけをしていたと思しき、ご婦人たちの熱気で溢れかえっていました。

a0280569_00454494.jpg


会場はムジーク・フェライン(楽友協会)とコンツェルト・ハウスが隔年で担当会場となります。


気候も一番良い季節ですし、昼間はカフェ巡り、夜、演奏会やオペラに行かない日は

グリンツィングのホイリゲで一杯傾けるのもとても気持ちの良い瞬間です。


# by Atelier-Onuki | 2019-05-22 00:55 | コラム | Trackback | Comments(0)

セザンヌを訪ねて 8  番外編 「アヌシー湖」 (ドイツ・ニュース・ダイジェスト 4月のコラムから)

a0280569_0261159.jpg

かつて4年毎にジュネーヴで大きなイヴェントがあって、準備の為に長逗留をしていました。

長い時は2ヶ月にも及んだので、週末は休もうと決めました。
そんな折、「アヌシーは良い所だよ!」との情報を得ました。

ジュネーヴからフランス側へ1時間足らずとのことなので行ってみる事にしました。

街はアヌシー湖から引かれた疏水沿いに連なり、石作りの家並みは情緒豊かでとても素敵なところでした。
a0280569_0263639.jpg

湖も水質が改善されヨーロッパ隋一の透明度だそうです。

それから何年かして私の好きな絵の一つセザンヌが描いた「アヌシー湖」を思い出しました。

「これは何処から描いているのだろうか?」と調べた処、対岸の小さな村タロワールで描いたようです。

彼は病気療養のため風光明媚で空気の良いタロワールを勧められたようで、
修道院あとに作られた“Abbaya de Talloires”というホテルに滞在しています。
a0280569_027111.jpg

a0280569_0272897.jpg

唯、ここは何もない小さな村なので、彼はそれほど気には入らず
「早くエクスへ戻りたい!」と洩らしていたようです。

描かれた場所を探すべく湖側の庭を歩いてみました。
対岸に見える浮島には確かにセザンヌが描いたシャトーが見えます。
a0280569_0274752.jpg

隣のホテルには芝が敷かれた庭があって、どうもこの位置あたりかなという場所をみつけました。
左手前には、ドンと描かれた太い木の幹もちゃんとあります。
a0280569_0285282.jpg

セザンヌの絵では、シャトーは実際に見えるよりも近くに捉えているようで、
その凛とした風景のなかに静寂と堂々とした落ち着きを与えています。

手前の水面は静かながら力強い垂直の線で映りこみや透明度を表現しています。

山々は簡素化されたタッチで遠景であることに留め、中央のシャトーは力強い線で
アクセント付けられメインの被写体である事を主張しています。
a0280569_0294426.jpg

この絵を観たくて調べた処、ありましたロンドンのコートールド美術館に・・・

ここはキングズ・カレッジ内のサマセット・ハウスの一角に美術館として併設され、
美術史や保存方法などの研究の役目もあるそうです。

それほど大きな美術館ではありませんが、所蔵作品は目を見張るような名作揃い・・

2階には印象派の画家たちが飾られ、
その奥にはセザンヌの部屋として彼だけの作品が6枚展示されています。
a0280569_03052.jpg

a0280569_0301967.jpg



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-04-24 00:35 | コラム | Trackback | Comments(0)