カテゴリ:チェコ( 6 )

「マリアンスケ・ラーズニェ」という街で ・・・

先日の10月3日はドイツ統一記念日で土日をあわせて三連休だったので、
バイエルン・チケットを最大限利用して出かけました。

バイエルン州は大きいのでこの州の範囲なら乗り放題のチケットはとても有効です。
それでドイツとチェコの国境まで行き、そこからはチェコのローカル線に乗り換えますが、
さすがチェコはまだ物価も安く、電車の切符などは驚くほどの料金です。

国境近くCheb(ヘプ)という風変わりな名前の駅で乗り換えて目指すはMariànske Làzne(マリアンスケ・ラーズニェ)という街です。

この街のことは会社の近くにあるバス観光会社が時々ツアーの宣伝をしていて、ちょっと気になっていました。

バス会社が募集する行き先では全く知らない所が良くあるのですが、以前も闇雲に乗ってみたら、
さすが良くリサーチされていて中々見応えのある所へ連れて行ってくれました。

それとここは温泉保養地でゲーテやショパンもパリへ行く途中で訪れているのを、何処かで読んだことがありました。

この近くのKarlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)と云う保養地にはベートーヴェンも行っていますので興味があったのですが、
今回は見送りました。

このマリアンスケ・ラーズニェとやたら長ったらしい名前の街は中央に広大な公園が丘陵に沿って広がっていて建物がそれを囲むように連なっています。
a0280569_2124095.jpg

鬱蒼とした木々に色とりどりの花々で飾られた公園がドーンと中央にあるので何処から見ても潤いがあって、
保養地ならではのしっとりと落ち着いた雰囲気です。
a0280569_213867.jpg

丘陵の一番高い所には大きなホテルが広場を囲うように並んでいて、
中央の一番大きなホテルには前にはゲーテの銅像がドンと置かれているので多分ここに宿泊したようです。
a0280569_2132911.jpg

それにしてもこの建築スタイルはどことなくエルミタージュを思い起こさせたり、
部分的にはウィーン風の塔が四隅に建っていたりで東西の文化が交じり合っているのを感じさせます。
a0280569_2135473.jpg

この直ぐ下の公園内には大きな温泉施設があって、至るところで温泉を飲むための蛇口が設置されています。
a0280569_214183.jpg

a0280569_2144645.jpg

ここでは温泉に浸かるよりも飲むのが主流のようで、その為の器もたくさん売られています。
ちょっと急須に似た形をしていますが注ぎ口がニュ~と長くそこから飲むようです。
a0280569_215154.jpg

たぶん普通のカップなんかで飲むとイオウの匂いがキツイのでしょう。
事実、私も手にとってちょっと試してみましたが、「マズッ!」の一言でやめてしまいました。

公園を抜け、ショパンが宿泊した宿屋も訪れてみましたが、部屋は閉まっていたので、その雰囲気だけを感じとっていました。
a0280569_2153011.jpg

a0280569_2154790.jpg

a0280569_2161091.jpg

紅葉が見事な公園でボーッとした後は今宵の美味しいビールが楽しみです。
a0280569_218069.jpg


地元料理といってもさほどユニークなものはなく、ドイツ辺りと似かよったものなのですが、
お味はさすがハプスブルク時代の文化を受け継いでいるので中々美味しいものです。

それに何といってもビールの上手さは天下一品です。
今宵のビールはBudweiser(ブドヴァイゼル)であのアメリカのバドワイザーが名称を真似した、
本家の方で味は似ても似付かぬ正真正銘のピルツ・ビールです。

もう前菜を食べ終わるまでもなく、一気に飲み干してしまいました。

チェコと云えばビールで、ワインはスロヴァキアと云うのが一般的に知られています。
しかしチェコにも美味しいワインがあるのですが、生産量が少なく輸出もしていないのであまり知られていません。

何時ぞや高円寺駅近くの喫茶店だったか我が師匠でチェコ音楽の第一人者だった佐川吉男先生と久しぶりにお会いできた折に
「プラハで飲んだワインが美味しかったですわ!」と話したことがありました。

「ちょっと待っていて下さい。」と先生はどこかへ・・・
暫くすると「これ2本だけですけど・・・」とワザワザご自宅まで戻ってチェコ・ワインを持って来て下さいました。

まぁ優しい先生で学生時代からご自宅にお邪魔したりして可愛がって頂いていたのですが、これには恐縮至極でした。

なんでも日本では池袋の「西武百貨店」だけが扱っていたそうです。
(昔のことなので今は未だ扱っているのか分かりませんが。・・・)

メインの料理が運ばれてくる辺りでは当然ながらワインを注文しました。
グラス・ワインでお店お勧めのローカル・ワインを適当に頼んだのですが、新しい瓶ごともって来てグラスに注いでくれました。

何時ぞやプラハへ行く飛行機の中でもグラスが先に配られて、
ピルゼンの大瓶を持ったスチュワーデスさんが一人々に注いで回っていたのが懐かしく思い出されました。

未だ、こんなところにも東欧時代の節約していた名残を感じさせ、何だか微笑ましく暖かさすら感じました。

ほろ酔い気分の中、陽はトップリと暮れて行きました。
a0280569_2185582.jpg

さぁ明日は超久しぶりにバイロイトにでも寄ろうかなぁ~。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2014-10-10 02:18 | チェコ | Trackback | Comments(0)

ついでにブラチスラヴァも・・・

この処、プラハの話しが続きましたが、この際ついでにブラチスラヴァでの出来事もご紹介させて頂きます。

これは母と行った時ですが、実は他にも叔父と知り合いの染色家の方も一緒の四人での旅行でした。
デュッセルドルフを出発しウィーン、ブタペスト、そしてブラチスラヴァを経てプラハへ入る日程でした。

この頃は共産圏だったのは既に書きましたが、チェコも未だチェコスロヴァキアと云う一つの国でブラチスラヴァはスロヴァキアの首都でした。
a0280569_23572035.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「憧れのブラチスラヴァは」

この年は水墨画の叔父と、親しくしている染色家の二人展をデュセルドルフで開催しました。

展覧会も終わり母を交え四人で旅行に出かける事になりました。
この頃は三都夢紀行とか言ってウィーン、ブタペスト、プラハとかつてのハプスブルク家時代の三都市が、
旅行のブームで我々も出かけてみようと言う事になりました。

デュッセルドルフから夜行に揺られ楽しい旅が始まりました。
懐かしいウィーンでは当然ながらオペラやコンサートを楽しみ、ブタペストでは一度行ってみたかったゲレルト・ホテルの温泉に浸かったり、
眺めの素晴らしいヒルトン・ホテルで過ごしました。
ブタペストからはローカルな電車に揺られ一路プラチスラヴァへと向かいました。
当時は未だチェコも共産圏で電車も駅も,それに路線も手入れが行き届いてなくて、
所によっては草が茫々生えているヒョロヒョロの線路をお構い無しに進んで行きました。

プラチスラヴァはウィーンからたった六十キロ程ドナウを下った所にありウィーンに居た頃も一度は行ってみたいなあと思っていました。

春になりお天気の良い日にはグリンチィングからウィーンの森を抜けカーレンベルクという小高い丘へと出かけるのはとても気持ち良く楽しみでした。
ここからはドナウ川の向こうに広がるハンガリー平原が素晴らしく見渡せます。
行く度に、あのスメタナのオペラ「売られた花嫁」に出てくる素朴で柔らかい丘陵地帯、それに「モルドウ」における暖かく緩やかな支流の風景、
想像するだけでもう「このドナウを下ってボヘミアへ行ってみたいなあ」と思いを馳せていました。

さて、我々の車窓からの風景は私が想像していたあの長閑でロマンティックな田園風景は殆ど見つけられないまま、
とうとう列車はブラチスラヴァへと入ってしまいました。
ごちゃごちゃとした町並みが続くばかりで、中央駅に着きましたが殺風景で人ばかり多くチェコスロヴァキア第二の都市にしては驚くほど小さな駅です。
取り急ぎホテルまで古めかしいタクシーにすし詰めになって向かいました。

当時共産圏のホテルはブタペストでもそうでしたが何故かエレヴェーターの前に小さなソファとテーブルがあって
四六時中人が座っていて新聞や雑誌を読んでいます。
それもどの階に行っても同じ様に何気なく座っています。
此れはきっと秘密警察かなんかの人でずっと監視していたのでしょうね。

休息の後、何とか気を取り直し出かける事にしました。
染色家の先生が民族衣装や民芸品を見たいと云うのでホテルで尋ねたところ、丘の上にあるブラチスラヴァ城が民族博物館になっているとの事、
又もや古めかしいタクシーに乗り込んで向かいました。

街は意外と大きく古い建物は手入れがされないまま煤けた感じで往時はきっと立派な建物だったのだろうなと想像しなければなりません。
それに此れも共産圏独特の光景ですが戦後の建物は皆味気がなく殺風景なビルが乱立している感じです。
やっと小高い丘の上に建つお城が見えて来ましたが、此れも四角い箱に鉛筆のような形の鐘楼が四隅から突き出しているだけの厳つく地味な建物、
何でも地元の人はその形状から逆さテーブルと呼んでいるそうですが、此れも見ただけで既に気持ちは暗くなり中身も想像できそうです。

重い雰囲気の中、展示品を見て歩きました。
さすがに楽器など見ごたえのあるものでしたが如何せん展示方法も味気が無く西側の諸国で見る様な楽しさなどは沸いてきません。

やっと出口近くにあるショップまで辿り着き皆は絵葉書など見ている間、ホッと一息タバコを吹かしました。

その途端突如、奥の方から大柄で厳しい顔つきのおばさんが現れ、それはそれは激しい口調で
「此処は喫煙できない、直ぐ出て行きなさい」と云った内容の事を大声で怒鳴りました。
慌てて外へ出て消し終わった後、恐る恐る引き返し様子を伺っていると、
どうもこの人は班長らしく腕に赤い腕章を付けていて、キビキビと他の職員に指図をしています。 
もう閉館時間が迫っているのに、ガランとした館内でのんびりと見学している我々東洋人にちょっと苛立っているようです。
「では、そろそろ・・・」と静かに皆を促して外へ出ました。

さて、ホテルまでタクシーと思ってもここは丘の上でこのお城以外は何もなくガランとした広場があるだけです。
先ほどのショップに戻って頼むにもちょっと怖いので、見渡した処、守衛室らしき小屋を見つけました。

ここならきっとタクシー位呼んでくれるだろうと居合わせた初老の守衛さんにゆっくりとドイツ語で説明した処、何とか分かってくれた様です。
傍らにあるゴツイ電話機のダイヤルをグリグリ回して待っていますが中々相手が出ないようです。
やっと繋がったらしく何やら話していますが、その感じからどうもタクシー会社ではなく誰か別の人と話している様子で、
話し終わった後、彼の口調からは良い返事ではない事が感じられました。

さて如何した物か思案していると、そこへ先ほどの班長さんがやって来て何事か険しく議論が始まる始末。
もうこれではお先真っ暗、足の悪い母親を励ましながらゆっくり丘を下るか、それとも下までタクシーを拾いに行くかと思案をしていた時、
彼女から強い口調で「もう少し待ちなさい!」と云われ「ハハッ!」と指示に従う事にしました。

どうも様子から察すると電話の相手は誰か指示が出せる上官と話して居る様子。
きっと彼らは勝手にタクシーを呼んだりする事が禁じられているのでしょう。

やっとのこと下からエンジンの音が聞こえて来たのは、退出してからもう一時間は経っていたでしょうか、既に空は薄暗くなりかけていました。

きっとあの厳しい班長が呼んでくれたのだ、タクシーを迎えに外へ出た我々を心配そうに付いて来ました。
本当に助かったのでお礼の気持ちにと少し大きめの紙幣を包んで別れ際に握手を求めました。
それに気付いた彼女は又大きな声で「ナイン、ナイン!!」と厳しく諭すので、とうとう諦めて乗り込みました。

もう一度お礼を云おうと窓を開け彼女を見上げた処、何と先ほどの班長さんではなく、
そこに立っていたのはとても気の良さそうな素朴なオバサンでした。
ホッとした表情でニコニコ笑って手を振っています。

タクシーは曲がりくねった坂道を下って行きました。
夕闇に見えなくなるまで手を振っていました。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-11-15 23:57 | チェコ | Trackback | Comments(0)

「プラハの思い出」

この街を初めて訪れたのは確か1986年だったと記憶しているのですが、
当時は未だバリバリの共産圏で精神的にも遠い国でしたので、まさか行こうとは思ってもいませんでした。
それが突然の所要で赴く事になったのですが、今とは違う風景やシステムで時代錯誤に陥る別世界でした。
その時の事を書いた文章がありましたので、今回ご紹介させて頂きます。

a0280569_20165680.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「初めてのプラハ」

もう随分昔の事ですが、私が始めてプラハを訪れる機会は何の予知も無く突然やって来ました。
a0280569_20182344.jpg

この年テニスのフェデレーションカップが初めてプラハで開催される事になりましたが、チェコからアメリカに亡命していたナブラチロアの扱いについて、
入国を拒否していたチェコ側と米国人選手としての登録を条件に参加すると要求していたアメリカ側との間に軋轢が生じていました。

そんな中、我々のクライアントがメイン・スポンサーをしていて、この大会の度に何かと広告活動とかホスピタリー・ルームとかの設営をお手伝いしていました。
既に担当者がプラハ入りをして打合せをしていたのですが、何しろこの頃のチェコは物の乏しい時代でうまく事が運ばなかった様です。
そこで隣国のドイツから何とか支援してくれないだろうかと依頼が入りました。

電話の向こうは蚊の泣くような微かな声で中々聞き取れません。
細かな内容について打ち合わせるにも電話は全て公の交換を通じなければつないでくれませんし、
未だファックスも無くテレックスでのやり取りです。
とうとう痺れを切らした相手の担当者は「明日できるだけ早く来て相談に乗って!!。」との事。
と云っても当時はヴィザが必要でボンに有る大使館に直ぐ行っても明日朝までに発給されるかどうか
「とにかく来てくれ、迎えの人を送るし飛行場でヤン・コデシュと云う人から招待を受けていると言えば入れてくれるから。」と、
とんでもない荒っぽい指示を信じるしか術がなく、朝一番で飛ぶ事になりました。

ところが当日乗り継ぎのフランクフルトまでの便が遅れ予定の飛行機には乗れず一日2本しか無い次の夕刻の便になりましたが、
電話連絡を取ろうにも何ともうまく繋がりません。なす術も無いまま行ってみる事にしました。

双発の飛行機もイリュージンか何かロシア製の古いもので、昔映画で見た様な丸い窓が付いています。
機内サーヴィスは大瓶のピルゼン・ビールを一人ひとりグラスに注いで回るという、のどかな物です。

あえぎ喘ぎ飛行機はやっとプラハ空港に着陸しました。
こんなに遅れたので迎えの人は本当に来てくれて居るだろうか、不安一杯で降り立ちました。

薄暗い検問所で探せども迎えの人らしき姿が見えません。
言われた通りヤン・コデシュと言う人から招待されて急遽来なければ成らなかった理由を説明しましたが係官は何とも素っ気無くまともに取り扱ってくれません。
「ヴィザが無いのだから次の便でドイツへ帰りなさい。」と言うだけです。
次の便と言っても明日まで有りませんし、押し問答をしながらも半ば空港で一夜を明かそうかと、覚悟もし始めたとき、
近くで聞いていたのか航空会社の女性が「私が何とか連絡を取ってみるから暫らく此処で待っていなさい。」と声を掛けてくれました。

もう、彼女に縋るしか手は有りません。正に地獄に仏とはこの様な事かこの人が優しく綺麗に見えたのは言うまでも有りません。
暫らくして戻ってきた彼女からはもうテニス協会には誰も居なくて連絡がつかないし、頼りのコデシュさんは電話帳に乗せていないので連絡がつかないとの事。
「もう少しあちこち聞いてみるから待っていなさい。」と心配そうに言ってくれました。

誰も居ないがらんとした待合室で既に一時間以上待ったでしょうか、やっと彼女が戻ってきました。でも今度はニコニコ笑っています。
これはきっと連絡が付いたのだろうと直感しました。「やったわ!」、と言わんばかりの顔をして「ホテルに居るコデシュさんと連絡が付いたわ、
直ぐ一緒に来なさい。」と例の係官控え室まで直行し事の経緯を説明してくれました。
「よし分かった。」とばかりに大きな判子を取り出して私のパスポートにドンと入国許可印を押してくれました。
たった二日だけの滞在予定でしたが、そこには三ヶ月有効となっていました。

お礼もそこそこにホテルへと向かいました。
やっと辿り着いたホテルではコデシュさんも含めまだ打合せの最中で「いや~良く来てくれた。」と手荒い歓迎を受けました。
早速打合せをしましたが、彼方此方から興味しんしんの視線を感じていました。
やっと遅い夕食に行く事になり、先にチェックインをすませようとカウンターに行きましたら、「貴方達はテニスの仕事で来ているのか?」と尋ねられました。
「どうして分かったの?」、「だって、ヤン・コデシュと打合せしていたでしょ。」、「あの人そんなに有名なの?」、
「何、言ってるの、彼は我々の英雄だよ。」よくよく聞いてみると何でもチェコ選手でウィンブルドン唯一の優勝者らしく大変な人気があるそうです。
a0280569_20184738.jpg

この当時私はテニスの事はまったく無知でなれなれしく話していた相手がそんなに有名な人だとは知りませんでした。
そう言われて見直してみると誠に身なりも良く格好のいい紳士である事に改めて気付きました。

さて食事へと向う事になり、日本からの3人はタクシーに乗り込みましたが、何故か私だけが彼の車に同乗する羽目になり、
この辺から話すにも何だか緊張していました。

カレル橋の袂にある小さなホテル・レストランを予約してくれていました。
チェコ語読みは忘れましたがスリー・オストリッチというレストランで彼曰く此処がプラハで一番良いと言っていました。
a0280569_2019796.jpg

話題は当然テニスに関する事に集中し、彼のウィンブルドンでの出来事を伺いました。
当時彼は控えの選手だったそうで、出場予定の選手が怪我をして急遽出番が回ってきたそうです。
まさか決勝まで行けるとは思っていなかったそうですが決勝戦当日は緊張の余りお腹を壊してしまい、
やっとの思いで食べたジャガイモ1個だけで戦ったそうです。

食事は雰囲気も料理も素晴らしいものでした、それにワインが美味しい、
ドイツでもチェコワインは見たことがありませんでしたがこんなに美味しいとは知りませんでした。
さて、お勘定となり東京から来ている担当者から「これで払っておいて!」と、1000コルナ札を受け取りました。

さて、殆どフルコースに近い料理を五人で食べて、しかもワインを何本開けたのだろう、果たしてこれで足りるかどうか不安でした。
足りないと恥ずかしいので厨房近くまで行って尋ねたところ 九百何十 コルナと言っています。最初は「えっーと。」耳を疑いました。
これは当時の公式レートで1万8千円位、間違いではと思われる安さ。
でも驚いたのは、実際にはもっと信じられないほど安く感じたからです。
a0280569_20195261.jpg

実はホテルへ向うタクシーの中で運転手から両替をしてほしいと言われ、百マルクを闇で交換しました。
当時の公式レートは400コルナでしたが、彼は何と 4倍の1600コルナもくれました。
この感覚ですと、お勘定は実にたったの4500円程になります。
びっくりするやら疑うやら、これだけ美味しい料理に素晴らしいサーヴィスをしてくれて、
しかもこんな値段、もう恐縮しきり申し訳なくてあっけに取られていました。
何だかとても悪い事をしてしまったような罪悪感さえ覚えました。

この闇の両替はいたる所で聞かれました。
当時は強制両替と言う制度があって一日 ドイツ・マルクですと 40マルクを公の両替所で換え証明書を出国する時に見せなければなりません。
ある時ホテル内の両替所で換金しようと窓口に行くと係官が「此処では駄目だ5分後にトイレで会えるか。」と言います。
此れは闇で換えたいのに違いないと思いつつ行ってみると、案の定 幾らでどうだと切り出す有様です。

本当にこの頃のチェコには物が無くどの店頭にも殆ど品物が並んでいませんでした。
唯一、輸入品を扱ういわゆる外貨ショップには大勢の人が並んで買い求めているのを見かけました。
先ほどの打合せでもテラスに人工芝を敷きたいと言うクライアントの意向に対し「グリーンの薄いカーペットならあるけど。」
という有様でこれもドイツから送る事になりました。

全ての打合せを終え、外国へ持ち出す事が禁止の使い切れなかった
コルナはボヘミアン・グラスに化けて鞄をいっぱい膨らませていました。

プラハを後にし機は次の予定地ウィーンへと向かいました。
タクシーは同行者の宿泊先インター・コンチネンタルへ直行しました。
a0280569_20201786.jpg

ゴージャスでゆったりとしたロビーに大きなシャンデリア、どこからと無く静かにワルツが聞こえて来ます。
チロル風の衣装に身を包んだ愛くるしいお姉さんが注文を取りに来ました。
「何か冷たくて美味しい物下さい。」、
「ではキール・ロワイヤルでも如何ですか。」、ああ、やはり自由な国は良いなと痛感しました。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-11-11 20:20 | チェコ | Trackback | Comments(0)

あの時のプラハは・・・

前回の項で母親とプラハに行った時のことにちょっと触れましたが、その結末について今回は母の文章を載せさせて頂きます。
彼女は文学少女(婆さん)で死ぬ間際まで「カラマーゾフの兄弟」なんて大作を読んでいましたし、
同人誌にも加盟していて、ちょっと旧姓をもじった“松田 伊津子”と云うペン・ネームで毎月投稿していました。
a0280569_0295155.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「 白 い 手 袋 」

松 田 伊津子

ゆうべはフォルクス・オーパーでウィンナーワルツを聴き、今朝は南駅10時20分発の「ウィンナーワルツ号」に乗って私は共産圏の国に旅立つ。
見送りに来てくれたのはギターリストのTさん夫妻である。

私は何回ウィーンの駅で見送られた事だろう。以前もこの駅から夜行列車でヴェネチアへ向う私を彫刻家のAさんが見送ってくれた。
広くてひっそりした長い長いホーム。列車の窓はホームからかなり高くて見送る人と見送られる人はお互いの顔を見下し見上げてなごりを惜しむ。
まさに映画「終着駅」の世界である。

Tさんはお弁当をくれた。おにぎりと麦茶に紙コップまでそえて。
おにぎりの中には明太子、うめぼし、かつおが入っていた.これらの物はウィーンでは得難い貴重品である。
のりはしめらぬように別にラップに包んであった.細かい心配りである。
長い旅を続けている私にとって、これは高級レストランの食事にも勝る有難いなつかしい食べ物であった。

列車はひたすらボヘミアの草原を走る。地平線まで続くかと思われる果てしない草原である。
時たま羊や牛が放牧されているけど人影はない。

広々としたプラハ駅は屋根も柱も真赤に塗られている。異様な気がした。パンでも買っておこうと売店を探したが見当たらない。

やっと一つ見つけたけどパン等売っている雰囲気ではない。
「私は日本とえらい違いや。日本やったらどこの売店でも一杯食べ物があるのに。」と文句を云う。
息子が「あんたは共産圏の国にきているのだよ。それを忘れんように。言葉や行動に気を付けて。」と注意する。

プラハは空襲がなかったのでゴシック調の建物が並び中世そのままの町であった。
 
豊かに流れるモルダウ。これぞスメタナやドヴォルザークの国モルダウの流れである。
秋10月木々の葉は黄色に色づき最早や散り始めている。カサコソと落ち葉を踏み分けて私は岸辺に立った。

有為転変のこの国の歴史を写して変る事なく流れるモルダウ。
いとしのモルダウよわが祖国よ。スメタナの心が私にはわかる。
豊かな水の底からスメタナの「わが祖国」の曲が聞えたと思ったのは秋の日ざしの中で見た一ときの夢だったのだろうか。

それを醒ますかのように一じんの風が吹いた。
木々の黄色い胡蝶のように乱舞して私の足元にそして流れの上に落ちた。
私はその一枚を拾い本の間にはさんで「モルダウの岸辺にて」と書きそえた。

そしてモルダウをはさんでプラハ城が望まれた。
a0280569_0102918.jpg

私達は車でプラハ城へ向った。道巾も中世のままなので狭くて迷路のような石畳の道をバリバリ音を立ててあえぎながら城の表門に着いた。

門の両側にはいかめしい兵隊が警備している。城門の中にはちょっとした小さい町のような広さで大きな教会もあった。

特に面白かったのが黄金横町で昔ここに黄金職人が住んでいたことである。
細い路地裏のような所にボール紙をブルーや赤や黄色にぬって折りたたんだような小さい家が長屋みたいに建っていた。
今にも戸が開いて七人の小人が出てきそうな気がした。
その横丁を通りぬけると間もなく裏門である。
a0280569_0142985.jpg

しかし町まで降りて行くには果てしなく続く長い階段を降りてゆくか、さもなければ500m程の迷路のような石畳の道を降りるかである。

足の悪い私にはほんとうに辛い事である。ここまで車を呼んでほしい。
城門を警備している兵隊にたのんで電話をかけてもらわねばならぬ。
しかしここは共産圏の国、そして城は国営である。余程の理由がない限り私用で電話を使うことが出来ない。
公の電話を使うには上の人の許可がいるのである。

息子が一生懸命ドイツ語で私のお母さんは足が悪くて下まで行けないからタクシーをここまで呼んでくれるかと云っているが
兵隊はドイツ語も英語もわからないらしい。

やいやいいっていると5・6人の兵隊が出てきた。
彼等は私が足の怪我をしたのだと勘違いして救急車を呼ぶのか医者が必要なのかと聞いているらしい。
息子が救急車ではなくタクシーだと云ってやっと納得したらしくて電話をかけてくれた。15分程したらタクシーが来ると云うのである。

なんとも大そうな国である。やれやれと思って石に腰掛けて待っていたが15分たっても車は来ない。
息子がこの国はタクシーが少ないから仕方がないと云った。

30分たっても45分たっても車が来ないのである。私は耳をすまして石畳を登って来る車を待った。
私はあせり出した。あたりはとっぷり日が暮れて夜空に橙色の大きい半月がかかった。もうあたりに人影はない。
石の城門は重苦しく冷たくそそり立つ。
オーバーを着ていても北国の秋の夜寒はじわじわ足元から冷えてくる。

私はそれでも電話をかけてくれた兵隊を信じて待たねばならぬ。ましてや共産圏の他国の人である。裏切るわけにはいかないのである。

「どうぞ私の車が来ますように」と思わず祈った。とうとう1時間たった時、突然衛兵の一人が靴音高く石畳の坂道をかけ下りた。
私は「ああ下まで車を拾いにいってくれたのだな」と直感した。
夜のしじまの中にひびくあの堅い「たったったっ」と云う靴音が凍てついていた私の胸を打った。

間もなくエンジンの音を響かせて車が上がってきた。ヘッドライトのほのかな光は救いの光のように思われた。
このような事で兵隊が持ち場をはなれる事は大変な事なのに敢えてそうしてくれた。
しかも見知らぬ行きずりの旅行者のためにと思うと涙が頬を伝った。


「足が痛かったらこんな所まで来んでもええがな。」と云ってしまえばそれまでである。
私は車から降りた若い兵隊さんの手を思わず堅く握りしめ、おしいただくようにして「ダンケシェーン、ダンケシェーン」とくり返した。

彼の手のぬくもりが白い手袋を通して私に伝わった。
白という色がこれ程美しく清々しく思った事はない。

それは感動さえする美しさだった。私は走り去る車から振り返って手をふった。
夜のとばりの中で手をふっているあの若い兵隊の顔はさだかには見えなかったけれど闇の中に白い手袋が鮮明だった。
a0280569_0151057.jpg

夜更けにあの兵隊に思いをはせながら再びモルダウ川の岸辺に立って仰ぐプラハ城は
まるで夢の国のようにほんのりとブルーに染まり夜空に浮かんでいた。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-11-09 00:15 | チェコ | Trackback | Comments(0)

明けてプラハは雨・・・

今朝はショボショボと雨が降っていますが、遅い朝食を取ってから旧市街の広場へと向かいました。

それにしても街は見違えるほど綺麗になって、かつての煤で汚れたグレーと褐色の街の面影はありません。
外壁は綺麗に塗装が塗り替えられて、建設当時の美しさを蘇らせていました。
a0280569_425064.jpg

それにかつては人影もまばらだった広場や至る所に観光客が溢れています。
それは異常なほどの多さです。
ミュンヘンも立派な観光地ですし、ウィーンなどもっと一級品の観光地ですが、ここまでの賑わいはありません。
一体どうしたのでしょうか、世界的に今プラハが流行っているのでしょうか。・・・

街を後にして、今日のお目当てはお墓参りです。
トラムに乗り込みモルダウに沿って南へ3駅ほどで到着、小高い丘を目指しました。
ここはヴィシェフラトと云うそうで、プラハで一番古いお城があった跡地です。
あのスメタナ「我が祖国」の一曲目「高い城」はこのヴィシェフラトのことだそうです。
a0280569_445522.jpg

ダラダラと丘を登りだしましたが、パラパラと訪れている人達がいます。
丘を登りきると城壁の中央には教会が建っていて、その左側にへばり付く様に趣のある墓地が広がっています。
a0280569_453430.jpg

観光客もそこそこ来ていて墓地にしては賑わいがあります。
お目当てはスメタナとドヴォルザークですが、ここでは案内板がなくても観光グループが集っている辺りを目指せば直ぐに見付かります。
墓地自体もそれ程、大きくなくほとんど全体を見渡せるので安心です。
a0280569_46227.jpg

最初のグループに付いていくと案の状、あっけなくドヴォルザークにぶつかりました。
それは回廊の一角に胸像が座していて、バックの壁面には竪琴に木が絡まった様な装飾が施され、
そこから台座が浮き上がっている立派なお墓です。
前のスペースには幾つも鉢植えのお花が供えられていて今なおその功績を称えているようです。
a0280569_464517.jpg

若い頃は「新世界から」辺りから聴きだして、「スラヴ舞曲」や8番の交響曲いわゆるドボ8に親しみ、チェロ協奏曲なんて大好きな曲ですし、
最近もルサルカのアリア「月に寄せる歌」を聴く機会があって、その甘くも不思議な雰囲気にウットリと聴き入っていました。

さて、回廊に沿って中ほどまで歩き出しました。
途中にはカレル・チャペックのお墓もありますが、私は彼の作品を読んだ事がなくて残念です。
a0280569_472062.jpg

小高くなっている方を見ると、別のグループが説明を受けています。
遠巻きに聞いているとガイドさんが「タラーラ、ラァーラ、ラァー、ラァー、ラーララァ」と「モルドウ」の一節を歌いながら説明しています。
そうここは間違いなくスメタナさんのお墓です。
a0280569_473848.jpg

白い大小三本のオベリスクで構成されたお墓は、中央が何処となくベートーヴェンのお墓に似ていますが、
正面にはレリーフ状の大人しい横顔が埋め込まれています。
ここでは先程のガイドさん同様に自然とモルダウの一節が頭の中を巡っていました。

ミシャもここにいるそうですが、余り目立たないお墓だそうで、結局見つける事ができず、これは宿題ということにしました。

お墓を出て城壁に沿って歩いてみましたが、なるほど結構高い位置に城壁が建っています。
a0280569_483095.jpg

途中小さなブドウ畑もあったりして、ここからの眺めも中々素晴らしいものでした。
a0280569_49262.jpg

a0280569_492350.jpg

街へと引き返し、カレル橋を渡ってお城へと向かいました。
橋の上には露天商や大道芸までいて、その混み具合はまるでここは「竹下通り?」と
思ってしまうほどの人出です。
a0280569_49434.jpg

a0280569_410354.jpg

人ごみを掻き分けながら、橋の袂にあるレストランで昼食を取る事にしました。
ここはその30年ほど前に来た時、チェコ人で唯一ウィンブルドンの大会で優勝した
元テニス選手のヤン・コデシュさんに連れていって頂いた思い出深い所でした。
a0280569_4111356.jpg

[ U Tri Pstrosu ] 三羽のダチョウと云う名のホテル・レストランです。
当時は見るからに格別なレストランと云う趣で、それは美味しく頂いたものでした。
a0280569_4114051.jpg

今はお昼のメニューもあるほどで、気さくな感じになり結構若い人達も入っていました。
前菜と主食にデザートが付いて240コルナ、1200円位ですからとてもカジュアルに変容していましたが、
お味はとても美味しく質は保っているようです。

腹ごなしは散歩、丘の上のお城を目指してダラダラと登って行きました。
お城も大勢の観光客で溢れています。
a0280569_412234.jpg

小さく可愛い家が並ぶ、お決まりの「黄金小路」を抜けお城の裏側まで歩きました。
a0280569_4125287.jpg

a0280569_414782.jpg

今は人で溢れていますが、母親と来た当時は人影もなく寂しいものでした。
ここまで来て、下りの坂道は階段混じりで延々と続いています。
足が悪い母親にはここまでが限界かと、微動だにしない門兵に「これこれシカジカで歩けないのでタクシーを呼んでもらえないか」と頼んだのですが、
これは共産主義時代の当時としては規則違反の難しい問題でした。
a0280569_41445100.jpg

結局はもうすっかり暮れてしまい空には満月が輝く中、延々と待ち続けました。
a0280569_415128.jpg

この結末は前にも書いた様に母親が良い文章を書いていますので、次回にでも載せさせて頂く事にします。

そんな思い出に耽りながらも、喉は虎屋、虎屋と云いだしました。
今夜はあの気難しいオジサンたちどうしているだろうか。・・・


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-11-06 04:15 | チェコ | Trackback | Comments(0)

秋のプラハは・・・

先日プラハから来た人が「今は紅葉が綺麗ですわぁ・・・」と言っていました。
秋のプラハか・・・そりゃ綺麗だろうなぁ・・・ちょうど11月1日が「全聖人の日」という祭日だったので思い立って出かけることにしました。
a0280569_0503340.jpg

中央駅からDB(日本で云うJR)仕立ての直通バスに乗って4時間半ほどで到着します。

プラハはもう随分前、未だ東側だった時に行ったきりで暫く振りでした。
最初に行ったのは30年近く前ですが、突然プラハからヘルプの依頼が入ってヴィザも取得する時間がないまま出向きました。

それはテニスのフェデレーション・カップが初めてチェコで開催された時で、現地での打合せが難航し、
誰か専門家を寄こして欲しいとの事で、白羽の矢が私に当たってしまったのです。

その時は今とは違って閉鎖的な国家でしたからハプニング続きで、貴重な体験をしたのですが、
それを書き出したらえらく長い話になるので、これは別の機会に書かせて頂くことにします。

その後、母親と行った事もあって、この時もハプニング続き・・・
これは母親自身が中々良い文章を残しているのですが、これも別の機会と云う事で。・・・

バスは長閑な丘陵地帯をひた走り、途中の延々と続くホップ畑を抜けレーゲンスブルクを経由すると、間もなく国境へ着きます。
かつてはズラーと戦車が睨みを利かせていた国境も、今は何のコントールもなくあっけなくチェコへと入りました。

バスはプラハ駅に到着、かつての古い駅舎は大工事の真っ最中ですが、未だ以前の東側らしい面影を保っています。
地下鉄に乗るべくエスカレーターを下るとそこはもう新しくなったショッピング・モールで何ら西側と変らなく変貌していました。

ホテルに落ち着き、夜のオペラに備えました。
今回の目的の一つはここで縁のあるモーツァルトのオペラを観る事でした。
唯、ややっこしい事にこの街には三つもオペラ・ハウスがあって、そのどれもがコレッと云った特徴がないので、
どういう関係なのか分かるのに時間が掛かりました。
(未だ、はっきり分かったとは云えないのですが・・・)

この「フィガロの結婚」と云うオペラは当初ウィーンで試演をしますが、そのちょっと貴族をからかった内容はその後の上演が難しくなってしまいます。
そこで手を上げたのがプラハの歌劇場で、その初演は大成功を収め、しかも次の作品の依頼まで受けてしまいます。
そして出来たのがあの名作「ドン・ジョバンニ」でした。

この事もあってモーツァルト自身もプラハが大のお気に入りに、あの38番のシンフォニーには「プラハ」と命名しています。
まぁ我々音楽ファンにとっても、もしプラハが受け入れてくれなかったら、
「フィガロ」や「ドン・ジョバンニ」も今日のように頻繁に上演されなかったかも知れずプラハに恩を感じてしまいます。

当日はエステート劇場での公演でしたが、オーケストラも歌手陣も国立オペラの陣営というややこしさ。・・・
しかも「フィガロ」は国立オペラでの初演ですが、「ドン・ジョバンニ」はこのエステート劇場が初演という、もう頭の中がコンガラガッテしまっています。
それにあの映画「アマデウス」ではウィーンでのシーンにも拘らず、この劇場で撮影をしたそうです。

ちょっと小ぶりですが、白と淡い緑を基調にゴールドでアクセントを付けられた外観はとても可愛らしい印象の劇場です。
a0280569_0511074.jpg

a0280569_0513338.jpg

ロビーやクローク、カフェテリアも小さく、あちこちに今なお東の匂いをプンプン発散させています。
馬蹄形の客席には彫刻で装飾が施されシャンデリアと共に長い歴史を感じさせます。
a0280569_052662.jpg

a0280569_0522694.jpg

a0280569_1122548.jpg

それにオーケストラ・ピットも小さい事、・・・ せいぜい35・6人?小編成のオーケストラが所狭しと陣取っています。
指揮者用の譜面台を置くスペースすらなく、こりゃ暗譜で長いオペラを指揮するのは大変だなぁ~と心配をしてしまう程です。
a0280569_0525245.jpg

ザバザバザン、ザバザバ、ザバザバ・・・・ザンと軽妙に始まった序曲は中々締りがある演奏で、木管のソロ・パートなども充分楽しめます。
装置はそれ程コストを掛けてはいませんが、まぁまぁ納得ができるシンプルなものですし、衣装はちゃんと役柄に相応しいものを着ています。
歌手陣は小粒ながらも中々良く歌うし、演技も充分こなれていて楽しいものです。
それに劇場が狭いので声の通りが良く、ツイツイ引き込まれて行きました。
それなりに長いオペラですが、集中ができたせいか一回の休憩を挟んでアット云う間に終ってしまいました。

劇場内は特に乾燥をしているので、もう喉はカラッカラ。・・・
ビィール、ビィールと観劇後に迎える最大の喜びの瞬間です。!!

それでもこの夜は直ぐに飲むのを我慢して、お目当ての店へと向かいました。

それは「この店のビールは美味しい。!!」と例の食ベログで読んでいたからです。
唯、小さな店で、お客は殆どが地元の人、それに常連客専用の席まであって、
そこには絶対に他の客は座れないし、店員の態度も凄く悪く閉鎖的である。と・・・

中には入った事は入ったけどビールを飲めないまま帰ってしまった日本人までいて、
そりゃどれほど閉鎖的なのか気になるし、闘争心もメラメラ燃えてきます。

なる程、知らなければ通り過ぎてしまう何の変哲もない店構え、しかも入り口はちょっと廊下を中に入らないと扉がありません。
a0280569_0534297.jpg

a0280569_0541185.jpg

いざドアを開けると地元民で、もうワンサカ賑わっています。
a0280569_0544520.jpg

店員も客が入ってきても知らん顔をしていますし、先に入っていた3人が、かろうじて空いていた席に座ったのですが、
すかさず「立て!!」と云われていました。
確かに閉店間近でしたが、余りにも態度が横柄。・・・

暫く見ていると、立派な刺青をしたディスペンサー係りに直接ビールを頼んでいる人もいます。
何だ未だ飲めるじゃないか・・・と一杯注文したらイヤイヤ注いでくれました。

まぁグビッと一口流し込みましたが、・・・ ムム、ウ、ウマイ・・・ 何たる美味さ・・・
これは我がビール史上、体験のしたことがない美味さ・・・イヤ~参った参った・・・

その切れと云いコクと云い格段に美味い、泡もきめ細かく、丁度良い冷え具合で・・・
もうオジサンはメロメロ・・・この態度の横柄なオジサン達にも敬意の眼差しに・・・
気が付けばもう二杯目を頼んでいました。・・・

ドイツは当然ビールが美味しいし、チェコは更にピルゼンやヴドヴァイザーなど美味しい事は知っていましたが、
これほど美味しいビールが未だあったとは初めて知りました。

因みにこの店は [ U ZLATEHO TYGRA ] という名で「黄金の虎」と云う意味だそうです。

ああ又、虎屋でビールが飲みたいなぁ~

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

追記

結局、また後から分かったことですが、ここのビールはPilsner Urquellというポピュラーな銘柄で、
それはドイツでも飲めるし好きな銘柄なので何度も飲んだ事がありましたが、
この店の味はやはり別格できっと新鮮なのと注ぎ方に違いがあるのでしょうか全く別物の美味しさでした。
いやはやビールも奥が深そうです。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-11-05 00:56 | チェコ | Trackback | Comments(0)