人気ブログランキング |

カテゴリ:ベルギー( 1 )

アントワープにて

先日、ゴッホについて調べていたら、アントワープ時代のことが出てきたので、ふと行ってみたくなりました。

ここデュッセルドルフはオランダやベルギーに近く、ほんの2・3時間で異文化の空気を吸いに出かけられます。

DB(ドイツ国鉄)が運行するバスに乗り込み出発しました。

この日は途中の高速道路での工事が多く停滞が激しく迂回を迫られること、シバシバ・・・
その度に運転手は作を巡らすのですが、ことごとく裏目に出て結局は大回りを強いられ、地道を走る羽目になりました。

まぁ時間は掛かりましたが、お陰で普段なら絶対に行かないであろうオランダの村々を抜けられたので、
その味わいある風景を楽しんでいました。

バスは1時間以上遅れてやっとアントワープ駅に到着しました。

振り返るともの凄く立派な駅が建っています。

後で知った処によると「大聖堂のような駅」と言われているそうです。

外観は石作りの堂々としたバロック様式で、とても駅とは思えない佇まいです。
a0280569_23494869.jpg

a0280569_2350315.jpg

中のコンコースに入ると天井が高く吹き抜けになっていて、
正面には入り組んだ大理石の階段が見事です。
a0280569_23513073.jpg

a0280569_23514661.jpg

a0280569_2352236.jpg

ホームが設置されているホールはアーチ状のガラス天上に覆われ、上下5層に分かれています。
a0280569_235551.jpg

その一番上、センター、そして最下層の3層に列車が入ってきます。
a0280569_23555668.jpg

その構造の面白さにしばし、あっちへ行ったりこっちへ行ったりとして眺めていました。
a0280569_23561693.jpg

コンコースの裏側にあたるファサードが又立派・・・

バロックやロマネスクの様式が取り混ぜられ、
それにギリシャ風の柱が施された石作りの壁面、その上部には時計が設置されています。

その壁面を囲うように鉄の骨組みで、ちょっとアール。ヌーボー風のガラスの装飾が天井まで繋がって行きます。
a0280569_23563698.jpg

この左奥にはカフェがありますが、これはかつて特別な待合室だったのでしょうか。
淡い黄色地の壁に白で縁取りされた鏡、
中央の大理石の壁には立派な時計がはめ込まれていて、とても優雅な雰囲気を醸しだしています。
a0280569_23565453.jpg

a0280569_23571138.jpg

ホームのあるホールへ戻り再び眺めていましたが、フト何処かに似たような建物があったなぁと思いつきました。

この中央が吹き抜けで両サイドが多層になっている構造・・・そうだオルセーです。
そう言えば建てられた年代もホボ一緒ですし、オルセーもパリ万博用に作られた駅でした。
a0280569_23573545.jpg

駅を出て右側には駅にへばり付くように動物園の入り口があります。
a0280569_23585121.jpg

a0280569_2359515.jpg

こんな駅脇ですが、ヨーロッパで一番古い動物園だそうで、
入り口に左の建物は恐らく昔は保養施設だったのでしょうか、
立派なホールを持つ建物で、塔の上にはラクダの彫刻が鎮座しています。
a0280569_00197.jpg

a0280569_003949.jpg

a0280569_005229.jpg

この日は先を急いでいたので入り口周辺をウロウロしただけですが、
花壇など綺麗に手入れされていて今度、時間を作って来ようと誘われました。
a0280569_011025.jpg

a0280569_012325.jpg

さて、街中へと歩を進めることに、目指す先はルーベンスの家です。

商店街は人でも多く賑わっています。
以前来たときは冬場だったので寂しい印象でしたが、今回は全く違う趣で楽しくなってきました。
a0280569_025735.jpg

a0280569_031963.jpg

古い建物が多く味わいを出しています。

全くドイツとは違う様式ですし、オランダとも違う・・・
アール・ヌーボー風の建物もあるのにフランスとも違う、まぁこれがベルギー独特のスタイルなのでしょうね。
a0280569_034062.jpg

当然ながらブリュッセルとはよく似ています。
a0280569_035248.jpg

レンガ作りのファサードを持つルーベンスの家は立派で裏庭も広く、
さすが人気が高く多くの受注制作をしていたのだなぁと感心していました。
a0280569_061621.jpg

a0280569_063686.jpg

室内は当時の生活様式などが分かるよう展示されていますが、
なかでも布のプレス具は面白く眺めていました。
こんな16世紀なのにタオルやテーブルクロスをきちんと、
今で言うアイロンがけをしていたのですね。・・・
a0280569_07196.jpg

疲れたので庭のベンチに座り一休み・・・フト見ると未だ小さいながらブドウがなっています。
喉も渇いていたので一粒もいで頂きましたが、
すっぱいの何の~もう頭の先まで痛くなるほどのすっぱさで、かえって気合が入り直しました。
a0280569_074879.jpg

a0280569_08038.jpg

a0280569_081510.jpg

a0280569_082798.jpg

a0280569_084052.jpg

さて今回の目的の一つ、聖母大聖堂を目指しました。

まぁここは何といっても、あのフランダースの犬でお馴染みのルーベンスの代表作があります。

聖堂中央、平面図でいうと、ちょうど十字架状の両脇にありますが、
左側が「キリスト昇架」、右側には「キリストの降架」が掛けられています。
a0280569_010429.jpg

この2作は彼の膨大な作品の中でも一際優れた名作で
この絵にかける並々ならぬ気合が伝わってきます。
a0280569_0102944.jpg

a0280569_010466.jpg

暫くあっちへ行ったりこっちへ行ったりと眺めていましたが、
何組もの日本人の方々が訪れ、未だに「フランダースの犬」の人気を伺わせました。

すっかり疲れ果てたのでホテルに戻り一休み、夕食に備えました。

お目当てのシーフード・レストランは中央駅から2駅ほど南へ下った所でした。

最寄り駅で降りて鉄道の高架に沿って歩いていました。

それにしてもこの石作りの高架は造形が凝っていて風格を漂わせています。
夕暮れが近づいていた事もあって、何だか昔にタイム・スリップをしたような感じでした。
a0280569_0121290.jpg

a0280569_0122885.jpg

しばらく歩いていてハッと気付くと、回りを歩いている人たちは皆ユダヤの方々です。
それもちゃんと正装をしているのですが、その正装は半端なものではなく凄く正式なのではと思われます。

時々ウィーンあたりでは正装をしたユダヤ人を見かけるのですが、ここまでの正装はしていません。

特に帽子は直径が30cmほどの円筒形でフサフサとした毛皮で出来ています。
女性や子供たちも正装・・・何か催しでもあるのでしょうか?
a0280569_013080.jpg

a0280569_0131693.jpg

しかし、皆さん歩く方向が区々で、何処かへ集まって行くと言う感じではありません。

いやぁ何だか別世界に迷い込んだような感じで、
踏み込んではいけない世界へ入ってしまったのかなぁと、ちょっと不安になるほどでした。

後から調べた処によると、このアントワープはダイヤモンドが有名で、
この研磨技術はユダヤ人が優秀でこの街に集まってきたそうです。

しかも彼らが多く住んでいる地区らしく、ここは西のエルサレムと言われているそうです。

高架を潜り、ポツンと佇むシーフード・レストランに辿りつきました。
a0280569_0134067.jpg

メニューはフラマン語でしか書かれていないのですが、
書き文字は何となくドイツ語からも推測できます。

ふと隣席のご夫婦をみると大きく美味しそうなカニを食べています。

「それ何ですか?」と尋ねた処、「キング・クラブだよ・・・とても美味しいからお勧め!」
と教えてくれました。

それはタラバ・ガニを焼いたものですが、どう焼いているのでしょうか、
カニだけでなく何かのソースを絡めて焼いていて、とても美味しく頂きました。

食後、一服吸う為に外へでましたが、もう陽もどっぷり暮れ家々の窓には明かりが灯っています。

ボーと眺めていると、いやこの辺にもユダヤの方々が歩いておられました。
a0280569_0141392.jpg

アントワープでの1日が終りましたが、いやはや中身の濃い1日でした。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-09-19 00:15 | ベルギー | Trackback | Comments(0)