<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バルセロナの現場

昨年から半年来の準備をしてきた大きなプロジェクトの現場も先週の月曜日から始まり、
いよいよ私も明日からバルセロナへと出かけます。
これは通信関係の大きなコングレスとメッセで、世界中から集まる最先端のテクノロジーと将来を見据えた
次世代通信を紹介する場となっています。
14・5年前に始まったこの催しは当初コングレスがメインだった為、カンヌのあの映画祭でも使われる会場で
開催されていましたが、段々と展示の方も大きくなり手狭になってきました。
あの頃、展示スペースが足りなかった分は、港にボートをレンタルしてそこにも別の展示をしたものでした。
カンヌは風光明媚なので毎年行くのを楽しみにしていたのですが、
どうしても展示スペースが限界となり、とうとうバルセロナに会場が変ってしまいました。

それも暫くは万博会場の後にメッセ会場になった所で、
場所はスペイン広場に面し、モンジェイクの丘まで延びるとても良い立地でしたが、
それも最早手狭になって、今年からは新しく出来たメッセ会場での最初の開催となります。
そんな訳で関係者は何時もより気合が入っていて、その分受け手の我々は何時も以上の苦労を強いられています。

まぁ現場では予定通り進行させて行くだけでも結構神経を使うのですが、
日本から総勢100人程の関係者がやって来て現場に来てから色んな要望を出してくる人達や、
時には大きな変更を希望されたりする場合もあります。
それでも若かった頃は夕食などスタッフと一緒にワイワイと飲みに出かけたりして、
出張も時には楽しいものでしたが、流石にこの年になってくるとそんな気力も体力もなくなり、
とにかく夕食などは早く済ませて次の日に備えて充分寝たいと云うのが本音になって来ました。

唯、今は未だ雪が降りしきる寒いミュンヘンから一気に15・6度もある明るっくてお天気の良いバルセロナは一足早く春が来たようで嬉しいですし、
何と云っても食べ物が美味しく、特に魚介類が新鮮で豊富なのが魅力的です。
尤もスペインの場合、どのレストランも夜の開店は8時半から9時位なので早く済ませる訳には行かず、
どうしても早く済ませたい時はバルへ行ってタパス類をパパッと食べて帰るしかありません。

それに今年は、未だそれ程時間的に追い込まれていない到着日の夜に、チャッカリとあのランブラス通りにあるリセウ劇場のチケットを押さえています。
a0280569_633289.jpg

この素晴らしく且つスペイン的な歌劇場は10数年前にその殆どを焼失してしまいましたが、
昔と同じ姿で見事に再建され、しかも舞台機構などは最新の設備に衣替えしてより素晴らしい歌劇場として復活しました。
それにラテンの香りたっぷりの内装は本当に綺麗で味わいがあります。
レストランも、予約をした人達だけに限定された特別な部屋があって、ここは特にシックで重厚な装飾がなされています。
休憩時間はたっぷりと長く、これは本家のイタリアでもそうですがオペラを観るだけでなく、
ゆったりと遊び楽しむと云う伝統的な習慣なのでしょうね。
a0280569_671669.jpg
オーケストラも中々のレヴェルだし、何と云っても出演する歌手は素晴らい人達を招いていますのでとてもハイ・レヴェルのオペラを満喫する事ができます。
歌手の人達によると声の通りも良く聴こえ、この劇場が一番歌い易いと何処かで聞いた事がありました。
昨年のグルヴェローヴァがタイトルを歌った「アンナ・ボレナ」は絶妙な歌唱で、
これらドニゼッティのオペラを歌わせたらこの人以上の歌手は居ないのではないでしょうか。
と云うかこれだけ歌える彼女の存在があったからこそ、埋もれていたドニゼッティの数々のオペラが再発掘され今まで忘れられていた作品が日の目を浴びるようになりました。
そういえば本来は侍女の役なのに、王女よりもちょっと威張っていたガランチャも面白い存在でした。
a0280569_634882.jpg

今回はオフェンバッハのあの魅惑的なオペラ「ホフマン物語」で、
歌手もナタリー・デュセー始め充実していますし、リセウのサイトで映像を一部観た処、
ちょっとモダンながらも色んな仕掛けなどを盛り込んでいて、これも又楽しめそうです。

現場は辛いのですが、これは今回随一の楽しみです。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-02-19 05:59 | スペイン | Trackback | Comments(0)

雪の日曜日

a0280569_235325.jpg
今朝も昨夜から降り続く雪がシンシンと降っています。
それでも気温自体はそれ程寒くないのかちょっと重たそうな雪です。

今日は日曜日、それもあさってから辛い現場監督のためバルセロナへ出かける直前の貴重な休みです。
ちょっとお腹も空いていたし雪とは云え散歩も兼ねてパン屋さんへと出かけました。

フカフカの雪は歩く度にキュキュと音を立てて、まるで片栗粉の上を歩いているような心地良さ、でも気を付けないと降っている雪に混じって木々の枝から時折ドサドサと大粒の雪が落ちてきます。

この辺は雪が降ると信じられない位早い時間からあちこちにいる管理人が除雪車に乗って雪かきをしてくれますが、今日は未だ追っつかないのか歩道と車道の区別もつかない所もありました。


やっとパン屋さんに着きましたが、どうしたことか店に入りきらない順番待ちの列が10m程外まではみ出しています。これではと諦めて散歩を続けました。

もう少し歩くと公園があって、こんな日はここの小さな丘に沢山のソリをする子供たちがやって来ます。
a0280569_2363299.jpg
この丘に上るとお天気の良い日は遠くアルプスも望めてお気に入りの場所でもあります。

親子連れや、お爺ちゃんお婆ちゃんと来ているお孫さん達もいます。
中には生後6ヶ月位の赤ちゃんまでいて、滑る度に見ている方がハラハラする程です。
娘を喜ばせようと大きな雪だるまを作りだし、一体どれだけ大きくしたいのか、もうメチャメチャ頑張っているお父さんもいて、何だか凄くドイツ人らしくて思わず微笑んでしまいました。





途中から時折薄日も差し始め、降っている雪がキラキラ輝いています。
畑の向こうには雪を被った森が淡く広がり幻想的な光景はレコード・ジャケットにでも使えそうです。
a0280569_2365790.jpg


気持ちよくひと回りしてパン屋さんまで戻ってきましたが、案の定お気に入りのパンは売り切れ、
仕方なくバゲットにしましたが、充分楽しい散歩を満喫できました。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-02-17 23:07 | ミュンヘン | Trackback | Comments(0)

ウィーンの謝肉祭

「変えられぬものは変えられぬ、唯忘れることのみ幸せかな。」

と言ったのは、あんなに美しいワルツや楽しいポルカを作り出したヨハン シュトラウスⅡ世でした。
作品とは裏腹に彼自身はとても悩み多き人だったそうです。

2月のカーニヴァルシーズン、ウィーンではファッシングと云って、街中の人が仮装をします。
また、舞踏会(バル)のシーズンでもあり、毎年楽友協会における舞踏会で始まり、
国立歌劇場のいわゆるオーパンバルで幕を閉じます。
a0280569_1733664.jpg

前者のバルには当然ウィーンフィルが出演し、
ドミンゴが振ったりしたこともありました。
この人の指揮は、ミュンヘンやコヴェントガーデンでレコーディングした
「こうもり」でも解るように、決して余興の域ではなくなかなかのもので、
専門の指揮者顔負けの腕前を持っています。
オーパンバルは数あるバルの内でも最もよく知られた由緒のあるものです。
前々日の公演がはねた後、客席に舞台と同じ高さの床板が敷きつくされます。
元来は社交界へデビューする人のお披露目の場で、
デビューする娘さんたちは白いドレスと決まっています。
その伝統的な入場行進からオフィシャルプログラムの間は、
当然国立歌劇場管弦楽団(ウィーンフィルハーモニーの母体)の演奏で、
それはそれは豪華なものです。由緒由々しき帝国の面影を感じさせます。
ゲストの豪華さも見もののひとつで、大物オペラ歌手は当然ながら、
皇室の人たちや映画スターも招待され、ショーンコネリーが来ていた年もありました。

正面玄関で、その時の音楽監督が招待客を出迎えるのが
しきたりになっているのですが、まだ若かったカラヤンの時の模様を
テレビで見たことがあります。
それはそれは颯爽としていて、格好よく決まっていました。
一方で84年、当時の音楽監督だったマゼールは自分の主義にそぐわない為か
出迎えを拒否し、クビになってしまいました。
(もっともこの事だけが原因ではなく、この歌劇場は厄介な問題をいつも抱えていますが・・・。)
a0280569_17333592.jpg

シュターツオーパーは普段出演者も装置も第一級のレヴェルを維持していますが、私がウィーンに居た
80年代の頃は、毎回公演する度に満席でも約一千万円程の赤字を出していました。
これを税金で補助している訳ですが、バルの時は少しでもその穴埋めをすべく、全ての値段がギネスブック
扱いでした。いずれの金額も80年台当時のもので、現在の金額はわかりませんが、
入場料は約2万円(これは普通かな)、ミネラルウォーターが一杯約7000円、シャンペン一杯約2万円、
7人入るロージェ(個室)を借りるのは約140万円もしていました。これは個人ではとても無理で、
大使館や何か特別な人たちが借りていたようです。
バル当日は歌劇場にロックバンドが入る唯一の日で、オフィシャルなプログラムが終わると大ディスコテク
に様変わりします。若い人たちはやはりこの方が合っていて楽しいという意見が多いようです。
歌劇場の中には舞台と客席以外にも沢山ロビーや部屋があって、各々趣の異なるバルをやっています。

このシーズン大小様々なバルが催されるのですが、新聞の折り込みにもバルカレンダーというのが
付いていて、ブルーメンバル(花屋協会舞踏会)とか、ポリツァイバル(警察舞踏会)というのまであります。
これを見れば、どこでどういう舞踏会があるのか一目瞭然と分かる訳ですが、
冒頭のシュトラウスの言葉の様に、辛い時代になればなる程、舞踏会の数は増えました。
事実、第一次と第二次の大戦中が最も多く催されたようです。
第一次大戦で領土の75%を失ったオーストリアですが、その後も誇りを保ち、バルの伝統は
したたかに生き続けています。
第二国連、オペック本部の誘致を考案し、まだ緊張の強かった東側への防波堤を一早く築きました。
これは何個師団を持つよりも安全かつ安上がり、一方表面上社会主義を取り、東側へもちゃっかり
気を使っています。

ヨハン シュトラウスの 「こうもり」 は単に楽しいオペレッタとしてではなく、結局は誰にも罪を着せず
全てはシャンペンのせいにしてしまう、成熟した大人の生き方、誤魔化し方、そんなオーストリア、否、
ウィーン気質を象徴している様に思えます。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-02-12 17:20 | ウィーン | Trackback | Comments(0)

母の一周忌に寄せて

昨年の2月、突然電話が掛かって来て、母が危篤状態とのこと。
このまま生命維持の処置を続けるかどうか病院へ連絡を入れる様にと連絡を受けました。

とっさの事で最初はどうして良いか分からず、頭の中は色んな事を一気に考えパニック状態で
右往左往していましたが、先ずは病院へ連絡をと、やっと電話を手に取りました。
病院の説明によると、既に暫くの間心臓の停止状態が続いており、
このまま生命維持を続けても無理だろうとの事で、その処置の停止の許可を求めて来ました。

2日前に電話をした時には元気に話していたのですが、急に風邪をこじらせ結局は肺炎を引き起こし、
それが元で心臓発作を起こしたそうです。

こうして離れて暮らしていると、一人暮らしの母の事は何時も心配をしていましたし、
歳が歳だけに覚悟だけはしていた積もりですが、いざ訪れてみると狼狽えるだけでした。

それでも先ずは日本行きの手配、連絡すべき所には電話を掛けまくり取りあえずは出発、
夜遅く到着した次の日はお葬式の打ち合わせ、その日の内に出棺しそのままお通夜に、
翌日はお葬式、その週の内に納骨までと怒涛のような10日間の短い滞在の間で、
何とかやるべき事全てを済ます事が出来ました。
それには、亡くなった母の準備が私の大きな助けとなっていました。
母も日頃から覚悟はしていたようで、通っていた教会には死んだ場合に備え、
自分の経歴やお葬式、納骨への希望をちゃんと書面で提出していました。
教会も戦前から存在する歴史のある教会で会員数も多く、
この様な冠婚葬祭には手馴れたものでとても心強く、
安心して全てを任す事ができました。

そんな訳で滞在中は感傷に陥る余裕は無く、精神的には返って助かったようです。

母は幼少の頃、溝に落ちて足に大怪我を負いました。
残念ながら当時の医療では治す事ができず、これが先ず彼女の人生に大きな影響を与えます。
生来とても気丈で負けず嫌いの性格でしたが、このような大きなハンディをしょってしまい、
バカにされないようにと母の取った手段は猛勉強をする事でした。

この当時ごく一般的な中流家庭で、7人兄弟の一番上。
弟や妹の面倒を見ながら寸暇を惜しんで勉強をしたそうです。
当然親は学校へ行くなど猛反対、直ぐにでも働いて家計を助けてもらいたい状況と戦いつつ、
先生たちの説得にも助けられて、当時大阪では一番良いと云われていた女学校へと進みました。
ここでも先生や同級生達との、幸運な良い出会があり、
彼女の人生や考え方に大いに影響を与えたそうで、
一緒に飲んでいると一番よくこの当時の事を語っていました。

卒業後は一時鉄道会社にも勤めますが、子供の頃余り旅行が出来なかった彼女は
もっと稼いで思う存分自由に旅行がしたいと思い、洋裁を始めます。
これも随分頑張ったようで、私が生まれた後も年に一度は2週間ほどの大きな旅行をしていました。
文学少女だった彼女が特に思い入れていたのは、芭蕉の奥の細道の足跡を
毎年順番に訪ねて行くと云うもので、本当に一人では行けなくなる80歳を超えるまで、
毎年東北方面へと旅立っていました。
この旅行の旅先でも貴重な出会いがたくさんあったようで、
長年に渡り手紙のやり取りをしている人達がいました。

洋裁も本当に好きでやっていて、何時も楽しい楽しいと云っていましたし、
よく夜遅く、夜中の2・3時まで働いていました。
一時は4・5人位の人を抱えていましたし、洋裁教室までしていたほどで、
その好きと云う点に関しては、何と93歳で他界する直前まで顧客がいたほどでした。

それに文学も並外れた熱の入れようで、自分自身も同人誌に加名し毎月エッセイを書き、
ペンネーム(松田伊津子)まであった程です。それには文章を書くだけでなく毎年それぞれがテーマを決め、
その研究を発表するのだそうで、彼女は90歳を超えた時点で「カラマーゾフの兄弟」に取り組み、
シンドイ、シンドイと云いつつもあの大作を読んでいました。
新聞に投稿するのも好きだったようで、エッセイや短歌がよく全国紙に取り上げられていました。

そんな訳で喋るのも大好き、よく町内の図書館や文学の集まりなんかでも人前で話をしたりで、
近所の人達によるとこの辺ではスーパー婆ちゃんとして有名だったそうです。
その噂を聞きつけた市長さんまで挨拶に訪れた程でした。

もう冗談を云いながら一緒に飲めないのが寂しいのですが、
机の上にはポートレートの写真が置いてあって(本来そのような趣味はないのですが)、
何だか一緒にドイツまで付いて来たような気がして精神的にはより近くにいる様な気がしています。

あれだけ再びドイツへ行きたいと云っていましたし、
機会があればあちこちでの出来事を書いたエッセイなどもここでご紹介したいと思っています。

今回はちょっと季節外れですが、一昨年の丁度クリスマスに朝日新聞に掲載され、
これが彼女の絶筆になったショート・エッセイをご紹介させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心に残る終戦のクリスマス」 小貫文子

 私は20歳のとき洗礼を受けたので、今までに74回クリスマスを経験したことになる。
その中でも、終戦の年のクリスマスは生涯印象深いものとして今でも脳裏に残っている。

 大阪府南部の日本キリスト教団堺教会での礼拝の帰り、夜遅く一人で最寄駅への坂道を
のぼっていると、前方から二人の進駐軍兵士が近づいてきた。彼らは私に「メリークリスマス」
と言ってほほ笑みかけた。突然のことでびっくりしたが、私も「メリークリスマス」とほほ笑み返した。

 「これが平和というものだ」。昨日まで殺し合っていた者が、今はお互いにクリスマスを祝福している。
寒い夜の空気の中、私は体中が熱く燃えた。彼らと交わした言葉が最高の贈り物となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-02-11 03:00 | 所感 | Trackback | Comments(0)

散歩で見つけたもの

a0280569_21344027.jpg

退院後も未だ喉は痛いし、初めてアレルギーを体験して微熱もあったのですが、
家にいても腐るだけだし、せっかく晴れたので近くへ散歩に出かける事にしました。

目指したのはバスに乗ってそれ程遠くないのですが、ちょっと高台があって、
a0280569_2135553.jpg
以前からきっとこの辺りからはアルプスが良く見えるだろうなと思っていた所でした。

この辺もちょっとした散歩コースになっていて、そこそこの人々が歩いています。
折しも昨日降った雪が積もっているので、ソリを持った親子連れもいます。
暫く歩くと広い斜面があって、正しくソリ用の斜面である事が表示されていました。

フト横にある建物が気になって良く見てみると、それは斜面に突き出た物見台で、
そこから良くアルプスが見える様になっています。
しかも中々素晴らしいデザインで、結構優秀な建築家が設計したと思われます。
作りもしっかりした物で、鉄骨の骨組みに染色を施した木で、
3箇所ある台のカラー・コーディネイトをしています。
其々の部分には窓があって、これらの風景を窓で切り取り、非日常的なアートとして捉えることができます。
こんな物はあってもなくても良いような物なのですが、この辺にもこの国や市の余裕を感じ
嬉しく思っています。

眺めも期待通り遠くアルプスのパノラマが広がり素晴らしいものでした。

斜面をダラダラと下り、川の方まで歩いてみたくなりました。

暫くは林の中の散歩道を歩き、住宅地へ出てきました。
この辺も中々素敵な建物があって楽しめます。

大通りへ出たところで、最近出来た感じのモダンな建物。
a0280569_21354265.jpg

そこにはフライ・クライミングと書かれた看板が掛かっています。
ちょっと又気になる物件が現れました。

中に入ってみるとそこそこ大勢の人が来ています。
ロビーにある窓ガラスからもうクライミングの部屋が見えています。
それは建物の4層分位ある大きな部屋で色んな形をした壁面が設置されていて、
多くのクライマー達が思い思いのコースにトライしています。
a0280569_21361428.jpg
地下にある入口から入って覗いてみましたが、それはそれは本格的に作られていて
見ているだけでも楽しいものです。
床も安全を考慮して全体がフワフワしています。

a0280569_21364865.jpg
それにしても大きな施設で、あちこち見て回ると、これ以外にも別の同じ位大きな部屋があって
ここでは縄梯子やロープが張ってあって又別のクライミング・スタイルの設備が備わっています。
それに階段状の見学できるスペースまで備わっていて、こんな所にも余裕を感じます。
ここでは子供たちも手慣れた感じで自由に遊び回っていました。

他にも又別のスタイルの天井にまでホルダーが付いた小部屋があったり、
子供用に遊園地の様な楽しい装飾が施されたクライミング設備があったりで至れりつくせり、
当然ながら外壁にも登れる様に、無数のホルダーが付いています。
a0280569_21371492.jpg

このスケールとこんな手の込んだ物を作ってしまう粘り強さはさすがドイツ人と感心させられます。
あの戦後、瓦礫を拾い集め、時間を掛けて街を再建した粘り強いドイツ人健在といった処です。
a0280569_21374493.jpg

これを見ていてフト昔ウィーンで観たオペラ「ボリス・ゴドノフ」の装置を思い出しました。
それは私の崇拝するシュナイダー・シームッセンのデザインで、ボリスの戴冠シーン、
クレムリン宮殿内なのですが、そこには無数のイコンがこれでもかと云うほどの数で飾られています。
しかもそれらは絵ではなく、ちゃんとした丸物(レリーフ状)で、それはそれは圧倒されました。
後日、この装置の仕込みを見学するチャンスがありました。
一体どれほど飾られているのか気になりますし、かつて舞台装置に携わった人間としては、興味深々です。
普段、舞台装置のデザイン画は当然ながら客席中央のバルコン席あたりから見た角度で描いていますが、
絵は平面に対し実際の装置では奥行が結構あり、ヘタをすると立体感がなくなったり、
ボリュームに欠けたりする事があって気を遣うポイントです。
それにどの席から見ても可笑しくないように、客席の特に端っこ、
一番前の両サイドや桟敷からも見て何か変なものが見切れていないかチェックをしたものです。

この日も一番前のサイドへ行って、もうオーケストラ・ボックスまで乗り出すように見上げましたが、
何と遥かプロセニアム・アーチを超えて上の方までイコンが飾られています。
しかもそこまでレリーフ状の丸物が、これには感心どころか、この粘り強さ、
これでもかのシツコサには、もう圧倒されてしまいました。

かつて日本を代表する素晴らしいピアニストだった故園田高弘さんも、
「我々普段お茶漬けなどをサラサラ食べている日本人には、到底ブラームスなどは弾けません」
と、どこかで云っておられましたが、
この精神的にも体力的にも粘り強いドイツ人に対し、
感心するとと共に時々はシンドイなぁ~と感じています。

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2013-02-03 21:37 | ミュンヘン | Trackback | Comments(0)