<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「日本が愛した印象派展」 ボンから

この週末は最高気温が5度と冷蔵庫なみに冷え込みましたが、ボンで開催中の「日本が愛した印象派展」を見に行ってきました。
a0280569_141872.jpg

会場は幾つかキャラクターが違うのミュージアムから構成された“Museumsmeile”の一つ“Bundeskunsthall“で開催されています。
a0280569_152059.jpg

会場にはすでに大勢の鑑賞者が訪れていてドイツ人もこの展覧会に並々ならぬ興味があることを伺わせました。
それに、学芸員の誘導による15・6人のグループがひっきりなしにやって来ては熱心に説明を聞いていました。
a0280569_155561.jpg

展覧会の構成は最初に日本地図が壁面に大きく描かれていて、
全国にあるどの美術館にどの様な印象派の絵画が所有されているのか表示されていました。

展示はペリー来航から始まり、明治維新へと移り、
急速に西洋化に向かっていく様子が興味深い浮世絵と写真で説明されていました。

そして西洋画家を目指した日本人画家たちはパリに向かいますが、
ちょうどその頃は印象派の画家たちが健在で活躍していた時代でした。

逆に印象派の画家たちは、輸入され始めた浮世絵に大きな衝撃を受け、
その画面構成の大胆さや平面的感覚に大きな影響を受けるのもこの時期からでした。

これら展示されている浮世絵はモネが所有していたもので、ジベルニーのモネ財団から貸し出されています。

そして、いよいよ日本人による印象派の収集が始まります。

印象派への先駆者であるクールベからコローそしてミレーが数点ずつ展示されています。
それにしても今更ながらコローの風景画は素晴らしいの一言です。

印象派の絵画は年代順にマネ、そしてピサロとシスレーの数点から始まります。

次の部屋には日本収集史上、最大の松方コレクションで有名な松方幸次郎の紹介と、それらが展示されている西洋美術館、
そして彼の姪御さんでパリに駐在中にモネと懇意になった黒木竹子さんにも焦点をあてていました。
a0280569_174290.jpg

同じ部屋にはもう一つの大きな収集で知られる大原美術館から大原孫次郎の紹介、
そしてコレクションを率先して世話をした画家、児島虎二朗に焦点をあてていました。

引き続きモネのロンドンでの国会議事堂から睡蓮まで、ルノワールの数々と充実した内容です。
a0280569_182040.jpg


a0280569_184617.jpg
セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、シニャックと経て、
いよいよ印象派から影響を受けた日本人画家の絵が纏まって展示されています。

児島虎二朗の大きな「朝顔」と題された二点を始め、
黒田清輝、和田栄作、藤島武二、青木繁の大作が展示されています。
a0280569_192489.jpg

特に、明治から大正の日常風景を描いた作品からはノスタルジックな日本の情景が
ほのぼのと伝わってきて味わい深く鑑賞していました。
a0280569_193843.jpg

a0280569_195376.jpg

全体としてこれだけ日本中に散らばっている印象派の絵画や、日本人画家の作品群を一堂に会して見る機会は先ずないでしょうし、
画集でも見たことのない個人所有の作品に出会えたり、質の高い名品が集められていてとても充実した展覧会でした。

ここでは絵画のみならずロダンやブールデルの彫刻も展示されていますが、
会場が若干狭く、無防備に置かれた展示台に見学者がブツカリやしないか心配になりました。
a0280569_1102550.jpg

それでなくてもドイツ人はあまり回りに気付かない人が多いので心配です。

以下はこのミュージアムの日本語による案内と、共同で企画をした東大の三浦先生のブログ・サイトです。

http://www.bundeskunsthalle.de/ausstellungen/japanese-language.html

http://post-realiste.blogspot.de/2015/10/blog-post_18.html


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2015-11-24 01:10 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

「講演会を控えて」・・・

来る12月2日に講演会の依頼が入っています。

それはある企業グループが毎年開催している講演会の一環ですが、
今までは経済の話とかちょっと堅い内容が多かったそうです。

その企業グループの誰かが私の掲載しているコラムを読んでおられて、
「コイツはひょっとして面白い話をするかも知れない!」と白羽の矢が当たったようです。

9月に内容の打ち合わせをし、テーマについて話し合いましたが、結局は「なにか絵に関する話を・・・」と云う希望で
日本人にも馴染み深い印象派に焦点を当てて話すことになりました。

どの様な話をしようかと、あれこれと思い巡らし「印象派の旅」と題して話すことにしました。
a0280569_2373343.jpg

彼らがどの様な時代背景を経て印象派と云われるグループを形成して行ったのかに始まり、
各々の画家に焦点を当てながら、その生涯を通じた表現スタイルや描かれた場所を訪ねるといった内容などを話す予定です。
a0280569_238558.jpg

9月から準備をし始め、今までは概念的に印象派のことを知っていた積もりですが、確信を得る為に調べ出したらドンドンと深みにはまってしまって、
この2ヶ月半ほど毎日が印象派浸けの日々を送っていました。

やっとプレゼン用の資料も完成したので、今日の午後から会場の下見を兼ねて、機材のテストや打合せをしてきました。

いよいよ再来週に迫ってきましたが90分という短い時間内に何処まで話せるか心配をしているのですが、
せめてモネ辺りまでは話したいなと思っています。

ところでタイミング良く、ちょうどボンの美術館で「日本が愛した印象派」と題した展覧会が開催されています。
a0280569_2384472.jpg

それは印象派と日本の関わりに焦点を当てた展覧会で、今まで海外では知られていなかった深い関係を展示するもので、初めての試みだそうです。

そう云えば日本は長い鎖国を終え、明治以降初めて西洋芸術を学び出した時期は、ちょうど印象派の人たちが活躍していた真っ只中でした。

逆に彼らも初めてフランスへ輸入されだした「浮世絵」を見て、衝撃と共に大きな影響を受けました。

この展覧会には世界でも有数の印象派コレクションがある日本から集められていますが、
同時にこの時代に彼らから影響をうけた児島虎次朗を初め日本人画家の作品も展示されているようです。
a0280569_2392383.jpg

普段、日本へ行っても上野の「西洋美術館」、東京八重洲の「ブリジストン美術館」、
それに倉敷の「大原美術館」では纏まって印象派の絵画を見ることが出来るのですが、
それ以外は日本中の美術館に散らばっていますので、この様に一堂に会して見る機会はありませんでした。
a0280569_2395593.jpg

この週末からはグット寒くなりお天気も悪い予報ですが、頑張ってボンまで見に行こうと思っています。




by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2015-11-19 02:40 | デュッセルドルフ | Trackback(1) | Comments(2)

「パウル・クレーのこと」

秋晴れに誘われてホーフガルテンを歩きました。
a0280569_7423691.jpg

途中フトこの近くにパウル・クレーが住んでいたアパートがあることを思い出し前を通ってみることにしました。
a0280569_7431052.jpg

クレーが住んでいた通りは”モーツァルト通り”と偉大な芸術家二人が関与しています。
a0280569_743324.jpg

白壁のアパートはこの偉大な芸術家が住んでいたとは思えないような、ごくごく一般的なアパートです。
a0280569_7435797.jpg

1931年から33年までバウハウスを退官された後、ここでアカデミーの教授をされていました。
a0280569_744197.jpg

在職期間がたった3年と短いのは残念ですが、これは当事台頭してきたナチスが退廃芸術の弾圧を始めだし、
クレーにもその矛先が向けられ身の危険を感じた一家は故郷のスイスへと逃れました。

このような事がなければデュッセルドルフの美術界も違った歴史を辿ったかも知れません。
a0280569_7452340.jpg

クレーはご存知の通りマルクと行ったチュニジア旅行で、その明るさや独特の装飾形式に大きな衝撃を受け、彼の画風が一変します。

その後は色と形状の研究を積み重ね、ファンタジー溢れる独特の領域を編み出して行きます。
a0280569_7454530.jpg

何を隠そう私自身も浪人をしていた時期にクレーが使う色をサンザン研究した事がありました。

その頃はカラーリングに全く自信がなくて、どうしたら綺麗な配色が出来るだろうかと模索をした末に
「そうだ一度クレーと同じ色を作り、同じような配色したらどうか。」と思いつきました。

彼の絵は紙だけでなくキャンバスはもとより新聞紙や麻布など色んな素材に描いていて
色も当然ながらベタな単色ではなく、微妙なマチエールが重なりあった複雑な混色になっています。

そこからパッと見た基本となる色を選び、なるべく近い色を作りだしました。

それを今度は画面上に大体何パーセント位の割合で配色しているのかを割り出し、
自分が構成したデザインに似かよった割合で色を置いてみましたら、
まぁどうでしょう見違えるほど綺麗な配色で仕上げることに成功しました。

そんな訳でクレーさんは私にとっては密かな先生の一人で特別な思い込みがあります。

それにもう一つクレーさんからヒントを貰ったは今連載しているコラムのタイトルでした。

この依頼を受けて文章の内容をアレコレと練っていましたが、自分が生きて来た中で、
やはり余り普通ではない面白い体験談を載せるのが良いかと決めました。

その殆どの内容は普段、仕事をしながらも自分の好きな別世界で体験した出来事でした。

タイトルを考えているうちにクレーの一枚を思い出しました。

それはケルンの美術館にある”Hauptweg und Nnebenwege ”という絵で、
下から上に延びる一本のメイン通りに脇道が複雑に絡み合った絵です。
a0280569_7472994.jpg

このどちらの道も綺麗な配色がなされ、人生一つのメインを歩むのも良し、
脇の道に逸れるのも良し、要は上手にバランス良いハーモニーで進むのが良いのでは。・・・と云っているようです。

そうだコレだ「脇道」・・・「寄り道」・・・時間は掛かるけど寄り道は楽しいものです。
我が人生なんて殆どが「寄り道」ばっかりの気がするのでこのタイトルに決めました。

さてクレーさんはデュッセルドルフとも関係があったので、
ここの美術館にもチュニジアでの絵を初めそこそこの数が展示されています。
a0280569_74827.jpg

そのうち機会があったらベルンにあるパウル・クレー・センターも訪れてみたいなぁと目ろんでいます。
a0280569_7481980.jpg

処でKlee(クローバー)って可愛い名前ですね。・・・


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2015-11-09 07:48 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

「ブロムシュテットとウィーン・フィルの演奏会から」

先日、ブロムシュテットとウィーン・フィルの演奏会があってケルンのフィルハーモニーへ行ってきました。
a0280569_2202223.jpg

演目はベートーヴェンの交響曲8番と7番と云う初演時と同じ組み合わせでした。
a0280569_2213315.jpg

ブロムシュテットさんは正統派の指揮者として長年活躍されていて、その実力は誰もが認める指揮者です。
もう88歳と云う高齢にも関わらず、驚くほどお元気に活躍されています。

これだけ実力があったにも関わらず、このウィーン・フィルに招かれたのは、つい最近2011年のことで、
それもザルツブルク音楽祭で予定していたアーノンクールが病気になった為、急遽代役として呼ばれたものでした。

80歳を超えた指揮者が初めて招かれたのは、大昔のピエール・モントゥー以来のことです。

それにはブロムシュテットとウィーン・フィルという対極の資質ゆえ控えられて来たのでしょうね。

徹底した菜食主義者で、余計なものを一切表現しない禁欲的で筋肉質な演奏を心がけてきた指揮者に対し、
ウィーン・フィルといえば柔らかく豊麗な響きで、ちょっと厚化粧ながらその魅力をプンプンと醸しだすオーケストラです。

まぁ普通に考えると、「これはギクシャクしてしまうのでは~」と思ってしまいます。
唯、一つ共通点といえば、それはお互い正統的な良い音楽を目指している所でしょうか。
(これが一番大事・・・と云いながら私自身がどこまで分かっているのかは疑問が残りますが・・・)

ウィーン・フィルを聴くのも久しぶりだったので、どんな演奏になるのか楽しみにして登場を待ちました。

コンサート・マスターのキュッヘルさんを先頭にオーケストラが左右から登場しました。

オーケストラによっては全員が登場し終わったあとから、登場するコンサート・マスターがいて、
その存在感をアピールしていますが、一番の責任者ですからウィーンやベルリンのように最初に登場してもらいたいものです。
(まぁウィーン・フィルには4人もコンサート・マスターがいるので、こんな芸当も出来るのでしょうか。)

調弦も普通は一番音程が安定しているオーボエのミの音に全員が合わせるのが常ですが、
ウィーン・フィルはコンサート・マスターが最初に音を出し、その音程に全員が合わせます。

いよいよブロムシュテットさんの登場です。
スリムで長身の指揮者はその歳を全く感じさせない足取りで颯爽と現れました。

威厳をもってと言うよりも腰の低い振る舞いで挨拶を終え、8番の交響曲が振り出されました。

「ジャーン、ジャジャジャ ジャン」と颯爽とした出だし、
それは気品が保たれた明るさで、それに柔らかく木管群が引き継いでいきます。

其々の小節の頭も程よいアクセントが付けられ、引き締まった印象を与えています。

リズム、テンポとも歳を全く感じさせない溌剌としたものでグイグイと引き込まれていきました。

1楽章はあっと言う間にすぎ、緊張感を漂わせながら休むことなく
2楽章の冒頭を管のリードを伴って弦が可愛く刻みはじめました。

ここでは弦と木管との微妙な旋律のやり取りが、絶妙なニュアンスで掛け合っていて
「ウッ~ キレイ…」と思わせる瞬間が次から次からと現れます。

やっと休憩が入って3楽章へと入っていきました。
大きくウネル音型は柔らかい弦で受け止められ、自然とこちらの体も心地よく揺られているようです。
曲が盛り上がりトランペットがファンファーレ的にアクセントを付けたあと、
ホルンが絶妙なタイミングで繋いで行きます。
とうとうと流れる音楽に身を委ね良い心持に浸っていました。

ここでも休むことなく小刻みに弾き出されたヴァイオリン群で4楽章は始まりました。
金管群も加わり曲はフィナーレに向かって盛り上がって行きますが、
ここでも品位が保たれウルサク感じる所などは皆無です。

あくまでも柔らかく奏でられる響きの中で、その心地よい音の洪水に身を預けていました。


それは休憩後に演奏された7番の交響曲でも同じで、冒頭のアインザッツ「バ~ン、」
とフォルテッシモで全奏されても引き締まった響きに柔らかさが保たれています。

頭の一撃を聴いただけでも心地良いのですが、「チャチャチャチャ、チャチャチャチャ」と弦が絶妙に刻みだし、
それを新しい音型で木管群が柔らかく語り出します。

特に静かに始まる2楽章における弦のやり取りは絶妙で、なん度も「オッ~」と云ってしまいそうになります。

最初の所ではコントラバス、チェロを伴奏に伴い珍しくヴィオラが主旋律を静かに奏でるシーンがありますが、
もう萌えるような弱音が浮き上がり、もうウットリとしているだけです。

3楽章からは金管や打楽器が今までより活躍することが多くなりますが、
金管は相変わらずウィーン風の渋くて円やか、
それに何時も感心するのですがティンパニーが上手いこと。・・・
連打する部分でも一打一打、表情に味わいを付けた深い演奏には感心させられます。

「ジャンジャカジャン」の全奏で始まる最終楽章では益々勢いが増し、
グイグイと爽快に進められて行きますが、ここでも丁寧に表情が付けられていて荒さは微塵もありません。

フィナーレも推進力満載で盛り上がりますが、ちゃんとした抑制は効いていて、
「フ~ム、大人の演奏だなぁ」と感心しました。

初演時では7番の2楽章がアンコールとして演奏されたそうですが、今日は「エグモント」序曲でした。
これも引き締まった中にも柔らかさや潤いも保たれた素晴らしい演奏でした。
a0280569_2221797.jpg

普段の定期公演ではアンコールはありませんが、ツアーの時は普段ウィーン・フィルを
余り聴く機会のない人たちの為にアンコールを取り上げてくれるのはありがたいことです。

それにアンコールで取り上げるような小品は普段のコンサートでは
中々聴く機会が少ない曲が多く、これも嬉しい限りです。

もう10年以上前でしょうか、やはりこのホールでムーティとウィーン・フィルでもアンコール曲を演奏してくれました。
いきなり「ジャン!」と全神経を集中させた衝撃的な一撃がうたれ、まるで雷に打たれたような衝撃が全身に走りました。
それはヴェルディの「運命の力」序曲でしたが、わが生涯でも一生物の名演奏で、
その呪縛に取り憑かれたように暫くこの曲を追っかけたことがありました。

偶々でしょうがウィーン・フィルが何年かにわたり、続けてこの曲を取り上げた事がありました。
指揮者はゲルギエフを初め、メータではオペラ全曲をそして最後は同じムーティでしたが、
このアンコールでの衝撃ほどではありませんでした。

生の演奏では演奏者にとっても思いもかけない瞬間が降臨するのでしょうか、これがあるから演奏会はたまりませんね。

さて、このホールは親切でクロークにスイスの「ノド飴」(Ricola)が置いてあって自由にとれるのですが、
この日はなんとホールから出てきた人々にビールを配っています。
a0280569_2224869.jpg

a0280569_223467.jpg

地元のビールKölsch (ケルシュ)はアルコール度も低くちょっとスカッとした味わいですが、
a0280569_2232533.jpg

演奏を聴き終わったカラカラの喉にはありがたい潤いで、一気に飲み干してしまいました。



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2015-11-08 02:23 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)