<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「シューマンとブラームス」(ドイツ・ニュース・ダイジェスト2月のコラムより)

a0280569_0211248.jpg

シューマンとブラームスの最初の出会いは私の住んでいるデュッセルドルフでした。

それはシューマンが刊行していた「新音楽時報」の中で
[バッハに始まりベートーヴェンを頂点とした正統ドイツ音楽の重要性と回帰]を読み
感銘を受けたブラームスが共通の知人だった名ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒム
の紹介状を持って、ハンブルクからこのビルカー通り15番のアパートを訪れたのでした。
a0280569_0215390.jpg

a0280569_022994.jpg

a0280569_0222290.jpg

早々に持参してきたピアノ・ソナタの1番を披露した処、シューマンは一旦演奏を止めさせ
別室にいたクララを連れてきて「もう一度最初から弾いてくれないか」と頼むほどでした。
a0280569_0223552.jpg

この青年に輝かしい才能を見出したシューマンはその後「新しい道」と題した論評で
ブラームスを紹介し20歳にして音楽界に知られる存在となりました。

すっかり気に入られたブラームスは1ヶ月に渡り滞在していますが、
その後クララとは生涯に渡り付き合うことになるとは、この時は想像できなかった事でしょう。

滞在中、ローレンスという画家に横顔の肖像画を描かせていますが、
一般的に知られている髭モジャのブラームスからは想像できないほどスリムなハンサム・ボーイです。
a0280569_0225872.jpg

a0280569_0231326.jpg

この訪問はシューマンにとっては久しぶりの明るい出来事でした。

というのも彼はデュッセルドルフに来る前から、相当酷い精神病に掛かっていました。

クララとの結婚を巡り、クララの父親で彼のピアノの師匠でもあったフリードリッヒ・ヴェークから
執拗で屈辱的なまでの反対を受け、裁判にまでなったことが病の原因の一つだと指摘する人もいます。
この時の精神的ダメージが大きな影となってシューマンに圧し掛かっていたのでしょうか。

このデュッセルドルフではオーケストラと合唱団の音楽監督という立場でしたが、
作曲された代表作は何と言っても「ライン」と副題が付いた交響曲3番でしょうか。

初めて見るラインに感銘を受け、そこに尊厳すら感じ取り、
とうとうと流れるラインの力強さや憧れ、そしてウキウキをした気分までも表現しています。

この曲からは到底、彼の精神状態は想像できませんが、
翌1854年2月カーニバルの日にラインに掛かる橋から身を投げてしまいます。
(この橋は現在ありませんがブルク広場の大階段辺りに船を連ねた上に橋桁を架けただけの低い橋があったのが当時の挿絵から伺われます。)
a0280569_0234111.jpg

この時は偶々通りかかった漁船に助けられますが、
入院したボン近郊の療養所では充分な治療を受ける事もできず2年後に亡くなってしまいます。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-02-28 00:25 | コラム | Trackback | Comments(0)

ヴィリー・ボスコフスキー(Willi Boskovsky 1909-1991年)さんの思い出

1月は日本へ行っていましたので、もう2月とえらい時期が遅くなりましたが、
このコラム記事を載せておきます。
a0280569_19513635.jpg

ニューイヤー・コンサートは今ではお正月の風物詩としてすっかり定着していますが、
ヨハン・シュトラウスⅡ世と同じようにヴァイオリン片手に25年間も指揮を執っていた
ヴィリー・ボスコフスキーさんの時代に世界中の人々に親しまれるようになりました。
a0280569_19515333.jpg

処で、超大昔のある年、大学受験で上京していましたが結果は見事に不合格。・・・

落胆して雪道をトボトボと帰路に付いていましたが、
ふと「確か今日はウィーン・フィルでワルツの夕べがあるはずだ!」と思い浮かびました。

ひょっとしてチケット売り場は開いているかもしれないと、当てもなく会場の武道館を目指しました。

ガランとした広場には人気もなく空っ風が空しく吹いているだけです。

諦めて返ろうとすると、何処からとなく音が聞こえてきます。

これはひょっとしてと、音が聞こえて来る方へと向かうと、
太いケーブルが敷かれていて一箇所ドアが半開きになっていました。

「そうかTV中継をするのだ!」と、恐る恐るドアを開き中へ入ると・・・な、
何とリハーサルの真っ最中ではないですか・・・

二階席でポツリと座っていると、「そこの君、こっちへ降りてきて!」と誰かが叫んでいます。
いやぁこれは叱られるのかと思ってヒヤヒヤしながら降りていくと、
どうやらバイトのスタッフと間違えられたようで「これ、ステージの上に持っていって!」と、
楽器を運ばされることに。 「ハイハイ!」と二つ返事で手伝っていました。

休憩に入りTVスタッフは皆帰り、私はたった一人で客席の最前列にポツリと残りました。

リハーサルは続きますが、ウィーン・フィルの皆さんは和気藹々とした雰囲気で楽しそうです。

「常道曲」では途中で「und so weiter, und so weiter」と指揮者の掛け声で止まる決まりなのですが、
ファゴットが造反し、止まるどころかパカパカ・パカパカとものの見事に吹き続いています。
これには全員から喝采が起こり大笑いとなりました。

その後もポルカ「狩り」では打楽器奏者がボスコフスキーさん目がけて銃を撃つと
彼も胸を押さえて撃たれた格好をしていました。

リハーサルも終了しサインを恐る恐るボスコフスキーさんにお願いしましたら、
ニコニコとしながら気軽に応じてくれました。
握手までしてくれましたが、その時私の薬指にガチッと当たるものを感じました。
フト見るとそれは四角い立派な黒ダイヤが付いた指輪でした。

彼はスイスで亡くなりましたがお墓はウィーンの中央墓地で眠っています。
ボスコフスキーさんは、やはりウィーンが良く似合います。
a0280569_19521923.jpg



by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-02-08 19:53 | コラム | Trackback | Comments(0)

日本滞在 8. (最終日は柴又へ)

長かった日本滞在も、いよいよ最終日を迎えましたが、
気持ちは何となく柴又へと向かいました。

それほど熱心なファンではないのですが、あの「寅さん」の舞台を見てみたいなぁと思っていました。

そこそこ長い道のりでしたが電車を乗り継いで「柴又駅」に到着しました。
そうそう向かいの上りホームは見送りのシーンで何度も登場し見たことのある光景です。

駅前には「寅さん」と、それを見送る「サクラ」の銅像が建っています。
a0280569_0585354.jpg

何人もの人たちが記念撮影をしているので、隙間から「ヘェ~これがそうか・・・」と
訳の分からない事を思いながら眺めていました。

ボランティアの方でしょうか、年配の紳士が色々と説明をされていますが、
皆さん熱心に聞いておられて、今なお「寅さん」は人気があるのだなぁと思わされました。

駅前を後にし、「帝釈天参道」へと向かいました。
a0280569_0592570.jpg

まぁ映画の中でもお馴染みの商店街が現れました。
どのお店も味わいがあり昭和の香りが残っていて、ゆっくりと眺めながら帝釈天へと歩を進めました。
a0280569_0595375.jpg

途中、「とらや」と掲げられた看板の店も覗いてみましたが、こちらはお食事処で、
モデルになったお店はどうも数軒手前にある別のお菓子屋さんのようです。
a0280569_10461.jpg

a0280569_104696.jpg

帝釈天も立派なお寺で、特に本堂の前に生えている「松」は立派で枝が左右に大きく広がって見ものでした。
a0280569_1181.jpg

何処からとなく読経の声が聞こえてきて、「フム、フム中々味わいがあるなぁ~」と思っていましたが、
それはテープで流されていました。

その読経に混じって今度は「寅さん」のテーマ音楽が被ってきて、
この音響の交じり合いはちょっとシュールで笑ってしまいました。
a0280569_113055.jpg

帝釈天を後にし、「寅さん記念館」を目がけお寺の裏へと進んでいきました。

裏手には「山本亭」と云う立派なお屋敷があって、見学もできるのですが、「寅さん記念館」へ通り抜けられるようです。
a0280569_115415.jpg

a0280569_123235.jpg

a0280569_124976.jpg

a0280569_132100.jpg

山本亭を後にして江戸川堤の脇を記念館目指して階段をよじ登りましたが、そこそこキツイ階段でした。

入るかどうか一瞬迷ったのですが、まぁもう一度ここへ来る機会はないでしょうし見学することにしました。

入ると直ぐに昭和初期の街並みを再現したジオラマが現れます。
多分、ここの商店街だと思いますが、中々ノストラジックです。
a0280569_132758.jpg

次に部屋は、紙芝居宜しくボタンを押すと窓の向こうに明かりが付き、寅さんの生い立ちを順番に人形劇で表現しています。

この辺のことは映画では紹介されていない部分ですが、「寅さん」の子供時代を通じて昭和の歴史を追っているようで、興味深いものでした。

途中、小さくて可愛い車両が展示されていて、何だろうかと説明を読んだ処、
これは現在の京成金町線にあたるのでしょうか、昭和初期にあった人力の車両でした。
a0280569_145842.jpg

中は狭く精々6人で一杯かと思ったのですが、10人も押し込んだそうです。
多分、帝釈天のお参りのために敷かれたと思うのですが、
向かいにはそのジオラマ模型が展示されていて、ちゃんと人が押して動かしていました。

それにしても、昔を偲ばせる模型が、ちょっと気に入って暫く眺めていました。
a0280569_15263.jpg

さて、「寅さん記念館」を後にし、江戸川の土手へと出ました。
ここもよく映画に出てきたシーンです。
a0280569_16474.jpg

遠くに「渡し」らしき船着場を見つけました。
あれは多分「矢切の渡し」なのでしょう。
a0280569_161899.jpg

ちょっと遠かったのですが、せっかくなので行ってみることにしました。

この日は寒かったのですが、良いお天気なのでパラパラと川原で寛いでいる人たちもいます。

冬場は運行をしていないそうで、まぁ寂しげな船着場ですが、返って味わいがあったかも知れません。
a0280569_182773.jpg

まぁ歌でしか知りませんし、といって歌もそれほど詳しくはありませんが、
この寂しさには何だか訴えてくるような雰囲気が漂っていて、すっかり気に入ってしまいました。
a0280569_184435.jpg

何だか私自身も寂しくなったような感傷に陥りかけましたが、
いやいや気を引き締めて、明日は遠路帰らなくてはなりません。

日本では3週間と今までで一番長い滞在でしたが、その間お世話になった方々、
そして一緒に飲んで頂いた方々には、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

今回は体調も何とか持ってくれて、凄く楽しい毎日でした。
もう直ぐにでも又行きたいなぁと、数々の飲み屋のシーンが走馬灯のようにグルグルと回っています。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-02-06 01:18 | 日本 | Trackback | Comments(0)

日本滞在 7. (いよいよ東京へ)

関西方面での予定はすべて終了し、いよいよ東京へと向かいました。

もう,この夜から早速に「飲み会」が入っていて、
これから連日に渡り嬉しい「飲み会」の日々が待ち受けていますが、
体力が持つか一抹の不安があったのも事実です。

ホテルに到着し一休みを取ってから指定された場所へと向かいました。

東京駅、丸の内側のOAZOと言う新しいビルにあるイタリアンだそうですが、
それにしても東京は大都会・・・
モダンでお洒落なビル群には、いやが上にも自分が田舎者だなぁと痛感させられ、
ウロキョロしながら歩いていました。
a0280569_04345100.jpg

最初に遭遇したエスカレータに乗り込み上に登ると「丸善」の入り口が現れました。
そうそう「丸善が入っているビルだ!」と聞いていましたので迷わず入りましたが、
通り抜けられそうな所が見付かりません。

何階か移動してみましたがここは袋小路のようになっていて出る事が出来ず、
山済みに展示されている改訂したての「広辞苑」を恨めしく睨みながら振り出しへと戻りました。

もう一度1階にある案内板で確認すると、何と別のブロックからしか行けません。
気を取り直して向かいました。

やっと辿り着くと、もう半数以上が集まっていました。
a0280569_0441552.jpg

この日はムサビの卒業生たちとの飲み会でしたが、私が助手として勤務していた時に、
2度も担当したクラスなので特に親しく付き合っています。

もう皆さん60を過ぎているのですが、さすが美大だけあって若々しく元気です。
a0280569_0444967.jpg

とくに元気なMちゃんは殆ど喋りっぱなしで場を盛り上げてくれます。
そこにもう一人元気なNちゃんが加わると、もう賑やかさはマックスに達しています。

当日は私以外、男性が一人だけと言う、殆ど女子会の様相でしたが、
話しは弾むし、もう笑いが絶えずあっと言う間に時間が過ぎていきました。

二次会でも大いに笑い、時間が過ぎるのが憎いほどでした。

さて、一夜が明け昼間は六本木周辺の新しいビル群を散策し夕方を迎えました。

今夜は三軒茶屋の飲み屋で集合です。
この日も女子会に乱入の様相・・・数年まえに一緒に仕事をした飲兵衛の三姉妹との飲み会でした。

さすが選んでくれた店は渋い雰囲気の居酒屋さんでいかにも飲兵衛の心を揺さぶるような魅力を醸しだしています。

生憎の雨の中、飲み屋街をうろうろと迷っていましたが、
どの店も味わいがあって何処に入っても良いような感じでした。
a0280569_0451642.jpg

ようやくお目当ての店に辿り着きましたが、店先からすでに期待できるオーラを放っています。
a0280569_0503720.jpg

まずは、とりビーで乾杯したあと、凄い種類を揃えていて、この店の売りでもある日本酒へと移行しました。
a0280569_0461465.jpg

日本酒は一升瓶で4人分、別々の種類が運ばれて来ました。
a0280569_0464026.jpg

女将さんと思しき女性が「これは何処そこの、
何と云うお酒で、味はコレコレシカジカ・・・」と江戸っ子弁の早口で説明してくれます。

おお、この間までの緩い雰囲気の大阪とは違って、
今はお江戸に来ている事をいやが上にも思い知らされた瞬間でした。

お酒は4人とも違う種類なので、其々が回し飲みをして味比べ・・・
いやぁみんな“酒飲み”です。

あれこれと酒談義をしながら4・5ラウンドしたでしょうか?
かれこれ20種類位のお酒を試飲した格好になりますが、
どれも美味しくてドレが何だか分からなくなっていました。

美味しい魚に美味しいお酒・・・話題も楽しく、この夜も大いに笑いました。

そして、最後の飲み会は昔、Telecomと言う大きなイベントがあった折に
一緒に仕事をした人たちと一献ということでした。

このイベントは何年にも渡って4年毎に開催されたのですが、
集まってくれた人たちは初期から開拓された大先輩から一番最近に・・・
と云っても20年ほど前までの多紀に渡っての集まりでした。

場所は芝浦にある中華だそうですが、何でもとても高級店だそうです。

そんなお店には入った事がないので、不安と期待とが入り混じって向かいました。
a0280569_0471443.jpg

通された部屋は大きく、装飾も立派で店員さんの立ち居振る舞いも上品です。
a0280569_0474559.jpg

a0280569_0481147.jpg

まぁ参加してくれている人の中には上品な方もいらっしゃるので今日はちょっとオスマシをとりあえず決め込みました。

お料理も上品な盛り付けでお味も美味しい・・・
(珉珉とはえらい違う雰囲気・・・でも珉珉も良いなぁ~)

お酒はビールからワインへ移行・・・
この辺あたりから酔いも回って来たせいか肩の力が抜ける共に地が出てきて、お話も盛り上がって行きました。

結局は又何の反省も生かされないまま、大いに飲んで大いに笑いました。

まぁこんな敷居の高い高級店へは紹介されない限り、来られないのでとても良い経験をさせてもらいました。

さぁ明日はいよいよ最終日です ・・・


PS: 今回の写真は全てインターネット上で拾ってきた物です。 悪しからず!

by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-02-03 01:00 | 日本 | Trackback | Comments(0)

日本滞在 6. (再び大阪へ、そして甲子園口)

京都から大阪へと戻り、この日は甲子園口にあるギャラリーで講演会が予定されています。
a0280569_1134297.jpg

機材のチェックは数日前に済ませていたのですが、出演者の方たちを交えたリハーサルをしたかったので朝から向かいました。

展覧会はもう数日前から展示されているので、初めに一通り見てまわりました。
今回はオペラの話しをするので、なるべく音楽と関わりのある絵を出品しました。
a0280569_11422.jpg

a0280569_1141998.jpg

a0280569_1144122.jpg

さて、リハーサルは演奏をしてくれる彼女たちもバリバリのプロなので、
何の問題もなく和気藹々と終了しました。

講演会場はこの2階にあるホールで行いますが、開始時間が迫るにつれ大勢の方々が参加して下さり溢れそうな状態になりました。

東京からも遠路知り合いの2人が駆けつけてくれました。
結局は46・7名~この会場ではマックスに入ったのではないでしょうか。

講演は「オペラへの誘い」と題したもので、
開始5分前からモンテヴェルディの「オルフェオ」の序曲を流し、いよいよ始まるぞと言う雰囲気を盛り上げました。

これはオペラ史上、第3作目の作品で上演可能な最古のオペラですが、
この天才がえらい力を込めて作曲された名曲です。

それは太鼓のリズムに乗って弦楽や金管楽器群がワクワクとするような華やかな音楽で、
これから行われる出し物への期待が自然と膨らんで行きます。
これは単にこのオペラの序曲というよりも、オペラの夜明けを歌い上げているような印象すら感じます。

処でこの太鼓が打ち鳴らす連続音は、お祭りなんかでもそうですが、
一定のリズムをズ~と聞かされると生理的に緊張感が高まり自然と気持ちが盛り上がって行く効果があります。

例えばベートーヴェンもこんな心理効果を良く知っていて、
5番の交響曲の3楽章から4楽章への移行は切れ目なしに、ティンパニーの連続音を叩かせ、
弦群が緊迫した響きで緊張させこれ以上引っ張れない所に差し掛かった所で、
トロンボーンの開放音が高らかに響き4楽章へと入るのですが、
この開放感に人々は心理的にも感動を覚えることになります。

寄り道が長すぎました・・・

さて、お話はどうしてこのようなオペラなるものが誕生したのかから始まり、その後どう発展していったのか、
エポックになった作曲家の作品から数曲、実際にアリアを歌ってもらいながら進みました。

それにしても、それほど大きくないこの会場では実力派の歌手の声は良く響きます。
ピアノ伴奏も手馴れたキビキビとした表現で、彼女達の演奏にしばしウットリとして聴き入っていました。

後半は熱気で蒸せるほどでしたが、予定通りの時間に無事終了しました。

この後は立食パーティとなり賑やかな雰囲気の中、会話が弾んでいました。
入れ替わり立ち代り、色んな人が話しかけに来てくれましたが、皆さん初めての方ばかりで、
実はとても「人見知り」の私にはグッタリと疲れる一時でした。

パーティも何とか終了し、一緒に来てくれていた娘と大阪へと引き返しました。

やれやれ、開放された気分で北新地の「立ち飲みや街」を歩きました。
もう気分は先ほどまでの緊張感とは打って変わって「飲み屋」、「飲み屋」とウキウキ・・・

適当な店に潜り込み「生中2丁!」と急に元気を取り戻していました。
所狭しと吊られたお品書きの短冊をワクワクしながら「どれにしようかなぁ~」と迷っていました。

「すみません 寒ぶり と 生だこ!」・・・「すんません どっちも出てしまいましてん!」
ありゃありゃイキナリ・・・気を取り戻して無難に「お造り盛り合わせ」・・・
「エイひれ」に「モツ煮込み」・・・ ビールもお代わり・・・
a0280569_1153686.jpg

散々飲んだのですが、お勘定も優しいお値段・・・
ここは我々庶民の強よ~い味方でした。


by Atelier Onuki
~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!

人気ブログランキングへ
[PR]
by Atelier-Onuki | 2018-02-02 01:29 | 日本 | Trackback | Comments(0)