人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18512176.jpg

アルルで新しい絵画運動のユートピアを夢みていたゴッホの元へ、とうとうゴーギャンがやって来ます。

当初、渋っていたゴーギャンですが、テオからの経済的援助をするという申し出は、
困窮していた彼の気持ちを動かします。

知らせを聞いたゴッホは喜び、急いで彼が来るまで準備を始めます。

それまではカフェの1室で寝泊りしていましたが、「黄色い家」をアトリエ兼住居として借り、
ゴーギャンのための家具なども揃えています。
ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18514593.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_1852672.jpg

部屋を飾る為に、あの有名な「ひまわり」の連作も描いていますが、ゴーギャンが来るまでに4枚も描いています。

処でこの「ひまわり」は生涯7枚描いていますが、そこに描かれたひまわりの半数以上が枯れています。

これは単に形として面白く感じていたのか、それともそこにハカナサを感じ表現していたのでしょうか。
そこに「侘び寂」の世界を感じ取っていたかも知れませんね。
ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18523411.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18524783.jpg

そう言えばオランダの伝統的な花や果物の静物画でも、
蝶に虫、中にはトカゲなどが一緒に描かれている作品がたくさんあります。

これは生ある物はやがて朽ちる儚さを表現したものでキリスト教的な教えの影響もあるかも知れません。
ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_1853240.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_1853168.jpg

さて、ゴーギャンが到着すると2人は連れ立って精力的に出かけています。
アルル郊外にある「アリスカン」にも足繁く通っています。

ここはローマ時代のお墓で石棺がゴロゴロと無造作に置かれた不思議な空間で、彼らも好んで何枚も描いています。
ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_1854617.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18544452.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18545821.jpg

ゴッホは感情をそのままにキャンバスにぶつけていますが、ゴーギャンは緻密に計算された構成で描いています。

お墓に沿って流れる小川での一枚には3人の女性が佇んでいますが、
白いショールを肩から掛けていることから、アルル地方の民族衣装と推測されます。
ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18552710.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_1855426.jpg

ゴッホ - 7 (ゴーギャン来る) [ ドイツ・ニュース・ダイジェスト12月のコラムから ]_a0280569_18561166.jpg

ゴーギャンは実際のモチーフを描きながらも想像を働かせて、画面構成をしています。

ゴッホにもその方法を勧め、1枚描いていますがどうも上手く行かなかったようです。

そんな正反対の性格をもった2人の共同生活は長く続くはずもありませんでした。
そしていよいよ12月、その事件は起こってしまいます。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-12-24 18:57 | コラム | Trackback | Comments(0)

「ゾフィエンザール」詣で

今回のウィーン滞在では長年「行ってみたいなぁ~」と憧れていた「ゾフィエンザール」へやっと訪れる事ができました。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0215459.jpg

憧れていたと言っても漠然としていたし、それが何処にあるのかも分かりませんでした。

唯、昔のレコード・ファンにとってゾフィエンザールと言えば、
真っ先に英Deccaが録音した数々の名録音を思い出し、一種の聖地のような所です。

それは他を圧倒し群を抜く素晴らしい録音の数々で、この当時としては完成された録音技術だったのではないでしょうか。

Deccaは元来、録音が優秀なレコード会社で、
モノラル時代から“ffrr“(Full Frequency Range Recording)と銘打って,
その録音の優秀さをジャケットに表示されていました。

当初は潜水艦のソナーを開発した会社で、その周波数を広く拾い上げるマイクが開発され、
レコード会社になった際も録音に採用されました。
(確かにダイナミック・レンジが広く豊かなサウンドでした。)

このゾフィエンザールで録音が始められたのは1950年代初めで、ウィーン・フィルと完全専属契約をとった直後でした。

本来ならウィーン・フィルの本拠地ムジークフェラインで録音をすれば良いのにと思うのですが、幾つか問題があったようです。

1つには彼らの競合会社EMIがここを専属の録音会場として独占していた事です。
それに演奏会場ですから時間的にも場所的にも制約があったようです。

もう一つは残響が2.6秒と演奏会場としては驚異的な長さに、
当時の録音技術が整わず収録が難しい会場だったことです。

そこで、見つけてきたのがこのゾフィエンザールで、元々は温水プールでした。
夏場はプールですが冬場は板で蓋がされ舞踏会場として使われていたそうです。

あのヨハン・シュトラウスもここで「天体の音楽」や「観光列車」の初演をしているそうです。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0225864.jpg

床の下が空っぽのプールなのが功を奏してとても良い響きだったそうです。
そう言えばムジークフェラインの床下も空間が設けられていて、それもあの素晴らしい響きを助けているそうです。

録音をするためだけに借り上げ、もの凄い時間とコストを掛けたなんて今では考えられないことです。

ここでの名録音の数々は枚挙に暇がありませんが、
中でもショルティとのワグナー「指輪」のセッションでは、
理想的な歌手陣(ドリーム・キャスト)を揃え、何と10年もの歳月を掛けて丁寧に録音されました。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0241968.jpg

「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0243971.jpg

「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0254728.jpg

「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_026095.jpg


唯、残念なことにゾフィエンザールは2001年に殆どを焼失しています。
2012年には取り壊されたそうですが、現在は見事に復帰してくれました。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0262453.jpg

一部はホテルとして、この録音会場は催し物会場として使われています。

ウィーン・ミッテ(Landstrasse)の駅を降り、東へと向かいました。

この辺はあまり来た事がなく人通りも少ない大通りはちょっと寂しい感じです。
しばらく進むと写真で見たアーチ状の屋根が見えてきました。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0264942.jpg

「これだ、これこれ!」まぁ録音などに興味のない人には何の面白みもありませんが、
我々、レコード・ファンには聖地のような場所です。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_027565.jpg

ドアを恐る恐る開けると、目の前の入り口にはアレッ「Fitness」の看板が、・・・
お姉ちゃんがヒョイ・ヒョイと気楽に入って行きました。

気を取り直し右側の古めかしい階段をホテルと書いてある方向へ上って行きました。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0272061.jpg

ロビーを想像していましたが、そこはイキナリ暗い感じのバーです。
何人かパラパラと座っていましたが、ホテル客を装ってグイグイと進みましたら、行き止まりは厨房です。

でもそこの窓から録音会場がチラチラと見えます。
「オォ、コレコレ・・・」と何枚か写真に収めました。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0274786.jpg

再び、正面玄関へと降り、今度は幾つかの会社の看板しか掲示されていませんが左側の階段を上がりました。

ありゃ何と・・・イキナリ録音会場の入り口が・・・
この日は何かのパーティがあるらしく、テーブル・セッティングやプロジェクターなどの設営をしています。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0285634.jpg

「オウここが、あの幾多の巨匠たちが演奏した会場だ!」、と半ば興奮気味で緊張していますが、
すれ違うスタッフは気楽なもので、何の違和感もなく「ハロー」と声を掛けて行きます。
「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0291246.jpg

「ゾフィエンザール」詣で_a0280569_0292591.jpg

アチコチを歩いて「オォ、この辺にカラヤンが立っている写真があったな~、
ショルティの時はこの辺だったなぁ~」と見たことがある写真を思い出していました。

会場は新しく立て直されたこともあり、若干派手な感じを受けましたが、
「良くここまで昔通りに復元してくれたものだなぁ~」と嬉しくなりました。

ここで録音された曲の一節を思い浮かべようとしましたが、
ちょうど音響のテストをしていて、クリスマス音楽が軽妙に流れていました。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-12-20 00:35 | ウィーン | Trackback | Comments(0)

ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から

今回のウィーン滞在中、コンサート以外にもオペラを2公演楽しむことができました。
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_1345622.jpg

一つ目は「トスカ」で演出も美術もトラディショナルなので安心して楽しめます。
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_1354652.jpg

指揮者アルミリャートもここのオペラ・ハウスの常連なので手馴れたものです。

トスカ役のムラヴェヴァ、カラヴァドッシ役のカレッヤも実力のある歌手で、演技を含め
良く演じていました。

2幕目トスカのアリア「歌に生き、愛に生き」や終幕のカラヴァドッシの
「星はきらめき」などは聴き応えのある熱唱で大きな喝采を浴びていました。

今回もう一つの楽しみは警視総監スカルピア役でターフェルがでる事でした。

歌唱の凄さは勿論ですが、この悪役を見事に演じていました。
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_136518.jpg

1幕目のフィナーレでは教会に響く荘厳なテ・デウムをバックにトスカへの嫉妬と欲望に燃え、
その思いを吐き出すように歌うシーンは圧巻で見事でした。
(私はこの部分が一番好きかも・・・)

それにしてもプッチーニは音のパースペクティヴを描くのが本当に得意で、
ここでも遠くから迫り来る革命軍が放つ大砲の音が聞こえスカルピアにも
危機が迫って来ているのを暗示しています。

このオペラは実際に存在した有名な歌手をモデルに創作された作品ですが、
舞台になった場所がはっきりとコジツケられています。

1幕目の教会は市内のサンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、
2幕目のフェルレーゼ宮殿は現在フランス大使館、
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_1363212.jpg

終幕のサンタンジェロ城は観光地としても有名です。

其々がそれらしくオペラの情景に相応しい所が選ばれていますが、
サンタンジェロ城など、先にオペラを観ていたせいか、
屋上の回廊へ行った時など「エェ~舞台装置にソックリ!!」と何とも本末転倒な思いが頭を過りました。


次の日は「ドン・ジョヴァンニ」でした。
この公演は2・3年前に新しく演出されたもので初めて観る舞台です。
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_1364917.jpg

演出及び装置は若干モダンな処理をされていますが、全く違和感のない親しみ易いものです。

元々5度程度の傾斜が付けられている地舞台上に更に装置としての傾斜が付けられ奥行きを強調しています。

それも奥に対して高くなっているだけではなく、左右にも傾斜していて中々複雑な構造です。

シーンに合わせて降ろされるスクリーンにも斜めを強調したモチーフの背景で、
より奥行きを出したかったのと、ドン・ジョヴァンニという話しの歪な内容を表現したかったのでしょうか?

この舞台は2幕仕立てですが、各々12場もあり音楽を止めることなく
シーンの変更を進行して行かなくてはなりません。

これを滞りなく、どう変更して行くのか装置家にとっては1番難しい演目の1つでもあり、
かつ1番腕の見せどころでもあります。

この舞台は傾斜した床はそのままで、額縁のように設置された3ツのアーチは
柱や建物の入り口としての役割を果しているのですが、
これも其々違う角度で組み合わされ、更に歪な表現になっています。

其々のシーンに合わせて降ろされるスクリーンには建物や天井の写真がプリントされていますが、これも上手な写真処理がされているので納得ができます。
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_1373655.jpg

私が携わっていた40年以上前など各シーンを精密に描いていたものですが、
時代は変わり写真やプロジェクターを駆使した装置が多くなりました。
でも、こんな最新技術を使いこなせるのなら、これで良いのはと思い知らされます。

さて、舞台はアダム・フィッシャーの指揮で序曲が始まりました。

その指揮ぶりは手馴れた感じで、ツボを得ています。
無理強いをするような所は1箇所もなく、凄く演奏しやすいだろうなと思います。

この人は時々便利屋のように代役で呼ばれることが多く気の毒なのですが、
「人柄のとても良い指揮者なのだろうな!」とその指揮ぶりから察することができました。

歌手陣も概ね揃っていました。

特に、ドン・ジョヴァンニを演じたテツィール、
それにコケティッシュで役柄にぴったりのツェルリーナを演じたカロールなどが特に印象に残りました。

最後、ドン・ジョヴァンニが地獄落ちするシーンなど奥の床が裂け、
真っ赤に燃える地獄へとテーブルから滑り落ちる演出はスペクタクル性もあり見事でした。
ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_1375718.jpg

まぁ両公演とも充分に楽しませてもらいましたが、
演奏会2つとオペラ2つの全公演にコンサート・マスターとしてストイデさんが入っておられました。

私なんぞ観ているだけでグッタリと疲れ果てているのに、
プレッシャーが掛かるコンマスとして出演するなんて、
どんな体力と気力の持ち主なのだろうと感心をしつつも、
病気とかならなければ良いが・・・とちょっと心配にもなりました。

このオーケストラには3人もコンマスが居るのですから上手に回して欲しいものです。

追記:処でこの歌劇場は今年で節目の150周年を迎えました。
   この歌劇場にある4箇所のロビーに展開しているカフェ・ゲルストナーも開場からの出店で、
   その150周年を祝い、お菓子で作った歌劇場の模型を展示していました。

ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_04347.jpg

ウィーン国立歌劇場 「トスカ」と「ドン・ジョヴァンニ」の公演から_a0280569_041483.jpg





by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-12-14 01:40 | ウィーン | Trackback | Comments(0)

ムーティとウィーン・フィルの演奏会

先週ウィーンへ行ったのは1週間の滞在でウィーン・フィルの演奏会を2つも聴けたからです。

こんなに短期間で2公演を聴けるチャンスは数年に1度ある程度ですし、
しかも今回はヤンソンスとムーティという豪華な顔ぶれだったからです。

残念ながらヤンソンスは演奏会の初日に亡くなってしまいましたが、
気を入れなおして、ムーティの演奏会へと足を運びました。

演目は1曲目がブッフビンダーのピアノで
ベートーヴェンのピアノ協奏曲5番、「皇帝」、
休憩後の2曲目はストラヴィンスキーの「妖精のキス」ディヴェルティメント、
3曲目はレスピーギの「ローマの松」でした。

大きな拍手と共に2人が登場しましたが、背格好と言い、年齢と言い、
ロングの髪型までソックリな2人が登場し一瞬どちらが誰か分からないほどでした。
ムーティとウィーン・フィルの演奏会_a0280569_0573256.jpg

ムーティとウィーン・フィルの演奏会_a0280569_0574894.jpg

ダ~ンとオーケストラの一撃で始められ、すぐさまピアノが連打で対応しますが、
もうこの瞬間で「オォこれだ!」と感心させられます。

これぞ王道の堂々とした演奏で、安心して身を委ねられます。

ブッフビンダーはこの10数年ベートーヴェンのピアノ協奏曲に力をいれていて、
2年ほど前にはウィーン・フィルと弾き振りで全曲演奏会を行ったほどです。

演奏は終始堂々と手馴れたもので、正に正統派の演奏です。
叙情的なところも流れるような綺麗さで滞る事無く進められて行きます。

2楽章のあの静かで夢見心地のところもハッとタメ息が思わず出てしまいそうな美しさでした。
ピアニッシモから途切れることなくスムースに3楽章へと移行していきました。
オーケストラもフォルテで堂々としたテーマを奏でだし、グイグイと盛り上がっていきます。

いやぁ~こんな立派な曲を作曲したベートーヴェンも凄いし、
それを見事に表現している奏者たちにも大いに感心致しました。

幼い頃からウィーンで育ったブッフビンダーは聴衆からも好意的に受け止められているようで、
終演後は盛大な拍手で答えていました。

さて、2曲目の「妖精のキス」は元来バレエ音楽として作曲されていますが、
後に演奏会用に編曲されたディヴェルティメントが演奏されました。

正直あまり馴染みのない曲なので、
やはりムーティが昔フィラデルフィア管を振った映像で数回予習をしていました。

フルートのソロによって静かに始められましたが、やはり未だピンと来ません。

2曲のスイス舞曲はチェロのソロがハープの伴奏を伴って奏でられます。
そこにクラリネットが甘いメロディを浮かび上がらせ、まるで室内楽を聴いているような雰囲気です。
これは綺麗・・・ウットリと夢を見ているような心地に・・・
しばし天井を眺めながら聴き入っていました。

因みにウィーン・フィルもこの曲を取り上げるのは始めてだったそうです。

さぁいよいよ「ローマの松」です。

レスピーギはローマ3部作として、この「ローマの松」、「ローマの泉」、「ローマの祭り」
とローマ独特の情景を作曲していますが、やはり「松」が一番の名曲です。

確かにローマの松は特長的な形をしていて、
幹がス~と延びた上の方だけにフワフワとした円形の葉を付けています。
不思議なことにこのような形の松は他の地域ではあまり見かけたことがありません。

大きな拍手が鳴り止まぬ間にサッと振り返りながらムーティのタクトが振り下ろされました。
会場にザワメキが残るなかキラキラと「ボルゲーゼ荘の松」が鳴りだしました。

これはこの公園にある松の木陰で遊ぶ子供たちの様子を描いているそうで、
鳴り子などのオモチャを連想するような打楽器がいっぱい鳴っていてキラキラを賑やかに奏されます。

打楽器奏者がマックスで必要なので、トライアングルはティンパニー奏者が叩いている有様です。

その上にアチコチの金管が鳴り出し、これはローマの喧騒を表現しているのでしょうか?

それでも流石はウィーン・フィル喧しさは一切なく、むしろ心地よい響きです。

音量がマックスに達しパタッと音楽は止まると、低音の弦楽器で静かに「カタコンバの松」が奏でられ出しました。

厳かで荘厳なメロディが重なるなかバルコニー席の奥からソロのトランペットの甘いメロディが聴こえてきます。

まぁ何とも立体感のある表現でしょうか・・・まるで夕日が沈んで行くかのようです。

すぐさまザバザバ・ザバザバ・ザバザバ・ザバザバ・ザバザバン・バン・バンと弦楽器
で刻まれますが、まるでフーガの様に、この特徴的なメロディが続き、
盛り上りみせたあと、静かにクレッシェンドしながら消えて行きます。

コロコロとしたピアノの音でロマンティックに「ジャニコロの松」が始められました。

それにクラリネットの甘いメロディに弦楽器が対応していきます。
チェロのソロとクラリネットが絡み合うなかオーボエが切ないメロディで加わります。

再びクラリネットのソロが静かに吹き出したころ、
会場のアチコチからナイチンゲールの鳴き声が聞こえてきますが、
ここも立体感に溢れていて夢見心地の瞬間が訪れます。
夕方でしょうか・・・ウットリとするところです。

そういえばコロッセオの前の松並木には夕方になると無数のナイチンゲールが集まってきていました。

曲はハープと弦楽によって静かに閉じられると、静かにティンパニーの連打で「アッピア街道の松」が始まりました。

不安定なメロディの弦にバス・クラリネットが不気味な旋律を加えコールアングレが更に不安さを増して行きます。

曲はホルンの遠吠えが始まると序々に行進曲風になって行きます。

これは古のローマ軍がアッピア街道を凱旋してくる様子を表現しているそうです。

行進が近づくにつれ金管楽器が段々と増して行き、
バルコニー両サイドに配置されたバンダが加わり出すと曲はマックスの音量へと高まって行きます。

360度の音の洪水にホールは崩れんばかりに響いています。

曲は長いフォルテッシモの一撃で閉じられました。

そりゃブラボーまじりの拍手もマックスに達しました。

2度目、挨拶に現れたムーティはバルコニーの聴衆に向かって
「ちょっとバンダが煩くて御免なさい!」とドイツ語交じりの英語で誤っていて、微笑ましい光景でした。
ムーティとウィーン・フィルの演奏会_a0280569_058184.jpg

まぁこの曲をこの最高の演奏で聴けただけでも
「ホント、ウィーンまで来て良かった!!」とツクヅク感じていました。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-12-12 01:03 | ウィーン | Trackback | Comments(0)

マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会

実は先週ヤンソンスさんの演奏会を聴きにウィーンへ行っていました。
マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会_a0280569_1582685.jpg

1ヶ月ほど前にエッセンであった演奏会でもハーディングが代役で演奏したと
娘婿から聞いていましたし、ムジークフェラインのホーム・ページでも
フルシャと言う指揮者に代わったとのお知らせが載っていました。

そこにはアキレス腱を故障した為と知らされていましたが、
元来心臓に問題を抱えていたので、実際はもっと悪いのかも・・・と心配をしていました。

それが悲しいことに11月30日に亡くなってしまいました。

3公演ある、この演奏会の初日の事で未だ誰も知らなかった初日は予定通りの演目で行われましたが、
曲はよりによってドヴォルザークの「謝肉祭」という場違いな演目でした。

2日目にウィーン・フィルの団員の一人がこの件を知り、急遽演目を変更し
ヤンソンスが生前好きだったラフマニノフのエチュードをソリストのピアニスト、マツエフが演奏したそうです。
マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会_a0280569_1595063.jpg

私が知ったのも12月1日でやはり音楽ファンの知り合いからメールをもらいました。

すごすごと重い足取りで地下鉄の駅からムジークフェラインへの階段を上がっていきました。

ライトに照らされたファサードには北風に黒い旗が悲しげにはためき、関係者が亡くなったことを報せていました。
マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会_a0280569_20473.jpg

マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会_a0280569_21209.jpg

会場内もやや重い雰囲気に包まれホールの入り口にはヤンソンスの遺影が掛けられ
前のテーブルには記帳簿が置かれていました。
マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会_a0280569_201613.jpg

演奏に先立ち挨拶がありました。
「当オーケストラの桂冠指揮者でもあるヤンソンスさんが11月30日に亡くなられました。・・・
演目も「謝肉祭」ではなくモーツァルトの「フリーメイソンの為の葬送曲」に変更し、
演奏のあと3分間の黙祷をお願いします。」との事でした。

指揮者なしで厳かに演奏された後、全員が起立して静かに黙祷を捧げました。

最初の演目はチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番で、
これも当初、予定されていたラフマニノフの「パガニーニの主題による変奏曲」から変更です。

それでもウィーン・フィルがこの曲を演奏することは滅多になく、
録音でも私の知る限り60年ほど前のカーゾンとショルティの盤があるだけです。

ホルンが冒頭のテーマを高らかに吹きました。
もう、このホルンの3連譜を聴いただけでゾクゾクです。

その渋みと深み、それにこのオケ独特の野性味も感じられ、
「アァ、ウィーンに来て良かったなぁ~」と最初から虜にさせられました。

ピアニストのマツエフは堂々と渡り合い、その硬質で力強い打鍵はギレリスを思い浮かべる程です。

技術的には完璧、それでもちゃんと抜けるところは抜き、叙情的な部分は柔らかく弾いています。
この人は相当練習もし、これからドンドン良くなっていく予感を沸々と感じさせてくれました。

3楽章、後半など目もくらむほどの猛スピードで進みますが、
ピアノもオーケストラも完璧で心地よい突進に身を委ねるばかりでした。

後半はバルトークの「オーケストラの為の協奏曲」で、私の大好きな曲です。

それにウィーン・フィルならではの楽しみも最集楽章でやって来ます。

それはティンパニーの一撃が“ボワァ~ン“と音程を下げる瞬間です。

普通プラスティック製のティンパニーにはペダルが付いていて、それを踏めば緩んで音程が下がるのですが、
このオケは革張りなので6箇所で張っているノズルを手動で緩めなければなりません。

今まで何度かこのオケで聴きましたが、大忙しで上手に緩めていました。

この日の指揮者はフルシャという若いチェコ人で、この演奏会が彼のウィーン・フィルのデビューです。

バルトークではまだ馴染みが薄いのかスコアを置いての指揮でしたが、
逆にオーケストラの方が「任せとけ!!」と言わんばかり気持ちが入っていて、
コンマスが指揮者との連携を全員に気合で伝えていました。

最終楽章は普通でも速いのに、更に猛スピードで一気に進められましたが、
ちゃんと丁寧な演奏で最後まで絶妙なアンサンブルやバランスが保たれていました。
マリス・ヤンソンスさんの追悼演奏会_a0280569_214417.jpg

ヤンソンスが亡くなったのは悲しい出来事でしたが、演奏会は実に素晴らしい内容のあるものでした。

考えたら今までの歴史の中でも代役が素晴らしいパーフォマンスをして、
大指揮者から世代交代を繰り返して来たなぁと感慨深く思いを馳せていました。

ヤンソンスさんは亡くなってしまいましたが、数々の名演が思い浮かべられます。
特にミュンヘンに住んで居た頃は毎月のように彼の演奏を聴くことができました。

特に印象深かったのは、先ずウィーン・フィルとの「オベロン」序曲、
バイオリン群が奏でる衣擦れのような響きはまるで天国にでも登るような心地良さでした。

又、コンセルトヘボウとのアンコールでやったシベリウスの「悲しきワルツ」
美しくも本当に悲しく冷たいロマンチズムに包まれ、まるで夢を見ているようでした。

ヤンソンスさんは亡くなられましたが、その演奏は記憶として心の中に蘇ってきます。

安らかなご冥福をお祈りいたします。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
by Atelier-Onuki | 2019-12-10 02:02 | ウィーン | Trackback | Comments(0)