人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コンメディア・デラルテ (commedia dell’arte) のこと –1 (1月のコラムから)

コンメディア・デラルテ (commedia dell’arte) のこと –1 (1月のコラムから)_a0280569_23485355.jpg

喜劇は古代ギリシャ時代から存在していましたがローマ・カトリック教会から抑圧され、

500年間ほど公の場では公演ができませんでした。

彼らは大道芸人や旅回りの一座として細々と演じていましたが、

段々と規制が緩くなってきたルネッサンス後期あたりから公に公演できるようになりました、


そんな中、このコンメディア・デラルテの一座は筋書きや演技を洗練させ台頭してきます。

本国イタリアはもとよりフランスやイギリスでも大変な人気がでます。

特にフランスでは絶大な人気でロココ時代を打表する画家アントワーヌ・ワトーを初め多くの画家が旅の一座を描いています。

コンメディア・デラルテ (commedia dell’arte) のこと –1 (1月のコラムから)_a0280569_23593460.jpg

フランスでは後にモリエールに影響を与え、近年にはその演劇を観たチャップリンが受け継ぎ、

今日も多くの喜劇やお笑いの要素として受け継がれています。

喜劇の全ての要素はこのコンメディア・デラルテが元祖であると言う人もいるほどです。


彼らは時事や噂話をもとに大まかな筋書きだけで即興を多用して演じていました。

登場人物はストック・キャラクターと言われる20種類ほど典型的な性格をもつキャラクターが固定されていて、

筋書きに応じてその都度選ばれていました。

男性の演者は遠くからでも見分けがつくよう仮面を付け、一つか二つの役柄で固定されていました。

観客は何時も同じキャラクターの人物が登場するので、物語の展開や予想が付け易く直ぐに理解する事ができました。

セリフもごく少なくパントマイムや抜群の演技力で言葉が分からなくても理解できました。


特に主役のアルレッキーノはアクロバットもどきの演技力で、その機敏な動きや跳躍力は、まるで体操選なみです。


主なキャラクターでは、まず先ほどのアルレッキーノArleccino(ベルガモ出身の道化師かつ使用人、何時もお腹を空かせていて食べることなら何でもやる)

イル・ドットーレ、IlDottore (猜疑心が強い医者で、理屈っぽいことを言うが、的が外れている)

イル・カピターノ、IlCapitano(軍の隊長で、手柄話しで自慢しているが実は臆病者)

コロンビーナColombina(召使でアルレッキーノの恋人、無学ながらコケットで機知に富んでいる)

コンメディア・デラルテ (commedia dell’arte) のこと –1 (1月のコラムから)_a0280569_23490631.jpg

パンタローネ、Pantalone(金持ちで好色家、初めて長ズボンを着用し後のパンタロンの語源になった)

プルチネッラ Pulcinella(鷲鼻の黒いマスクに白い衣裳、料理人なのでプチネッラというレストランが多い)

コンメディア・デラルテ (commedia dell’arte) のこと –1 (1月のコラムから)_a0280569_23491716.jpg

そんなキャラクターたちが奇想天外な物語を軽快にテンポ良く展開していきます。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2023-01-26 00:05 | コラム | Trackback | Comments(0)

エラー城を訪ねて

私が住んでいる最寄り駅からUバーン(路面と地下の両方を走っている電車)に乗って、

終点のエラーまでは直通で行け30分ほどで到着します。

この辺はちょっと寂しいエリアですが、小さなお城があります。

 エラー城を訪ねて_a0280569_19561960.jpg

昔はよくスケッチに訪れていましたが、久しぶりに散歩でもと出かけました。

築城は古くなんと1308年だそうで、かれこれ700年前のものです。

歴史は紆余曲節あったようですが、ここ数年前まではファッション関係の学校が入っていました。

正面入り口から入り右の方に建つ付属の建物へと周りました。

ちょっとした広場を囲むように建つこれらの建物は木組みで趣があります。

かつてはお城に従事する人たちの宿舎だったのかも知れませんね。

後で知ったことですが現在は13室がアパートとして貸し出されているそうです。

周りは静かで緑が多く素敵だろうなと思いますが、やはりちょっと不便かな・・・

 エラー城を訪ねて_a0280569_19570346.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_19573195.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_19574342.jpg

城の裏に回り疏水に沿って歩きました。

 エラー城を訪ねて_a0280569_19583638.jpg

昔、スケッチをした場所では懐かしく思い出していました。

その内の一枚はホーム・ページを見て、とても気に入ってくれた方が、

見ず知らずにも関わらず、わざわざ来宅され購入して頂きました。

 エラー城を訪ねて_a0280569_19585987.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_19593183.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_19594718.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_20000206.jpg

さて、この先にはお城公園として広大な自然保護地域が広がっています。

 エラー城を訪ねて_a0280569_20030174.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_20032381.jpg

その中にある池は、野鳥の保護地区として管理され、写真をみると何とカワセミもいるようです。

期待しながら進むと、まぁ小さな池が現れました。

 エラー城を訪ねて_a0280569_20020499.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_20022993.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_20024351.jpg

疏水を挟み池の向こうは農場で、もの凄い数の鶏が放し飼いされていてシュールでした。

それに肝心の野鳥はというと余り見当たりません。

皮肉な事に外来種である緑のインコが、たくさんキーキーと大声で鳴きたて我が物顔で飛び回っていました。

この種は年々逞しくなり数も増えていっているようで、行政の誰かに何とかしてもらいたいものです。

まぁちょっとガッカリとしながらもお城の周りを一周して帰路に付きました。

 エラー城を訪ねて_a0280569_20012430.jpg
 エラー城を訪ねて_a0280569_20014254.jpg

それでも中々、気持ちの良い散歩ができました。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2023-01-03 20:10 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

私の好きな冬の音楽 (12月のコラムより)

私の好きな冬の音楽 (12月のコラムより)_a0280569_22424453.jpg

寒い冬をテーマにした音楽も結構たくさんあります。

外は寒くても暖かい部屋でしっとりと音楽に親しむのも良いものです。


‘冬’とずばりタイトルに付けられている曲ではシューベルトの「冬の旅」があります。

W.ミュラーによる同名の詩集から作曲された24曲の歌曲集です。

物語は失恋から始まり、放浪そして死へと向かって行く絶望的な内容ですが、もの凄い名曲です。


暗い気持ちになってはいけないので、冬でも楽しい内容の曲では、まずルロイ・アンダーソンの「ソリすべり」があります。

軽快なリズムに乗ってソリすべりを楽しむ情景が気軽に描かれています。


もう1つはエミール・ワルトトイフェルの「スケーターズ・ワルツ」もスケートを楽しむ情景を軽妙かつ優雅に表現しています。

処でこの人は仏独が混在するストラスブール出身のフランス人なのでワルトトイフェルとして通っていますが、

スペルは“Waldteufel‘でドイツ語だと、森の悪魔となります。


さて、寒い国の作曲家としてはフィンランドのシベリウスが挙げられます。

彼は愛国心が強く、民俗音楽を巧みに取り入れたり、大自然の印象を背景に凛とした音楽を作曲しました。

唯、歳と共に自己批判が強まり、段々と作品を発表しなくなります。

基本的に交響曲の作曲家で後半の6番や7番は難解な曲ですが、初期の1番や2番は完成度も高く聴きやすい名曲です。


小品では「悲しきワルツ」が大好きです。

ヤンソンスとコンセルトヘボウの演奏会でアンコールにこの曲を演奏しましたが、

そのはかなくも美しいメロディに、思わず熱くなるものを覚えました。


処で、「フィンランドでは森に積もった雪が青く光る時がある。」と何処かで読んだことがありました。

気になっていたのである時フィンランド人の知り合いに尋ねたところ「オォ~そりゃ綺麗だよ~」と言っていました。

空と湖が反射していると思われますが、一度は見てみたいものです。


今シーズンは「春」から季節に纏わる音楽に焦点をあてて取り上げて来ましたが、

冒頭で登場したヴィヴァルディの「四季」ですが最後もそこから「冬」の出番です。


特に2楽章のラルゴが好きです。

ピッチカートによって外では冷たい雨が降っている様子が描かれていますが、暖炉がある室内では穏やかな時間が流れています。

ヴァイオリンのソロによって抒情的な雰囲気を甘く奏でています。


さあ私もそろそろ冬眠に入りたいものです。




by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2022-12-19 22:49 | コラム | Trackback | Comments(0)

ライプツィヒでは

 ライプツィヒでは_a0280569_00402123.jpg

このライプツィヒを最初に訪れたのは、もう40年近く前の事でした。

それはメッセの仕事で、当初は行かないつもりをしていたのですが、急に日本からのクライアントがどうしても来て欲しいと依頼してきて、

急遽ホテルなどの予約をする時間も無いまま出かけました。

当時は東ドイツの真っ只中、西側から見たら別世界へと入っていきました。

ベルリンから列車で到着した当時を思い出しながらホームへと降り立ちました。

あの頃とは打って変わって賑やかな駅舎となりましたが、

ヨーロッパで1番大きいとされるプラットホームはドーム型のガラスがズ~と続いていて今も壮観です。

 ライプツィヒでは_a0280569_00404603.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00405745.jpg

さて、ホテルで荷を降ろしブラブラとトーマス教会を目指しました。

商店街は昔ながらの建物で趣きがあり、入り口やパサージュ内など、

ユーゲント・スティールながら独特の感覚の装飾がなされ、中々見応えがあります。

 ライプツィヒでは_a0280569_00412495.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00414560.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00415553.jpg

マルクト広場を抜けるとトーマス教会が見えてきました。

そうここはバッハが23年間、亡くなるまで活躍した教会です。

中に入ろうとしたのですが、丁度コンサートをやっている最中で入ることが出来ませんでした。

仕方なく教会脇にある立像を繁々と眺めながら次へと向かいました。

 ライプツィヒでは_a0280569_00421640.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00432112.jpg

ここからほど近い所にゲーテが「ファウスト」の着想を得た居酒屋「アウアーバッハ・ケラー」があります。

パサージュの入り口に看板が出ていますが、昔は多分こんなモダンなパサージュではなかったのでしょうね。

 ライプツィヒでは_a0280569_00435808.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00442960.jpg

地下に降りる階段の前にはファウストとメフィストの銅像が建っています。

 ライプツィヒでは_a0280569_00444190.jpg

階段を降りると両サイドに入り口があり、今日は片方だけが開いています。

中は重厚感がある店内でゲーテもこの片隅の席に座って「ファウスト」の原稿を書いていたそうです。

何でもゲーテが学生時代この居酒屋に連れてこられた時、

かつてこの店に出入りしていた黒魔術師の話しを聞いたそうです。

この黒魔術師は不思議な現象を数々起こした後、大樽に乗って飛び去って行ったそうです。

さて、ビールでも一杯と思ったのですが、店内は混みあっていて入るのを止めました。

本来はもう一つの別室、ワイン・ケラーにある天井から吊られた大きな船が見たかったのですが、

残念ながら閉まっているので見られませんでしたが、まぁ40年ほど前に来た時は確かに見たので諦められました。

 ライプツィヒでは_a0280569_00445333.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00464919.jpg

翌日も街中を散策し、ゲバントハウスの裏の方にある、「メンデルスゾーン・ハウス」を

目指しました。

メンデルスゾーンは晩年、といっても38歳で亡くなっているのですが、12年間ここのゲバントハウス管弦楽団の音楽監督を務めています。

作曲家、指揮者としても功績を残しましたが、もう忘れられていたバッハを再発掘し積極的に

演奏活動を通じて世界中にその偉大さを広めた功績も絶大です。

 ライプツィヒでは_a0280569_00451609.jpg

ミュージアムは住んで居た当時の調度品やピアノ、そして衣裳などが展示され、その時代の雰囲気を醸しだしています。

楽譜や小物などは壁一面のアクリルの棚が吊ってあって、これがゆっくりとロール状に回転しちょっと凝った見せ方をしています。

 ライプツィヒでは_a0280569_00465972.jpg

上階にあるオーディオ・ルームでは縦長のスピーカーが十数台配置されていて、

其々にヴァイオリンやチェロ、フルートなど楽器別に分かれています。

その前には指揮台があって、「真夏の夜の夢」や「スコットランド」など演奏します。

備え付けの指揮棒を振るとセンサーが感じ、それに合わせて音が鳴り出しますが、

中々こちらの思うようには演奏してくれません。

まぁセンサーの特徴を掴めば出来るのでしょうが、所詮お遊びなので、そこそこ楽しめました。

 ライプツィヒでは_a0280569_00473385.jpg

そして向かいの小部屋にはたくさんの絵が掛かっています。

そうだ彼は絵も描いたのだと、思い出し実物を見たことがなかったので繁々と眺めました。

それは水彩画の風景ですが丁寧に描かれていて、技術的にもプロの領域です。

楽譜でも丁寧に書いていますし几帳面な人だったのでしょうね。

それにしても、この多才さには驚きでした。

 ライプツィヒでは_a0280569_00474700.jpg
 ライプツィヒでは_a0280569_00480020.jpg

気温は寒いけど、何だか心は満たされたようで、そろそろ帰ることにしました。




by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2022-12-15 01:00 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

ゼンパー・オーパーを訪ねて

さてブラブラとオペラへと出かけることにしました。

 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_00581439.jpg

このオペラ・ハウスは設計者のゴットフリート・ゼンパーの名前が冠されていて、

パリのシャルル・ガルニエと共に設計者に敬意を表しています。

完成したのは今から180年ほど前の1841年で、ウィーンの国立歌劇場より28年も前のことでした。

舞台全体にグリッドで仕切られたステージが自由に昇降するセリの仕掛けなど、当時の最新鋭の技術がつぎ込まれました。

 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_00582699.jpg

それにステージと客席を仕切るプロセニアム・アーチ(額縁)の上部には、なんとデジタルの時計が設置されました。

この劇場も空襲によって大きく破壊されましたが、このデジタル時計も復元されています。

 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_00590833.jpg

ここではワグナーの「オランダ人」や「タンホイザー」、R.シュトラウスでは「サロメ」に

「エレクトラ」そして「バラの騎士」と多くの名作を初演しています。

まぁ、今夜の演目はJ.シュトラウスの「こうもり」なので気が楽です。

劇場に着き暫くあちこちにあるロビーの装飾を楽しんでいました。

観客も結構入っているようで、ちゃんと正装している人たちも多く見うけられました。

 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_00595638.jpg
 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_01001189.jpg

前回は招待されたのでロイヤル・ボックスでしたが、今回は最上階のサイド席となります。

 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_01005470.jpg
 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_01003017.jpg

いよいよ指揮者が登場し颯爽と序曲が始まりました。

それにしてもこのシュターツかペレ・ドレスデン(この歌劇場のオーケストラ)は上手く、質の高い引き締まった演奏です。

唯、途中からこの引き締まり具合は、やはりドイツだなと感じ出しました。

この出し物の本場ウィーンではもう少しボヤケル部分があって、これがウィーン風なのかも知れません。

1幕目は途中から出てきた装置は骨組みがそのまま露出してたり、ちょっとチープな印象でしたが、

2幕目宴会シーンに入り、ステージ一杯の大きなソファーが出現し、ここに予算を掛けすぎたのかなぁと勝手な事を考えていました。

この赤いソファーには多くの出演者が乗っていて、ちゃんとクッションまで付いていて本物のソファー仕様です。

ロザリンデの登場シーンでも背もたれの後から現れ、ゆっくり滑るようにソファーに降り立ちました。

 ゼンパー・オーパーを訪ねて_a0280569_01010554.jpg

3幕目刑務所のシーンではこれと同じ形ですが藤制の簡素なものなります。

この大きなソファーが意味する事は分かりませんが、それなりに楽しめる演出でした。

歌手陣も揃っていて全編に渡り飽きることなく楽しませてもらいました。

今度来る時は頑張ってドイツ物でも観るか・・・

さぁ今夜は何処でビールを飲もうかな・・・



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2022-12-03 01:04 | ドイツ | Trackback | Comments(0)