人気ブログランキング | 話題のタグを見る

生粋のウィーン子は (2月のコラムより)

生粋のウィーン子は (2月のコラムより)_a0280569_01162421.jpg

                              シューベルトの生家



ウィーンといえば“音楽の都”が代名詞です。


それは他に類をみないほどの多くの大作曲家が何代にも渡って活躍したからです。


古くはハイドンからモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー、

マーラー、R.シュトラウス、ヴォルフ、シェーンベルクなど枚挙に暇がありません。


それにウィーンの代表的音楽と言えば“ワルツ”・・・

その作曲家の代表と言えばヨハン・シュトラウスでしょうね。


しかし、これだけ多くの作曲家が居たのですが、その内生粋のウィーン子の作曲家はシューベルトたった一人です。


気が弱く優しかった彼の音楽には激しい箇所が見当たりません。

それでも怒りも表現しているのですが、やや控えめにアタックされます。


あの有名な完成された「未完成交響曲」でも、1楽章でサラサラと舞う落ち葉のような表現を淡々と奏で甘美なメロディが続きますが、

その内辛かったことや悲しかった事などが思い出され、それを断ち切るかのように

ジャ~ン、ジャ~、ジャ、ジャンと刻まれますが、決して刺激的ではなく慎ましい表現です。


31歳という早世ながら彼の作品はピアノ曲を初め室内楽や交響曲、そして宗教音楽まで幅広いジャンルに跨っていますが、

彼の最大の功績は何といっても“歌曲”でしょう。


「美しき水車小屋の娘」、「冬の旅」、「白鳥の歌」に代表される歌曲集を初め、

何と600曲以上の歌曲を作曲しています。


彼は天性のメロディ・メーカーで歩いているだけでも、そのテンポや雰囲気から自然に次から次からとメロディが浮かんできたそうです。


田舎道を散歩していたある時、庭先から洗濯をする女性の歌声が聴こえてきたそうです。

とても綺麗な歌だったので彼は「その曲は誰の歌ですか?」と尋ねたそうですが、

目をパチクチさせながら彼を指差し「あ、あなたですよ!」と答えたとエピソードが残っています。


メロディに溢れた彼の音楽は、それが交響曲であっても、もし歌詞を付けたら歌えるほどです。

貧しきながらも仲間に恵まれた彼には「シューベルティアーデ」と呼ばれる音楽サロンのような集まりがあり、多くの友人に恵まれていました。


ただ、唯一叶えられなかったのは恋人の存在です。


もし、彼の恋が成就し、結婚そして子供が生まれ、幸せな家庭を築いていたなら、

このような名曲の数々は生れなかっただろうと云われています。


憧れはそのまま遠い所で夢として残っている方が、綺麗な思い出だけが膨らんで行くのでしょうね・・・



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2022-02-22 01:25 | コラム | Trackback | Comments(0)

生演奏でしか味わえない音楽の魅力 (1月のコラムより)

生演奏でしか味わえない音楽の魅力 (1月のコラムより)_a0280569_00222412.jpg

音楽を聴く媒体として、かつてはレコードそしてCDとなり、今や気軽にネットから自由に楽しむ時代です。


唯、このような録音からではなく、生の演奏でしかその凄さや面白さが伝わって来ない楽曲もあります。

基本的にも生の演奏では録音では聴き取れない息使いや雰囲気が伝わってきます。


中でも生でないと絶対に伝わらないだろうなと思われる作曲家は、ドイツ系ではマーラーでしょう。

彼の交響曲は全般に編成がもの凄く大きく、それを録音で捉えるには相当の無理があります。


それに凝った作曲をしているので、時折聴こえてくる不思議な音はいったいどの楽器で、

いかに演奏しているのか分からない箇所が随所に現れます。


弦楽器群といっても皆さん同じ様に弾いているのではなく、あるパートごとに違うメロディーを弾いていたりで、

これは音楽に歪みやウネリを加え立体感や不思議で怪しい雰囲気を醸しだしています。


例えば6番の交響曲、最終楽章における“ハンマー”、これなど録音だと分かりませんが、

生だと大きな杭を打つ木槌が振り下ろされるのが見てとれます。


又、7番でのギターやマンドリン、そして“大地の歌“におけるマンドリンなどレコードで聴いていた頃は

なんだかサッパリ分かりませんでした。


さて、もう一人フランス系では何と言ってもラヴェルでしょう。


オーケストレーションの魔術師と異名をとるほど、楽曲をオーケストラの楽器に散りばめるのを得意とした作曲家です。


一般的に作曲段階ではピアノを使用して進められ、その後オーケストラの楽器にどの様に編曲していくかの過程を踏むのですが、

彼はピアノを弾いている段階で既に頭の中に楽器が浮かび上がり、

ここはどの楽器とどの楽器が絡み合ったり、こう揺れ動いたりと同時にイメージが膨らんでいったそうです。


代表作の一つ「ボレロ」では一定のリズムで刻まれる小太鼓をベースに、

静かに始まる音楽は同じメロディーを繰り返し、変幻自在に発達しながら進んで行きます。

その間、あらゆる楽器のソロが繰り返され次第にクレッシェンドして行った曲は突然の変調と共に爆発して終ります。


音楽はキラキラと煌き一種の陶酔状態にまで引き込まれます。あぁまた、音の洪水の中に身を任せたいものです。




by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2022-01-22 01:10 | Trackback | Comments(0)

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 (12月のコラムより)

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 (12月のコラムより)_a0280569_19561236.jpg

毎年クリスマス・シーズンになると多くの歌劇場で、

この「ヘンゼルとグレーテル」が定番の一つとして上演されます。


それは2幕目、森で帰り道に迷い、疲れ果てた二人が眠りについた後、

彼らを守るために、たくさんの天使が舞い降りてくるからでしょう。


このオペラはエンゲルベルト・フンパーディンクによって作曲されましたが、

その誕生は妹のヴェッテさんが家庭で上演するための劇に4曲の作曲を依頼したことから始まります。


「お兄ちゃん、ちょっと曲を付けてよ~」と気楽に頼まれたのですが、

その歌詞の内容に、すっかり興味を抱きた彼は、こんなにも素敵なオペラへと発展させて行きます。


内容は誰でも知っているグリム兄弟によるメルヘンですが、

子供たちに見せる目的なのでヴェッテさんは、この原作の残酷な部分をすっかり取り除き、

むしろ家庭愛や神への感謝がテーマになっています。


初演はヴァイマールの歌劇場でクリスマスの前々日に行われましたが、

何と若き日のリヒャルト・シュトラウスが指揮をとっています。


それにこのオペラの形式はワグナーが心血を注いで提唱していた

“楽劇”(ムジーク・ドラマ)を継承していますが、あれだけワグナーが苦労を重ねていたのに、

このバイロイトでアスタントをしていただけのフンパーディンクにいとも簡単に完璧な仕上がりで作曲されました。

これには当のワグナーはもの凄く嫉妬をしたと伝えられています。


さて、このオペラは子供を対象にしているので音楽は親しみやすく、

ドイツの童謡なども巧みに取り上げていますが、その内容は素晴らしい音楽が随所に現れ、

相当のオペラ通でも楽しめるものです。


お芝居の内容もだれる箇所がなく、飽きやすい子供たちもグイグイ引きこまれて行きます。

魔女も単に怖い存在でなく滑稽な部分もあったり、空を飛んだり、

ちょっと目が見辛くなっているという弱点も呈しています。


最後に竈へ放り込まれ爆発をしたあとプリンテンに焼き上げられメデタシ・メデタシとなりますが、

ちょっと可愛そうな感覚にもなります。


魔女がお菓子になった後、今までお菓子に変えられていた子供たちが蘇り、

そこへ心配をして探していた両親も駆けつけて、全員で感謝の歌を歌って幕となります。


Wenndie Not aufs höchste steigt,Gott der Herr die Hand uns reicht !

いちばん困っている時にこそ、神が手を差し伸べてくださる !




by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~

応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキング

# by Atelier-Onuki | 2021-12-18 20:11 | コラム | Trackback | Comments(0)

ピアニスト、サンソン・フランソワさんのこと (11月のコラムより)

ピアニスト、サンソン・フランソワさんのこと (11月のコラムより)_a0280569_01153988.jpg

フランソワさんとの出会いは唐突とやって来ました。

それは私が未だ高校生の時、幼馴染のお父さんが何処かで貰ったらしく「2人で行って来たら?」とチケットをくれました。


その頃はやっとクラシック音楽に興味を持ちだしたころで、フランソワの事など全く知りませんでしたし、

聴いていた音楽もオーケストラ物が殆どで、ピアノ演奏の事など無知に等しい状況でした。

ですから、演目が何だったかは全く覚えていません。

ピアニスト、サンソン・フランソワさんのこと (11月のコラムより)_a0280569_01155252.jpg

唯、ミーハーだったので、終演後、楽屋へサインを貰いに行きました。

当日のプログラム(淡いエメラルド・グリーンのフエルト地で、これはよく覚えています)を差し出し表紙の裏にサインをしてもらいました。

しかも手を差し伸べ握手までしてくれまいた。差し出された手は私と変わらない位の大きさで「ピアニストにしては小さいな!」と感じました。

ところが握った瞬間ウォと驚くほど分厚く、まるで丸太のようで、この握った感覚は今でも脳裏に刻まれています。


その後、年齢を重ねて行く中で、段々とピアノ演奏へも興味が沸き、ちょっとづつ演奏の違いや良し悪しも分かりだしました。

ある時、ラジオから偶然流れていたショパンの3番のソナタが、テンポも自由に揺れ動くし、今まで聴いたことがないような、怪しげで独特の雰囲気を醸し出していました。

「これは面白い演奏だな!」と調べた処、フランソワである事が分かりました。

ピアニスト、サンソン・フランソワさんのこと (11月のコラムより)_a0280569_01160479.jpg

俄然、興味が湧きショパンを初め、ドビュッシーやラヴェルの演奏を片っ端から聴きだしました。

どれも自由な解釈でテンポは揺れ動き、ゾクッとするような寂びが利いていたりで、すっかり虜になってしまいました。

唯、技術的に難しいところでは、時折ハラハラする演奏でもあります。

ショパンではマズルカとかラヴェルでは「夜のガスパール」の3曲目「スカルボ」など、「こうりゃ指が回っていないなぁ~」と思うほど苦労がみてとれます。

きっとフランソワさんも分かっていて「コンりゃろー!」とばかりヤケクソ気味に指を打ち込んでいるかのようです。

ちょっと哀愁を帯びた独特の崩れた雰囲気は、まるで辛い人生を送ってきた酔っぱらいの演奏の様にも感じられます。

ピアニスト、サンソン・フランソワさんのこと (11月のコラムより)_a0280569_01161594.jpg

そう事実、彼は物凄いヘビー・スモーカーで酒は浴びるように飲み、完全なアル中だったそうです。

それでもこの得難い独特の芸術性は、誰にも真似することが出来ない世界観でした。


10年ほど掛けて進行しされていたドビュッシーの全集録音の最中に、前奏曲の最後の1曲を残して、

突然心臓発作で46歳という若さで亡くなっていまいました。


私が聴けたのはたった1回切り、もう少し音楽が分かってから聴きたかったものです。




人気ブログランキング
# by Atelier-Onuki | 2021-11-23 01:22 | コラム | Trackback | Comments(0)

エディッタ・グルベローヴァさん逝去によせて

エディッタ・グルベローヴァさん逝去によせて_a0280569_00362870.jpg

先日の1018日、グルベローヴァさんがチューリッヒでお亡くなりになりました。

まぁ引退はされていましたが、まだ74歳という若さでした。

彼女の名前は日本にいた70年代の頃から、ウィーンでのデビューを伝え聞いていました。

それは「魔笛」の“夜の女王”役だったそうですが、衝撃的な素晴らしさだったそうです。

その後、続けて「ルチア」での名唱で確固たる名声を獲得しました。


彼女の素晴らしさは、先ず完璧な技巧で、あのコロラトゥーラと云う高域の難しい歌を軽々と歌ったことです

それに声が綺麗・・・というか透明感のある、むしろ可愛い声でした。


私が初めて彼女を聴いたのは、やはりウィーンで83年、恒例の大晦日公演「こうもり」でした。

彼女はアデーレという女中の役でしたが、最初の登場シーンは2からハタキを掛けながら階段を駆け下りてきました。

まぁ未だ若かったので歌いながら転がるように駆け下りてきたのですが、

それよりも驚いたのはその歌が更に転がるように完璧に軽く歌われ、まるで羽根が空中をクルクル回っているようでした。


彼女は稀にみる最高のコロラトゥーラ歌手ということもあって、コロラトゥーラが主役の作品が多いドニゼッティの作品上演に力を注ぎました。


ドニゼッティの時代には、優秀なコロラトゥーラ歌手が沢山いて、超絶技巧の作品が人気をはくし、このような作品が多く作曲されました。

唯、近年はそれほど凄いコロラトゥーラ歌手が少なく、多くのドニゼッティ作品も埋もれていました。

それを一つ一つ発掘し、「ルクレシア・ボルジア」とか「ロベルト・デヴリュー」や「シャモニーのリンダ」など埋もれていた作品に光をあてて行きました。

エディッタ・グルベローヴァさん逝去によせて_a0280569_00365110.jpg

丁度、私がミュンヘンに住んでいた頃は、これらの作品に出演されていて、何度か聴く機会に恵まれました。

彼女が出演する場合は基本的に、ご主人のハイダーさんが指揮をすることになっていました。

これはかつてサザーラントさんがご主人のボニングさんとしか共演しなかったのと同じですね。


まぁコロラトゥーラという特殊な声域で、まず50年に一人いるかいないかの実力者ですから、ファンも特別に熱狂的な人たちもいました。

私の知り合いでも追っかけの人がいて、ヨーロッパ中、彼女が出演する公演に出かけ、毎回、何がしらのプレゼントを持参して楽屋を訪れていたそうです。

あまりのシツコさに、とうとう「もう楽屋に来ないで下さい!」と云われたそうで、それをちょっと自慢げに話しておられました。


また、バルセロナで「アンナ・ボレナ」を観たのですが、終演後のカーテンコールでは、

桟敷席から「エディッタ・・・エディッタ・・・!」と大声で声を嗄らして延々と叫んでいる異常なほどのオジサンがいました。


数年前にエッセンでリサイタルがあったので出かけたのですが、この時はキャンセルされ別の歌手で聴きました。

残念ながら、これが彼女の歌唱を聴ける最後の機会でしたが。・・

まぁ50年前後は出ないであろう希代の名歌手の、ご冥福をお祈りいたします。


# by Atelier-Onuki | 2021-10-23 04:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)