人気ブログランキング |

セザンヌを訪ねて 7  ビベミュスの「石切り場」 (ドイツ・ニュース・ダイジェスト 3月のコラムより)

a0280569_21351197.jpg

セザンヌの画風は晩年になるに従って、より知的で論理的な画法の傾向が強まってきます。

目の前のモチーフを感じるままに描くのではなく、
純粋に形と色の世界を彼流に組み立てなおし構築していきます。

山や木々、人や静物など自然の形状も幾何学的な形に構成し円、球、円錐に分析し
そして、正三角形には不動の安定感を見出していました。

この時期の彼の作品を観るとき、描かれているモチーフの輪郭線を外し、
すこし目を細めて純粋に形と色の作品として観賞してみると、
それは実に絶妙なバランスで構成されています。

この頃から影も描かず無視し始めているようです。

そんな彼が晩年好んで出かけたのはビベミュスの「石切り場」でした。
a0280569_2128816.jpg

ここはセザンヌが生れる前に起こった建設ブームの時に掘り出されたそうで、
彼は若い頃からゾラたちと訪れ興味を抱いていたようです。
a0280569_21282947.jpg

小高い山はかなり深く掘り下げられ、まるで迷路のような谷になっています。
a0280569_21292987.jpg

a0280569_2130462.jpg

ほぼ垂直に掘られた岩肌は明るい茶褐色で
「これこれ・・・セザンヌが描いていた色と同じだ !」と俄かに気持ちが高ぶって行きます。
a0280569_21301891.jpg

所々、通り抜けられるようにトンネル状の岩もありますが、これが正三角形の形をしていて
「ここでも構図のインスピレーションを受けたのだろうな~」と感慨に耽っていました。
a0280569_21303779.jpg

a0280569_21305214.jpg

a0280569_2131686.jpg

彼が描いた場所には絵のコピーが取り付けられていて、興味深く観賞できます。

ちょっと広くなった高台では数枚描いて、その一枚には岸壁の向こうにサント・ヴィクトワール山が
描かれていますが、この位置からは見えません。
a0280569_21385214.jpg

a0280569_2131534.jpg

a0280569_2132662.jpg

恐らく別の場所から見えるヴィクトワール山を合成しているようで、
画面を構成するという意識がしっかりと見て取れます。
a0280569_21323463.jpg

彼は石切り場内にポツンと建つ古い家をアトリエとして借りていたそうです。
a0280569_21324685.jpg

ここに数日間滞在し制作をしていたようですが、街からはかなり遠いので
60歳を過ぎているにも関わらず軍隊で乗馬の手ほどきを受け通っていたそうです。
a0280569_2133459.jpg

なんの変哲もない石切り場だと、それほど期待をしないで行ったのですが、
イヤイヤとても興味深い所でした。

ここへは観光案内所で申し込み、町外れの駐車場で指定された時間に集合し
ガイドさんと一緒でないと入山することが出来ません。
a0280569_21333888.jpg


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-03-16 21:42 | コラム | Trackback | Comments(0)

セザンヌを訪ねて 6  ローヴのアトリエ (2月のコラムより)

a0280569_0302164.jpg

セザンヌはその知的な画風で印象派からポスト印象派の時代にかけ、
押しも押されぬ最高峰の画家として知られ、
ピカソを初め後世の画家たちに与えた影響は絶大なものでした。

ところが、生前は先進性が強かったせいか意外な事に余り絵は売れていませんでした。

資産家だった父親からの仕送りに支えられ、内縁の妻と母親は折り合い悪く、
家を点々とせざるを得ないような苦労を強いられていました。

そんな彼も、父親が他界し母親も亡くなった47歳の時に、
別荘だったジャス・ド・ブッファンが売却され膨大な遺産を相続します。

やっと経済的に余裕ができた彼は街の北側ローヴの丘への途中に念願のアトリエを構えます。

この土地も父親の所有だったそうで、広大な敷地に彼自らが設計をして建てられました。

さあいよいよ彼のアトリエ詣でです。

街から歩くのは上り坂だし、ちょっと遠かったので5番のバスに乗って向かいました。
停留所名はセザンヌと至って簡単です。
下車をして町のほうへと下るのですが、通り名も "アヴェニュー・ポール・セザンヌ" と誘ってくれます。

石塀に沿うようにそのアトリエは建っていました。
a0280569_0311462.jpg

a0280569_0322148.jpg

a0280569_036676.jpg

a0280569_0362616.jpg

a0280569_0363938.jpg

a0280569_0365241.jpg

中へと入ると、そこにはいたるところに絵の中に登場するモチーフの数々が置かれています。

それらは全て彼が描いたオリジナルだそうで、俄かに気持ちが高ぶってきます。
a0280569_033167.jpg

a0280569_0332276.jpg

タンスや机などの調度品を初め、生姜壺やリンゴが入った籠などが所狭しと置かれていて、
まるで彼の静物画の世界に迷い込んだような錯覚に陥ります。
壁に掛けられているマントや鞄なども実際彼が着用した物で、彼の温もりすら感じられます。
a0280569_0333366.jpg

a0280569_0334692.jpg

北側の壁には巾が30cmほどで、壁一杯の高さの長細いドアが取り付けられていますが、
これは大作「水浴」のキャンバスを出し入れする為に取り付けられたそうです。
a0280569_0335828.jpg

このアトリエから彼は足繁くレ・ローヴの丘にあるテラン・デ・パントルと言われている展望台へと通い、
サント・ヴィクトワール山を何枚も描いています。
a0280569_0343674.jpg

a0280569_0344941.jpg

さて、私もそのテラスへと向かう事にしました。
a0280569_035198.jpg

a0280569_0351538.jpg



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-03-01 00:39 | コラム | Trackback | Comments(0)

ハイティンクとヨーロッパ室内管弦楽団の演奏会から

a0280569_038215.png

先日の日曜日はハイティンクとヨーロッパ室内管弦楽団の演奏会がケルンでありました。

演目はモーツァルトの交響曲38番「プラハ」と
マーラーの「子供の不思議な角笛」でした。

ハイティンクも高齢なので聴く機会があればなるべく聴いておこうと出かけました。
a0280569_038248.jpg

ヨーロッパ室内管もアバドによって創立されてから、かれこれ38年が経過します。
あのころはヨーロッパのユースオーケストラから優秀な奏者を集めて作られた
若いオーケストラでしたが、さすが7割ほどの奏者が年配の域になってしまいました。
a0280569_0384067.jpg

オーケストラが出揃い、いよいよハイティンクの登場かと思われましたが、
会場のマネージャーらしき人がマイクを手に出てきました。

こんな時は大抵碌なお知らせしかないので「あぁ急に体調を崩したのかなぁ~」と
半ば諦めぎみに聞き入ると、なんとこのコンサートに出演してくれるハイティンクに
対するお礼と来月90歳になる旨のお祝いの言葉で一安心致しました。

やっと登場となりましたが、ゆっくりと階段の手摺を持ち、
片側には介助の人が支えていて痛々しさすら感じました。

ステージ上でも介助の人と杖をつきながら、ゆっくりと中央まで到着しました。

かれこれ3年ほど前に聴いた時はヨチヨチながらも一人で杖もなく歩いて来られましたが、
この3年間で急に老け込まれたようです。

指揮台にもハイチェアーが置かれていて何とか座れました。

それでも振り下ろされた指揮棒からは「ダ~ン!」と締まりのある響きで始められました。
バイオリンがチャラチャラチャンと刻みながらクレッシェンドして行くあたりもモーツァルトらしい優雅なで心地よい響きがかもし出されています。
テンポも小気味良くだれた感じはありません。

この曲は「フィガロの結婚」の上演に先立ってモーツァルト自身の指揮によってプラハで初演されたので「プラハ」と言う副題が付いているそうです。
「あの小さいながらも愛らしい「エステート劇場」で演奏でされていたのだなぁ~」と
想像を膨らませていました。

色んな事を思い浮かべながら聴き終えていました。
まぁ全体的には良くも悪くもハイティンクらしく、無難に纏めたなぁ~という印象でした。

このオーケストラでのモーツァルトといえば、10数年前に聴いたアーノンクールとの
29番の交響曲が思い出されます。

それは2楽章で弱音を利かせた衣擦れのようで、
この世とも思えないような綺麗な響きにゾクッとし鳥肌がザァ~と立ったのを忘れる事ができません。

さて、後半はお目当てのマーラーの「子供の不思議な角笛」です。

これはドイツの古い民謡集から編纂して作曲された歌曲集で、
その奇妙で不思議な世界観が描かれています。

それでも元々が民謡や童謡ですので、マーラーにしては深刻な部分は少なく、
とても聴きやすい曲で大好きな曲です。
a0280569_0392464.jpg

ソリスト2人の登場と共にゆっくりと介助に助けながら登場されました。
まぁそんな訳で会場は割れんばかりの拍手ですが、これに圧倒された私は小さく拍手をしていました。

唯、この曲はややこしい事に、纏まった歌曲集として一気に作曲されたのではなく、
バラバラに作曲されたあとから10曲が編纂されました。

その後、追加された曲もあり指揮者によって解釈はバラバラ・・・

数曲カットしたり、逆に加えたり、順番を変えたり、歌手もソプラノとバリトンですが
歌う曲が変えられたり、場合によっては一人で歌いきったりとややこしく、私もよく分かっていません。

一般的には「歩哨の夜の歌」から始められますが、どうも違う曲が流れてきました。
「最初はエェ?・・・」と?マークがず~と続いていました。

2曲目で「むだな骨折り」が出てきてやっと聴き慣れた曲となりました。
これはソプラノとバリトンとのコミカルなやり取りですが、表情豊かに表現しています。
それも大げさな表現ではなく、とても好感がもてます。

歌手の二人は未だ若い領域の人たちでしたが、よく通る張りのある声ながら、けして声を張り上げることがない、とても実力のある人たちだと思います。
a0280569_0395449.jpg

3曲目の「不幸な時の慰め」もソプラノがとてもチャーミングに歌い上げました。

そして私の好きな6曲目「魚に説教をするパドヴァの聖アントニウス」は
何とも奇妙な話しを不気味ながらもコミカルな異次元の世界を表現しています。

この曲はマーラー自身もとても気に入っていたようで、交響曲2番でも3楽章で全く同じテーマと音楽を引用しています。

ハイティンクもモーツァルトよりもマーラーの方があっているのか、この変幻自在の音楽を操っています。
まぁ何といってもマーラーの音楽には仕掛けも多く、うねったり、歪んだりしながらも
ハッとするようなロマンティックで綺麗なメロディも浮かび上がります。

曲はデュエットによう「美しいラッパの鳴り響くところ」を終えと所で、
なんとハイティンクは楽譜を閉じてしまいました。

ちょっと焦ったソプラノが指揮台へ、すかさず歩み寄り、
これから演奏しなければならない最後の曲のページを開きました。

ハイティンクも我に帰ったように、「おお・そうだった!」とばかり彼女の肩をトントンと叩いていました。

一瞬どうなることやらと焦りましたが、ことなく無事に最後まで演奏を終えました。

又もや割れんばかりの拍手喝さいでしたが、ステージ脇まで下がったハイティンクは
そこでもう一度挨拶をして退場しました。

普通なら拍手に答えて何度もステージに登場するのですが、
この日はオーケストラも気を利かせ彼が退場した後、
直ぐに回り近所の奏者と握手をして退場して行きました。

ハイティンクがコンセルトヘボウと2度目に来日した1968年は、
私は浪人時代で丁度ポスターの課題がでた時、
このコンサートのポスターをオーケストラのシルエットで描いて作ったのを思い出します。

この頃はコンセルトヘボウのコンサートなんて憧れ中の憧れでしたが、
如何せん浪人性には高値の花で、単なる憧れでしかありませんでした。

あれからかれこれ50年・・・長い年月が過ぎてしまいました。


by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-02-14 00:41 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ドロミテにて

a0280569_1293128.jpg

日本から帰ってきて1週間、予定していたスキーに出かけました。
日本へ行くだけでも体力が持つか不安だったのですが、これからもっとハードなスキーです。

ここ数年は、スキー板を担いで歩いたり、いやスキー靴を履くだけで体力を消耗し、
どうなるのやら心配なのですが、まぁ行ったら行ったで景色の素晴らしさに誘われてツイツイ頑張ってしまいます。

ここ数年は「ortisei(伊)St.Ulrich(独)」というこの辺では比較的大きな町に滞在していますが、
お店やスーパーなども充実していて気に入っています。
a0280569_1305176.jpg

a0280569_1311043.jpg

街並みも綺麗で大きなホテルも点在し、ちょっとしたリゾート地です。
a0280569_131506.jpg

a0280569_13234.jpg

a0280569_1322529.jpg

a0280569_1324085.jpg

それに何と言っても私の好きな「Seiser Alm」へのゴンドラがあるからです。

このサイザー・アルムはヨーロッパ最大の高原といわれ、
雄大な山々を背景にした広々としたパノラマは素晴らしいの一言で何度見ても飽きることがありません。
a0280569_1332358.jpg

a0280569_1334964.jpg

それにありがたいことにコースは2箇所だけちょっとキツイのですが、
概ね穏やかで年寄りでも安心して楽しく滑ることができます。

なだらかなので、カンジキを履いて散歩をしている人たちや、馬ソリに乗って散策を楽しんでいる人たちもいます。
a0280569_1344426.jpg

初日は毎回、途中のSanonという所で調子を取り戻すため何本か練習をしますが、
斜面が緩やかで滑っている人も少なく、スグに上手になったような錯覚に陥ります。
a0280569_135896.jpg

a0280569_1351977.jpg

ここからドンドン歩を進め一番奥にあるフローリアンという山を目指しますが、
滑ってはリフトを乗り継ぎながら、中々長い行程です。

フローリアンに着く頃にはちょうどお昼 ・・・
この界隈には3軒のレストランが点在していますが、どこも美味しいので迷う処です。
a0280569_1363362.jpg

この日は頂上のレストランでサッパリとスパゲッティ・ポモドーロを頼みましたが、完熟トマトが絡まった中々美味しい味でした。
a0280569_1365613.jpg

午後はもう帰路に沿って滑りますが、結構な行程なので帰りの時間も心配です。
a0280569_1372964.jpg

なるべく早めにモント・セウク頂上のゴンドラ駅に戻り、レストランのテラスでしばらく暮れ行く景色を楽しんでから帰路につきます。

休んでいると偶然2年前に知り合ったコーチと遭遇しました。
彼もスモーカーで喫煙仲間として話しをした事があったのですが、お互い良く覚えていたものでした。

さて、翌日からは少々遠征です。
先ずはセセイダという山へゴンドラとロープウェイを乗り継いで2500mまで一気に登ります。
a0280569_1384164.jpg

a0280569_1385831.jpg

a0280569_1402876.jpg

ここからクリスチーナ方面へ7kmほどのコースを休み休み下って行きます。
a0280569_1404526.jpg

a0280569_1405964.jpg

一度、途中の小高いコル・ライザーと云う山にゴンドラで戻ってきますが、ここでも大体お昼くらいとなり休憩です。
a0280569_1411983.jpg

昔はちょっとコーヒーを引っ掛けただけで、また滑っていましたが、最近は休み休みの
連続でゆっくりと滑っています。

それでも周りには結構なお年寄りがいて、
歩いている時はヨボヨボしていますが、一旦滑り出すとヒョイヒョイと軽く滑っていくので,
「こりゃ負けていられないなぁ~」とちょっと無理をする時があります。

さあ、またセセイダまでリフトで登り、今度はオルティセイの町まで谷下りです。
このコースは10kmちょっとの距離で途中、何度も休憩を入れながらの行程となります。
途中、数箇所厳しい所もあるので気合を入れて滑ります。

コースの終りに近づくと、私の好きなアンナー谷のロッジあり、何時もここで休憩を入れます。
a0280569_1415828.jpg

遠征は続きますがセラ峠の眺めも絶景です。
雄大なセラ山と岩山サッソ・ルンゴに挟まれた広々とした斜面にゴツゴツとした岩が点在しその周りにモミの木が茂り、なんとも言えないほど素敵な眺めです。
a0280569_1454290.jpg

a0280569_146016.jpg

コースも概ねなだらかで景色をチラ見しながらの楽しい行程です。
a0280569_1433795.jpg

a0280569_1435372.jpg

中継地点で良く立ち寄るピッツ・セテウアという所のレストランでは美味しいシュニツェルが待っています。
この2階はちゃんとしたレストランでここも美味しく頂くことができます。

セラ山を眺めながらの食事は格別な味わいです。

唯、ここへは先ず最初にゴンドラで登った所のチャンピノーイから滑りだすのですが、
ここがこの界隈最大の難所で、精々400mほどのコースですが中々キツイ傾斜で、しかも大抵コブだらけ・・・

この上に立った人たちは大抵しばらく、どう克服するか悩んでからスタートをしています。
案の定、途中で転んでいる人も多く、救助隊が駆けつける光景も何度か目撃しました。
a0280569_1441589.jpg


もう4日目ともなると調子も出てきて、さらに遠くを目指します。
お目当てはこれも私の好きなプラロンガという山です。

標高は2100mほどで大したことはないのですが、ちょっと山の端っこ感が漂っていて
この界隈の裏側に広がるコルチナ方面の3000m級の山々も見えています。

遠くにはこの辺で一番高いトファーナも白くそそり立っています。

景色は殺伐とした雰囲気で私は勝手に不思議空間と呼んでいます。
a0280569_1463882.jpg

a0280569_1465462.jpg

ここから下のサン・カッシアーノへ向けて滑りますが7kmほどのロング・コースでしかも概ねなだらか・・・
途中からは林間コースとなり、これがとても気持ち良い滑降です。
a0280569_147970.jpg


かつてはここのハイライトであるセラ・ロンダ(セラ山1週コース)を楽しんだものですが、
さすが1日で45・6kmも滑る元気はなくなってきました。
a0280569_1563168.jpg

まぁ朝起きてよほど元気で気合も充実していたら決行するかも知れませんが、
年相応にゆっくり行った方が賢明でしょうね。・・・
夜、一杯やる元気も残しておかなければならないし・・・
a0280569_1475859.jpg

a0280569_1482146.jpg

たかだか年に1週間ほど滑るだけですが、それでも毎回少しは上達したような気分になり、
もう来シーズンに向けウズウズしています。

by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-02-09 01:56 | イタリア | Trackback | Comments(0)

日本滞在 4 - 清水から三十三軒堂へそして大阪 -

この日は大阪へ移動ですが、夕方まで時間があるので清水さん界隈を散策することにしました。

風情のある清水坂をブラブラと上りはじめましたが、
観光バスなどが止まる駐車場がある辺りから外国からの方々で溢れだしました。
まぁここは割り切って清水寺へと歩を進めました。
a0280569_124227.jpg

a0280569_131615.jpg

a0280569_132818.jpg

未だ工事中なのは知っていましたが、足場の掛かった大舞台はそれなりに見応えがあるし、
一部開放されている舞台からの眺めは素晴らしく充分堪能することができました。
a0280569_135896.jpg

a0280569_141796.jpg

小雪が舞い散りだしましたがダラダラと下り、先ほど舞台から見えていた
可愛い三十の塔(子安塔)へも足を延ばしながら散策を楽しみました。
a0280569_144288.jpg

a0280569_145494.jpg

帰りは茶碗坂を下りましたが、この辺で清水焼が焼かれていたようです。
a0280569_15171.jpg

a0280569_152731.jpg

バスで3駅ほど、今度は三十三間堂を目指しました。

ここも何時ぞや中学生ころに来た記憶があります。
a0280569_16390.jpg

まぁ三十三間堂と言われているだけに、長~いお堂です。
ここではお堂の端まで弓を射ったことで知られていますが、
的まで約60mと凄い距離を射ったものです。
a0280569_16252.jpg

早々に中に入ると暗い堂内はすでに厳かな雰囲気が醸しだされています。

まず目に入ってくるのは騒然とした仏像の数です。
整然と並べられた仏像は何体あるのでしょうか・・・
(後から調べたら1001体あるそうです。)
その数と言い、こんな事を考えた発想には圧倒され感心すると共にそのシュールさには不気味さすら感じられます。
a0280569_165160.png

所々手前に建っている風神や雷神を始め「二十八部衆」(この名称も後から知りました)と云われる仏像たちは、
小ぶりながら動きもあり、そのリアルな表現力は彫刻として見ても凄い完成度の高い芸術作品です。
a0280569_171135.jpg

そして圧巻は中央にドンと座す「千手観音」でしょう。
千手・・・千本も手があるのですよ・・・
其々の手にもつ物にも意味が込められているのでしょうが、誰が発想したのでしょう!!
ここでもその圧倒されそうなシュールさにしばし感慨深く眺めていまいた。

荷物をピック・アップするためホテルへ戻り、大阪へと向かいますが、
このホテルへ曲がる角に一軒の古い「タバコ屋」が建っています。

このお店では90歳中ほどのお爺さんが切り盛りしていて(と言っても動きは遅いのですが・・・)
前回行った時も大丈夫かなと、心配をしていたのですが、今回もゆっくりとした動きながらご健在で安心しました。

このお店の裏にはL型に食い込むようにコンビニが建っていますが、
このお爺さんに気を使っているのか「タバコ」は置いていません。
(ひょっとしたらこのコンビニの敷地もお爺さんのものかしら・・・)
a0280569_17479.jpg

さて、大阪では高校時代の親友と一献傾けました。
彼のお気に入りのお店で、私も3回目です。
年配好みの落ち着いた雰囲気の日本料理やで、ブリシャブなど美味しく頂きました。

いよいよ、大晦日となり、やっと家族と合流です。
お昼は偶々見つけた「浪花そば」という蕎麦屋で年越し蕎麦の予行演習・・・
都会のビルに囲まれた古い建物で老舗感を醸しだしています。
大阪では蕎麦やは少ないのですが、とても美味しく頂きました。
a0280569_1874.jpg

夕食は・・・やはり年越し「うどん」・・・
娘が「行ったことがない!」と云うので「そりゃ行かにゃ~」と道頓堀にある「今井」へ向かいました。
この天下一品の「うどん」は一度試してほしかったからです。
a0280569_183148.jpg

とても込み合っていまいたが、ラッキーなことに2階の落ち着いた座敷に案内されました。
お品書きを見ると、いや嬉しい事におつまみになりそうな料理がいっぱいあります。
そうそうここは「うどん」で有名ですが、懐石弁当なども販売しているので期待がもてます。
それに何と言って「出汁」・これは間違いなく美味しいはずです。

「タイの昆布締め」、「出汁巻き卵」、「スグキのヌタ合え」・・・
どれもこれも上品な味付けで、器も良いし盛り付けも良しで宴は延々と続きました。

やっと仕事を終えた長女も合流し、大阪での大晦日は大いに盛り上がりました。
a0280569_191367.jpg

a0280569_193027.jpg

a0280569_195181.jpg

さあ、明日は長旅が待っています。



by Atelier Onuki~ホームページもご覧ください~応援クリックありがとうございます!人気ブログランキングへ
# by Atelier-Onuki | 2019-02-08 01:15 | 日本 | Trackback | Comments(0)