人気ブログランキング |

ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]

ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]_a0280569_22484754.jpg

ベートーヴェンは22歳の時ハイドンに師事するため2度目のウィーンへやって来ます。

それ以来、1度も故郷ボンへ帰ることなく35年間に渡りウィーンに留まりました。

その間、引越し魔として有名な彼は、ウィーン市内だけでも短期間を合わせて67回とも78回とも言われています。


音楽家としては致命傷ともいえる難聴で癇癪もちだったので、大きな音を立て周りの住民とは頻繁に揉め事を起こしていました。

そんな住居は全てが残っている訳ではありませんが、幾つか重要な建物が残っています。

今でも住んで居る人がいたり、何か別の施設になっている所では、見学はできませんが、

外から「オオ~ここでこの曲を書いたのだ!」と当時を偲んで思いを馳せることも興味深いものです。


「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いたことで有名な、

それこそハイリゲンシュタットのProbusgasseにあるアパートはミュージアムになっています。

以前のミュージアムは実際彼が住んでいた部屋だけだったのですが、通りに面した部屋にも展示が拡張されました。


ここでは交響曲、ピアノ協奏曲の共に2番が作曲され初期ながら重要な作品です。

こんな遺書を書くほど苦しんでいた時期にも関わらず2楽章などは穏やかで天国的とさえ言える音楽です。


ここからちょっと北へ行くとベートーヴェン・ガングという小道が丘の方へ向かって続いています。

そう、ここは有名な「田園交響曲」のインスピレーションを受けた散歩道です。

今は家が建ち並んでいますが、ゆったりとした邸宅なので雰囲気を損なうようなことはありません。

ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]_a0280569_22493073.jpg
ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]_a0280569_22494921.jpg

それに小川は自然のままで当時を偲ぶことができます。

「田園交響曲」なんて中学のころ音楽の時間で聴かされ、若いころから慣れ親しんで来た曲でした。


ウィーンに来て初めての待ちわびた春、ここを散歩したときの心地よかったこと。・・・

ちょうど嵐がザーッとやって来て、すぐに去っていきました。

木々は瑞々しさを取り戻し、丘の向こうには青空が広がりました。

「あぁこれだ~」と初めてベートーヴェンが言いたかった事が分かったような気がしました。



# by Atelier-Onuki | 2020-06-23 22:50 | コラム | Trackback | Comments(0)

ベートーヴェン・イヤー - 2 (ウィーンへ)

ベートーヴェン・イヤー - 2 (ウィーンへ)_a0280569_20430625.jpg

この稀に見る大作曲家のことは有名なので、多くの人が知っているところです。

177012月にボンで生れていますが、そのファミリー・ネームからフラマン地方の出身であることが伺えます。


まずLudwigvan Beethovenに付いているvanは典型的なフラマン地方に付く名前で他には画家のvanDyck van Goghがいます。

これはドイツにおける貴族の称号であるvonとは違って単なる何処そこの誰的な意味合いしかありません。

それにBeethoven語尾のhoven(畑の意)もこの地方出身の人の語尾に付いているケースが多い様です。


事実、彼のお祖父さんの時代にこの地方からボンの宮廷歌手として移り住んでいます。

お父さんも宮廷歌手を引き継ぎ、ルートヴィッヒ少年には厳しい音楽教育をしたそうですが、

元来のアルコール依存症、しかも母親までもアルコールに頼っていたので家計は困窮していたそうです。


それでも16歳の時、弟子入りする為モーツァルトを頼ってウィーンに向かいますが、

この性格の全く違う2人は合う術もなく1度会ったきりでした。


そんな折、母親が急逝したためボンへと引き返し、数年間は演奏家として家計を支えなければなりませんでした。


チャンスが訪れたのは22歳の時、ロンドンへ行っていたハイドンが

ヴァルトシュタイン伯爵からベートーヴェンの噂を聞きつけボンまでやってきます。

早々に彼の才能を見抜いたハイドンは再びウィーンへ来て弟子入りする事を勧めます。

ピアノ演奏ではウィーンでも一目を置かれていましたが、ハイドンの下で学び作曲家としても順調に成長して行きました。


そんな折20代後半の頃から耳に異変を感じ出しました。


医者の勧めもあり温泉治療のためウィーン郊外のハイリゲンシュタットへ移りますが、

この辺からカーレンベルの丘にかけて広がるブドウ畑の風景が、

故郷ボン郊外のアールタールに似ていたこともありすっかり気に入ります。

ベートーヴェン・イヤー - 2 (ウィーンへ)_a0280569_20435427.jpg

しかし音楽家にとっては致命傷と言うべき難聴は益々酷くなり、

とうとう自殺を考えるまで思い詰められ、弟ヨハンと甥カールに宛てて遺書を認めています。


これは彼の死後、発見され今日「ハイリゲンシュタットの遺書」として知られています。



# by Atelier-Onuki | 2020-05-25 21:48 | コラム | Trackback | Comments(0)

ジャズと水割り・・・

今日は、もう夕方5時頃からビールを飲みだし、2本も開けるとさすがにちょっと飽きてきました。

そこで買ってきたばかりのジョニ・グロを開けてしまいました。

偶々、時々行くレストラン関係者を相手にしたMetroというスーパーに遊びに行ったらラッキーなことにで特売になっていました。

カラン・カランと氷を廻しながら良い気分です。

ジャズと水割り・・・_a0280569_04195601.jpg

こりゃ聴くべき音楽はジャズに限ります。

i-phoneに保存しておいたアルバムからコルトレーンとジョニー・ハルトマンが組んだ一枚す。

ハルトマンが残した録音はこの1枚だけで亡くなっているので貴重なアルバムです。

その天性の甘い声と語り口で、男の私でもうっとりとするような歌いっぷりです。

コルトレーンもここではソロの主役ではなく脇役の演奏に徹していて、時折見せる難しい語り口ではなく親しみやすい甘さでムーディーに吹いています。

ジャズと水割り・・・_a0280569_04203065.jpg

唯、問題はこのドイツの雰囲気なのです。

これは何故かはよく分からないのですが、ジャズを聴く雰囲気ではないのです。

あのフランス音楽でも、ぴったりとフィットするのに不思議です。


ドイツへ来る直前は行徳のマンションに住んでいたのですが、9階だったので眺めは最高でした。

特に夜景が綺麗で蛇行する江戸川に灯がともると、考えようによってはハドソン川と思い込めばそれらしく感じられますし、

遠く池袋や新宿の摩天楼はマンハッタンと無理やり思えばそれらしく見えました。


引っ越して、真っ先に考えたのは窓に沿ってバー・カウンターを作ることでした。

それも当時流行りだったヤマハ家具に頼み特注でチーク材のカウンターを作ってもらいました。

ここで夜景を眺めながらジャズを聴き、カランカランと水割りを傾けるのは癒しの一時でした。

もっとも、その後このカウンターにはテレビやら本段などが乗り出して、段々と座れなくなってしまいました。


いまもカランカランと廻していますが、やはり空気感と云うものが、向き不向きに影響を与えているようです。


# by Atelier-Onuki | 2020-05-17 04:24 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

シュツェンフェストと「母の日」は・・・

昨日の日曜日、家でボーッとしていたら外から賑やかな鼓笛隊の音が聞えてきました。

オォそうか今日はこの地区の「Schützenfest(シュツェンフェスト)、いわゆる収穫祭を意味する射撃祭だったのです。

(ウェーバーのオペラ「魔弾の射手」もこの射撃大会での出来事。)

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03511452.jpg

これは秋に催されるのが一般的ですが、春にもあったのですね。

毎年この地区からキングとクイーンが選出され馬車に乗って街を練り歩きます。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03530467.jpg
シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03532394.jpg

パレードはそこそこ大きく、各地区からの30人ほどの代表が制服に身を包み行進をしますが、鼓笛隊も10団体ほど参加しています。

馬も参加していてそれなりに見応えのあるパレードです。

唯、今年はえらく自粛モードでパレードはなし、鼓笛隊もキングに選ばれた家の前で演奏をするだけでした。


処で家の隣は「Pfallzentrum」といって云わば「お坊さんセンター」で、教区の集会場のようなところです。

例年だとこの駐車場に沢山の屋台が出て、大勢の人たちで賑わいます。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03540655.jpg
シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03542633.jpg

その更に向こう隣はいつも綺麗な庭を保っている古い家があります。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03545059.jpg

それにニワトリを飼っていて、時々鳴き声が聞えてきますが、田舎にいるようでそれなりに気に入っていました。

最近聞かれなくなったので「ひょっとして・・・」と心配をしていたのですが、ちゃんと檻の中で元気にしていました。

確か昔は自由に放し飼いをしていたような・・・

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03552425.jpg

この家は会期中の休憩所を提供していて、垣根は花で飾られ入り口には「ビバーク・ポイント」と書かれ中々親切なお宅です。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03554467.jpg

ぶらっと歩くと街のあちこちは、色とりどりの三角旗で飾られています。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03562901.jpg
シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03564799.jpg
シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03570618.jpg

角の十字架が立っている広場にも花輪が飾られていました。

皆さん地元をこよなく愛されているようで、ちょっと嬉しい気分になりました。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03573128.jpg

そんな折、娘が遠い所を訪ねてきました。

今日は「母の日」なのでお土産を持ってきてくれました。

ガラスの鉢に植えられた4種盛りの鉢植えは、中に苔が敷き詰められ、お洒落に飾られていました。

シュツェンフェストと「母の日」は・・・_a0280569_03575537.jpg


# by Atelier-Onuki | 2020-05-12 04:06 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)

道端のバラ・・・

今朝も川原を散歩していたら川とは反対側にあるサッカー場のフェンスに沿って自生したバラが綺麗に咲いていました。

道端のバラ・・・   _a0280569_23133812.jpg
道端のバラ・・・   _a0280569_23140664.jpg

気になったのであちこち見てみると、ここだけではなく川原の土手にもあって、夫々が微妙に色や形が違う種類が咲いていました。

これらは普通のバラではなく平べったい花弁で、ちょっと地味ながら、これはこれで控えめながらも綺麗に咲き誇っていました。

道端のバラ・・・   _a0280569_23145194.jpg
道端のバラ・・・   _a0280569_23151749.jpg
道端のバラ・・・   _a0280569_23153814.jpg
中には前を通っただけでファ~と甘い香りを漂わせているバラもありました。

道端のバラ・・・   _a0280569_23162055.jpg

暫く歩くと今度はポビーが自生していました。

道端のバラ・・・   _a0280569_23171920.jpg

あのモネが描いた「ひなげし」(アマポール?)です。

以前、モネの絵のように「ひなげし」が群生している野原を見つけた事がありました。

これは描きたいなぁと、次の年くらいにスケッチに出かけたのですが、もうパラパラとしか咲いてなく、打って変わって「アザミ」が群生していました。

道端のバラ・・・   _a0280569_23174790.jpg

この「ひなげし」が咲いている所にポプラが植えられているのですが、周りには無数の新しい芽を出しています。

その生命力の逞しさに感心しながらも、これはそのままにしておくと鬱蒼とした林になってしまうかもと心配にもなりました。

道端のバラ・・・   _a0280569_23181514.jpg

処でこの「ひなげし」、私は勝手に「けい子さん」と云っています。

何故かと云うと話は私がウィーンに住み始めた、初めての春のことでした。

仲の良かった絵描きや音楽家の人たちと郊外へ遠足に出かけた折のことです。


その内の一人に声楽家で清楚な美人の方がおられました。

彼女は純粋で勉強一筋・・・男友達も居ないし、通称「男っ気なしの・けい子さん」と呼ばれていました。

遠足の最中何かの拍子で「ポピー」の話になったのですが、けい子さんポピーを知らない・・・

暫く歩いていると、何処からか1本のポピーを持った絵描きのKさん・・・

「けい子さん、これがポピーですよ!」と、差し出しました。

けい子さんはえらく感激し、この欲と云うものを全く感じられないKさんがすっかり好きになりました。


結局は彼らは結婚し、今は日本で幸せに暮らしておられることでしょう。

そんな訳で、このこと以来、欲の固まりの私は「けい子さん」と呼ぶようになりました。


さて、近くにはホーランダーと云う木も白い小さな花が真っ盛りです。

道端のバラ・・・   _a0280569_23190548.jpg

この花からはシロップが取れるそうで、このシロップを使った飲み物と云えば、

真っ先にウィーンのホーフ・ブルクの庭にあるパヴィリオンのオープン・カフェを思い出します。

この隣にはバラ園があって色んな種類のバラが見事に植えられています。

カフェのテラスに座っていると微かにバラの甘い香りが時折漂ってきてウットリとしています。

道端のバラ・・・   _a0280569_23200086.jpg
道端のバラ・・・   _a0280569_23202281.jpg

さほど美味しくもない「ホーランダー・シロップ」ですが、あのウィーン独特の気だるい緩やかな雰囲気に浸っていると時が経つのを忘れてしまいます。

このコロナ騒ぎがなかったら今頃はこのカフェで休んでいるはずでした。

道端のバラ・・・   _a0280569_23205973.jpg

朝11時からウィーン・フィルでマーラーの7番、夜はベルリン・フィルでマーラーの6番。

こんな1日でウィーン・フィルとベルリン・フィルが聴けるなんて十数年に一度位しかない物凄い機会だったのに~


# by Atelier-Onuki | 2020-05-10 23:34 | デュッセルドルフ | Trackback | Comments(0)