人気ブログランキング | 話題のタグを見る

指揮者アンドレ・クリュイタンスさんのこと (10月のコラムより)

指揮者アンドレ・クリュイタンスさんのこと (10月のコラムより)   _a0280569_23114139.jpg

アンドレ・クリュイタンスさん、一度は聴いてみたかった指揮者でした。

しかし彼が来日したのは1回だけで1964年ですから私はまだ中学生、知る由もありません。

この演奏会を聴いた大学時代の音楽の先生によると、「ダフニスとクロエ」の夜明けのシーン、

フルートのソロがピーラリラ~と入って来る所で文化会館の天井が裂け光が差し込んで来たように見えたそうです。

(この伝説の演奏会はライヴ録音がCDになっています。)

私が初めてクリュイタンスの存在を知ったのは高校生の時でした。

それはベートーヴェンの交響曲全集が欲しくなり、あれこれと迷ったのですが、

結局彼の全集がお手ごろな価格で、アルバム・ジャケットの良さも手伝って購入しました。

初めて聴いた印象は、今までのドイツ系の指揮者による演奏とは違って、

まぁ何とも明るく伸びやかでエレガントな演奏でした。

後で知ったのですが、これは彼がベルリン・フィルに客演した後、

オーケストラ側から要望され録音が実現したそうですが、これはベルリン・フィル初の全曲録音でした。

その後、発売されたラヴェルの「管弦楽全集」やビゼーの「アルルの女」など、

まぁ何とも香り豊かな演奏ですっかり虜になってしまいました。

私の知る限り、これらは未だこれ以上の演奏が出現していないかも知れません。

例えば「ボレロ」では途中でチェレスタにピッコロが絡んでくる所があって、ここはあえて不協和音で作曲されています。

大抵の演奏では不協和音として聞こえるのですが、彼の演奏では、ハッと「綺麗なぁ」と思うほど絶妙にハモッテいます。

「アルルの女」に到っては、これを聴く度にあのアルル周辺の情景が浮かびあがり、

あの生暖かいミストラルにフヮ~と包まれるようです。

フランス音楽は優雅でホワッとしたイメージがありますが、

金管など時折揺れ動いて拳を利かせるシーンもありますし、ゾクッとするような怪しげな寂も隠れています。

ラヴェルの「左手の為のピアノ協奏曲」や「古風なメヌエット」における中間辺りで聴こえる

まるで金属をバシャと潰したような金管楽器の寂の入れようは、背筋がゾクッとして興奮すら覚えます。

そんなクリュイタンスの演奏を生で聴いてみたいと思いは積もりましたが、1967年62歳という若さで急逝してしまいました。

彼の没後、音楽監督をしていたパリ音楽院管弦楽団が解体されました。

その後世界中から優秀な奏者を集めたパリ管弦楽団として発足しますが、

あの懐かしいフランス独自の響きは失われてしまいました。

あの何とも野趣で怪しげなバソン(フランス独自のファゴット)の響きをまた聴きたいな・・・


# by Atelier-Onuki | 2021-10-19 23:47 | コラム | Trackback | Comments(0)

トリーアを訪ねて

先週末は例のDB(ドイツ国鉄)のローカル鉄道乗り放題のキャンペーン最後の期限だったのでトリーアへ行ってみました。

ここへは一度行ってみたいと思っていたのですが、そこそこ遠いので今までその機会がありませんでした。

デュッセルドルフから2時間ほどコブレンツで乗り換え、いよいよモーゼル川に沿って上って行きます。

コブレンツを出て直ぐに左にモーゼル、右側斜面にはブドウ畑が連なっています。

トリーアを訪ねて_a0280569_00354869.jpg

モーゼルは川幅もそれほど広くはなく、流れも穏やか、緑も多く眺めていて気持ちが落ち着きます。

南側の斜面は所狭しとブドウが植えられ、急な斜面にも石垣が積まれよくもこんなに狭い所まで植えたものだと感心します。

それにしても収穫するには急すぎる所もあり大変だろうなと想像していました。

列車はモーゼルを右に左にと縫うように進み、中々の景勝路線です。

トリーアを訪ねて_a0280569_00360048.jpg
トリーアを訪ねて_a0280569_00361286.jpg
トリーアを訪ねて_a0280569_00362504.jpg

1時間半ほどでトリーアに到着しました。

駅前の大通りをガシガシ進むと、見えてきました・・・この街のシンボル・・・ポルタ・ニグラです。

2世紀ごろにローマ人によって建てられた「黒い城門」です。

トリーアを訪ねて_a0280569_00033807.jpg
トリーアを訪ねて_a0280569_00035287.jpg

そう、この街は紀元前1世紀ころにローマ人が築いたドイツ最古の街です。

ポルタ・ニグラをバックに歩行者天国の商店街が長く続いていて、大勢の人たちで賑わっています。

道幅が広いにも関わらず人々とのすれ違いはぶつからないよう神経を使います。

まぁ良くあることですが、こちらの人たちは感が悪く、前を見ないでボーッと歩いている人も多いです。

「こんな人たちが東京のラッシュに紛れたら如何するのだろう?」とついつい思ってしまいます。

そうこうしている内にマルクト広場へ出ました。

木組みの家やらカラフルな建物などに囲まれ広くて綺麗な広場です

土曜日だったので沢山の露天市が出ていますが、さすがワインやブドウを売っている店も多く、ブドウなど美味しそうで旅の途中でなければ迷わず買っていた処です。

建物の雰囲気は何処なのでしょう・・・アルザス風ありフランス風あり、オランダやベルギーの雰囲気ではありません。

まぁトリーア風としておきましょう。

トリーアを訪ねて_a0280569_00044316.jpg
トリーアを訪ねて_a0280569_00045539.jpg

さて、街中のホテルで荷を解き、近くの大聖堂を訪ねました。

まぁ大きな教会で幾つものスタイルの違う時代に建て増しされているようですが、1700年以上の歴史があるそうです。

それに一般的なドイツの教会とは違い全くイタリア風で、アレッひょっとしてここはイタリアかと錯覚するほどです。

トリーアを訪ねて_a0280569_00065920.jpg

聖堂内も大きくて立派、パイプ・オルガンなど見上げるほど大きく、煌びやかな装飾が施されています。

トリーアを訪ねて_a0280569_00071883.jpg
トリーアを訪ねて_a0280569_00073396.jpg

中央付近から中庭に出られそうだったので、行ってみました。

アラベスク風の天井を持つ回廊が四隅を囲っています。

トリーアを訪ねて_a0280569_00080063.jpg

中庭も広く綺麗に植え込みが整備されていますが、これは完全にイタリアでみかける中庭のスタイルです。

トリーアを訪ねて_a0280569_00081363.jpg
トリーアを訪ねて_a0280569_00082494.jpg

聖堂内に戻り中央奥の祭壇へ登ってみました。

トリーアを訪ねて_a0280569_00084349.jpg

更に奥に通ずる所には立派な彫刻が施されたアーチ状の装飾で仕切られています。

鉄格子越しに色からして翡翠でしょうか大きな棺のようなものが祀られています。

何でもこの棺のような箱にはキリストが40日間断食をした時に着ていた衣服が納められているそうです。

トリーアを訪ねて_a0280569_00090926.jpg

再び商店街へと戻り、ちょっと小腹が空いてきたので、軽くカレー・ヴルストを頂きました。

何気に食べ出したのですが、これが美味しい・・・

ソーセージもさることながらカレー味のソースが美味しい・・・今まで食べた事がない風味ある味付けで、コリャこの街は美味しいものがあるのだろうと期待させました。

ポルタ・ニグラまで戻り、ここから出ている観光用のチンチン電車に乗り込みました。

他にもローマ時代の遺跡として大浴場跡や闘技場があるのですが、地図で見るとちょっと郊外なのでこれで巡ることにしました。

何れも外からしか見られませんでしたが、中々大きな建造物でした。


長旅の後、タップリと観光を楽しんだので、ちょっとお疲れ・・・

ホテルでシャワーを浴び一休憩・・・夕食に備えました。


目星を付けておいた「ベトナム料理屋」へ向かいましたが、ポルタ・ニグラの脇は通行止め・・・何かプロジェクター・マッピングのイベントがあるらしく入場のコントロールをしています。

グルッと遠回りをしてやっと到着しましたが、満席とのこと・・・

今度は逆のルートでポルタ・ニグラへ後戻り、日中に目をつけていた「中華レストラン」を目指しました。

ここにはテラス席もあって座ることができました。


中華といっても、ちょっと創作料理もあり、すしも結構一押しで提供しています。

まずはおビール・・・この街も“Bit Burger”がメインです。

そういえばBit Burg 行きの乗り合いバスを見かけたのできっと近いのでしょう。

さて、料理は点心の盛り合わせと海老天ロール・・・

料理が出てくる頃にはとっぷりと日が暮れていました。

トリーアを訪ねて_a0280569_00093080.jpg


# by Atelier-Onuki | 2021-09-30 00:50 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

久しぶりのモンシャウ

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00053987.jpg

先週からの2週間、また“Deutschland-Aboupgrade”と銘打ったDB(ドイツ国鉄)の豪気なキャンペーンが始まりました。

これは各地方の公共交通機関の定期を年間契約している人を対象に、申請をすれば何とドイツ全土(一部を除く)のローカル列車が乗り放題というものです。

まぁローカル列車ですから、余り遠い所へは時間も体力も必要ですが、そこそこの所なら行く気になります。


そこで取り合えずは久しぶりにアーヘンを経由してモンシャウへ行ってみることにしました。

ここは昔アーヘンに住んでいた時、会社の同僚から真っ先に勧められた所でした。

アーヘンからアイフェル山脈の長閑な丘陵地帯をバスに揺られ1時間ちょっとで到着です。


バスを降り街中へとダラダラ歩きましたが、そこそこの人たちが訪れています。

数年前に行った折は、ちょっと寂れた感じもしたのですが、いえいえ活気が戻ってきたようで何だか嬉しくなりました。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00062413.jpg
久しぶりのモンシャウ_a0280569_00065726.jpg

アチコチに点在する木組みの家々を楽しみながら、ここで一番有名な建物“Rotes Haus”の横から川へと抜け、橋を渡ってマルクト広場がある中心へ向かいました。

レストランやカフェそして土産物屋さんなどにも人々が訪れていて賑わっています。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00074574.jpg
久しぶりのモンシャウ_a0280569_00080887.jpg
久しぶりのモンシャウ_a0280569_00090893.jpg

広場の先にある橋からはズラッと木組みの家々が連なっていて、さしずめ“いで湯の里”よろしくの雰囲気です。

まぁアーヘンは温泉で有名ですからここにも温泉が出ても不思議ではありません。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00094258.jpg
久しぶりのモンシャウ_a0280569_00101146.jpg

グルッと1周しお昼にしました。

ちょっと中心から離れた小さなレストランに入店、先ずはおビールです。

さすが近場に醸造所がある“Bitburger”で、そう云えばこの辺の店は殆どこの銘柄を出しています。

グビィと引っかけた辺りで注文していた“マスタード・ソース添えのステーキ”が出てきました。

この町はマスタードも有名だそうです。

ちょっと表面がカリッと焼かれたステーキは香ばしく美味しく頂きました。


お腹も満たされたので、砦の廃墟がある丘の上へ登っていきました。

この途中にはパノラマ・テラスがあって、町を一望できます。

屋根という屋根はシーファーと云われるスレートの石で葺かれていますので、全ての建物がグレーで統一されていて綺麗です。

ここへ初めて来た時は、何だかヘンゼルとグレーテルの気分を味わいました。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00104808.jpg
久しぶりのモンシャウ_a0280569_00110779.jpg

再び町へと下りましたが途中の石垣に生える蔦はもう紅葉が始まっていて、この辺はさすが寒いのだなと感じられます。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00113289.jpg

さて目指すはマルクト広場に面したカフェで“アッフェルシュトゥルーデル“いわゆるアップル・パイを頂きます。

これも先の同僚から教えてもらったのですが、「ここのアップル・パイは暖かくて、

これにバニラ・アイスを付けてもらうと美味しいよ!」というのでモンシャウへ来る度に頂いています。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00121406.jpg

テラス席はほぼ満席の状態ですが、2階の店内に入ると2組しか座ってなくてガラガラです。

私はこの2階席が大好きで古い調度品が品良く揃っている店内は、

ノストラジックな気分になれるし、窓からの眺めも素敵です。

久しぶりのモンシャウ_a0280569_00124044.jpg
久しぶりのモンシャウ_a0280569_00130474.jpg

ホッコリと気分も暖かくなってきたので、ボチボチとアーヘンを目指しバス停へと向かいました。


今回はちょっとした観光地として活気を取り戻しているし、また来ても良いかなと云う気になりました。


# by Atelier-Onuki | 2021-09-25 00:28 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

「バイロイト音楽祭」の思い出

「バイロイト音楽祭」の思い出_a0280569_21280105.jpg
ワグナーの音楽は「まるで麻薬のようなものだ!」なんて言われていますが、
一度その虜に陥ったファンには、まるで信仰にも近い魅力を感じているそうです。

そんなワグネリアンと呼ばれる人たちにとっての聖地は何といっても「バイロイト音楽祭」でしょう。
自作のオペラを理想的な環境で聴いて欲しいとの願いからワグナー自身によって、
この地が選ばれ始められた音楽祭は、もっとも歴史の古い音楽祭でしょう。
開場以来、代々ワグナー家によって運営されてきた音楽祭ですが、
人気の故チケットの入手が困難で2・3年前から予約を入れウェイティング・リストに載せてもらいます。

もう35年も前ですが、ウィーンでの知り合いが舞台監督や歌手として参加していました。
「一度ゲネプロでも観に来ませんか?」の問いに二つ返事で出かけました。
「バイロイト音楽祭」の思い出_a0280569_21281542.jpg
唯、まだ長男が生れて6ヶ月位、まぁ家内と交代しながら観ようとしていましたが、
劇場に着くと「お子さんは楽屋に預けて一緒に観なさいよ!」と言って頂き、ありがたくそうさせてもらいました。
後から聞いた処、なんとこの日上がりだったルネ・コロにもあやしてもらっていたそうです。

さて、演目は「タンホイザー」この年のプレミエで、演出はヴォルフガング・ワグナー、ワグナーの孫に当る人です。
客席の真ん中に設置された大きなテーブルの前にドンと陣取っておられました。

ゲネプロと言ってもほぼ本番と同じで、ちゃんと衣裳も着けメイクもされています。
一度だけ「歌合戦」のシーンで舞台上のカーテンが引っ掛かった所で、止められましたが、それ以外は本番さながら進行されました。

休憩時間に、ズート気になっていたオーケストラ・ピットへ入らせてもらいました。
このピットは独特で客席との間に湾曲した高い壁が立っていて中が見えません。
床はヒナ壇が奥に行くほど下がっていて、ステージの下まで食い込んでいます。
これはワグナーが地から湧いて来るような音を求めた為で、ワグナーの音楽に相応しい重厚な響きがします。
「バイロイト音楽祭」の思い出_a0280569_21282774.jpg
唯、ピットの壁に反響した音はステージ上で歌う歌手の声よりも1拍遅れて出てくるので、ここでは指揮者に独特の技が必要だそうです。
「バイロイト音楽祭」の思い出_a0280569_21283605.jpg
私はこの後が下がっているのに指揮者がちゃんと見えるのか知りたかったので、
コントラバスの後あたりから指揮台を見上げましたが、ちゃんと良く見ることができ長年の疑問が解けました。

# by Atelier-Onuki | 2021-09-20 21:36 | コラム | Trackback | Comments(0)

セーヌでの釣り (8月のコラムより)

セーヌでの釣り (8月のコラムより)_a0280569_22240182.jpg

釣りは日本にいた頃から大好きで、よく奥日光の“湯の湖”から自然の釣りが楽しめる戦場ヶ原を流れる“湯川”などへ出かけました。


その頃は釣り人たちにとっては夢のような釣り行の話しを纏めた開高 健さんの「オーパ!」や「フィッシュ・オン」などの本を羨ましく読んでいました。

その一つにアラスカで鮭釣りをした後、「パリに来たついでにセーヌ川でも試してみたが雑魚一匹釣れなかった!」との記述がありました。

開高さんにはスポンサーが付いているので、アラスカやブラジルなど世界中の河川で釣りができますが、私でもこのセーヌなら勝負は出来るかと思い立ちました。


まだ小さかった子供二人を連れてルーブルの中腹あたりから河川敷へ降りました。

魚影を求めて上流の方へとダラダラ歩いて行き、何本か橋を潜りましたが中々魚影が見付かりません。

暫くして、シテ島が見える辺りまで来たとき、やっと数匹の背びれが見て取れました。

ここだとばかり竿を下ろしましたが中々釣れません。


フト気が付くとこの辺の石垣際にはテントや小屋が無造作に連なっています。

コリャここで生活されている人たちのネグラなのだろうなと・・・

暫くしてここの住人と思しき2人の屈強な男が近づいてきました。

「ムッシュ・何してるんだ!」多分そう言っていたのでしょう。

私の釣り針をグイと持ち上げて「ノン!」と言っています。(これくらいは分かりました。)

何が「ノン」なのだろう・・・「ここで釣りをするな!」と言うことでしょうか・・・

一旦、テントに帰った彼らは暫くして戻って来、「ウォワラ!」と手を差出しました。

そこには茹でたジャガイモで、しかも1cm角位に切ってあります。

おぉ「メルシー、メルシー!」これくらいは言えます。

餌をジャガイモに付け替え竿を下ろすと何と直ぐにアタリが・・・

それも大物、暫く格闘しやっと釣り上げましたが40cmほどの鯉が・・・


上がった途端・なんと頭上で大きな拍手が・・・

何が起こったのか慌てて頭上を振り向くと、欄干の上からツアーの人たちでしょうか、大勢の日本人がニコニコしながら一斉に拍手をしてくれていました。

ホテルに帰りミシュランの地図で場所の確認をした処、見晴らし印しが4ツも付いた眺望スポットでした。



# by Atelier-Onuki | 2021-08-23 22:26 | コラム | Trackback | Comments(0)