人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより

レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00521841.jpg

イタリアの作曲家といえば、直ぐにオペラを想像しますが、レスピーギは珍しく器楽曲しか作曲していません。


そんな彼の代表作品は何と言っても「ローマ3部作」でしょう


それはローマの象徴とも言うべき「泉」、「松」、「祭」をテーマに作曲していますが、

単に情景を観光名所よろしく表現したものではなく、歴史的背景や作曲家のそのテーマに対する思い入れを感情豊かに込めています。


作曲された時期は13年間ほどに渡ってずれていますが、今日では一つの纏まった作品として扱われています。


中でも私が好きなのは「ローマの松」で、この曲が何処かの演奏会で取り上げられると、

少々遠い街であっても、わざわざ出かけてまで聴きたい曲の一つです。


それは最後の「アッピア街道の松」における、あの立体感溢れる音の洪水に浸りたいからです。


実際ローマの松は独特の形をしていて幹がス~と上に延び、

上部にだけ丸く柔らかな形の葉を付けていて心地良さそうな風情を醸しだしています。

これは不思議なことに他の所では余り見かけません。

レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00532862.jpg

さて曲は4つのテーマで構成されていて、夫々の曲にレスピーギ自身が、どの様な情景なのか注釈を付けています。

その描かれた夫々の場所を訪れてみるのも興味深いものです。


1曲目は「ボルゲーゼ荘の松」、ローマの中心から程近い北にある大きな公園で、立派な松並木が続いています。

ここでは子供たちが賑やかに遊んでいる様子を表したそうで、おもちゃの楽器などが効果的に使われていますが、ローマの喧騒も現しているのではないでしょうか。


その公園内にあボルゲーゼ美術館は彫刻だけが展示されていますが、

ベルリーニの作品など他に類をみない繊細な表現で、エエッこれって本当に大理石なのと疑ってしまうほどの出来栄えに圧倒されます。

レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00540874.jpg
レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00543280.jpg
レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00544977.jpg

2曲目は「カタコンバ付近の松」、ローマにはカタコンバが3箇所ほどあってレスピーギはどのカタコンバをイメージしたのかは不明です。


これらは、まだキリスト教弾圧時代のお墓で、厳粛な響きがコラールのように繰り返えされ厳かな雰囲気を出しています。

暫くして静かにトランペットのソロが浮かび上がりますが、夕暮れの寂しさの中に厳かで切ないほどの気分にさせられます。

曲は特徴的なメロディを弦で刻まれフーガのように重なりながら壮大な響きで終わります。


一転してピアノの軽やかなソロで3曲目「ジャニコロの松」が静かに始められます。

暫くして吹かれるクラリネットのソロは静かで柔らかく、まるであの柔らかな松の葉を表しているようです。

曲はグッと静かになりナイチンゲールの鳴き声がホールのあちこちから聞えてきます。

これは唯一、録音された音源をホールのあちこちのスピーカーから流していますが、物凄く綺麗な瞬間です。

実際、日が沈みかけると鳥たちは綺麗な声でよく鳴いていますよね。


このジャニコロの丘はローマが一望できる観光スポットの一つですが、あのペテロが逆さ十字架に付けられ処刑された場所でもあります。

レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00553379.jpg

ティンパニーの低い連打で4曲目「アッピア街道の松」がいよいよ始まります。

それに木管たちが絡みだし不安定で怪しげな雰囲気を醸しだしています。

金管たちが絡みだすと行進曲風に進んでいきますが、これは古代ローマ軍が遠くからアッピア街道を凱旋して来る様子だそうで、段々と近づいてきます。

音量がマックスに差し掛かるころから、更に客席後方の両サイドに配置されたバンダが加わり

360度の立体的な音場に圧倒されます。

もうこれ以上ないほどの大きな音の洪水のなか打楽器郡の爆発と共に曲は閉じられます。

レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00560085.jpg
レスピーギの交響詩「ローマの松」 9月のコラムより_a0280569_00561744.jpg



# by Atelier-Onuki | 2020-09-22 00:56 | コラム | Trackback | Comments(0)

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_23542490.jpg

ウィーンのリンク沿、ショッテントア(Schottentor)の広場に2つの立派な塔をもつヴォーティフ教会が建っています。

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_23545523.jpg

その裏手にシュヴァルツスパーニヤァー通り(Schwarzspanierstraße)が横切っていますが、

ここに、もの凄く引越しを繰り返したベートーヴェンが最後に住んだアパートがありました。


このシュヴァルツスパーニヤァー通りは当時多くの修道士が、

あの山上に修道院が建っているモンセラートからやって来て、

この辺りで布教をしていたそうで、彼らが黒い僧衣をまとっていたことから

「黒いスペイン人通り」と名づけられたそうです。


今の建物は建て替えられたそうですが、ここで晩年の深い精神の曲の数々が作曲されています。


ただ、体調は思わしくなかったようで苦しみながらの生活でした。

それは長年飲み続けた安ワインに含まれていた酢酸鉛が原因とされ、

肝硬変を引き起こし、まだ56歳という若さで亡くなってしまいました。


お葬式はヴォーティフ教会を挟んで反対側のアルサー通りに面した

三位一体教会(通称アルサー教会)で執り行われたのですが、

なんと2万人もの参列者がいたそうです。

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_23561061.jpg
ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_23570136.jpg

当時ウィーンの人口は20万そこそこなので、なんと住民の1割が参列したことになります。

その殆どの人たちは実際の演奏を聴いたことのないような人たちでしたが、

この出来事だけでも彼の名声の凄さが伝わってきます。


生前、彼を崇拝し、街で見かけても一度も声を掛けられなかった恥ずかしがり屋のシューベルトも参列し、

自ら志願してお棺を担がせてもらっています。


そのシューベルトもまさか1年後には彼の後を追うように31歳という若さで亡くなり、

隣に埋葬されようとは思ってもいなかったことでしょう。

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_00062212.jpg

ここからヴェーリンガー墓地まで500mほどの道のりを馬車で運び、その後には200台もの馬車が続いたそうです。

この模様はフランツ・シュテーバーと言う画家が描いた絵が残っていてその出来事を偲ぶことができます。

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_00073714.jpg

絵に描かれている広場は通りに面し建物が建ったので見えなくなりましたが中庭として残っていて、

現在はウィーン大学の所有ですが、一般の人も入ることができます。

一角にはビール醸造所や学食的な居酒屋もあって、ここで一杯傾けるのも、

ちょっと古き良き時代を思い起こし興味深いものです。

ベートーヴェン・イヤー - 5 (最後のアパート) 8月のコラムより_a0280569_00083670.jpg
追記 : 尚、このアパート中央部分は通り抜けられ、裏側からベートーヴェン・ガッセという小道になります。

     その突き当たりは大きな総合病院で、あの映画「アマデウス」に登場したサリエリが入院してた病院です。




# by Atelier-Onuki | 2020-08-27 00:16 | コラム | Trackback | Comments(0)

ベートーヴェン・イヤー -4 (パスクァラティ・ハウスのこと) [7月のコラムより]

ベートーヴェン・イヤー -4 (パスクァラティ・ハウスのこと) [7月のコラムより]_a0280569_00255824.jpg
                            「パスクァラティ・ハウス」裏のシューベルト・ストゥーべ


ベートーヴェン・ミュージアムとして公開されているもう一つの建物は街中で、ちょうどウィーン大学の向かいに建っています。


しかもリング沿いにかつてあった城壁の土塁の上に堂々と建っていますので、彼の偉業を示すかのように一際そびえ立っているようです。

ベートーヴェン・イヤー -4 (パスクァラティ・ハウスのこと) [7月のコラムより]_a0280569_00263161.jpg

この家は彼のパトロンの一人、パスクァラティさんが所有していた家で、彼の名に因んで「パスクァラティ・ハウス」と呼ばれています。


ベートーヴェンは最上階の部屋に住んでいたそうですが、エレベーターがないこの時代、上の階に行くほど家賃が安かったそうです。

ベートーヴェン・イヤー -4 (パスクァラティ・ハウスのこと) [7月のコラムより]_a0280569_00270160.jpg

引越し魔の彼ですが、このアパートには1804年からの4年間と、

1810年から4年間と2度に渡り住んだ所で一番長く居たアパートです。


この時代ウィーン大学もまだ建っていませんし、角部屋なので2面にある窓からは

遠くまで見渡す事もでき気に入っていたのでしょうね。


もう難聴の生活には開き直りもあり、作曲の仕方もピアノの弦に差し込んだ板を噛み、

脳にその響きくを伝え音を感じ取るという超人的な方法を編み出しました。


それは並大抵の努力ではできないことですが、生来の頑固さと誇りが成しえたものなのでしょうか。・・・


作曲家としての実力も充実した時期で多くの名作がこの家で作曲され、

ベートーヴェンの「名作の森時代」といわれています。


最初の4年間では交響曲では4番と5番、ピアノ協奏曲4番、ヴァイオリン協奏曲、

そしてオペラ「フィデリオ」と名作の嵐です。


2度目でも交響曲7番と8番や「エリーゼのために」もここで作曲されています。


この8番の交響曲は「私の小さな交響曲」と言ってベートーヴェン自身も気に入っていたようです。


一般的にベートーヴェンの音楽といえば“激しい”と言う印象を持たれていますが、

それは前へ前へと進む推進力を持っていて、明日へ向かう力や希望すら感じさせてくれます。


それも決して乱暴な表現ではなく、ちゃんとした抑制の中に収められ品格が保たれています。

それは彼の自尊心からくる高貴さなのではないでしょうか。


昔、イタリアの名指揮者だったジュリーニさんがインタヴューの中で、

「音楽には喜怒哀楽の全ての感情が表現されているが、

どれ一つとして嫌な感情は入っていません。」と仰っていましたが、

それは作曲家の純粋な心のフィルターを通してからの表現なので邪悪な部分は取り除かれているのでしょうね。・・・



# by Atelier-Onuki | 2020-07-24 00:32 | Trackback | Comments(0)

ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]

ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]_a0280569_22484754.jpg

ベートーヴェンは22歳の時ハイドンに師事するため2度目のウィーンへやって来ます。

それ以来、1度も故郷ボンへ帰ることなく35年間に渡りウィーンに留まりました。

その間、引越し魔として有名な彼は、ウィーン市内だけでも短期間を合わせて67回とも78回とも言われています。


音楽家としては致命傷ともいえる難聴で癇癪もちだったので、大きな音を立て周りの住民とは頻繁に揉め事を起こしていました。

そんな住居は全てが残っている訳ではありませんが、幾つか重要な建物が残っています。

今でも住んで居る人がいたり、何か別の施設になっている所では、見学はできませんが、

外から「オオ~ここでこの曲を書いたのだ!」と当時を偲んで思いを馳せることも興味深いものです。


「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いたことで有名な、

それこそハイリゲンシュタットのProbusgasseにあるアパートはミュージアムになっています。

以前のミュージアムは実際彼が住んでいた部屋だけだったのですが、通りに面した部屋にも展示が拡張されました。


ここでは交響曲、ピアノ協奏曲の共に2番が作曲され初期ながら重要な作品です。

こんな遺書を書くほど苦しんでいた時期にも関わらず2楽章などは穏やかで天国的とさえ言える音楽です。


ここからちょっと北へ行くとベートーヴェン・ガングという小道が丘の方へ向かって続いています。

そう、ここは有名な「田園交響曲」のインスピレーションを受けた散歩道です。

今は家が建ち並んでいますが、ゆったりとした邸宅なので雰囲気を損なうようなことはありません。

ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]_a0280569_22493073.jpg
ベートーヴェン・イヤー [3] (ウィーンでの引越し)[6月のコラムから]_a0280569_22494921.jpg

それに小川は自然のままで当時を偲ぶことができます。

「田園交響曲」なんて中学のころ音楽の時間で聴かされ、若いころから慣れ親しんで来た曲でした。


ウィーンに来て初めての待ちわびた春、ここを散歩したときの心地よかったこと。・・・

ちょうど嵐がザーッとやって来て、すぐに去っていきました。

木々は瑞々しさを取り戻し、丘の向こうには青空が広がりました。

「あぁこれだ~」と初めてベートーヴェンが言いたかった事が分かったような気がしました。



# by Atelier-Onuki | 2020-06-23 22:50 | コラム | Trackback | Comments(0)

ベートーヴェン・イヤー - 2 (ウィーンへ)

ベートーヴェン・イヤー - 2 (ウィーンへ)_a0280569_20430625.jpg

この稀に見る大作曲家のことは有名なので、多くの人が知っているところです。

177012月にボンで生れていますが、そのファミリー・ネームからフラマン地方の出身であることが伺えます。


まずLudwigvan Beethovenに付いているvanは典型的なフラマン地方に付く名前で他には画家のvanDyck van Goghがいます。

これはドイツにおける貴族の称号であるvonとは違って単なる何処そこの誰的な意味合いしかありません。

それにBeethoven語尾のhoven(畑の意)もこの地方出身の人の語尾に付いているケースが多い様です。


事実、彼のお祖父さんの時代にこの地方からボンの宮廷歌手として移り住んでいます。

お父さんも宮廷歌手を引き継ぎ、ルートヴィッヒ少年には厳しい音楽教育をしたそうですが、

元来のアルコール依存症、しかも母親までもアルコールに頼っていたので家計は困窮していたそうです。


それでも16歳の時、弟子入りする為モーツァルトを頼ってウィーンに向かいますが、

この性格の全く違う2人は合う術もなく1度会ったきりでした。


そんな折、母親が急逝したためボンへと引き返し、数年間は演奏家として家計を支えなければなりませんでした。


チャンスが訪れたのは22歳の時、ロンドンへ行っていたハイドンが

ヴァルトシュタイン伯爵からベートーヴェンの噂を聞きつけボンまでやってきます。

早々に彼の才能を見抜いたハイドンは再びウィーンへ来て弟子入りする事を勧めます。

ピアノ演奏ではウィーンでも一目を置かれていましたが、ハイドンの下で学び作曲家としても順調に成長して行きました。


そんな折20代後半の頃から耳に異変を感じ出しました。


医者の勧めもあり温泉治療のためウィーン郊外のハイリゲンシュタットへ移りますが、

この辺からカーレンベルの丘にかけて広がるブドウ畑の風景が、

故郷ボン郊外のアールタールに似ていたこともありすっかり気に入ります。

ベートーヴェン・イヤー - 2 (ウィーンへ)_a0280569_20435427.jpg

しかし音楽家にとっては致命傷と言うべき難聴は益々酷くなり、

とうとう自殺を考えるまで思い詰められ、弟ヨハンと甥カールに宛てて遺書を認めています。


これは彼の死後、発見され今日「ハイリゲンシュタットの遺書」として知られています。



# by Atelier-Onuki | 2020-05-25 21:48 | コラム | Trackback | Comments(0)